脳神経外科 ペインクリニックの名医。山本クリニック,世田谷。

脳腫瘍 頭痛 緊張型頭痛・偏頭痛・片頭痛 しびれ感・めまい感・顔面・腰痛・下肢痛・ヘルペスで
苦労されていらっしゃる方は多いものです。
「脳神経外科専門医」の眼から見て相談掲示板によせられた「過去の御相談と御回答」から
御参考になれば何よりです。

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)

のオフイシアル・ホームページです。↓(クリックをどうぞ)

ペインクリニック 山本クリニック、 世田谷、東京都、脳神経外科 神経内科

ペインクリニック 、山本クリニック、 世田谷、東京都、 相談掲示板

山本クリニック相談掲示板新規

山本クリニック相談掲示板:昔

ペインクリニック 神経ブロックとレーザー治療・レーザー外科 山本クリニック 世田谷 です。

「脳腫瘍」と頭痛・「疼痛系の「病態」」ペインクリニックを専門と致します。

住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山(みなみからすやま) 3-23-1

NEW !
テーマ:
------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0380

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/525047234566049.html

★タイトル
77歳男 頭、足のふらつき 生活が規制、外出は週一度のリハビリの為の通院のみ。

★テーマ:
しっかりとした「中枢神経系専門医先生」を御受診される事をお勧め致します。

------------------------------





------------------------------

年齢:77 性別:男性

1)平成11年に手足の痺れから軽い脳梗塞とわかり手術。

  その後ふらつきが続き検査の結果、
首の血管がつまり気味だとわかり
  ふらつきが解消されればと、
昨年11月に内頚動脈狭窄症の手術。

現在の症状
  頭、足のふらつき、高血圧、坐骨神経痛、腰部脊椎管狭窄症

  ふらつく為に生活が規制され、外出は週一度のリハビリの為の通院のみ。

  薬も多種のんでいる為、副作用でふらつきがあるかもしれないと思っています。
  眠れない為、睡眠薬も常用。

2)ふらつきの解消。

  症状が緩和され普通の生活に戻りたいと日々願っております。

  どうかアドバイスいただけますよう宜しくお願い致します。

[2005年5月22日 14時57分57秒]

------------------------------






ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都









ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都




ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

#1
##1
「題名:頭、足のふらつき
相談者:匿名希望 年齢:77 性別:男
1)平成11年に手足の痺れから軽い脳梗塞とわかり手術。
  その後ふらつきが続き検査の結果、首の血管がつまり気味だとわかり
  ふらつきが解消されればと、昨年11月に内頚動脈狭窄症の手術。
現在の症状
  頭、足のふらつき、高血圧、坐骨神経痛、腰部脊椎管狭窄症

  ふらつく為に生活が規制され、外出は週一度のリハビリの為の通院のみ。
  薬も多種のんでいる為、副作用でふらつきがあるかもしれないと思っています。
  眠れない為、睡眠薬も常用。

2)ふらつきの解消。
  症状が緩和され普通の生活に戻りたいと日々願っております。
  どうかアドバイスいただけますよう宜しくお願い致します。」
との事です。



#2結論:


ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。
「ふらつき」の治らない御相談者の御気持ちが
痛いほど判ります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「軽い・・」とか「○○気味」という
「中枢神経系専門医」が用いる「臨床神経診断学」からは
およそ程遠い「病態用語」のもとに
実に豪胆な「手術」が展開されています。

御「症状・症候」からは御相談者は「向精神薬」を
かなり以前より服用されていらっしゃいませんでしょうか。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「動脈硬化性」或は「向精神薬」による
「パーキンソン症候群」による「ふらつき」で御座います。
「パーキンソン症候群」。

