1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月25日

2016年≪夏≫ はぞくぞく講座が開催されます!

テーマ:✿アロマテラピー

秋が来る前に!
一日取得の認定講座が続々開催されます!
少人数制だから受けやすい!
どんなことでも質問しやすい!
講師に遠慮はいらない!
みんなが貴方の質問を求めています。
「●●は■■“と言われています”」という曖昧な回答は一切なし!
本物のアロマセラピストに、一日で変わってください。
お悩み多き人々のために存在するのが真のアロマセラピストです。

http://www.md-aroma.com/schedule.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月18日

オレガノオイルの力とは? 香りで精油自身の有する成分とその分子の効果は望めない証明

テーマ:✿アロマテラピー
本日は海外の記事を参照しつつ、“自然の抗生物質”と呼ばれている精油のオレガノのご紹介です。

近年では、かの国境のなき医師団のメンバーもオレガノカプセルを利用して過酷なお仕事に従事しているという情報もあります。

メディカルアロマの免疫促進レシピが数ある中で、オレガノが使用された食品登録の上で商品化された製品『ファミリードクター』(株式会社ファルマ)がありました。
使用されている精油は、オレガノ、ニアウリCT1、ティートリー、アカマツヨーロッパの4種です。

ご存じのようにティートリーは抗菌力も極小であるだけでなく、酸化物類1.8シネオールの免疫促進作用を体に入れて初めてその薬理作用の効果を享受できることからファミリードクターは経口吸収を考えて作られたサプリメント的な製品です。

オレガノがここでもメインとして使用された理由は、フランスやベルギーでも医療で使用されているプラナロム社の精油の中でも、オレガノという精油はプラナロム社でも同じく食品サプリとしての『オレガノカプセル』があります。

実際にNPO法人 日本メディカルアロマテラピー協会の免疫促進を目的としたあらゆるレシピは下記の場合に使われます。

1) 元気がないとき/元気をほしいとき
2) 風邪をひきたくないとき/ひいてしまったとき
3) 風邪をこじらせてしまったとき/熱が出てしまったとき
4) 風邪をひいているとき
5) 風邪が治ったようだが薬の使用を続けたくないとき


そしてここでは下記の海外の発表を踏まえ、同協会の経皮吸収および経口吸収(小腸からの速攻作用を目的)のレシピをご紹介します。

オレガノという精油の成分が実に有効に作用を与えてくれることについては、下記2つの記事(翻訳あり)をご覧ください。

『免疫促進ジェル』(経皮吸収)
● ハイブリットオイル 2ml
■ ティートリー     4滴
■ ラヴィンツァラ    4滴
■ ニアウリCT1    4滴
■ ユーカリラディアタ  4滴
● ナチュラルモイストジェル 20ml

※手首や首筋に3~6回/日を塗布してください。

『免疫促進オイル』(経口吸収 ①)
● ご家庭の食用オリーブオイル 5ml
■ オレガノ      5滴

※0.8mlを食後に(お子様は0.4ml)

『免疫促進オイル』(経口吸収 ②)
● ご家庭の食用オリーブオイル 5ml
■ オレガノ      5滴
■ ニアウリCT1   5滴
■ ティートリー    5滴
■ アカマツヨーロッパ 5滴

※0.8mlを食後に(お子様は0.4ml)

【REAL Farmacy.com オレガノについて その1】
http://www.realfarmacy.com/oregano-oil/

Pharmaceutical antibiotics do not work on viral infections! But This Does!
薬剤の抗生物質では敵わないウイルス感染にもオレガノオイルなら有効!

Phenols including carvacrol and thymol. They act as antiseptics and antioxidants. Terpenes including pinene and terpinene. They possess antiseptic, antiviral, anti-inflammatory and anesthetic properties. Linalool and borneol are two long-chain alcohols found in oregano oil. They exhibit antiviral and antiseptic properties. Este...rs include linalyl acetate and geranyl acetate. They exhibit antifungal properties. Although all these compounds possess healing properties, the most significant primary compound found in oregano oil is carvacrol.

カルバクロールとチモールを含むフェノール類。これらが抗菌や抗酸化物質として働く。ピネンやテルピネンを含むテルペン。これらが抗菌、抗ウイルス作用、抗炎症作用、麻酔効果等の性質を持つ。リナロールとボルネオールは、オレガノオイルに含有される二つの長い鎖状のアルコール。これらは抗ウイルスや抗菌作用の要素を有している。エステルはリナリルアセテートとゲラニルアセテートを含む。これらが与えてくれるのは抗菌や抗真菌作用。これらすべてが鎮静要素を有してはいるが、★オレガノオイルに含まれる最も重要視べき主要な成分分子(芳香成分ではなく芳香分子)は、カルバクロール(チモール)である。

【REAL Farmacy.com オレガノについて その2】
http://www.realfarmacy.com/5-powerful-antibiotics-require-prescription/

Oil of oregano takes care of pathogenic bacteria without disrupting beneficial bacteria. It is also antiviral and antifungal which makes it a powerful three-in-one combination that rivals pharmaceuticals while not encouraging antibiotic resistance. The key antimicrobial ingredient in oil of oregano is carvacrol. You should ensure that your source is at least 70 percent carvacrol content in order to be effective.

