1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2008年01月26日(土) 20時32分41秒

うちの猫たちのこと~

テーマ:ブログ

今日は帰宅しても猫が誰もお出迎えしてくれなかったので寂しかった。


ほぼ毎日じゃじゃ馬娘推定生後半年のちょびが「うるるる~ん」とノドを

鳴らしながら鳴く独特の声で何か言いながらすっ飛んでくるものなのだが、

今日は外で遊び呆けていたらしく、30分ぐらいしたら帰ってきて、さっさと

コタツに入り込んだ。


ちょびは思春期を迎えるお年頃で、来週には避妊手術が待っている。

完全室内飼いではない我が家では、猫が妊娠する可能性があり、仔猫の

貰い手を探すのは無理なので、早々に生殖器を取り除いてしまう。


生殖器に関わる病気も防げるから猫のためでもあるし、人間のためでも

ある。まあ人間の都合であるのは確かだが、飼い猫なのできちんと管理

するのは人間の責任でもあるから、生まれました、捨てました、なんていう

非道いことはしてはならないと思う。


今年で12歳になるしっぽちゃんは、白血球の割合が一般の猫の平均値

より少ないそうなのだが、別段問題もなく元気に過ごしている。嬉しいことだ。


トップページを飾っているこじろうは、最近太い尻尾に大きな傷を負って、

触ると痛がっていたのだが、すっかりかさぶたになって治ってきたようだ。


ちょびのいい遊び相手になると思ったのだが、こじろうはちょびが苦手

らしく、ちょびを見ると逃げてしまう。ちょびは一生懸命慕っているので

追いかけていくのだが、よく置き去りにされていてちょっと可哀想だ。


さて問題の長老はるさんである。2005年の10月に慢性腎不全と診断

されて丸2年が過ぎたが、毎週透析代わりの点滴を受けているものの、

老いてなお益々元気にネズミやスズメを捕まえてきたりする。


今年で15歳になるはるさんは、人間の年齢に換算すると80になるので、

老化に伴う身体の衰えがあるのは仕方ない。慢性腎不全も長生きだから

こそ発症してしまうものであるらしい(発症しない子もいるわけだが)。


そんなはるさんに、また新たな問題が発生してしまった。2,3日前に

はるさんが大あくびをした時に、右下の奥歯のそばの歯茎が赤く腫れて

いるのを見つけたので、点滴のときに診てもらったところ、腫瘍である、

とのことだった。


早速明日切除して、良性か悪性か検査をすることになった。もし悪性腫瘍

だとしたら、いわゆるガンであるから、放射線治療なども視野に入れて

今後を考えていかなければならない。


放射線治療は、かかりつけの獣医には設備がないので、東京まで出て

治療を受けることなるのだが、通院するとなると、人間は別にいいとして、

はるさんの体力や長時間電車に乗るストレスを考えると、そもそも本当に

その治療を行ったほうがいいのか考えてしまう。


できるだけ長生きはしてほしいが、苦しんでは欲しくない、というのが

正直なところだ。苦しんで長生きというのは自分だったら嫌だからだ。


まずは明日の手術が成功して、検査の結果が良性であって欲しい。

よい結果でありますようにと祈らずにはいられない。大事な家族だから。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。