「実体の無い「手術」」=「幽霊手術:gohst surgery:GS」を
お気の毒にも受けられた可能性がある。
これは私の考えです。

お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃったことと存じます。

けれども「転医」されても良いから
しっかりとした「中枢神経系専門医先生」を
御受診される事をお勧め致します。


下記に順を追って御回答致します。
+++++++++++++++++++++++++++++++++

1・「平成11年に手足の痺れから軽い脳梗塞とわかり手術。」との事です。

「手足の「しびれ」」が「「感覚障害・知覚障害」のみの「症状・症候」
でいらっしゃったのでしょうか。

「運動麻痺」は無かったのでしょうか。
「手足の「しびれ」」は「片側性」であったのでしょうか。
「両側」の「手足の「しびれ」」が「症状・症候」であったのであれば
「脳梗塞」という「診断」根拠が「臨床診断」としては成立致しません。

「「軽い「脳梗塞」」でとの事です。
「脳梗塞」は「「脳梗塞」であるか否か」で
「軽い「脳梗塞」」という「病態」はありえません。

私には「平成11年に手足の痺れから軽い脳梗塞とわかり手術」という
「お受けもちの先生」の「診断戦略」が理解できません。


2・「その後ふらつきが続き検査の結果、首の血管がつまり気味だとわかり
  ふらつきが解消されればと、昨年11月に内頚動脈狭窄症の手術。」
との事です。

「ふらつき」=「「脳梗塞」の「症状・症候」」ではありえません。

また「首の血管がつまり気味だとわかり」の
「首の血管がつまり気味」は
「左右」どちらの「内頚動脈」であったのでしょうか。

「中枢神経系」には「左右の「内頚動脈」」と
「左右の「椎骨動脈;ついこつどうみゃく:VA」」と
総計「4本」の動脈が「頭蓋内」に入り「ウイリス動脈輪」という輪を形成致します。

だから御相談者の御年齢の場合には
「上記4本の血管」による「自然のバイパス」が
「既に形成」されているはず。

「内頚動脈狭窄」が発生する場合通常は緩徐に「狭窄」が進行致します。

「脳循環血流量」を確保するために・
「脳動脈血流障害・脳虚血」を補うために
「内頚動脈狭窄症の手術」を施行する必要性・必然性はない。

「内頚動脈狭窄症の手術」は「内頚動脈狭窄」に「血栓」があり
「脳塞栓による脳梗塞」を惹起している或は
その可能性がある場合に施行されるものです。

3・御相談者の御相談内容要旨御記載からは明確な
「中枢神経系の器質的疾患由来の巣症状(そうしょうじょう)」=
「運動麻痺」等がありません。

「ふらふら感」=ふらつきが「眼振:がんしん:nystagmus」或は
四肢の「失調:ataxia」を明確に伴うものであれば
「後方還流系」(「椎骨脳底動脈動脈系」)の
「虚血性脳血管障害」の状態とも「臨床神経診断学」からは解釈する。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは該当致しません。

事実「大変お気の毒な事」ですが
御相談者の「主訴」の「ふらつき」は

諸々の「治療戦略」にもかかわらず
「解決」されてはいらっしゃらない。

4・
「2)ふらつきの解消。
  症状が緩和され普通の生活に戻りたいと日々願っております。
  どうかアドバイスいただけますよう宜しくお願い致します。」
との事です。

御気持ちが大変よく判ります。

この御「症状・症候」からは御相談者は「向精神薬」を
かなり以前より服用されていらっしゃいませんでしょうか。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「向精神薬」による「パーキンソン症候群」による「ふらつき」。

或は動脈硬化性の「パーキンソン症候群」による「ふらつき」で御座います。


5・施行された
「平成11年に手足の痺れから軽い脳梗塞とわかり手術。」
「「その後ふらつきが続き検査の結果、首の血管がつまり気味だとわかり
  ふらつきが解消されればと、昨年11月に内頚動脈狭窄症の手術。」は
「幽霊手術:gohst surgery:GS」=「実体の無い「手術」」であった可能性が御座います。


お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃったことと存じます。

けれども「転医」されても良いから
しっかりとした「中枢神経系専門医先生」を御受診される事を
お勧め致します。

一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
2005 05/222 (日)13:54:43


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



[2005年5月22日 15時1分53秒]









