MDO on the amebablog

FX禁止後のガーデニング、株とたまにオタクの日々


テーマ:

捏造

©角川書店:滝本竜彦 大岩ケンヂ:NHKへようこそ

突然そんな事カミングアウトされてもね・・・^∀^;

一般には余り知られてい無いかも知れませんが、オタク層やオタク業界には結構大陸系や半島系の方々・・・特に在日の方が(この場合は帰化も含めて)多いという事実があります。
実力社会であるオタク業界・・・特に競争の激しい漫○業界などにおいては、わざわざ言うほどの事では無いかも知れませんが、事実です。

勿論彼らの出自が何であろうと、良質の作品を自分達に提供してくれるのであれば、自分は一向に構いません。
しかし、彼らの中には彼らの思想(特に反日思想)を巧妙に作品に盛り込んで、・・・時には事実を捻じ曲げてまでそれを伝えようとする方々がいるので、少しばかり注意が必要だと思うのです。

というのは彼らの主義・主張が事実に基づく物であったり、それがフィクションを謳う物であれば一向に構わないのですが、彼らの主張の大半が事実を微妙に捻じ曲げた主張や、嘘でも真実のように主張して来るから困惑してしまうのです。

しかも、それらの作品のほとんどがノンフィクションを謳っていたりする訳です。
自分などは、その余りに厚顔無恥なやり口に開いた口が塞がらないで語り始めてしまう事もしばしばです。
確かに作品というのは自らの主義・主張を伝える場でもありますし、公平・中立を期しても、どうしても主観が入ってしまうものです。
だからといって、あからさまな


捏造を事実です。


と言って主張され、なおかつその種の作品が人気のある作品などであったとしたら・・・。
○画などのオタクメディアの影響力は決して無視出来無いほどに強力な物です。
(或いは、そこが狙い?)
大勢の人間に対して情報を発信出来る立場にある人間が、そのような事をして良い物なのでしょうか?
良心という物があるのであれば、躊躇して然るべきだと思うのですが・・・。
それに大陸系や半島系の作家さんのファン層にも在日の方が多く、その中でも特に狂信的な方は


「信者」


などと呼ばれていたりします。

勿論、日本人ファンの中にも狂信的な痛い「信者」は大勢いるのですが、彼らは同胞応援意識が徹底している為に、その痛さに拍車がかかっている訳です。

例えば自分の学生時代の知り合いに韓国系の在日オタクがいたのですが、彼らが言う所の同胞(ウリナラ)しか徹底して支持しない偏向ぶりに呆れた事があります。
またその逆で日本人の人気作家などを意味無く貶すこともしばしば・・・。
何で嫌いなの?何で駄目なの?と聞くと、彼は必ず言いよどみ理由が言えない訳です。
ただ彼の唇は何かを言いたそうにモゴモゴと蠢いていましたが・・・。
今から考えると


「ウリナラの作家じゃないから」


という事を言いたかったのかも知れません。

まあ、こういう人達も一人や二人なら笑い話で済みますが、急増している在日の方々の人口などを考えますと結構これは深刻な問題なのではと思います。
というのは大抵の日本人のファンの場合は在日、非在日に拘らず作品が好みに合いさえずれば応援しますし、そもそも誰それは在日の作家という情報自体を持っていません。

自分も最近になってようやく注意を払うようになって来ましたが、それでも誰それが在日か、そうでないかと言うのは情報が錯綜して非常に分かりにくい状況です。
作家の方々というのは大抵ペンネームですし、本名でやっている方も、それが通名と呼ばれる偽名で無いという保証は何処にも無いからです。
中には本名(民族名)もしくは、己の出自をはっきりと示す男気のある方もいらっしゃいますが、それは極々少数派なようです。

【最近では2003/12/16放送のスーパーモーニングという番組内で I坂K先生が、自分の親戚の半分は中国人であるなどとカミングアウトした事などが有名かも知れません】

それに日本人でもサヨク的な人は痛い捏造などを炸裂させていますので、非常に区別が付きにくいですし、そもそも区別が付いたからと言って作品が面白く、痛い捏造さえ無ければ無問題なのですが・・・。
しかし、熱心にウリナラ支援をして貰える在日と、そんな支援とはほぼ無縁の日本人作家・・・。
将来この動きが加速するとしたら、大変なハンディとなっていくと思います。

しかし、何故オタク業界、オタク層に人種的マイノリティがこうまで多いのでしょうか?
大体、いくら徹底してるとはいえ好きでもない物を応援し続けられる程、彼らも暇でも物好きでも無いでしょう。
実力主義で入りやすく大勢の人間に影響を与えやすいオタク業界を、意図的に狙撃したとの見方もあるのですが・・・。
(特に近年、オタク産業がある程度の収益を見込めるようになってからの進出が激しい事からも、そういう意図が有る事も否定出来ないと思います。)

