1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2015年09月20日(日) 22時36分45秒

ハイテンションになると文章を書きますよ~

テーマ:ADHD

ここ暫く、ブチ切れた時の頓服用に処方されているアルプラゾラム錠

飲んでも、脳味噌の興奮状態が治まらない。夜も寝つけないので睡眠

導入剤を服用すると、今度はほぼ丸々1日寝たきりとなってしまう。


金曜日はそれで待ちかねていた「岩合光昭の世界ネコ歩き・マルタ編」

を録り損なうという痛恨のミスを侵し、あ~NHKならきっと再放送して

くれるよね~と思ったりして、気を落ち着かせている。


が、親父殿の行動に対してキレてみたり(ここのところは本人に面と

向かって怒鳴ってはいないが、自分一人で大声で毒づいている)、ピグ

ゲームの公式ブログについた、ユーザー(かどうか怪しくスタッフとの

見解も一部ある輩)の下らぬコメントに意見し、反論として口汚く罵られ

てみたりして、それを読んで更に脳味噌の興奮度を高めたりするという。


私についている診断は、「気分変調性障害」と「回避性人格障害」で

あるが、恐らく「大人の発達障害(ADHD) 」でもあるだろうと思っている。

所謂「片付けられない女たち」 なのである。


上記リンクのイーライリリーのHPの説明がわかりやすいので、勝手に

例として挙げさせてもらったが、私の場合、多動性はほぼないが(寧ろ

動かなくて困りますなw)、衝動性と不注意が目立った問題行動となる。


特に、ADHDに見られる、不注意が原因で起こる症状(行動)群について、

「必要事項や必要物を忘れたり無くしてしまう」という症状を除き、自分の

覚えている限り小学生の頃から継続的に、ほぼ全てが存在した。


「外出の準備がいつも間に合わない」という点に関しては、小学校の

集団登校にほぼ毎日間に合わず、土曜日の集団下校時(※注)に

学区員全員の前に呼び出され叱責されるのが、小学3年生以降私の

毎週の恒例行事となっていた。2年生まではどうだったか記憶に無い。


 (※注:大昔、小学校は土曜日も午前中のみ授業があったが、    

  給食はなかったため、終業後全校児童が学区の班ごとに

  まとまって下校していたのだった。ご存じない方に念の為。)


「課題の締め切りに間に合わない」のは、矢張り小学生の時分から

夏休みの宿題は8月31日の深夜2時を回っても終っていなかったし、

大学のレポートも提出日に登校する電車の中で書いたりしていた。


「仕事を最後まで終えることが難しい」ことによって、自衛隊の最初の

赴任先からの転属前に、後輩に溜め込んであった事務作業を全て

押し付けヒンシュクを買ったであろうことは、このブログで前述のとおり。

そう言えばその後の転属先でも任期満了退職前に同じく書類を溜め

込んでいたが、後任者に押し付けたかどうかは記憶があやふやだ。


「仕事でケアレスミスがよくみられる」点については、ク口ネコ窓口勤務

時に、1日に1度は金額の計算と記入ミスがあったことで明らかである。

それで金銭業務の閉めを行うTさんからはひどく小言を言われていた。


今は金がないので「衝動買い」は不可能だが、以前税金泥棒して貯めた

金は全てヤフオクかお取り寄せにて、その時の思いつきで使い果たし、

そうして買い込んだ品については「部屋が片付けられない」ことによって、

高価なものですら、どこに何があるかわからないほど積み上げられた

「室内カオス」に紛れ込んでいて手入れもされていない。


面白いのは、ADHDの症状として「言いたいことを我慢してイライラする」

ことと、「衝動的に、人を傷つけるような発言をしてしまう」ことが、相反する

事象であるように見えるのだが、衝動性が原因で起こりやすいことに併記

されて挙げられている点だ。


言いたいことを我慢してイライラし、遂にはブチ切れて人を傷つける発言

をしてしまう、という流れなのかも知れないが、本人は我慢のし過ぎで

遂にはキレてしまうように感じるが、堪忍袋の容量が平均より少な過ぎ

なので、周囲からは我慢が足らんと思われる、と考えたらよいのだろうか。


恐らく、この「堪忍袋の容量が平均以下」であることは、私にも、ワールド

公式ブログコメント欄の"彼の輩氏"も該当することなのだろうが、私如き

既知外と同等扱いされたら腹が立つだろうから、彼の輩氏は薬物治療を

必要とする程ではないが、世間にやや迷惑な程度ではある苛烈な性格

の持ち主なのだ、ということで理解しておこう。


「元自衛官だから自分を自衛することにはぬかりない」的な内容の

コメントも彼の輩氏から頂いた様だ(また読むと脳味噌が煮えるので

彼の輩氏のコメント再読はやめておくため推測w)が、恐らくはこれも

「病気を盾にしている」という、よくある言われ様であろう。


しかしながら彼の輩氏のように、相手が繊細であろうが病気であろうが

自らの暴言暴挙を棚に上げ、他者がそれを看過してくれないことに

付け込んで「ケンカ売って来てるのはそっちだ」と言って、他者に責任を

転嫁した上で他者を罵りたい輩には、矢張り無視するしか手立てが

無いようで、盾にも何にもなりませんがな。


他者を卑下することで自らが高い位置にあると思い込むことによって、

自らをなんとか保っている哀れな輩の言い様は、無視してやることが

彼の為であり、また我が為なのであろう。なんかK国みたいな~。


「喧嘩両成敗」という言葉もあるが、恐らく彼の輩氏には通じない。

自らの考えに沿わぬ者は全て敵であり打ち負かすべき相手であり、

「勝てば官軍」が彼の座右の銘なのであろう。


まあ一つだけ確かなことは、他人を不快にするのが得意技な人の

思考回路は、まず健康的とは言えないでしょうな。それでもご自身は

生活に不自由しておられぬようなので、大変羨ましい限りであります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ADHD」 の記事
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。