------------------------------


★アメーバブログ脳神経外科0380

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/525047234566049.html

★タイトル
77歳男 頭、足のふらつき 生活が規制、外出は週一度のリハビリの為の通院のみ。

★テーマ:
しっかりとした「中枢神経系専門医先生」を御受診される事をお勧め致します。

------------------------------






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0379

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/693448341525258.html

★タイトル
めまい? チクチクした様な電気が流れた様な感じ

★テーマ:
「緊張型頭痛」或は「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」
「緊張型めまい感」(あだ名です)

------------------------------





------------------------------

年齢:37 性別:女性

はじめまして。めまいのような症状についてお聞きします。

先日から、めまいとまではいかないのかもしれませんが、
頭や身体の向きを変えたときに、
頭の中がグワンとするような感じがあり、
とても不快感があります。

買い物や犬の散歩中などによくおこり、何度も繰り返します。
座っているときなどにはおこりません。

また今日は、首筋の辺りから後頭部にかけて、
チクチクした様な電気が流れた様な感じが走り、
しばらくさすっていると
やっと収まってくるような事もありました。

何かの病気の症状でしょうか?

2年ほど前にパニック障害になり、現在もパキシルを服用しています。

また半年ほど前から高脂血症のお薬も飲んでおります。

よろしくお願いします。

[2005年5月22日 15時3分44秒]

------------------------------






ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都









ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都




ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

#1
##1
「年齢:37 性別:女性
はじめまして。めまいのような症状についてお聞きします。

先日から、めまいとまではいかないのかもしれませんが、
頭や身体の向きを変えたときに、頭の中がグワンとするような感じがあり、
とても不快感があります。

買い物や犬の散歩中などによくおこり、何度も繰り返します。
座っているときなどにはおこりません。
また今日は、首筋の辺りから後頭部にかけて、
チクチクした様な電気が流れた様な感じが走り、しばらくさすっていると
やっと収まってくるような事もありました。

何かの病気の症状でしょうか?

2年ほど前にパニック障害になり、現在もパキシルを服用しています。
また半年ほど前から高脂血症のお薬も飲んでおります。
よろしくお願いします。」
との事です。



#2結論:
ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

御相談者が「めまい?」或は「めいまのような症状」と御記載されて
いる「症状・症候」は。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型めまい感」(あだ名です)と呼称される「症状・症候」
で御座います。

「また今日は、首筋の辺りから後頭部にかけて、
チクチクした様な電気が流れた様な感じが走り、しばらくさすっていると
やっと収まってくるような事もありました。」との「後頭部」或は「肩・首筋」
に「ぴりぴりした疼痛」があるのが特徴です。

2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。
また(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は「頭痛系の「病態」」。
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」などによる「症候性頭痛」でなない
「頭痛」を呼称致します。

「緊張型」の場合この「ふわふわ感」「くらくら感」を
「頭痛系の「症状・症候」」と「等価」に考えるのが取り決め。

正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」等
とよく間違えられます。
因みに「メリスロン」という「内服薬」が投与されることが
多いものです。
全く奏功致しません。

意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と
医師より図らずともいわれてしまう病態でも御座います。
ストレスには弱くなります。「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。

「2年ほど前にパニック障害になり、現在もパキシルを服用しています。
また半年ほど前から高脂血症のお薬も飲んでおります。」
との事です。
御相談者は「甲状腺機能」の「臨床血液検査」を受けられた事は
ないでしょうか。
「甲状腺機能」の「低下」を併発或は併せ持たれている可能性がある。

さて
「緊張型」の
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)


しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと
今の私は考えます。
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」が
苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれてくださいませ。


「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
と「緊張型めまい感」(あだ名です)につきましては
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」下記を御参照下さい。

「脳の病気でしょうか [2] [2005年 3月24日 11時 3分36秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/00671930199405679.html
「酷いめまいと頭痛と頭がしびれて吐き気と下痢 [2] [2005年 5月11日 19時38分42秒]」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/328228400861011.html
「頭を強打した後、めまいが強くなっ た [2] [2005年 3月31日 17時35分15秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/890935833872394.html
「めまいについて [2] [2005年 3月24日 12時13分52秒]」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/58614381340249.html

一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
2005 05/22 (日)14:30:47


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。








------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0379

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/693448341525258.html

★タイトル
めまい? チクチクした様な電気が流れた様な感じ

★テーマ:
「緊張型頭痛」或は「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」
「緊張型めまい感」(あだ名です)

