精神科医名越康文監修カウンセリングルーム~メンタルケアサロン『ピュアラル』のピュアブロ(カウンセリング・東京都渋谷区広尾)

精神科医名越康文監修カウンセリングルーム
メンタルケアサロン~ピュアラル
(カウンセリング・東京都渋谷区広尾)
のカウンセリング・メンタルトレーニングに関する
メンタルサポートブログです。


テーマ:
皆さま、こんにちは。
ピュアラル・代表カウンセラーの小高千枝です。



先日、インサイドヘッドのマスコミ試写会へ
ご招待頂きました。



感情に素直になることって簡単で難しい。
クライエントさまには
@サロン
「ここは安心安全な環境
人、時間、空間ともに自己解放をしていい場所
素直な気持ちを自分の話したいペースで話してください」


とお伝えしますが


毎回、素直になって自己解放できるかと
いいますと、それは毎回ではありません。
皆さんの心と体のタイミングがありますからね。
人間ですから。。。



人には喜怒哀楽の感情があり
その感情をコントロールしながら日々を過ごしています。
その感情について
深く落ちる時間を過ごしました。

image


「インサイドヘッド」
主人公の11歳の女の子ライリー


【公式HP】
http://www.disney.co.jp/movie/head.html


ミネソタの田舎町で生まれ育ち
アイスホッケーをしたり、友だちとじゃれあったり
大自然の中で
ライリーにとっての”子どもらしい”生活を送っていました。


しかし
パパのお仕事の都合で大都会のサンフランシスコへお引越し。


ライリーとともに成長してきた
ライリーの中の感情

image


ヨロコビ
カナシミ
イカリ
ムカムカ
ビビリ

image


新しい街で再出発する11歳の女の子の心の葛藤に
感情たちも向き合います。


人格形成において
ライリーはとても大切な経験をしていました。
思い出として大切にしたいこと
時代の流れとともに忘れ去ってしまったこと


致し方ないことではありますが
ふと
何かがストップしました。


ライリーの頭の中にある
【思い出保管場所】の【思い出ボール】
が廃棄されていく瞬間。
ちょっとした寂しさを。。。


そして
観ている私たちも自己投影
自分自身の物語りとして
ストンと落ちる瞬間が。



思い出は全て残しておけるものではありません。
自分の成長とともに
自分の糧になり
そして
上手にさよならをすることで
また、新しい思い出と成長が待っているんですよね。



思春期の多感な時期に
環境が変わることでの心身に対する影響は強いものです。
自分自身の中で少ない経験の中でも
物事の良し悪しの分別はついているつもりであっても



どこかで
何かが
はずれてしまうと



そのコントロールがきかなくなる。



そして
涙が止まらなくなる。



その涙【カナシミ】を素直に受け止めること
皆さんできていますか?
カナシミを抑圧してしまうと
心が崩壊してしまいます。



「そう、私悲しいんだ。。。」
と認めてあげること。



大人になると、つい感情を出すことが恥ずかしいと思ってしまいがちですが
それは誰が決めたこと?
感情のコントロールをするためには
自分の感情を素直に受け止め
「そう、私は怒っている」「悲しんでいる」「楽しんでいる」
そう客観視した中で
感情を出せる環境で吐き出し
”大人”としてコントロールしなくてはいけない場面ではコントロール


そうやって人間らしく生きて欲しい
そう感じます。



感情がキャラクターとして登場し
可視化されたことで
ご自身の中にある感情をキャラクター化してみると面白いですよ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

小高千枝のカウンセリングサロン『ピュアラル』(東京 広尾)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。