MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:

MDO on the amebablog-こっちがクランベリー

画像はクランベリーの苗木です。

あれ、家にあるクランベリーと違う。

違う種類かな?と購入。


しかし、よくよく調べて見るとこれがクランベリー。

前に家に植えたのはラズベリーでした。

でもタグにはどっちもクランベリー。


専門店としてそれはどうなのかと小一時間。

そのせいかその店は流行っていません。

店員さんも植物に関して尋ねても分かりませんばかり。


値段が安いのでたまーに行くのですが、自分もあまり行きません。

いつもは少し高めだけど色々教えてくれる店を利用します。

値段で全てが決まるわけではない。


それとは違って値段が命のFX

今週も強力な円安トレンドで稼げている人は多いと思います。

しかし、今週はすでに年末。


どこかで円売り利益確定による手仕舞いの円買いが来ると睨んでいました。

結果として、それは金曜に来たわけです。

しかし、それは思ったほどの規模ではありませんでした。


大口のほとんどが米国の財政の崖を睨みつつ円売りをホールド。

財政の崖が合意に至れば円売りを越年させる気満々です。

おかげで自分も最後の最後で思うように利益を伸ばせませんでした。


年末のこの時期にまでブル継続ってどんだけwww

欧米は既に新年気分とはいえ流石にやりすぎだろと思いました。

と言いますか少し狂気すら感じました。


何はともあれ久しぶりの大きめのナイアガラ。

凄く気持ち良かったです。

ショートはロングよりスピードが速いので稼ぎやすいのが利点です。


それにしてもこの膨らみきっている円安期待。

今は期待だけで膨らんでいます。

それに中身を入れられるかどうかは安倍政権次第。


もちろん入れられなければ無情な超円高再びは必至。

ただ入れるにも慎重な姿勢が必要なのも間違い無いでしょう。

個人的には大きく動いて欲しいので慎重になって欲しくないですがw


最後に今の円は売っても買っても美味しい通貨。

そういう認識が投機の間で広まりつつあるそうです。

退避先として仕方なく買う通貨では無くなりつつあります。


どうもそういった投機の認識の変化。

そこら辺に今までの手法が崩れている背景があるのかも知れません。

何にしても全ての人にとって来年が良い年でありますように!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