オレガノオイルは病原菌(病原細菌、病原性細菌等)に対し、(人体に有効なバクテリアに対しては影響を与えずに)効力を発揮する。同様に抗ウイルス性と抗菌や抗真菌性を有しており、複数の有効作用を複合的利用は、抗生物質の(病原菌に対する)体制を損なうことなく、薬剤と肩を並べる作用を有している。オレガノオイルに含まれる抗菌剤としての成分はカルバクロール(チモール)である。少なくともカルバクロールが70%使用されなければ効果を求められるとは言えないことを理解しなければならない。

香りで使用しても全く意味がないことが書かれています。

また経皮吸収や経口吸収ならば、農薬と防腐剤が皆無であることが第三者機関に証明された精油でないと危険であることも理解しなければなりません。

なぜならば、母乳は血液から造られるからです。

誰かが「●●という精油は■■に良いと言われています」という曖昧な説明では、メディカルアロマテラピーとしては決して使えない根拠となる理由が上述の記事から読み取ることができます。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月14日

第4回 横浜『メディカルアロマ実践講座』を2016年6月26日(日)

テーマ:✿アロマテラピー

『メディカルアロマ実践講座』を2016年6月26日(日) 

今回は横浜市の中心は西地区センター併設の西公会堂にて開催いたします。

【お申込み/お問い合わせ】
http://www.kokuchpro.com/event/medical_aromatherapy/65111/



第4回目を迎え、第1回目では7ページだった当日の議事録としての全内容レポートは、フォント(文字)を小さく作成し、今回の第4回目のテキストはおよそ20ページへと。

議事録レポートを基本テキストとして、さらにさらに広く、深く、メディカルアロマを第三者へと伝える手法、質問に対する根拠を伴った回答を増やしてまいります。




日本各地からのご要望を、今回初めて承ります。

遠隔からのご参加を可能にいたします。

1)自分の先生に何度も聞くのが憚られる...だから参加したいけど遠すぎる。

2)自分の先生の説明がわかりにくい、納得のゆく回答がほしい。

3)周囲に相談する人、先生がいない。



講座へ足を運んでいただく方々との公正性を考慮して、参加費用は同様に、遠隔参加を正式に可能にいたします。

よって遠隔参加の皆様には、ご参加者皆さん同様の資料その他をご提供いたします。

この日本で、海外で、特定非営利活動法人 日本メディカルアロマテラピー協会の本格メディカルアロマテラピーでお悩み多き第三者へと手を差し伸べてください。


生徒さん達や一般のお悩み多きクライアントさんからの質問に対する応酬話法や回答の仕方、加えてセミナーやワークショップを開催する際の実際の手順、媒体、あらゆる手法を網羅することで、皆さんに講師としての自信と知識と経験値を増やしていただきます。


回を重ねるごとに、深く広く確実に、皆さんと啓蒙・推進の力を高めて参りましょう。

資格は取得するまでではなく、取得してからが本当の勉強です。

「資格を取得したけれど...」という方、もう心配はいりません。

先生を抜かすぐらいの気持ちで頑張ってください!

第4回『メディカルアロマ実践講座』

日頃聞けない質問から、想像もしていなかった第三者からの質問、実際の事例を含めて、ご参加者の皆様へは当日の議事録としての全内容レポートを作成/提供いたします。これにより、皆様には一日で、自信をもって伝えられる根拠を伴った知識武装をしていただきます。



次の日からは違う貴方に、

本格メディカルアロマセラピストの先生になっていただきます。



第1回/第2回/第3回 『メディカルアロマ実践講座』では、各地より認定アドバイザー、ペットアロマセラピスト、セルフケアセラピスト講師、QOLプランナーの方々、延べ20名にご参加いただきました。



常に少人数制で開催することで、質疑応答を増やし、一日で今までの疑問や知識を増やしていただきましたが、完成度の高まった議事録レポートを基本としたテキストを使用することから、今回からは人数も増やしてのさらに集中した座学講座、当然ながらどのような質問でも気兼ねなくご質問いただけるようにいたしました。



NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会の治療を概念としたメディカルアロマをご存じでない方も、他のアロマテラピー愛好家、インストラクター、講師、その他アロマテラピーを初めての方もご参加可能です。一人でも多くの方に、JMAAの根拠と実績に裏付けられたメディカルアロマテラピーを知っていただきたいと思います。



第1~3回 メディカルアロマ『実践講座』 ご参加の皆様からの声:

●先日のメディカルアロマ講座、とても楽しく、知らない情報や質問の答えなどとても有意義な時間でした。

●初めて参加のフェスタと実践講座でしたが、有意義なお話が聞けて良かったです。

●とても有意義でした。楽しくてあっという間の講座で、また受講したいと思いました。

●先日は、実践講座参加させて頂きましてありがとうございました。3時間ではとても足りないと感じました。しかし、色んな話を伺えてよかったです。

●沢山の資料ありがとうございました。色んな資料を頂いたため今後の講座開催時に活用させて頂きます。

●資料ありがとうございました!これでどこでも、確認できます。さらに勉強ですね~♪

●今回の機会をあきらめてしまわずに良かったです。頂いた資料ももちろん素晴らしくて興奮してしまいましたが(笑)、何よりも我々受講生に対しての温かな、そして熱い想いに触れることができ、私自身、もっと深く知りたい。知ったうえできちんとお伝えしていかなければと気持ちを新たにしました。

●現在繰り返しみてもやはりまだ難しいことが多く、大変ですが頑張っていきたいと思います。

●大変勉強になるお話をありがとうございます。

●講座後予定があり、すっ飛んで帰ってしまいすみません。たくさんの情報ありがとうございました!久しぶりに会えて良かったです。

●遠隔での参加を可能にしていただいてありがとうございます。提供されたテキストプログラムや議事録レポートは、今後の活動に役立つだけでなく、手元にあるだけで自分の自信につながります。



質問例:

「セロリが欠品中ですが、シミ取りジェルはどうすればいいの?」

「美容ジェルのための(長期欠品の)ゼラニウムエジプトからゼラニウムブルボンへの代替で大丈夫?作用は十分なの?」

「第三者に勧めると『売りたいのね』と理解されてしまったり、嫌がられたり...セラピストとしてのカウンセリングや対応はどうすればわかってもらえるの?」



「なぜ協会ではハイブリットオイルを使うの?」

「なぜジェルには成分記載があってハイブリットオイルにはないの?」

「エステル化ってなに?」

「精油はプラスチックを溶かすというけれど、何で精油の中ブタはプラスチックなの?」



「他の団体さんのメディカルアロマとの違いはなに?」

「香りって効果があるというけれど、本当はどんな効果?」

「また香りと精油の薬理成分の関係は?」

「解剖生理学上の脳への作用って結局なに?」



「『免疫力を維持する、高める』ってどういうこと?」

「『自律神経を安定させる』ってどういうこと?」

「協会のレシピを変えてもいいの?」

「特定の精油がレシピに使われている理由はなに?」



「万一なにかあったらどうしよう!」

「体質診断…実はどんなふうに使えばいいの?」

「古い精油は使っていいの?開封後/開封前、どう違うの?」

「パッチテストってなんで腕の内側なの?」

「解剖生理学、病理学、薬理学、心理学っていうけれど、優先順位は?」

その他あらゆる疑問を完全にクリアーにします。





開催日時:2016年6月26日(日)

     13:30~16:30時 (3時間/途中参加・退出可)

開催場所:横浜市西地区センター併設 横浜西公会堂

    (横浜駅西口 相鉄線改札より徒歩約10分-元東急ハンズ近く)

参加費用:6000円 (テキスト、テキストプログラム、他税込)

     ※ お支払いは当日会場にて、または下記口座へ事前にお振込み下さい。

口座名義: カ)エツセンシヤルライフサポート
■横浜銀行      金沢支店   普通口座 6008013
■三菱東京UFJ銀行 金沢文庫支店 普通口座 4643866
------------------------
大変恐縮ですが、お振込手数料はお客様にご負担いただいております。

テキスト:

■実践で即使える特製テキストプログラム(JMAA神奈川校特製)

 - 生徒/クライアント対面型

   精油成分・分子早見表(非売品)

■『よくある質問集』

■根拠を語るための研究資料

■受講後 『議事内容(回答集)レポート』

【お申込み/お問い合わせ】
http://www.kokuchpro.com/event/medical_aromatherapy/65111/


参加条件:

NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会認定講師、認定アドバイザー、認定スペシャリスト等協会員に限らず、メディカルアロマにご興味のある方はどなたでもご参加いただくことができます。




★無駄の無い効率的な精油や基材の利用のための特別割引特典もご用意いたします。



本年の皆様のご活動のため、協会のメディカルアロマ啓蒙普及の理念に則り、世のお悩み多き皆様への手を差し伸べるための特別な機会としてご利用ください。

その他、あらゆることを皆様と話し合えるよう下記のページが運営されています。

個人としてのメディカルアロマライフを、そして講師としての自信と経験を増やしてゆくためにも、どなたでもご参加いただくことができます。

またこちらから国内外における皆様のセミナーその他の催しを全国に告知していただくことができます。

その上で皆様のホームページ、ブログ、FBページ、ショップ、サロン等、同ページ下部および神奈川校ウェブサイトその他へのリンク表示をすることで、各地で行われている皆様の活動を常時告知、バックアップいたします。

『NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会 神奈川校 グループ告知サイト』

http://www.kokuchpro.com/group/medical_aromatherapy/

近日公開の上記『メディカルアロマ実践講座』も含め、グループサイトへの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

【お申込み/お問い合わせ】
http://www.kokuchpro.com/event/medical_aromatherapy/65111/



NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会神奈川校講師
http://www.md-aroma.com
現 JMAA認定スペシャルメディカルアロマカウンセラー
http://www.jmaa-aroma.com/
現 ASHI 人とペットの心肺蘇生法国際資格
http://www.hsi.com/ashi
元 日本アロマ環境協会アドバイザー
http://www.aromakankyo.or.jp/
元 アロマコーディネーター協会協会員
http://www.jaa-aroma.or.jp/
元 日本リフレクソロジー協会(RAJA)
直営校マキ フジタ ヒーリング・スクール認定
プロフェッショナルドッグセラピスト
http://www.imashimaro.jp/flower/profeshonal_dog

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年06月13日

急な夜中の歯痛や口内炎!メディカルアロマセラピストならどうします?

テーマ:✿アロマテラピー



先日のセルフケア講座では現役の医師の方がご参加くださいました。
医療に携わる方々は特に薬についての知識が豊富であることから、容易にメディカルアロマの治療概念をご理解いただくことができます。
また現役の薬剤師の方々には、なぜアロマテラピーに使用されるエタノールが危険であるかもすぐにご理解いただくことができます。


今回はフェノール類オイゲノールについて、家庭でも容易に使えるレシピのご説明です。


フェノール類オイゲノール自体の香りはいわゆる“歯医者さんの香り”または昭和の頃から慣れ親しんだ歯痛の薬“今冶水”を思い出させるでしょう。

今冶水のメーカーサイトより成分の記載の引用:成分(100g中)
http://www.tampei.co.jp/products/KO/

チョウジ油:0.3g(痛みを鎮めます)
フェノール:5.0g(痛みを鎮め、殺菌します)
dl-カンフル:10.0g(痛みを鎮めます)
ケイヒ油:2.5g(痛みを鎮めます)
l-メントール:0.1g(痛みを鎮めます)
ジフェンヒドラミン塩酸塩:2.0g(炎症を抑えます)
ジブカイン塩酸塩:0.1g(痛みを鎮めます)
塩酸パラブチルアミノ安息香酸ジエチルアミノエチル:0.03g(痛みを鎮めます)
サンシシチンキ:15.07g(痛みを鎮めます)
添加物としてプロピレングリコールを含有