しかし、やはり好きこそ物の上手なれ。
オタク趣味好きが高じてという在日の方々の方が圧倒的に多いのではないのでしょうか?
それは恐らくオタクという精神的マイノリティの為の趣味として、発展・特化してきたオタク趣味が、在日というマイノリティと何らかの


シンクロ


を起こしたのでは無いかと自分は考えています。
色々な意味でマイノリティ同士であるという触媒によって、二つのマイノリティは恐らく強烈な親和性を持つに至ったのかも知れません。
この点を考えますと


オタク道


を愛していると言う点では日本人だろうが、在日だろうが変わりは無いと信じています。
でも、捏造だけは本当に止めて欲しい物です。
好きだった作家さんや作品が根拠の無い狂信的な反日捏造を行った途端に、オーラを失って色褪せていく様は見ていて悲しい物があります。
やはり、捏造では一時的な人気や話題はさらえても、長い目で見た場合は作家生命を縮める事になる場合が多いようです。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

反日検証本

普遊舎オンライン(サイト移転)


(2005/05/03)頃にテレビで騒がれていた大陸やら半島での反日デモも、沈静化して来たせいか最近は見かける事も無くなって来ました。
反日教科書や反日デモ自体は以前からあった問題ですが、何故か今までスルーしてきた日本のマスコミが、突然報道合戦のような有様を呈したのを管理人は奇妙に感じながら眺めていました。
ついでにらんま2分の1なんてアニメあったなぁとか何故か思い出したりして・・・。

【らんま2分の1、当時、管理人が見ていた数少ないアニメ、自分の友人達が男が女になったりするのキモイとか言ってたのに、女版乱馬の小柄なのにナイスボディで元気っ娘というキャラにメロメロにさせられたものです。】

まあ大陸では日本の常任理事国入りを阻止したい思惑も絡んでか大規模かつ暴徒化化していたので、否が応でもニュースにならざる負えなかったのでしょう。
そして今回の件で一般人も少しは大陸と半島の胡散臭さに気付いたようで、かの三国に対して少し下がった冷静な見方をするようになったようです。

以前は自分が何を言っても、捏造歴史を素で信じていたり、アメリカよりも中国の方が付き合っていく上ではメリットが多いとか、やたら大陸や半島寄りの考えをしていた自分の弟なども、今回の事で目が覚めたようで中国に対して少しは警戒心を持つようになっていました。

いつも通り三国は墓穴を掘ったようで笑えます。
本当に大陸と半島はネタの宝庫です。
ネタに飢えた無職駄目オタクとしては足を向けて寝れないかも知れません。

それに自分は以前から、現在の中国や韓国は、日本の交流・商売の相手としてはカントリーリスクが高すぎると思っていました。
その理由は激烈な反日教育や、歴史捏造、コピー商品の氾濫、縁故主義が幅を利かす商習慣、などなど数え上げていけばきりが無い程ですが、今最も問題なのは、やはり度を超した


「反日政策」 だと思います。


・・・最近の中国市場では、日本に比べてリスクが少ないと言われる欧米企業でさえ、中国進出には二の足を踏む様になってきている有様なのですが、
(何かと問題の多い中国市場よりも旧共産圏への工場移転の方が輸送の便もあって、都合が良い事も敬遠の理由の一つではあるのですが・・・)
そんな欧米企業でさえ二の足を踏む様なリスクの高い地域に、お人良し揃いと言われている日本の中小企業の経営者達が果たして上手くやっていけるのか?
ましてや反日政策という重荷を背負っている現状で・・・。
かなり疑問ではあります。
まあ、それらを勘案しても魅力的な「市場」には違い無いのですが・・・。

ところでいきなり中国や韓国、北朝鮮の反日などと言われても、そんなこと無職駄目オタクとは関係無いとお考えかも知れません。
しかし、戦争にでもなったら無職駄目オタクどころでは有りません。
ですので、今回はそこら辺りを少し語っていきたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近雷でPCが壊れたりと、何かとお金が要りようになりましたので、ハロワに通っています。
そんな訳で待ち時間を利用して、ハロワのPCで途中まで書いてみましたw
何はともあれ、お金をゲットして、PCを直さないと・・・。
しかし、自分の住んでいるところはド田舎ですので、仕事自体が少ないというか全くありません。
仮にあったとしても、作業中はシンナでラリって、アフターは集会みたいなDQNと一緒の仕事ばかり、
事務系や公務員は東京辺りからの派遣や縁故で占められていますし、何より仕事のセレクトに贅沢を言うには自分の能力が不足過ぎです・・・OTZ
そんなこんなで大分欝入っている自分ですが、それに追い討ちをかけるようなちょっとした出来事がありました。
それは自称喪男ことR・Fさんという人物が書いている