------------------------------






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0378

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0960830350677533.html

★タイトル
力むと激しい頭痛がします。私の事例について相談に乗っていただけたら幸いです。

★テーマ:
しっかりとした「内科専門医先生」を御受診されて下さい。
「高血圧性脳症:hypertensive encephalopathy」

------------------------------





------------------------------

お忙しいのに申し訳ありませんが、相談させて頂きます。

1.42歳、女性

2.2週間ほど前から、トイレや性行為で力むと激しい頭痛がします。
力んだ瞬間に頭の後ろの方から痛みが走り、
すぐに頭全体が締め付けられるような痛みになります。
頭痛薬を飲むと(そのせいかわかりませんが)1時間程度で直ります。

3.脳疾患ではないかと、心配しています。

心配の理由は以下の通りです。
 ・20歳前半くらいから、健康診断でずっと血圧が高いといわれています。
(上:150~180)

 ・15年ほど前に脳出血を患い、一時半身不随になりました。原因は不明です。
(リハビリのおかげで今は正常な生活を送っています。)

 ・飲酒と喫煙をしています。
特にこの2ヶ月は生活習慣が変わり、頻度が増えています。
二日酔いになるほどではありませんが、
1日に蒸留酒のボトル半分くらい摂取しています。
タバコは最近1日15本程度です。
ただ、両方とも今ほどではありませんが、
以前からずっと続けているので、相関関係があるかはわかりません。

このような「力むと頭痛がする」という症状は初めてのことです。
過去に脳出血を患ったせいか、
頭痛が起こるとまた血管が切れて半身不随になる恐怖が蘇り、
排便や性行為をすることがとても怖いのです。

頭痛が起きると途中でやめてしまい、正常な生活が送れずにいます。

生活を改善しなければならないのは充分わかっていますが、既に遅いのでしょうか?

なぜこの2週間で急にこのような症状がでたのでしょうか。
この頭痛を止めることは可能でしょうか。

頭痛が起きてもそのまま堪えて排便や性行為を続けても、
いきなり脳出血になることなどなく、続けても大丈夫なのでしょうか
(力むほど頭痛はより激しくなりますが、
血管が切れる恐怖さえなくなれば
どうにか排便等は続けられるので、知りたいのです)。

過去の掲示板でも「力むと頭痛」を言うタイトルを見つけましたが、
質問があいまいなせいか回答が広範囲で、
わたしの事例のことを読み取れませんでした。

大変申し訳ありませんが、
どうぞ相談に乗っていただきたく頂きたく
よろしくお願いいたします。

お忙しいところ、本当に申し訳ありません。

脳神経外科にもいくつもりですが、
過去の主治医は既に移転しており、
脳神経外科には重度の方の来院が多いので、
たかが頭痛で相手にされるか心配です。

事前にご相談に乗っていただけたら幸いです。

[2005年5月22日 15時31分25秒]

------------------------------






ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都









ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都







ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都

ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都




これはご心配なことと存じます。
さて困りましたね。

お大変であり御可哀想であることが
御相談者の御相談内容要旨御記載からは様々に伺えます。


#1
##1
「お忙しいのに申し訳ありませんが、相談させて頂きます。

1.42歳、女性
2.2週間ほど前から、トイレや性行為で力むと激しい頭痛がします。力んだ瞬
間に頭の後ろの方から痛みが走り、すぐに頭全体が締め付けられるような痛みに
なります。頭痛薬を飲むと(そのせいかわかりませんが)1時間程度で直りま
す。
3.脳疾患ではないかと、心配しています。
心配の理由は以下の通りです。
 ・20歳前半くらいから、健康診断でずっと血圧が高いといわれています。
(上:150~180)
 ・15年ほど前に脳出血を患い、一時半身不随になりました。原因は不明です。
(リハビリのおかげで今は正常な生活を送っています。)
 ・飲酒と喫煙をしています。特にこの2ヶ月は生活習慣が変わり、頻度が増え
ています。二日酔いになるほどではありませんが、1日に蒸留酒のボトル半分く
らい摂取しています。タバコは最近1日15本程度です。ただ、両方とも今ほどで
はありませんが、以前からずっと続けているので、相関関係があるかはわかりま
せん。