ここで言うフェノールはオイゲノールを指すことが明白なのは、やはりその香りです。
そして精油クローブにもこのフェノール類オイゲノールがおよそ80%含有されていることから、メディカルアロマでは家庭での突然の歯痛や口内炎、さらには歯周病予防や歯石の除去等に使用されています。



使い方は簡単です。

『⻭痛・口内炎オイル』
(家庭の食用オリーブオイルで)
●食用オリーブオイル 5滴
■ クローブ     5滴
★ 綿棒を⽔で濡らし、
混ぜて患部に塗布


『⻭周病、⻭槽膿漏オイル』
(家庭の食用オリーブオイルで)
●食用オリーブオイル 5ml
■ クローブ     5滴
★ 超⾳波ブラシに、2~3滴付け、
または⻭間ブラシに1滴付け、
⼀か所20回程度ブラシ


ご質問は特定非営利活動法人 日本メディカルアロマテラピー協会本部、または全国に広がる同協会員へお尋ねください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月13日

夏だからこそもう一度!真実を消費者の皆さんへ根拠とともに!

テーマ:✿アロマテラピー
夏だからこそもう一度真実を!
ティートリーやユーカリにも
レモングラスにも虫除け効果だけでなく、抗菌力もありません。



「ゼラニウムの香りには虫除け効果がある?と言われています」
と世のアロマ関連書籍やウェブサイトには記載がありますが、果たして“誰によって言われていたのでしょう?”
シトロネラという精油にも効果を求めてはいけません。

【2013年7月3日の研究発表記事より】
1)http://wired.jp/2013/06/26/mosquito-essential-oil/2/
2)http://www.sankei.com/wir…/news/130703/wir1307030006-n2.html



蚊には天然のエッセンシャルオイルが効く?
 「虫除け剤」の謎
テーマ:✿アロマテラピー


『虫除けスプレー』 『虫除けクリーム』
蚊には天然のエッセンシャルオイルが効く? 「虫除け剤」の謎

東京代々木公園でのデング熱騒動が未だに記憶には新しい事件です。
夏はやってまいります。


そして熱くなり始める時期によくあるご質問「どの精油?どのように使えば良いの?」の根拠としてご活用いただける海外研究機関の実績を改めましてここにご紹介いたします。

ノミ・蚊・ダニという種類の虫除け、昆虫忌避作用を有する成分が十分に入っているのは、世界でも数千以上ある精油の種類の中でもレモンユーカリ(ユーカリレモン)だけであり、NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会にてメディカルアロマテラピーを学んだ皆さんにはすでにご周知のこと。

それでは虫よけキャンドルでも有名なシトロネラキャンドル等はいかがなものか?
シトロネラ(プラナロム精油調べ)に含有される昆虫忌避作用を有するシトロネラールのレモンユーカリの含有量はおよそ80%のところ、シトロネラの含有量は最新の成分表から“4.83%”です。

アロマテラピーをすることが目的か、虫除けが目的か。

この目的を考えることで、おのずと的確な精油を選ぶことができるようになります。
世のお悩み多き皆様にとって、アロマテラピーは必要ありません。
重要なのはお悩みの解決ができるかどうか、解決ができる手法を常に模索しています。

残念ながら今でもウェブサイトや書籍その他にて、間違った情報が伝言ゲームのごとく、アロマテラピーを楽しんでいる方、初めてお悩み解決に求める方たちを迷わせてしまっています。
ここに上記記事の重要な点、ならびにスプレーやクリームを作って効果を楽しむための重要な点を列記してみます。

■ ティートリーやユーカリ(メーカー名不詳での記載がほとんど)には抗菌力があると説明されることが多い中、成分を調べてみることで、その抗菌力のあまりの少なさに気がついていただくことができるでしょう。

★虫(ノミ・ダニ・蚊)は菌ではありません。
 抗菌作用を虫除けに使用すること自体間違った情報、使い方です。


■ 精油は雑貨(香料の原材料)であることから、精油“名”でのメーカー不明(成分不明)の精油に作用、効果、効能があることを語ることは薬事法・医師法に反します。
■ 香水の作り方を基本とした香りと癒しのアロマテラピーでは、得てしてエタノールで最初に希釈して“香りを高め”ますが、香りを高めることは、今回の虫除けの目的とは全く異なります。
■ エタノールを使用することで、精油の含有する成分の作用(分子構造)を壊してしまい、多少なりとも抗菌力があったとしても、それは破壊され、単なる香りの溶液と化してしまいます。
■ 決してお安くはない精製水が未だに使用されていますが、一度開封すると使い切らない限り、また一回ですべて使わないと雑菌類がすぐに繁殖し始める危険性がありますので、エタノールの刺激だけでなく、雑菌の増殖が考慮できる水溶液をスプレーとして保管/皮膚その他への塗布は危険です。

【上記研究発表に見る重要点】
■「蚊はマラリアや黄熱病を広める最も危険なネッタイシマカ(Aedes aegypti)も含めて、1回目に刺されたときは虫除け剤によって追い払われる。しかし2回目には、蚊に虫除け剤は効かなくなってしまう」
■OFF!のような虫除け剤に含まれるディートは、市場に出てから40年になるにもかかわらず(ベトナム戦争でアメリカの兵士たちを守るために開発された)、厳密にはどのように機能するのかまだわかっていない
■ただし希釈されていてはならない
■希釈していないクローブのオイルが最も持続力があることも判明した。4時間の間、100%の効果があった。レモンユーカリも効果があることがわかった。なんと最大6時間で、虫除け剤Autanの有効成分であるイカリジンと同じだった
■アメリカの国立公衆衛生研究所も認めていて、毒性が少ないため利用を推奨
■毒性は確かに非常に少ないけれど、ないわけではない。いずれにせよ濃度が高いとこうしたオイルは、適切に使用されないと目や皮膚を刺激する可能性がある。しかし、ディートやイカリジンを不適切に使用して起こるような神経毒の効果はない
■一般的な法則として、塗布する製品のほうがスプレーよりもいい(スプレーだとより吸引しやすく、目や飲食物にも付着する)。そして必ず風通しのよい場所で子どもから離れている場所で使用して、そのあとは手を洗うようにするのがよい
■スプレーは市場で簡単に見つかるが、濃度はわずか5%から15%くらいだし、効果はわずか20分ほどだ。これに対してシトロネラのキャンドルは、別の研究が示しているように、少なくともネッタイシマカに対しては何の効果もない

