【バンコク時事】タイの捜査当局は22日、バンコクに滞在していた永野衛容疑者(64)を入国管理法違反容疑で逮捕した。永野容疑者は石油採掘事業をめぐる出資法違反事件で広島県警から逮捕状が出されており、近く日本側に身柄が引き渡される見通し。
 広島県警は2007年2月、永野容疑者が社長を務めていた熊本市の石油製品輸入販売会社「ジャパンエージェンシー」が石油採掘事業などへの出資名目で多額の資金を違法に集めたとして、関係先を家宅捜索した。 

【関連ニュース】
出資法違反「女相場師」に実刑=高配当うたい主婦ら被害
危ない投資話に注意!=「必ずもうかる」、被害増加-HPで呼び掛け・警視庁
氏名確認せず携帯電話貸す=「090金融」グループに
笹川氏孫名乗り、出資金詐取=「利子30%」とうそ、56歳女逮捕
「食用油販売益で元本3倍」=1億8千万集金、会社会長ら逮捕

承認内容の見直しなど要求―薬害イレッサ原告・弁護団(医療介護CBニュース)
キャビネット選挙どうする? 日医会長選3候補が見解(医療介護CBニュース)
おむつ処理に注意を=ポリオ予防接種、二次感染恐れ-厚労省(時事通信)
隠れた食材で新「郷土の味」(産経新聞)
つらさ乗り越え自殺予防へ=遺族支援で集い-大阪(時事通信)
AD