1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-08-13 17:43:17

「新郎・大崎一番太郎 新婦・○○ ○○ 結婚披露宴(仮)」

テーマ:ブログ
大崎一番太郎・ノン子・戸越銀次郎が勢揃い
●口●平さんが生で「●上●ンバー」を披露!?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★16日 17時30分開場 18時~19時30分
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「新郎・大崎一番太郎 新婦・○○ ○○ 結婚披露宴(仮)」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本当の披露宴でも使われている宴会場「おおとり」で、大崎一番太郎と○○さんの結婚披露宴を開演します。

当日「婚姻届」を提出して下さった方の中から抽選で○名様(当日決定)に、太郎とバージンロードを歩いていただきます。

(特製婚姻届は会場内にも置いておきます)
さらに余興では、某大御所声優が生で名曲「炎●ボン●ー」を熱唱してくれる予定です。
3DSをお持ちの方は是非ご持参ください。良いことがあるかもしれません。特に、バンドブラザースpのソフトをお持ちの方は凄いことが起こります。
引き出物は有料ですが、その中にもの凄い物が仕込まれております。
■入場料 ワンドリンク付き2000円
■最大定員 100名

☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆
【慰問所(イベント)】・予約開始
☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆

<申し込み方法>
●メールにてお願いします
>>メールタイトル『慰問所申し込み・太郎』
>>本文に
・イベント名(太郎)
・代表者のお名前(ファンDO倶楽部の方はWEBネームでOK)
・ふりがな
・申し込み数(一人4枚まで)
を明記の上、
▼専用メールアドレス
osaki.nishi.comishel@gmail.com

まで、送信してください。
※入場料は、当日特設テントでお支払いください。
AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2014-05-04 20:20:25

思春期の子供に学習習慣を身につけさせるには?

テーマ:tellacoya
小さな頃はあんなに素直に私の言う事を聴いていたのに。。。 ああ、扱いづらい」

思春期になると、急にだらしなくなったり、聴く耳を持たなくなったりします。

学習習慣を一番身に着けてほしい時期に反抗期が重なり、成績が一気に下降。

受験が近くなれば、親の方も焦りが出てくる。

「あんた、いい加減にやったらどうなの?」

しびれをきらして発した一言でバトルぼっ発。

子供のタイプによっては、暴力的だったり、無視だったり、病気になったり
表現方法は様々ですが、悪い循環に入っていることだけは事実。

「じゃあ、親が我慢すればいいんですか?」

子供は敏感なので、言葉を発しないとしてもイライラしているのは分かります。

イライラしている人とは関わりたくないので、子供も無視しているわけで、ギリギリまで我慢して伝えた言葉が機能するはずがありません。

では、どうすればいいのか。

関係が拗れる前ならば「大人として扱ってみる」ことも一つの手段ですが、親の方がその切り替えが上手くいかなかったりします。

思春期は、社会性を身につけようとする時期でもあるので、こんな時こそ信頼できる第三者をつかったら良いのです。

例えば、部活の顧問の言うことだけは聴くのならば、その方に相談してみる。

同じ内容の言葉でも、伝える人が変わると受け止め方が変わってきます。


親には反抗していても、祖父母には本音を話す場合もあります。

そういう場合には、無理に親の代弁をさせるのは賢明ではありません。

逃げ場をふさいでしまうと、子供の心の休まる場がなくなってしまいます。

身内は、客観的な第三者にはなりにくいことを覚えておいてくださいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-03-25 06:30:39

地域に貢献する春休みの課題

テーマ:大崎一番太郎プロジェクト
ツナッシー閣下と共に、地元の中学校を訪問しました。

こちらでは、地域への貢献のためのボランティアとして、
プチ番太郎の部品を造るお手伝いをしてくれています。

閣下の直接指導


プチ番太郎の売り上げの一部は、部活動の遠征費や道具の購入代の補助として還元されています。

「一枚のフェルトから、どれぐらい多くの部品を創れるかがとても大事。それによって材料費の単価が変わってしまうからね。

先輩のデーターもここにある。この胴体の場合、最高16枚とれるんだけど、少ない人だと13枚ぐらい。足なんかだと、多い人と少ない人で20ぐらいの差が出てしまうんだよ」

ビジネスの基本を、こうして学んでいきます。

もちろん、慣れた人がやればもっと効率よくできますが、こうして地域の子供たちが絡むことが大切です。

「うちのおばあちゃんに、手伝ってもらおうかな」

こうして家族の輪も広がり、お年寄りをねぎらう気持ちも生まれます。


私も子供の頃にこういう生きた教育を受けたかったなぁ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。