○への扉 →ttp://ameblo.jp/kibarasama03/


というブログ(現在は既に存在しないブログです。)

なのですが、最近コメント書いても返事が無い訳です。
まあ、コメントにレスがほしいというのは自分の勝手なのですが、いつもレスくれる人がレスくれ無くなるのは何か感じが悪いのは確かなのです。
特に忙しくてレス返せなくてすいませんとかなどのエクスキューズが無い場合は特に・・・
更に何故か自分のカキコに対してだけ何度もレス抜かされている日には、


→ttp://ameblo.jp/kibarasama03/entry-10003713028.html#cbox


密かな悪意を感じてしまいます。
また、この方のレスは前から毒舌系でしたので、余計に何かイヤンな感じがします。
今までの自分なら、あ・・・無視された・・・で大人しくフェイドアウトしてサイトなり、ブログを見なくなるだけだったのですが、最近の自分は思ったことをぶっちゃけようが国是ですので、電波混じりの痛いコメントを投稿してみました。


■シカトですかw
R・Fさんの行動を見ていて、最近喪も悪くは無いなと思っていましたが、
やっぱり駄目みたいですねw
差別するなといいながら、差別的な行動を頻繁に行う喪はやっぱ駄目w
まあ、一応ブログのネタはget出来ましたのでありがとうございました。
とりぷるこんぼ (2005-08-26 14:39:33)


それにしてもオタクな人達って、こういうレスのやり取りって苦手な人が多いのですかね?
最初から、コメント入れても全くレス付かない人が結構多いです。
ブログというものがそういう目的メインで作られて無い以上、レスを求めるのは確かに我侭、構ってちゃんな願望なのかも知れませんけど・・・無いと寂しいです。
少しは鬼嫁の人を見習って欲しいです。
あの鬼のようについたコメントにキチンとレスを返すのは、並大抵の根性では出来ません。
自分なら絶対無理です・・・OTZ
と・・・ここまで書いた後、R・Fさんのブログ見たら一応謝罪のコメントが載っていました。
非常に微妙なコメントなのでここに全文コピペしておきます。


■無題
ごめんなさい つい横着してしまって
('A`)ノシさんととりぷるこんぼさんへのレスを怠けてしまいました
せっかく僕の汚いブログを見ていただいてるのに、こういうのはいけませんね 以後気をつけます


あと 僕は聖人ではないので 差別心を持ってないというとうそになります
どうしても同じ人として尊敬できない人が世にはいろいろいますから
ですがとりぷるこんぼさんと('A`)ノシさんだけを意図的に無視したわけではないので、
あまり気を悪くなさらないでください
すみませんでした
R・F (2005-08-26 16:24:01)


謝罪されると、確かに自分の方が大人気無かった感じもするのですが、そもそも自分の方に原因があるかも知れませんし・・・しかし、自分のコメントには横着するほどの価値しか無い
(赤の他人の心の篭もってないコメントだから当たり前ですが)
のかとも取れるし、差別ウンヌンのくだりも何か自分が差別されるべき存在として見られているのかと勘ぐりたくなるような気もします・・・^∀^;
(無職駄目オタクだから当然か・・・てへw)
一応意図的に無視したわけでは無いと否定されてはいますが・・・。

まあ、自分が大人気無くて電波な為(その通り)にこう思えるのでしょう。
しかし、所詮は喪を極めんとする喪と、喪から何とか脱出、もしくは一般人に溶け込める喪を目指す喪二人
・・・向かうベクトルが正反対な交わらぬ道であったと実感してしまいました。
それにしてもオタクな方には多いんですよね、こっちが笑顔で語りかけて握手しても、妙に排他的、差別的に振舞う人達が・・・なのに、そんな人ほど服装とか、オイニーとかを指摘されると逆ギレのように差別するな~と喚きだしたりするとか・・・差別とは、その人の行動や行為に対して正当な評価、行為を返さない状態の事です。
ですから、相手が友好を求めているのにシカトとか村八分などを行うのは最も差別的な行為だと思います。
(相手が悪意に満ちているならともかく)

それと違って、服装とか、オイニーに対する評価は現にそれによって気分を害されている人達による、
アドバイスというか請願な事が多いのですよね・・・。
しかし、どうでもいい些細な事でここまで考える自分の電波っぷりが少し痛い
【とりぷるこんぼ】でした。
・・・と、こんな時間まで痛く語ったら、時計の針が8時に・・・
今日のテレビの猫の恩返しだけは見逃さずに見なくては


猫の恩返しミニ情報室

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。