MDクリニックやヤンヒー病院処方薬を購入する際、一番気がかりなのがコレだと思います。


自分が購入しようとしているダイエット薬は、本物偽物


そうですよね、偽物で健康被害にあった事案等々、あまり良い話にならない問題です。


だからこそ知りたいソコのところ、今日のブログを見て解消していってください。


本物偽物の判断はとても難しい問題。


MDクリニックダイエット処方薬やヤンヒー病院処方薬をタイで購入すれば解る事もあるかもしれませんが、なかなか出来る事ではありませんよね。


でも、掲示板やお店の宣伝などの情報だけでは判断が出来ません。


では、実際に飲んでみて効果が出ない薬が偽物なのでしょうか?

答えはNO!です。

『効果が無い=偽物』とは言えません。


体質に合わなかったり、医師の判断で弱めの処方だったり、原因は様々ですので効果で本物偽物かの判断をすることはできません。


では、どうやって見分けたらいいのか?


それは、「中国製品の扱いの有無」「高額な価格設定」です。


あくまで目安としてですが、以下で詳しくお話します。


「中国製品の扱いの有無」


MDクリニックダイエット処方薬やヤンヒー病院処方薬の偽物と呼ばれる物は主に中国でコピーされた薬のようです。


中国製品を扱っている=仕入れ元が同じ、という可能性が浮上してきてしまいます。


しかし「中国製品を扱っている=偽物」というわけでもありませんので、それだけで決め付けてはいけません。


判断は難しいですが、タイの病院で正規品を買い付けているお店であればタイに在住している事などを確認できる情報がお店のホームページに有るものです。


(タイのリアルタイムな情報や画像等々)


もし貴方が購入しているお店、あるいは購入を検討しているお店にタイからの情報が一切無く中国製品を扱っているお店であったなら、注意が必要です。


「高額な価格設定」


インターネットでダイエット薬の真偽を調べていると「価格が高いお店の薬は正規品」という情報をよく目にします。


確かに、海外の治療薬のような国内で買えなかった薬などの場合、正規品は高く、コピー薬(中国産・韓国産)が安価で多く出回るなんて事が起きていました。


おそらくコレと同じ理由で「価格が高いお店の薬は正規品」と言われているようです。


しかしそれは海外の治療薬などが正規製造国でも元々高価で、コピーして安くすれば必ず売れると目をつけられてしまったため起きた事案です。


ではMDクリニックダイエット処方薬やヤンヒー病院処方薬の場合はどうでしょうか。


まず、偽物は中国でコピーされた薬とのことであるのは前述したとおり。


タイに居ながら中国でコピーされた物を中国から入手し、タイから依頼者へ送る・・・


なんて事をしていたら送料や人手など余計なコストがかかり過ぎてしまい高額になります


日本国内でコピーし日本国内から依頼者へ送らない限り安く売ることはできず無意味なのです


そんなムダな事をすればコストが価格に乗り、高い価格設定なることは必然です。


ただ、お店によっては会社として事業を行っているようで、経費や人件費などによっては価格にコストを乗せざるをえない場合も有りますので「高額=偽物」と決め付けるわけには行きません。


少し長くなってしまいましたね。


簡潔にまとめると・・・


『100%正規品保証 などの偽物でないことを示しているか』


 ⇒「NO」の場合、保証がないのですから既に怪しい

『商品の価格設定が高すぎないか』


 ⇒「YES」の場合、余計なコストが価格に乗っかっている


『店のホームページからタイの情報が伝わってくるか』


 ⇒「NO」の場合、受注・発送・対応など全ての作業を日本で行っている可能性あり


この三点をポイントに判断してみてください。


購入後の場合は、

『タイから発送されてきた物か』

 ⇒「NO」の場合、コピー薬の疑いが高いです

後は購入者自身で疑問に感じたことなどがあればお店に問い合わせてしまうのも手です。


私は上記の条件から正規品と判断した複数のサイトでお世話になっており、現在はヤータイで購入しています。


ちなみに、私が調べた限りでは「MDクリニックダイエット処方薬」の偽物が出回っているという「噂」を裏付ける情報を見つけることができませんでした。


類似の案件では、「ホスピタルダイエット」や「ドクターダイエット」などと称した出元不明な薬での健康被害などです。


「MDクリニック」「ヤンヒー病院」はタイに実際にある病院ですので、その名前が付いていないダイエット薬は危険な成分が含まれたコピー薬の可能性が非常に高いため、購入しないようにしましょう


今回の「本物?」or「偽物?」に結論を出すのは非常に難しいことであることはお分かりいただけたと思います。

しかし、偽物の可能性をゼロにできない以上、信頼できるお店を見極めるための判断基準として今回の記事が参考になれば、と思います。
AD