このような「力むと頭痛がする」という症状は初めてのことです。過去に脳出血
を患ったせいか、頭痛が起こるとまた血管が切れて半身不随になる恐怖が蘇り、
排便や性行為をすることがとても怖いのです。頭痛が起きると途中でやめてしま
い、正常な生活が送れずにいます。

生活を改善しなければならないのは充分わかっていますが、既に遅いのでしょう
か? なぜこの2週間で急にこのような症状がでたのでしょうか。 この頭痛を
止めることは可能でしょうか。頭痛が起きてもそのまま堪えて排便や性行為を続
けても、いきなり脳出血になることなどなく、続けても大丈夫なのでしょうか
(力むほど頭痛はより激しくなりますが、血管が切れる恐怖さえなくなればどう
にか排便等は続けられるので、知りたいのです)。

過去の掲示板でも「力むと頭痛」を言うタイトルを見つけましたが、質問があい
まいなせいか回答が広範囲で、わたしの事例のことを読み取れませんでした。大
変申し訳ありませんが、どうぞ相談に乗っていただきたく頂きたくよろしくお願
いいたします。
お忙しいところ、本当に申し訳ありません。脳神経外科にもいくつもりですが、
過去の主治医は既に移転しており、脳神経外科には重度の方の来院が多いので、
たかが頭痛で相手にされるか心配です。事前にご相談に乗っていただけたら幸い
です。」
との事です。


#2結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
これは
「脳神経外科専門医先生」「御受診」も重要ですが
内科専門医先生も併診されて
しっかりと血圧をコントロールされなくてはだめです。

##3
「高血圧性危機,高血圧緊急症: hypertensive crisis,hypertensive emergency 」
とまではいきませんが。

##4
「高血圧性脳症:hypertensive encephalopathy」の「症状・症候」としての
「症候性頭痛」です。

##5
今現在危険な状態ではないのですが怖い状態ではある。
これは間違いない。

##6
まずこの御回答を見ても慌てずに
週があけたらば必ずやしっかりとした
「内科専門医先生」を御受診されて下さい。


##7
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##8
無理をされずに
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


##9
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


##10
念のため
「補足1」に「高血圧性脳症:hypertensive encephalopathy」
について簡単にご説明致します。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「高血圧性脳症:hypertensive encephalopathy」について。
血圧上昇を来たす原因「病態」はさまざまなのですが。

いずれにしても
血圧が急激に上昇したときにみられる症候群を
「高血圧性脳症:hypertensive encephalopathy」と呼称致します。

1・発作時には拡張期血圧(俗に言う「下」の「血圧」)は130mmHg以上。

2・頭全体・或いは後頭下部の頭痛が亜急性に発生し徐々に増悪する。

3・この頭痛は「排便」「咳」或いは性行為等にて「腹圧」を加えると極めて増悪する。

4・特に早朝時に強い悪心・嘔吐を伴うことがある。

5・一過性失明・半盲・片麻痺・失語などの「中枢神経系巣症状(そうしょうじょう)」
  が出現し全身性・局所性「痙攣発作」も出現することがある。
6・「高血圧性脳症:hypertensive encephalopathy」にて放置され
  一定期間経過すると「頭痛・「痙攣発作」・意識障害」の「3徴候」
  が出現する。
7・「高血圧性脳症:hypertensive encephalopathy」は一般的には
  一過性であるが時に再発性。
8・予後は1・最初の血圧と
     2・「症状・症候」出現から治療開始までの「期間」
  に関連します。

「補足1おわり」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。


[2005年5月22日 15時36分18秒]








------------------------------

★アメーバブログ脳神経外科0378

URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0960830350677533.html

★タイトル
力むと激しい頭痛がします。私の事例について相談に乗っていただけたら幸いです。

★テーマ:
しっかりとした「内科専門医先生」を御受診されて下さい。
「高血圧性脳症:hypertensive encephalopathy」

------------------------------






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。