1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006年03月27日(月) 04時57分15秒

お客様は神様です、か?

テーマ:ブログ

「マジムカツク!なんでこんなヤツやとってるんだよ!こんなヤツ

なんでクビにしないんだよ!こんなものいらねえよ!金返せよ!」


こんなヤツとはQの事なのですが、こんなに怒り狂っている少年に

Qが何をしたかというと、「お客様、マク○ナル○はセルフサービス

ですので、商品をお受け取りになるまでカウンターでお待ち頂け

ませんか。」と言って、少年の注文品を持って行っただけです。


この少年は、徒党を組んで何も買わずに客席を占拠するクソガキ

共の一員で、昨年の夏には店内で噴き出し花火に点火して、警察に

捕まる前にとっとと逃げたという狼藉者です。


このガキ共は、「何もしてないのに何で文句言われるわけ?」と主張

するのですが、Qに言わせれば、「何か買ったとしても食べ散らかして

ゴミを片付けないわ、何も買わなくても水を要求してくるわ、平気で

床にガムや唾を吐き捨てるわ、持ち込みはするわ、大声で騒ぐわ、

よくそれであんたたち何もしてないなんて言えるね!」と、店長の

静止も聞かず怒鳴ってしまうくらい、迷惑千万この上ない輩なのです。


今日は女の子と二人だけでやって来たのですが、「こちらでお召し

上がりですか?」と聞いても、うんともすんとも言わない。


そしてこちらの質問は無視して「てりやきと~、ポテトのM。」と言う。

以上でよろしいですか?と聞くと、あさっての方を見てうなずく。


こちらとしては食べていくか持って帰るのかわからないと、商品の

取り揃えも出来ませんので、再度「こちらでお召し上がりですか?」

と聞くと、やっぱりうんともすんとも。


ここで、もしかして意味が分からないのか?と思って「今日は食べて

いきますか?」(これは小学生ぐらいの子供に聞く場合の言葉です)

と言い直したら、やっとよそ見をしたままうなずきました。


で、お会計後、取り揃えをしてみると、もう姿が見えなくなっています。

「てり○きバーガーとポテトのお客様~」と、呼べども来ません。


荷物が多いお客さんや、子供連れのお客さんなど、自分で商品を

運ぶのが無理そうなお客さんの場合、店員がテーブルまでトレイを

運んであげるのは普通のことです。


その場合でも、お客さん自身がカウンターから席まで同行してくれる

ことが多いのですが、このクソガキは金を払ったらとっとと席に座り

込んで、店員が商品を持って来るのをふんぞりかえって待っている

のです。まるでそれが当然であるかのような振る舞いです。


そこでQは商品を持って行ったついでに、マク○ナル○のシステムを

説明したわけなのですが、これを難癖付けてると誤解して怒り出し、

返金、返品、以上終了と相成ったわけです。


たかがファストフードで王様気取りなのが笑えるところですが、敬語も

通じないし、セルフサービスと恐らく知っていて、あえて店のシステムを

無視し店員を従えた気持ちになっている輩を、このまま増長させるのは

店員として大変不愉快なわけですし、いずれ店舗にもマイナスになって

くることは目に見えています。


その場では店や他の客に迷惑がかかっているわけではないから、

こういうガキの言いなりになってやることもサービスだ、と考える向きも

あるようです。まあ怒らせたら何するかわかりませんしねえ。


しかし、増長したこういうガキ共が次第にどういう行動に出るようになるか

というと、席についたまま「ねえ!水!3個!」などと、店員に命令する

ようになります。「お客様」だから何でもアリだと思っているようです。


店員は何も言わないし、自由に使える座席はあるし、水はタダで飲めるし、

雨露は凌げ冷暖房は完備だし、こんなに居心地のいい場所は他に

ありませんから、段々とクソガキ共の溜まり場になって行きます。


そうなってくると、今度は善良な一般のお客さんが、あまりの雰囲気の

悪さに、この店から遠のいていきます。不良少年の多数たむろする店で

買い物をしたい人はそうそういない筈です。


結局長い目で見れば、クソガキ共をのさばらすことは、店舗の売り上げが

落ちる要因でもあり、従業員の働く意欲の低下も招きます。うちの店は

そんな店ですが、こんなクソガキ共も「お客様」扱いすべきですか?


昔、「お客様は神様です」と言った演歌歌手がいましたが、神様は神様でも

疫病神の場合もあるようです。「お客様」は偉いから何をやっても許される

と思い込んでいる疫病神共を、何とか追い払えないものでしょうかね。

AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。