敢えて言及する必要もないほどに、この研究発表には全てが述べられています。
アロマテラピーを、目的を最優先して利用する人々は、これらの点を重要視してご利用いただくことがよろしいでしょう。

下記レシピに使用されている各種精油の成分、なぜレシピに使用されているかにつきましては、アンジーのセルフケアオンラインの説明部分をご覧ください。

※ 母乳は血液から造られます。
精油は輸入後に国内厚生労働省指定機関により、“残留農薬”および“石油化学系防腐剤”が検出されていないことが証明された精油のみご使用下さい。


『虫除けスプレー』-大量のお水で希釈せずに使用します
●バスオイル      2滴
■ユーカリレモン   15滴
●水         30ml

『虫除けクリーム』
●親水軟膏      10g
■ユーカリレモン   15滴

『かゆみ止めジェル』
●ハイブリットオイル       2ml
■ラベンダーアングスティフォリア 3滴               
●ナチュラルモイストジェル   20ml

『虫刺され用ジェル』
●ハイブリットオイル        2ml
■ラベンダーアングスティフォリア  3滴
■クローブ             1滴
■ラベンダースピカ         2滴
●ナチュラルモイストジェル    20


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月13日

ゼラニウムには虫よけ効果を期待する成分はありません。ユーカリ、ティートリー、レモングラスにも。

テーマ:✿アロマテラピー
夏だからこそもう一度真実を!
ティートリーやユーカリにも
レモングラスにも虫除け効果だけでなく、抗菌力もありません。



「ゼラニウムの香りには虫除け効果がある?と言われています」
と世のアロマ関連書籍やウェブサイトには記載がありますが、果たして“誰によって言われていたのでしょう?”
シトロネラという精油にも効果を求めてはいけません。

【2013年7月3日の研究発表記事より】
1)http://wired.jp/2013/06/26/mosquito-essential-oil/2/
2)http://www.sankei.com/wir…/news/130703/wir1307030006-n2.html



蚊には天然のエッセンシャルオイルが効く?
 「虫除け剤」の謎
テーマ:✿アロマテラピー


『虫除けスプレー』 『虫除けクリーム』
蚊には天然のエッセンシャルオイルが効く? 「虫除け剤」の謎

東京代々木公園でのデング熱騒動が未だに記憶には新しい事件です。
春の暖かさが嬉しい昨今ですが、またすぐに夏はやってまいります。


そして熱くなり始める時期によくあるご質問「どの精油?どのように使えば良いの?」の根拠としてご活用いただける海外研究機関の実績を改めましてここにご紹介いたします。

ノミ・蚊・ダニという種類の虫除け、昆虫忌避作用を有する成分が十分に入っているのは、世界でも数千以上ある精油の種類の中でもレモンユーカリ(ユーカリレモン)だけであり、NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会にてメディカルアロマテラピーを学んだ皆さんにはすでにご周知のこと。

それでは虫よけキャンドルでも有名なシトロネラキャンドル等はいかがなものか?
シトロネラ(プラナロム精油調べ)に含有される昆虫忌避作用を有するシトロネラールのレモンユーカリの含有量はおよそ80%のところ、シトロネラの含有量は最新の成分表から“4.83%”です。

アロマテラピーをすることが目的か、虫除けが目的か。

この目的を考えることで、おのずと的確な精油を選ぶことができるようになります。
世のお悩み多き皆様にとって、アロマテラピーは必要ありません。
重要なのはお悩みの解決ができるかどうか、解決ができる手法を常に模索しています。

残念ながら今でもウェブサイトや書籍その他にて、間違った情報が伝言ゲームのごとく、アロマテラピーを楽しんでいる方、初めてお悩み解決に求める方たちを迷わせてしまっています。
ここに上記記事の重要な点、ならびにスプレーやクリームを作って効果を楽しむための重要な点を列記してみます。

■ ティートリーやユーカリ(メーカー名不詳での記載がほとんど)には抗菌力があると説明されることが多い中、成分を調べてみることで、その抗菌力のあまりの少なさに気がついていただくことができるでしょう。

★虫(ノミ・ダニ・蚊)は菌ではありません。
 抗菌作用を虫除けに使用すること自体間違った情報、使い方です。


■ 精油は雑貨(香料の原材料)であることから、精油“名”でのメーカー不明(成分不明)の精油に作用、効果、効能があることを語ることは薬事法・医師法に反します。
■ 香水の作り方を基本とした香りと癒しのアロマテラピーでは、得てしてエタノールで最初に希釈して“香りを高め”ますが、香りを高めることは、今回の虫除けの目的とは全く異なります。
■ エタノールを使用することで、精油の含有する成分の作用(分子構造)を壊してしまい、多少なりとも抗菌力があったとしても、それは破壊され、単なる香りの溶液と化してしまいます。
■ 決してお安くはない精製水が未だに使用されていますが、一度開封すると使い切らない限り、また一回ですべて使わないと雑菌類がすぐに繁殖し始める危険性がありますので、エタノールの刺激だけでなく、雑菌の増殖が考慮できる水溶液をスプレーとして保管/皮膚その他への塗布は危険です。

