月島治療院スタッフブログ

月島にございます鍼灸・整骨・マッサージの各分野を専門院とする総合治療院【月島治療院】のブログです。


テーマ:

こんにちは。月島治療院の草野です。

いよいよ8月がスタートしました。梅雨明けしてからの方が、天気がぱっとしませんね。

今日もジメジメとした梅雨のような天気です。

さて、夏になると付き物なのが、クーラーと冷たい飲み物です。

 

・職場でのエアコン設定温度は、スーツを着た男性に合わせて低く設定してあるので、手足が冷えてつらい。

・エアコンが利いた建物から外に出ると、急激な温度差で立ちくらみや頭痛がする。

・風呂上がりのキンキンに冷えたビールが最高に美味しい。

・毎日暑いので、氷を入れたジュースを一気飲み。

皆さん心当たりがあるのではないでしょうか。

 

クーラーや冷たいものの飲食による身体の冷えは自律神経のバランスを乱し、全身の疲れ・だるさ、腹痛、頭痛など、夏バテのような症状を出す原因になります。

身体が冷えると、内臓などがある身体の『深部体温』の低下を防ぐ為に、身体の末梢や皮膚表面の血管を収縮させ、毛穴も閉じて、放熱を出来るだけ避ける働きがあります。

また、身体が冷えると交感神経が緊張します。

そして、寒いところから気温が高い外に出たり、家に帰りくつろぐと急激に体温が上がり、副交感神経優位となります。その結果、血管が拡張して血流が増えるわけですが、強く冷やされた後に急激に血流が回復すると、全身の疲れ・だるさ、腹痛、頭痛などの症状が現れます。

この全身の疲れやだるさなど、冷えに関連する苦痛の正体は、体温低下から身を守る自律神経の反応なのですが、いつも強い冷気にさらされていると自律神経が失調し、この反応が過激になっていきます。

ちょっとでも寒さを感じると、交感神経が優位になり、強い冷えを感じるようになり、それに対する副交感神経の反応も大きくなって、だるさや頭痛なども激しくなっていきます。

 

その対策としては、普段から身体を冷やさず温めることが肝心です。

 

・しょうがは身体を温める特効薬で、温かい紅茶にしょうがを入れて飲むしょうが紅茶などは大変お勧めです。

・入浴は体温プラス4℃の水温で全身浴なら10分程度、半身浴ならゆっくり40分。

湯船に入る前に足湯などをして、ゆっくりと体温を上げましょう。

 

体温が低い状態で急に熱い湯に入ると、交感神経が優位になりますし、心臓の負担にもなりますので気を付けて下さい。

熱い湯と冷たい水に交互につかる交代浴も、自律神経を刺激する良い方法です。ただし、もともと身体が冷えている人は、まず、お湯で身体を温めることを優先してください。

湯船に浸かることを習慣にすると、体温の上昇が早くなって汗もかきやすくなります。

そうなると身体の様々な循環も良くなり、冷え性なども解決していくでしょう。

最初はサラサラと身体の余分な水分が汗として出てきます。余分な水分を排泄した後なお身体を温め続けると、皮脂腺が活性化し、今度は脂を含んだ汗が出始めます。この汗には、身体の中の様々な化学物質や活性酸素などの毒素が含まれています。それが排泄されると、身体の調子が良くなってきます。

 

しかし、人の深部体温は37℃前後で、上がり過ぎても体調不良の原因となります。

暑い時は無理せず、上手にクーラーを使って熱中症にならない様にして下さい。

 

今回はクーラーと冷たい飲食による自律神経の乱れの対策として、身体を温める特効薬のしょうがと、お風呂の入り方についてお話ししましたが、自律神経のバランスを整えたり、血液循環を良くするにはやはり、鍼灸治療やマッサージ、カイロプラクティックが大変お勧めです。

疲れが取れない、夏バテかもと感じたら、ぜひお気軽にご相談下さい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。