MDO on the amebablog-六花ちゃん

京アニの厨2病でも恋がしたい。

京アニ系は自分の住んでいる地方ではあまり放送されないです。

リア充化する六花ちゃんに萌え豚がブヒったり嘆いたりを横目で見るだけです。


見れる人が羨ましいです。


横目で見るだけといえば今週のFXもきつかったです。

久しぶりに強力な円安トレンド。

気持ち良く乗れたおかげでだいぶ糞ポジが処分できました。


しかし、木曜、金曜と米国の財政の崖。

それがクローズアップされたせいでまた糞ポジを量産してしまいました。

下がる分には構いません。


しかし、今年で異常なのはその底堅さです。

米国財政の崖といえばアナリスト予想では数週間で10円落ち。

それもありえるネガティブサプライズと言われています。


しかし、そんなニュース投下でもクロス円は1円程度の下落で終えています。

欧州時間にはしっかりと反発開始。

ニュースが出たのが東京時間ということもあり典型的な東京全否定


さらに金曜には東京下げ、欧州微上、NY微下げというグデグデっぷり。

おかげで自分もがっつりとやられました。

チャート的には数円落ちてもおかしくない形とはいえSを入れすぎました。


釣られなかった人が羨ましいです。


まあ、それだけ円安にかける投機の期待が大きいということでしょう。

ただ、その投機的円安ですが少々先行しすぎの気がします。

海外勢の投機は過去において日本売りに何回も失敗しています。


その失敗には複数の要因があります。

ただ原因の一つは先行しすぎた円安にあったのは確かです。

先行で円安にしすぎたために日本の行動必要性が無くなる。


それにより元から円高になりやすい円は安値を維持できなくなる。

過去の日本売りで何度も見られた光景です。

病人が治れば医者は失業する。


少々、間抜けな話ですが実際に何度もあった事実です。

ただ、今回は日本も緩和を止めるわけにはいかないでしょう。

だいぶ回復したとはいえ、為替はまだまだ円高水準。


ここで行動しなければ再びの超円高は目に見えています。

かといって投機と歩調を合わせすぎれば行き過ぎる可能性もある。

日本政府としては悩ましいところで同情します。


まあ、将来のことを考えると多少行き過ぎ程度で十分な気もします。

現在は貿易赤字などの兼ね合いでユーロ>ドル>円となっています。

ただ欧米の現状を考えるとそれもいつまで持つか分かりません。


そうであるならば今のうちに行きすぎくらいの円安にする。

通貨安は短期では不快ですが長期では好景気の種となります。

まあ庶民生活には不快でFX的には稼ぎづらいので痛し痒しですがw


それにしても米国財政の崖。

あれだけ煽って最近では実は経済への影響はさほど無い。

そんなニュースまで出ています。


何というか典型的なベアトラップ系。

短期の天井圏なので苦しんだ人は凄い多そうです。

ちょっと悪意すら感じる動きでした。


中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]/福山潤,内田真礼,赤﨑千夏
¥6,930
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

MDO on the amebablog-雑誌のおまけ

講談社Goodアフタヌーン、角川書店ヤングエース、白泉社ヤングアニマル。

12月は雑誌におまけが良くつきます。

おっさんなのにチープなおまけが大好き・・・弱ったものです。


弱ったものといえば今週のFX、地味ながらも中々えげつない動きでした。

ジリジリと上がりLDN時間で急落、NY時間で上げる。

それを何度か繰り返しクロス円はかなりの高値圏にいます。


クローズ値はドル円81.51、ユロ円109.88、ポン円135.04円、羊円88.22円。

どれも中々の高値圏ですがユロドルなどは1.3前後。

それを巡った攻防の最中なので決して強気調子では無いです。


特に取引量の多いLDN時間で弱気な局面が目立ちます。

聞くところによりますと欧米、特に欧州人。

彼らはまず疑うことから取引をはじめる習性があるそうです。


上昇トレンド中の今のクロス円すら欧米通貨絡みではショートしてきます。

そんな彼らが自国通貨であるユーロを売るのは仕方が無いことでしょう。

ユーロの異様な脆さは彼らのネガティブさを反映してるせいかも知れません。


通貨には圏内の人間性が色濃く反映されます。

ユーロに反映された欧州の人間性はどのようなものか?

考察は面白そうですが、これ以上の言及は避けたいと思います。


しかし、そんな脆さを抱えた欧米通貨ですから高値圏でも安心はできません。

米国財政の崖、ユーロ圏での問題、日銀の慢性的な緩和不足。

また欧州を中心に欧米通貨を売り円を買う動きは変わらず根強いです。


彼らのそれに対する妄執はほとんど宗教とさえ言えるレベルです。

十数年続いた円高が彼らをそうさせたのでしょう。

そのために油断すれば再び高値から奈落もありえます。


ただ日本にとってそれらのネガ要素は悪いことばかりでは無いです。

かなり強力に緩和を進行させてもそれらが円の下支えになるからです。

また、そうやって円が緩和されることは世界経済にとっても福音となりえます。


緩和された円が外資、外貨に流れこむ。

それにより欧米の景気が下支えされる。

円キャリートレードが盛んな時には良くみられた現象です。


かつてはそれが行き過ぎて欧米の景気が阻害されることもありました。

しかし、新興国勃興と日本の経済規模の縮小という二つの新しい要素。

それらにより今回の資金流入は欧米にとって良好レベルに抑えられるでしょう。


ただ欧米の財政の崖、失業率の改善、周辺国の脆弱性克服、etc

それらがクリアされ無い場合は別です。

その場合は、いくら日本が緩和してもお互いに害になるだけとなります。


また日本の次期政権もキチンと緩和するかどうか未だに不透明です。

しかし、自民党の安倍政権は前回で数々の公約を実現した実績があります。

樹立したら大いに期待をかけたいところです。


そんなネガポジ入り乱れた週末。

恐らく世界中がこの丁半博打の結末を固唾を飲んで見守っています。

もちろん、自分も今から脇汗ぐっしょり状態です(>x<)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。