【上記研究発表に見る重要点】
■「蚊はマラリアや黄熱病を広める最も危険なネッタイシマカ(Aedes aegypti)も含めて、1回目に刺されたときは虫除け剤によって追い払われる。しかし2回目には、蚊に虫除け剤は効かなくなってしまう」
■OFF!のような虫除け剤に含まれるディートは、市場に出てから40年になるにもかかわらず(ベトナム戦争でアメリカの兵士たちを守るために開発された)、厳密にはどのように機能するのかまだわかっていない
■ただし希釈されていてはならない
■希釈していないクローブのオイルが最も持続力があることも判明した。4時間の間、100%の効果があった。レモンユーカリも効果があることがわかった。なんと最大6時間で、虫除け剤Autanの有効成分であるイカリジンと同じだった
■アメリカの国立公衆衛生研究所も認めていて、毒性が少ないため利用を推奨
■毒性は確かに非常に少ないけれど、ないわけではない。いずれにせよ濃度が高いとこうしたオイルは、適切に使用されないと目や皮膚を刺激する可能性がある。しかし、ディートやイカリジンを不適切に使用して起こるような神経毒の効果はない
■一般的な法則として、塗布する製品のほうがスプレーよりもいい(スプレーだとより吸引しやすく、目や飲食物にも付着する)。そして必ず風通しのよい場所で子どもから離れている場所で使用して、そのあとは手を洗うようにするのがよい
■スプレーは市場で簡単に見つかるが、濃度はわずか5%から15%くらいだし、効果はわずか20分ほどだ。これに対してシトロネラのキャンドルは、別の研究が示しているように、少なくともネッタイシマカに対しては何の効果もない

敢えて言及する必要もないほどに、この研究発表には全てが述べられています。
アロマテラピーを、目的を最優先して利用する人々は、これらの点を重要視してご利用いただくことがよろしいでしょう。

下記レシピに使用されている各種精油の成分、なぜレシピに使用されているかにつきましては、アンジーのセルフケアオンラインの説明部分をご覧ください。

※ 母乳は血液から造られます。
精油は輸入後に国内厚生労働省指定機関により、“残留農薬”および“石油化学系防腐剤”が検出されていないことが証明された精油のみご使用下さい。


『虫除けスプレー』-大量のお水で希釈せずに使用します
●バスオイル      2滴
■ユーカリレモン   15滴
●水         30ml

『虫除けクリーム』
●親水軟膏      10g
■ユーカリレモン   15滴

『かゆみ止めジェル』
●ハイブリットオイル       2ml
■ラベンダーアングスティフォリア 3滴               
●ナチュラルモイストジェル   20ml

『虫刺され用ジェル』
●ハイブリットオイル        2ml
■ラベンダーアングスティフォリア  3滴
■クローブ             1滴
■ラベンダースピカ         2滴
●ナチュラルモイストジェル    20


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月08日

NPO法人 日本メディカルアロマテラピー協会【神奈川校】2016年特別オファー 認定アドバイザー

テーマ:✿アロマテラピー
JMAA
特定非営利活動法人
日本メディカルアロマテラピー協会【神奈川校】
http://www.md-aroma.com/

フェイスブック/アメーバブログ会員先行のご案内です。

“自分で処方ができる人”
認定アドバイザー資格取得へのスペシャルオファーのご案内
 2016年 限定【20名募集】のご案内です。

★JMAA認定アドバイザーとは?★

同協会がセミナーやフェスタ等で開示するレシピを基にするだけでなく、国家資格を有する治療家や医療従事者の方々は処方として治療に、一般の方々はレシピとしてセルフケアやサイドビジネス、ボランティア活動に、個々人ごとの体質を見極め、お悩み多き現代人個々人ごとに見合った精油と基材を選定して処方(レシピ)ができる人材です。



ご自身のお仕事、その他の技術の付加価値としてのあらゆるセミナーやワークショップはもちろんのこと、認定アドバイザーとしてメディカルアロマセラピスト講師の育成に携わることができ、下記の講座を開催することもできるようになります。


★資格維持のための年会費等は一切ございません。


★NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会 神奈川校より
2016年 限定【20名募集】のご案内です。


★アロマテラピーを初めて学ぶ方でもご受講が可能です。

初めての方でも、根拠を語れる本格メディカルアロマセラピストになっていただきます。
世に聞く「●●は■■に効果があると言われています」という曖昧なアロマテラピーではありません。


★各種資格認定者、セルフケアセラピスト各種講師の方々から、アロマテラピーが初めての方々まで、だれもがご受講いただくことのできるスペシャルオファーのご案内をさせていただきます。

■◇■ 「自分で処方(レシピ)ができる人」
『JMAA認定アドバイザー』 への道 ■□■
神奈川校 『初級基礎・応用講座』+ 特別講座 + 試験

スペシャルオファー概要
■本年も昨年同様に、限定20名募集のご案内です。

★会場は鶴見公会堂、西公会堂、神奈川公会堂、保土ヶ谷公会堂等、横浜市・川崎市・横須賀市等、公共機関の会議室にてご受講いただきます。
(お忙しい方のための出張講座有り(要交通費加算))

【神奈川校だからこそのスペシャル特典】
フェイスブック/アメーバブログ会員先行のご案内です。

■対象:2016年7月31日までに初級基礎・応用講座お申込みの皆様

メディカルアロマテラピー
JMAA認定アドバイザーコース【通常】受講費用

初級基礎講座(受講料: 54,600円(税別))
+初級応用講座(受講料: 153,000円(税別))
 特別テキスト使用
=通常 207,600円(○税別)

■初級基礎講座 講習回数 4回 54,600円(税別)
 +材料費各レッスン 500円x4個 =計2,000円(●税込)
講座内容詳細: http://www.simejiji.com/school00_shokyu.html
■初級応用講座 講習回数 10回 153,000円(税別)
 +材料費各レッスン 500円x10個 =計5,000円(●税込)
講座内容詳細: http://www.simejiji.com/school00_shokyu2.html
計14回の受講後にJMAA認定アドバイザー試験となります。


1)10%OFF - 20,760円割引き

★ 各回の材料費全14個分(7,000円)無料
★ 186,840円(税別)
  +材料費7,000円(●税込)
  -材料費7,000円(●税込)
= 203,000円(●消費税/テキスト/材料費全て込み)


2)先着5名様には原書『塗るだけ10日でアロマ美人』 進呈

★ 絶版書籍を常にお手元に!
★ 他の受講者の皆様へは電子化された同書をご進呈!


