1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年01月25日(火) 02時35分38秒

値下げに関する一考察

テーマ:マク○ナル○
マ○クの「普通の」ハンバーガーは、私がまだぴちぴ(以下略)
大昔には、なんとびっくり210円だったこともあるのです。
肉が今の3倍ぐらいあったとかいうわけではありません。同じです。

ちなみに~その当時ビ○グマ○クは1個360円でした。
今ならハッピーセットが買えちゃいますね(^^;

59円の投売り時代を経て、現在は80円のハンバーガーですが、
今度は100円で地域限定テスト販売されます(日経新聞)。

テスト販売では、同時に199円商品を200円にしたり、と
単品の端数を切り上げて値上げすると同時に、199円商品の
バリューセットの価格は500円に下げる(現在540円ぐらい)
など、セット購入を促すような価格設定にしているみたいです。

バーガー類単品の価格を上げるのはいいんですが(いいのか?)
なんでまたセットの価格を下げちゃうんですかね~?
今だってセットは十分な割引率だと思うんですけど・・・。

一度設定した価格を変えるには、それなりの理由があるのは
わかるんですが、上げるならともかく、下げるのはどうなのか?

買う方としては安い方がいいに決まっていますが、高いか安いかと
いうのは、比較するものがそれぞれあって成立することでして、
例えばバーゲンの赤札を見てみると、元の価格が書いてあるので
「わあ~こんなに安いんだ!」っていう実感があるわけです。

クーポン券を配るとお客さんが大量にやってくるのも、定価に比べて
安いから、お得感があって購買意欲が沸くためですよね?

私が従業員割引セットで喜んでいるのも、一般のお客さんと比べて
安く購入できるからなんとなく得をした気分になるからです。

それなのに、マ○クの値下げっていうのは、期間限定の場合を
除いて、いくら下がったとか、前はいくらだったとかを、お店でも
CMでも、お客さんに対して全然アピールしてないんですよ。

<グラコロセットの価格>でも述べましたが、ひっそり値下げを
しても気づく人は少ない筈で、はっきり言って意味がないです。

他社の類似製品との比較広告は、ペプシとコカコーラの様に、
日本では好印象になりませんが、自社製品の新旧価格の比較は
購買意欲をそそるものになると思うんですがね~。

まあ、価格ではなく品質で勝負する!と言っちゃった以上、安く
なりましたよ~ってのを前面に押し出すのは、格好悪いですけど。

で、結局のところ私が何を言いたいのかというと、いつも通り
「意味のない商品値下げをする余裕があるなら時給(以下自粛)」
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「マク○ナル○」 の記事
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。