MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:

MDO on the amebablog-世界の通貨


画像はアシェットコレクションズジャパンの雑誌、世界の通貨です。

子供向けながら凝った作りで大人でも楽しめます。

ただ欲を言えばコインホルダーが糊付け式なのが残念でした。


さて通貨と言えばFXです。

アベノミクスを信じた自分はコテンパンにやられました。

キプロス騒動によりクロス円全体は円高方向。


騒動は今は鎮静化傾向です。

しかし、預金への重課税という悪手の衝撃は未だに尾を引いています。

考えてもみてください。


マネーロンダリングの温床の根絶なら他に手はあります。

摘発して罰金を課せばいいだけです。

しかし、当初の予定は全ての預金への一律課税。


糞も味噌も一緒すぎる乱暴なやり方。

下手すれば通貨の存在意義の否定にすらつながったでしょう。

まあ、最終的には富裕層だけに対する奢侈税。


そういう形で落ちついたようです。

ただ、それにしても何かあると円は買われすぎます。

日本の金融緩和が機能していればここまで買われません。


期待だけで先行しているアベノミクスの危うさ。

それが露呈した格好になりました。

それと同時に変化の後追いばかりの自分にも反省です。


FXでは上手くいっている人の追随は意外と上手くいきません。

むしろ自分のような下手な人の逆張りの方が上手くいく場合が多いです。

トレンド変化の最初の頃。


ある方向性に向けた大口の強固なポジションがあります。

それはまるで巨大な岩のようです。

それが転がる方向を変えるのは容易ではありません。


しかし、変化が続きそれに追随する小口が増えます。

それはまるで砂で出来た城のようなものです。

大口という支えが無くなった後しばらくは持ちます。


しかし、脆く崩れやすい砂はきっかけ一つでたやすく崩れるでしょう。

後追いの場合はその崩れに巻き込まれやすいのです。

それなのに追随した自分が恥ずかしいです。


さて、そういった砂上の楼閣状態の現在のアベノミクス。

日本の閣僚からは1ドル91円でいいという声すら聞かれるそうです。

しかし、欧米はアベノミクスをあてこんで緩和を継続しています。


そうすると結局はいつもの日銀、緩和量の差を利用しない手は無い。

そう思われて81円、71円と押し切られることは明白です。

それが分からない人達では無いと思うのですが動きは鈍いです。


日銀の新正副総裁は辣腕揃いと聞きます。

しかし、依頼を出すのはあくまで財務省。

その肝心の財務省が動かなければどうにもならないでしょう。


アベノミクスが真のアベノミクスになるか?

それともやっぱりアホノミクスだったとなるのか?

来週はその真価が問われる週です。


余談ですが多くのアナリストは日銀からのサプライズ。

それが無い場合は1ドル90円以下の下落を見込んでいるそうです。

自分も憂鬱ですがその場合は売りまくるとします。


世界の貨幣コレクション 2013年 2/6号 [分冊百科]/アシェット・コレクションズ・ジャパン
¥190
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

MDO on the amebablog-ヤングエース付録

画像はヤングエース付録のアスカフィギュア。

前号の付録の綾波と合わせると雑誌表紙イラストを再現できるそうです。

はい、はいキモオタキモオタ。


キモイと言えば今週のFXでのキプロスです。

本当に気持ち悪くなるほど振り回されました。

銀行支援の代わりに銀行預金への課税。


普通ならありえない最悪の処置です。

マネーロンダリングの温床になっているとはいえやりすぎでしょう。

一説によるとユーロ安誘導のためにわざとそうしたそうです。


だいたい日本の県レベルの国家。

EUがその程度の救済金をポンと出せないわけは無いはずです。

えげつない自作自演による通貨安誘導。


価格は市場に任せるが聞いて呆れます。

ただ気がかりなのはユーロはその手の安値誘導。

それのやりすぎで本当に傷みはじめている点です。


今回のキプロスの銀行の不良債権化も前回のプロレス。

ギリシャ危機興行のためだそうです。

となるとこのキプロスも次の危機の火種となりそうです。


下手をすると日本はまた巻き込まれて超円高。

景気回復の腰折れになりかねない局面です。

巻き込まれないようにするには緩和が必要です。


投機の円売りが剥げればドル円は15円から20円円高に振れます。

そうすると再びドル円75円台、ユーロ円97円台。

何かの危機が加われば下手するとユーロ円90円台以下。


そうして欧州の不景気のババを日本も被らされるわけです。

事前に1ドル100円程度の円安にしておけば巻き添えは防げます。

そう考えますと1ドル100円。


それは目標として悪くない数字だったわけです。

それを今、急激な円安にも懸念がとブレーキを踏んだらどうなるか?

