精神科医名越康文監修カウンセリングルーム~メンタルケアサロン『ピュアラル』のピュアブロ(カウンセリング・東京都渋谷区広尾)

精神科医名越康文監修カウンセリングルーム
メンタルケアサロン~ピュアラル
(カウンセリング・東京都渋谷区広尾)
のカウンセリング・メンタルトレーニングに関する
メンタルサポートブログです。


テーマ:
皆さま、こんにちは。
ピュアラル・代表カウンセラーの小高千枝です。



今日は
「女の子カード」を上手に出せていますか?きれていますか?
というお話を


(*^ー^)ノ


10代後半~20代半ばくらいまでは
女の子カードを自然と出せていました。
ぶりっことか、可愛く見せたいとか
そういったことではなく
若さなのか。。。
自然な流れで
女の子としての可愛らしさ、甘え、優しさ、穏かさ
を表現できていましたね。



そして、月日が経ち
経験を重ね
人生の修行を乗り越えたとき



戦いに慣れすぎた自分の中で
「女の子カード」の出し方が
あら?どのタイミング?と悩ましく感じてしまう時期を迎えました。



クライエントさま含め
ご相談にいらっしゃる方への「女の子カード」の出し方は
”戦い”の渦中にいるからこそ
冷静に判断できるのですが



1人の人間として鎧を外したときに
理性と培ってきた自分の立場と。。。
世間における仕事とプライベートの自分のポジションが
わからなくなり
「女」としての表現のタイミングが下手になっていると感じ。。。



そう感じ始めて
2年。。。
戦いもある程度緩みをもたらすようになり
穏かな日々の中で
とにかく大切に大切に日々を歩んでいくと
徐々に「女の子カード」を出すタイミングがわかるように
なるものです。



それは
私が心理を仕事としているからではなく
人として
プリミティブな自分を受け止めたときに
見えてきます。




それも20代、30代前半とは違う出し方。



40代、50代のご相談にいらっしゃる
キャリア女性に多いお悩み。



経験値が高いことに
男性にはどこか敬遠されやすく
その感覚も察知してしまうため
強い自分を演出してしまう。



両手を広げて
飛び込んできてくれることを待っているのに
あと一歩なのに
男性が引いてしまう。



それは男性だけではなく
私たち女性にも原因があります。



自分の身は、自分で守る。
そういう力を養ってきたため
つい強さを出してしまう。
そして、甘え下手



あげまんのステキな女性なのに
男性からするとハードルが高く感じてしまうみたいです。
しかし
真のあげまん女性を射止めた男性は強いですよ。




最近多いご相談です。
キャリアを積んだ知性も経験値も高く
男性を包み込むゆとりがあるのに。。。
「女の子カード」の出し方がわからない。。。と

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

小高千枝のカウンセリングサロン『ピュアラル』(東京 広尾)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。