3)ELS特製 『メディカルアロマ精油成分早見表ファイル』

テキストプログラムをご提供し、より学びと実践に活用していただきます。
★ レシピの説明にいつでもどこでも容易な説明を可能にした、幻の特性テキスト!(神奈川校のみの特典)
★ ファイルプログラムとプリントの両面での活用が可能!
(PDF/パワーポイント他による対面講義に最適)


4)受講回数(初級基礎4回+初級応用10回=計14回)

★ご受講者のご都合に可能な限りにお時間/曜日を合わせます。
★遠方の方に合わせ、一回(一日)に複数レッスン同時受講可能です。


5)ウェブショップ
『アンジーのセルフケアオンライン』より特別価格にて材料購入可能


★認定アドバイザーとしての活動をバックアップ、サポート致します。


6)認定アドバイザー取得後の活動範囲

★下記の講座を開催することができます。
★いずれも9,800円にて一日完結の講座です。

A)セルフケアセラピスト講座(本部より認定証発行/本講座のみ6,000円)
B)セルフケアセラピスト講師育成講座(本部より認定証発行)
C)ママ&チャイルドセルフケアセラピスト講師育成講座(本部より認定証発行)
D)ペットセルフケアセラピスト講師育成講座(本部より認定証発行)
E)セルフストレスケア講師講座(要メディカルアロマ心理学講座受講/本部より認定証発行)
F)介護と介護者のセルフケア講師講座(要メディカルアロマ心理学講座受講/本部より認定証発行)
G)QOLプランナー(要 QOLプランナー講座受講)
H)その他啓蒙推進のための講師として様々なミニ講座や自由な講座の開催可能
I)JMAA本部校にて中級講座(認定スペシャリスト)への道(要本部校受講)

※いずれの講座を開催する際には一度のご受講が必要です。
(神奈川校受講費通常21,000から53%オフ‐9,800円)


7)どのような講座、セミナー、ワークショップ初回開催時には、神奈川校講師が無償にて現地サポートを行います。

これにより安心して認定アドバイザーとしての第一歩を踏み出していただくことができます。


【その他】

★どのようなご質問でも、いつでもご遠慮なくお寄せください。
■ ご受講希望/お問い合わせ:
【お電話】 045-367-9429
【メール】 aroma@md-aroma.com
【お問い合わせフォーム】
http://www.md-aroma.com/shop/cgi-bin/support1.cgi
【JMAA神奈川校HP】
http://www.md-aroma.com


NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会について:
会員数: 10,000人以上

特定非営利活動法人 日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)
会長理事:協会会長 吉 田 明彦
名誉顧問:柳クリニック院長 柳一夫医学博士
東京薬科大学薬学部教授 笹津備規薬学博士
薬剤会社研究所所長 堀内 正薬学博士
昭和薬科大学薬学部助教授 濱島 肇薬学博士

台湾メディカルアロマテラピー動物臨床獣医部会 TMAACV
闕浩然/日健総合動物医院院長 他
顧問:李群博士(南京農業大学教授)
顧問:陳玉庫(江蘇省畜牧獣医学院副教授)
顧問:王明奎(中国科学院成都生物研究所教授・博士)

日本メディカルアロマテラピー動物臨床医学部会(JMAACV)
JMAACV 当会理事長 JMAA顧問 かまくら げんき動物病院 石野孝
JMAACV 当会副理事長 JMAA顧問 アンジェス動物病院 朝岡紀行
獣医師他 30名

本部:
東京都新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン314
03-5227-1836
*****************************************************

JMAA-特定非営利活動法人
日本メディカルアロマテラピー協会【神奈川校】
株式会社エッセンシャルライフサポート 神奈川支部
E-mail: aroma@md-aroma.com
※365日24時間受付・24時間以内に対応します
E-mail: aromatherapy@i.softbank.jp
※2営業日以上返信がない場合
(いずれかのサーバー/メーラー上ブロックメール設定等)
[ご対応時間] 10:00-17:00
[ご連絡対応状況の確認] http://www.md-aroma.com
TEL:045-367-9429 FAX: 045-788-3024

*****************************************************




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月02日

メディカルアロマを一日でJMAA資格取得『セルフケアセラピスト講師育成講座』

テーマ:✿アロマテラピー
一日でNPO法人日本メディカルアロマテラピー協会
『セルフケアセラピスト“講師”の資格』を取得していただきます。


告知サイト『こくちーず』
http://kokucheese.com/event/index/94989/


■ 開催日時: 2016年 6月6日(月)
■ 開催時間: 13:00-17:00時(休憩時間含む)
■ 受講費用: 21,000円(こくちーず特別価格【53%OFF】→ 9,800円

★再受講: お好きなレシピを4つ作ります(4,900円)
★再々受講(なんどでも可): 0円
★さらに深く深く!質疑応答技術と知識を学ぶメディカルアロマ『実践講座』しっかりフォロー
★どんな質問にも根拠と共に回答する技を自分のモノにしていただきます。

