MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:


作者のスキャンダラスさでも話題になった某有名創作ではありません。
でも、微妙に被せてはいるようですw
明星食品の一平ちゃんの感動ストーリーサイト

明星一平ちゃんスペシャルサイト

特に注目なのはサイトに置いてある動画なのだそうです。
動画は水商売の嬢と客の男性、チーママなどがアフター後に一杯のらーめんをすすりながら織り成す奇跡と感動のストーリーなのだそうです。
どうでもいいですけど夜に食べるカップめんて何であんなに美味いのでしょうか?

あと嬢役の人が一平ちゃんが出来る三分間、動画で数えながら待ってくれる三分タイマーが何か江口くて気に入りましたw
小倉優子さんしゃべりで数えられるとどうも江口いことを想像してしまいますw

あとそういった男性向けのコンテンツだけで無く一平ちゃんのCMでお馴染みのイケメン、溝端淳平さんが見つめてくれるというブログパーツも無料で配信されているそうです。
女性の方にはこちらがおススメかも知れません。

どうでもいいですけど今の自分はカップめんを買うお金もありません。
そして給料が出るのは来月です。
果たして生き残ることは出来るのか?

最後に、どうでもいいですが画像無いとブログって本当に地味です。
でも、写真を撮る時間も絵を描く時間も無いという。
と言いますか今日も楽でした。
これで時給さえ良ければ・・・(´・ω・`)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

MDO on the amebablog-さびこキック

本日は毒を吐くので猫画像で中和を目論むテスト。

さて昨日は底辺から感じる自民党政権への不満的なことを書いたわけです。

しかし、視点を変えて


自民党


を支える側に支えられる側から見たらどうでしょうか?

彼らの多くが不景気で少なくなったとはいえ仕事を貰えています。

自民党政権の支持母体を構成する人々にとっては自民党の利益誘導は確実で息が長く


巧み


なためにまさに頼りがいがある存在と写ることでしょう。

ありとあらゆる合法的な手段、組織力、そして長年に渡る積み重ねにより構成されたそういった諸々はミクロな視点では完璧に見えます。


ただ、そこから外れた人間からすればあまりに完璧であるために入り込む隙がありません。

なので非常に理不尽に見えるわけです。

また利権誘導の多くが策略レベルのなりふり構わなさであるのも嫌われる理由の一つでしょう。


ただ、マキャベリなどが「戦闘に際して策略をめぐらして敵を欺くのはむしろ立派なことである」などと君主の策略を奨励しているように自民党勢力は、その点に関しては及第点の君主だったのでは無いでしょうか?

ただ、平時の場合は敵というよりは


民衆


を欺いて来たために様々な問題を生んだのかも知れません。

また、マキャベリは陰謀や非道によって支配を永らえようとする危険性についても言及しています。

自民党が真に選挙に勝とうと思うのであれば、今こそ勝ち組ゆえのおごりで


足蹴にした人々


に思いを馳せるべきなのかもしれません。

それに民主党も民主党で勝ったら支持母体に対する利権誘導をやることでしょう。

そういう意味では政権が変わってもあまり意味は無いのかも知れません。


ただ、経験不足の民主党のしようとしていることの多くが日本に混乱をもたらしそうなことばかりですので、混乱を求める者にとっては都合が良いような気がします。

そういえば革命は混乱の中に生まれるなんて言葉もありました。


まあ、底辺の中の底辺、ド底辺の自分が何を言っても説得力がありません。

今の自分は「他人(ひと)が皆我より偉くみゆる日よ」毎日こんな気分です。

ちなみに「友が皆我より偉くみゆる日よ」は石川啄木による詩です。


ちょっと自虐的ですが、それくらいの気分の方が成功しそうな気もします。

ただ、底辺の中でもそこまでの気持ちになれないのが自分という人間です。

そこで自我を殺して頭を下げられないのが自分の駄目な点かも知れません。


しかし、石川啄木はそういった詩を書けるのに夭逝ということは、やはり謙虚過ぎても駄目なのか、いや啄木は実は気が強すぎて周囲と衝突をしたから駄目なのか?

蔵書の石川啄木の気になる横顔を見ながら思考がループしまくりです。


一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集 (新潮文庫)/石川 啄木
¥420
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

MDO on the amebablog-手水の説明書き

画像は底辺仕事の合間にある神社の手水の説明書きです。

昔風とも違い今風とも違う絵柄に萌えたので貼って見ましたw

それはそうと底辺仕事は相変わらず楽ですが人間関係が希薄です。


特にメインで請けている会社の人間は、他の会社の人間と話しません。

どうも必要なことが発生した時だけ話すようです。

多分、極端に無口なのかも知れませんが違和感はあります。


まあ良く見られる光景です。

それに気を使わなくていいので助かっています。

あと○○で仕事を引っ張るやり口とか工場で働いている人間が見たら


発狂レベル


の楽な仕事ぶりとかそりゃ民衆が民主党に入れたくなるのも分かる気がしました。

というわけで今回はせっかく見つかった自分の仕事が無くなるのを覚悟で民主党に入れようと思います。

日本は一度は落ちるところまで落ちないと目が覚めない人達がいると思うからです。

そんな重大な選挙が迫っている中でこんな啓発サイトがあるそうです。


一人一票実現国民会議


一人一票実現国民会議 とは、その名の通り民主主義の基盤である「一人一票を実現する」ために各界の賛同者を得て発足した会議なのだそうです。

この会議は特に以下の4つの問題を国民に知って貰おうとしているそうです。


1:「一人一票未満」の人が全有権者の過半数もいる

2:「一人一票未満」は憲法に違反していないので問題ないと主張している最高裁裁判官がいる

3:有権者はそういった最高裁裁判官」を不信任にすることができる国民審査権という権利をもっている

4:力を合わせることで、「一人一票」を実現することができる


国民は実はこういった現状を打破することができる権利を持っているのだそうです。

特に国民審査権は、「一人一票未満は憲法に違反しない」と主張する最高裁裁判官の名前の欄に「×」を付けるだけで、「不信任」票として行使することが可能です。


選挙の際に国民審査権のシートを貰えるそうですので選挙に行かれる方は注意して見て下さい。

ちなみに今の自分はこの一人一票未満を改善することによって、どのような層に票の力が移動するのか考察する時間が無いので、改善か維持かどちらがいいかについては今回パスしたいと思います。


ただ一人一票が実現すると人口集中地帯の方へ票の力が移動する傾向にあるようです。

ということは田舎に住んでいる人間の発言力は弱まるわけです。

田舎に住んでいる自分としては痛いです。


しかし、個々人が私利ばかりを追ったために今の日本があるわけです。

ですから、そういう考えは出来る限りしないで選挙に臨みたいと思います。

さて底辺で働く前に一句


底辺に 就くのは一種の 逆メジャア


元ネタは絶望先生より。

底辺職に就くと余裕を持って仕事が出来るので楽です。

あと色々文句は言っても職にも就けなかった状態よりは100倍マシではあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。