欧米との緩和格差で以前以上に悲惨になること必至です。


今の欧米はジェット機並みに緩和しています。

そこで日本だけが速度に怯えたらどれだけ取り残されるか?

考えるだけで恐ろしい事態になると思います。


それに行き過ぎた円安だって悪いことではありません。

あり得ないことですが農業も輸出産業として成り立つほどの円安。

それが起きれば地方の活性化が可能になります。


都市部の活性化は上手くいっている日本。

しかし、デフレ不景気もあって地方は上手くいっていません。

広い土地と自然が必要な農業。


円安でそれが活性化が出来れば地方の活性化につながります。

地方を活性化すると人口動態の改善が可能になります。

大問題の一つ少子高齢化の解決につながる変化を起こせるわけです。


まあ流石にそこまでの円安は不可能でしょう。

緩和キチガイの欧米。

特に欧州のなりふり構わなさを見ると円安維持の困難は明白です。


それにしても欧州。

ユロルは再び1.3を大きく割り込んでいます。

普通はそこまで安値が続けば景気が良くなるはずです。


それなのにいつまでもユロユロヨロヨロ。

もはやわざとやっているとしか思えません。

いつになったら景気回復してくれるのか?


売りで儲けた人も多そうですが、ため息をついた人も大勢いそうです。

それにしてもアベノミクス。

砂上の楼閣となるとなるか実を入れられるか?


来週はその真価が問われる週になりそうです。

とキプロスショックの損失で寝込みそうなFXニートが妄想しました。

あ、そろそろ失業保険申請しようかな・・・OTZ


ヤングエース 2013年 04月号 [雑誌]/角川グループパブリッシング
¥690
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

MDO on the amebablog-ヒメイチゴノキ

寿命で枯れかけのレッドロビンの替わりにヒメイチゴノキを植えました。

ストロベリツリーの矮性で常緑低木樹。

鈴蘭のような花と酸味のある甘い果実の両方が楽しめる木だそうです。


大きくなって実をつけるのが今から楽しみです。

実をつけるといえば自分は未だに円安の果実を楽しめていません。

というのもアベノミクスに未だに戸惑っているからです。


期待感だけで先行してきたアベノミクス。

米欧英が緩和にひた走る中。

日本は具体的な策をまだ出してはいません。


ただ、日銀正副総裁もリフレ派でほぼ確定。

財政出動による公共事業もこれから本格化。

と動く準備は整いつつあります。


しかし、市場は未だに日銀に疑念を抱いています。

10数年も円高を放置した日銀が果たして本当に動くのか?

疑うのも無理は無いことだと思います。


それを反映してか週末のクロス円はTPP参加表明後に大きく下落。

北朝鮮のミサイル発射、イタリア再選挙懸念、FOMCに向けた利食い。

下げた要因は色々言われています。


ただ動きとしては典型的なリスク回避の円買い。

何かあれば円を買うという習慣は未だに根強いようです。

まあ景気回復が遅れる欧州と違い日本は立ち直りつつあります。


自分の地方なども目に見えて活気に溢れ始めています。

改めて日本の産業の腰の強さを感じて驚いています。

しかし、円安による好景気。


それが本格化するほど皮肉なことが起きます。

欧米との比較により前述のような海外勢による円買い。

その圧力が高まる。


そのために円安維持が困難になり続ける。

これは輸出依存型の日本にとっては不可避の循環かも知れません。

ただ、巨額の政府債務、TPP参加で生じる農業、工産業支援の必要性。


どれも円安無しでは成り行かない政策ばかりです。

円安はギリギリで間に合った感があります。

景気が回復すれば円安はいつでもコントロール可能です。


しかし、全てが円高で崩壊した後ではコントロール不能となります。

今が円安だからと手綱を緩めればその道を辿るしか無くなります。

投機には最後の一吸いという考えかたがあります。


無価値と思われている物に価値を見出す。

もしくは無価値な物に無理に価値を付与する。

そうやって利益を創出するやり方です。


誰も省みないシケモク。

しかし、拾えば最後の一吸いをタダで吸えます。

日本が緩和の手綱を緩めれば確実に円高にされるでしょう。


そして、その円高を最後の一吸いとばかりに吸った後。

壊れた日本を売りまくる。

そうなってしまったら円安を止める術などありません。


しかし、市場という怪物を相手にして日本が何処まで戦えるか?

来週はそれを固唾を飲んで見守る週になるかも知れません。

なんてFXニートは今日も楽しく妄想しています。


と言いますか円安維持は本当に大変そうです。

相当に知恵と工夫と寝技を駆使しないとやっていけないでしょう。

これから緩和の舵取りをする方々の苦労が思いやられます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。