★本告知ページよりお申し込みの方に限りクーポン同様に【53%OFF】 9,800円にてご受講可能! 
★特別個人講座も受け付けています。ご希望の曜日を御考慮いたします。
★別の日にマンツーマンでの講座ご希望の方もご遠慮なくご用命ください。

■ 癒しだけでは高価な精油がもったいない!
成分(i.e. 精油の中の芳香成分の中のさらに芳香分子の有する作用が重要です)
体制神経と違い自律神経は白血球の顆粒球とリンパ球のバランスが重要です。
このバランスは顆粒球60%が交感神経を司り、リンパ球35%が副交感神経を司ります。
自分でもわからない自律神経のバランスを、第三者のセラピストが特定の精油の香りで、交感神経または副交感神経のいずれかを優位に“できる”と語ること自体、曖昧至極にほかなりません。これが消費者を不安にさせる要因の一つです。

■ レシピの根拠をしっかり言える!
「~と言われています」という、生徒さんに疑問を抱かせるような曖昧な表現はもう使わない!
本格メディカルアロマセラピストがこの2年半で国内 4,000人以上!
さて、ガットフォセを祖とするアロマテラピーですが、なぜあの日そこには精油(ラベンダー)があったのですか?
さて、なぜこの世に香りもよくない精油が何百何千種類も高額で売られているのですか?
これをわかるアロマセラピストさんは本物です。
一日で本物のアロマセラピストになっていただきます。

【特典①】みんなが欲しい絶版書籍『塗るだけ10日でアロマ美人』(電子化PDF書籍)を参加者全員にプレゼント!
【特典②】アンジーショップが皆様のご活動を強力にバックアップ!講師の方々への特別価格にて材料その他をご提供!
【特典③】講座で使用のプレゼン資料をそのままご提供!そのまま第三者への説明が可能になります。
【特典④】これなら安心!講師専用動画(45分)のご提供!講座の復習/予習もこれがあれば安心です。
いつでもどこでもスマホ、タブレット、iPad、パソコンで閲覧可能!レシピの精油の成分根拠もいつでもどこでもアンジーサイトで確認ができます。
【特典⑤】NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会提携企業/同協会認定神奈川校だから可能なスペシャル企画も!決して一人にはさせません。
NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会からの講師としての認定証を手にしたその日から、材料購入の特典だけでなく、セルフケアセラピスト講座の開催、様々なセミナー、勉強会その他の開催が可能。

誰もが高額を要さずとも日々のQOL、生活の質を高めることができてこそ本物の民間療法、補完・代替療法/代替医療です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月25日

第三回 『メディカルアロマ実践講座』 5月30日(月)横浜市

テーマ:✿アロマテラピー
『メディカルアロマ実践講座』を5月30日(月) 鶴見公会堂にて開催いたします。

第三回目を迎え、第一回目では7ページだった当日の議事録としての全内容レポートは、フォント(文字)を小さく作成し、第二回目では13ページにもなりました。今回の第三回目のテキストはこの13ページの議事録レポートを基本として、さらにさらに広く、深く、メディカルアロマを第三者へと伝える手法、質問に対する根拠を伴った回答を増やしてまいります。

生徒さん達や一般のお悩み多きクライアントさんからの質問に対する応酬話法や回答の仕方、加えてセミナーやワークショップを開催する際の実際の手順、媒体、あらゆる手法を網羅することで、皆さんに講師としての自信と知識と経験値を増やしていただきます。

日頃聞けない質問から、想像もしていなかった第三者からの質問、実際の事例を含めて、ご参加者の皆様へは当日の議事録としての全内容レポートを作成/提供いたします。これにより、皆様には一日で、自信をもって伝えられる根拠を伴った知識武装をしていただきます。次の日からは違う貴方になっていただきます。

【お問合せ・お申込み】
http://www.kokuchpro.com/event/medical_aromatherapy/60441/



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月25日

【新生活習慣病】とは? トイレにスマホ同伴が「3人に2人」! 誰にも知られずに治したいこれ!

テーマ:✿アロマテラピー

新生活習慣病? トイレにスマホ同伴が「3人に2人」~便座タイムの延長で「痔主」を誘発させる!
http://healthpress.jp/2016/05/32-1.html

誰も知り得なかった問題が昨今持ち上がっているようです。
「だからみんなトイレが長いのかぁ、最近は...」と思った方も少なくないでしょう。
さすがにトイレに列ができていれば、できる限り早く用を足したいものですが、空いてるトイレだとついつい手を出してしまう傾向があるのがスマホや携帯電話です。

本来はスマホや携帯電話の雑菌の数が多いので、トイレでの使用は基本的にお勧めはできませんが、それでも常習化してしまうことでこんなことに!

誰にも知られずに、辛い悩みを早く解消したい人はぜひともお試しください。
精油ほんの5滴でも十分にご期待いただけるよう、マッサージ用ではない基材を使用しています。

対応が遅いと最後には病院に入院を要する切除の手術にも発展してしまいます。

『痔の痛みや炎症、痔核のためのレシピ』
●ハイブリットオイル       2ml
●ナチュラルモイストジェル   20ml
■クローブ            2滴
■サイプレス           5滴


水虫のために使用されるクローブ約80%含有するオイゲノールの強い抗菌だけでなく、局所麻酔、瘢痕形成作用等はとても嬉しい成分(分子)です。
さらにはサイプレス、まるで血行促進のために生まれてきてくれたように、その成分を見ると、モノテルペン炭化水素類α-ピネンが60%でうっ血鬱滞除去作用、それを助けるかの如くゆっくり作用してくれるセスキテルペンアルコール類のセドロールが数%に加え、セスキテルペン炭化水素類セドレンまでがうっ血鬱滞除去作用を有しています。

これらがたったの5滴でも十分にご期待に添えるよう作られたレシピの理由です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。