MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:

MDO on the amebablog-坂道のアポロン

アニメ、坂道のアポロン。

最近にしては珍しく萌え系では無いアニメでした。

しっかりしたデザインのキャラクター達、ジャズを軸に織り成される恋愛。


とても面白かったのですが悲しいかなノイタミナ枠。

今回もラストが駆け足で終わってしまい尻切れトンボ感が否めません。

それまでの出来が良かったので粗製乱造と取るか質の良い小品と見るか?


判断の難しいところです。

ただ音楽はノイタミナアニメらしく最高でした。

お金があれば棚に置きたいアニメです。


それはそうと今週のFXでは驚かされてばかりでした。

弱いながらも上抜けするかと思えば急落で奈落に落ちそうなチャートを形成。

そうかと思うと介入と見まごうばかりの急騰。


特に金曜日のユーロの急騰には驚きました。

日本の指標が良かったので円高を予想していた自分は危うく死ぬところでした。

原因はESMの銀行への直接資本注入への合意。


欧州時間の深夜、日本時間のお昼時。

特に日本人にとっては不意打ちに近かったので狩られた人は多かったでしょう。

自分も損切りとドテンを繰り返さなければ死んでいました。


現在はポジション整理でニュートラル状態に戻せています。

多くのニュースサイトではこの上昇は続かないと書かれています。

しかし、動きはじめると一方向にどこまでも行く通貨のユーロ。


正直、来週の展開がまるで読めない状況です。

チャート的には98円までならほとんど抵抗無く動くチャート。

ファンダ的には多くの不安要因が残り続けています。


ただ、リスク回避一服、溜まった膨大なショートを狩るには絶好の機会。

また雇用と産業の巻き戻しが出来るほどにユーロ安にするのは銀行救済の後。

ユーロ安が98円台でいつも止まるのを見るとそういう思惑も見え隠れします。


それにしても介入でも無いのに一日で3円近くの急騰。

介入と勘違いしていれば死んでいたでしょう。

FXの恐ろしさをまざまざと思い知らされた出来事でした。



坂道のアポロン 第1巻 Blu-ray 【初回限定生産版】/東宝

¥7,035
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

MDO on the amebablog-つみき

アニメのあっちこっち。

バッタ物らきすたとか色々言われています。

しかし、悪意の無い優しい演出が病んだ脳をとろかします。


あとキャラクターのデフォルメも凄く気持ちがいいです。

特にエンディングのボトルキャップフィギュア風にデザインされたキャラクター達。

あれとか凄く物欲を刺激されます。


しかし、トレードで失敗続きの自分には買えません。

今週も酷くやられました。

円安トレンドが来るとは思っていましたが振り落としが酷すぎます。


ジリジリ上げてズドンと落とす。

しかし、結果的には微妙に円安方向。

なんでこうクロス円の円安トレンドは難しいのでしょうか?


しかも、今は金利も雀の涙。

元の建て玉が大きい大口はともかく小口では非常に勝ちにくい。

その大口ですら損失を出しまくっているようです。


まあ円も日本経済の実態に見合った価格になりつつあるということでしょうか?

しかし、それでもドルやユーロが高すぎる感は否めません。

そもそもドルもユーロも域内の産業や雇用を壊滅させるほど高すぎていました。


批判の多いダウントレンドはそういう経済が健全化する際の自然な反応です。

またより破壊的なダウントレンドが起きるのを防ぐガス抜きの役目もあります。

しかし、今年はそれを人工的に防ぎすぎている。


どうも嫌な予感がします。

もちろん支えている公的機関の力は絶大です。

しかし、それでも無限では無いでしょう。


今はともかく今年後半はどうなるか?

なんて負け続けている自分が書いても机上の空論。

それにしても十数年続いた円高トレンドが懐かしい。


円安は日本の産業にとっては良いという意見もありますが最近はそれも疑問です。

世界の流れはイージー、スマート、シンプル、チープかつ高品質。

ボタンと無駄な機能のやたら多い製品ばかりの今の日本製品。


それらが円安になっても欧米や新興国の製品に勝てるとは思えなくなってきました。

まあ、悪化も早いが問題点が改善されたら良い方向に向かうのも早い日本。

日本人としてはそこに希望を抱きつつ来週を迎えたいと思います。


あっちこっち 1 [Blu-ray]/大久保瑠美,岡本信彦,福原香織
¥6,720
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

MDO on the amebablog-チャンネルはそのまま!

画像はビッグコミックスピリッツで連載中のチャンネルはそのまま!の懸賞図書カードです。

ありがたいことに当選でいただけました。

厳しい現実の中の小さい幸せです。


ただその小さな幸せをトレードで打ち消しまくってしまいました。

今週はダウントレンドに入りかけるとIMFの円は過大評価の発言で円が急騰。

週末の金曜日も入りかけると急騰とクロス円は信じがたいほどの底堅さ。


ユーロ危機の煽りがあるにも関わらずクロス円は底堅く推移しています。

どうも円の緩和は足りないと批判されている割りに相当効いているようです。

もしかしたらこれ以上の緩和は円のバランスを崩すかも知れません。


となると円安による物価高と消費税効果でかなりのインフレになるでしょう。

下手に追加緩和を推進した場合にはかえって日本にダメージを与える。

そういう事態もありえます。


ただ、トレーダー的には長い円安トレンドの発生を期待できるわけです。

そうなるとそれはそれで美味しそうです。

何より長期で見れば日本の産業と雇用にはプラスでしょう。


しかし、まあ日銀はかなりユーロ安が進む事態にならないと動かないと思います。

そうなる前に動けば事態が想定とは違った場合に酷いことになるからです。

自分は以前には日銀のその対応の遅さにイライラしたものです。


しかしFXでもそうですが結局は後出しが最強。

相場では何か起きてから対応すれば良い。

また資源小国の日本の通貨安は物価の高騰を招きやすいです。


ですから日銀は慎重にならざるをえない。

自分は日銀の慎重さに日本人はいずれ感謝する日が来ると思うようになりました。

ただ資源がある、もしくは資源確保が容易な国々は別です。


例えばユーロなどはそれほどユーロ安に目くじらを立てなくて良いはずです。

そのためにユーロ安も長期で見ればユーロ圏にとってプラスです。

実際に最近のユーロ安でユーロ圏の収支は驚くほど改善しています。


ですから産業と雇用のユーロ圏への巻き戻し。

それが起きるほどのユーロ安が長く続けばユーロ危機は解決に向かいます。

ただユーロ安はIMF、米国、中国、日本などがそれを許さないようです。


通貨高という高熱にあえぐ患者の熱が冷めるのを世界が許さない。

不景気という厳寒の中で高熱患者のユーロで世界が暖を取っている。

そんなさまを思わず想像してしまいました。


そんな思惑もあってユーロはユーロ圏を健全化するほど下がらない。

世界がユーロの額面上の価値にこだわり続ける限り急騰と急落を繰り返す。

ただ、そんなことが永遠に続けられるとは思えないです。


多くの著名な投資家がニュースサイトなどでユーロの寿命を5年か10年。

そう発言しているのはそのためです。

そんなこんなで底堅いとはいえ問題山積みのユーロ。


FXで取引しようとすると難易度が上がりすぎて困ります。

投機の踏み上げで急騰したと思うと急落。

おかげで今週も具合が悪くなるほどヤラれました・・・OTZ


チャンネルはそのまま! 4 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)/小学館
¥980
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。