川崎市の遊園地「よみうりランド」のジェットコースター「ホワイトキャニオン」(全長1100メートル)で、神奈川県大和市の小学4年の女児(9)が左鎖骨を折る事故が起きていたことが17日、同園や県警多摩署への取材で分かった。
 同署や同園によると、事故は7日に発生。女児は7両編成の先頭車両に乗っていたが、右カーブを急降下する際に、転落防止用のバーのクッションと左肩が強く当たったとみられる。座席のベルトは装着していた。
 コースターは横に掛かる遠心力が世界最大級であることを売りにしているが、1997年と2000年にも乗客が骨折している。
 同園は「原因究明に全力を挙げる。当面ホワイトキャニオンの運転を取りやめる」としている。 

【関連ニュース】
チャイルドシート使用57%=死亡・重傷2.7倍の差

岩手・宮城内陸地震 追悼式で復興誓う(毎日新聞)
口蹄疫 菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合(毎日新聞)
新型「さくら」公開=来春、山陽・九州新幹線直通(時事通信)
<河村・名古屋市長>菅内閣に注文 「増税せんでちょう内閣」と命名(毎日新聞)
珍しいアフロヘアの仏さま 奈良・五劫院(産経新聞)
AD