1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009年09月06日(日) 18時27分03秒

誰にも援助してもらえないのは辛いねえ~

テーマ:非定型うつ病

父は20年ほど前うつ病を患ったが、半年ほどでよくなり、現在は服薬も

せず再発も今のところしていない。そのころのことは余り覚えていない

のか思い出したくないのかわからないが、ガンで入院していた母の世話

を殆ど姉がしていたことも忘れているかのように、親戚に対してや飲み屋

においては姉の悪口を言いたい放題らしい。


姉は水道光熱費や通信費などを払ってはいるが、家のことは何もしない。

ダスキンモップのレンタル代は払っているが、実際それを使って掃除を

するのは私だけだ。トイレ掃除だってしたことがない。自分が掃除をする

のが嫌だから、台所の三角コーナーにゴミを捨てず、自分が出したゴミ

だけをまとめて新聞に包んで捨てたりしている。


母が存命だった頃は、入院中の母に代わって姉が夕飯を全員分作ったり

していたが、父は姉の作ったものが口に合わないと、一口食べただけで

あとは全部残し、生卵や納豆を持ってきて飯にかけて食い始めるので、

姉も父も互いに不機嫌になるのだった。


母が2年の闘病生活の後他界すると、私はその1年後に自衛隊を受験して

その翌年には自衛官となり、駐屯地での生活になったので家から離れた。

その4年の間に父と姉の仲は益々険悪になったようだ。


私が駐屯地の営内生活から自宅通勤になり、家に戻ってきてみると、姉は

いっさいの家事をやめ、自分の食事を自分で作るだけになっていた。


さて私は2年間の自衛隊通勤ののち任期満了退職して、民間企業に就職

したあとすぐうつ病になって退職し、ほぼ引きこもり生活になったのだが、

初診時から病院は自力で通っていたし、治療費も食費も全て自分持ちで、

布団の上で横になっているだけの生活だったのだが、父も姉も健康面に

ついても金銭面についても一切心配するそぶりを見せず、未だにそのまま

である。


うつ病は大抵の場合、周りの人間が様子がおかしいことに気づいて病院

に連れて行き治療が始まることが殆どだと思うが、私の場合は自分の

心身の状態がうつ病にあてはまっているようだと自己判断して、精神科に

自ら出向いたので、家族には「自分で病院に行けるんだから大したこと

ない」と思われているフシがある。


私の持ち合わせている不安障害も回避性人格障害もうつ病も、その症状

は周りの人間には殆ど迷惑がかからず、苦しくて困っていると感じるのは

患者本人だけであるので、言ってしまえば病状が良くなろうと悪くなろうと、

周りの人間には関係ない、大した影響のないものなのだ。仕事を続けて

いる場合は一概にそうとは言えないが。


父は自らがうつ病患者であったことは記憶の彼方に封印してしまったよう

であるし、自らは典型的なメランコリー親和型うつ病であったため、3ヶ月

ほどの転地療法とその後の通院と半年ほどの服薬でめでたく寛快して

しまったので、私が長患いしているのが妙だと思っているに違いない。


姉はと言えば、以前の記事 で述べたとおり、うつ病について理解が乏しく、

職場のうつ病患者を邪魔者扱いしているくらいなので、実の妹がうつ病

患者であろうと同情する気持ちが起こることもないのだろう。


姉は多分「金恵んでくれ」と言われるのが鬱陶しいと感じているだろうけれど、

私が快復しようがしまいが、関係のないことと思っていることだろう。


父は私が先に死んだら多少ショックを受けるかも知れないが、姉や弟は

私が生きていようといまいと関係ない、寧ろ死んだら法要が面倒くさい、と

思うんじゃないだろうか。きょうだいなんて多分そんなものだ。


いよいよもってどうにもならなくなったら民法第877条第1項 を持ち出すしか

ないのかなあと思うが、父や姉には法律上の義務だからどうこうではなく、

親族らしい情を持って就業困難な身内のうつ病患者を援助することを希望

するものである。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ  
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。