精神科医名越康文監修カウンセリングルーム~メンタルケアサロン『ピュアラル』のピュアブロ(カウンセリング・東京都渋谷区広尾)

精神科医名越康文監修カウンセリングルーム
メンタルケアサロン~ピュアラル
(カウンセリング・東京都渋谷区広尾)
のカウンセリング・メンタルトレーニングに関する
メンタルサポートブログです。

皆さま、こんばんは。
ピュアラル・代表カウンセラーの小高千枝です。


2015年のお仕事が本格始動し
2日目が経ったことと思います。


お休みモードから少しずつ
日常に心と体を戻しつつ過ごされていることと
思いますが


朝起きることができない
仕事中気が散ってしまい集中できない、
何となくだるく
やる気が出ない状態になってしまっているのでは?



人間は「~しなければならない」と強制的な環境におかれると
「~したくない」という反発心(心理的リアクタンス)が働きます。
それは休みモードが日常化したことによる抵抗感から発生しているため
仕事モードを日常化するように行動修正をすることで解消することができます。

image


昨日、出演をさせて頂きましたNHK総合「newsWatch 9」さんで
”休みボケの解消法”についてお話をさせて頂きました。



カウンセリングやメンタルトレーニングを受けられるクライエントさま
そして、企業さまなど公でお話をさせて頂く際に
心のケアにおいて、日常生活のみつめなおしの大切さも
あわせてお伝えしております。

image


長いお休み後の日常への復帰も
ちょっとした意識を変えるだけで元に戻ることができますからね。


まずは、入眠時と朝の起き方(起床)について考えてみましょう。


目覚めには自律神経の切り替えが必要。
睡眠中、自律神経は副交感神経優位になっていますが
これを交感神経優位にしなければ目覚めることができません。
交感神経が優位になると、血圧が上がり
脳に血流が行くようになり、身体が起きだします。

image

そのため、光を利用し
寝心地のいい環境。寝起きのいい環境を物理的に
用意してみましょう。


パソコンやスマホなどは(最低)入眠30分前には使用を
停止するようにしてください。
夜間の電磁波の照射は睡眠リズムを狂わせます。


そして、入眠時は副交感神経優位の環境を作ります。
遮光カーテンにしたり恐怖心が出ない程度に光を遮断しましょう。
そして、リラックスできる音楽やアロマをたくなど
穏かな気持ちを作ることで、質の高い睡眠に導くことができます。



起床時は部屋全体の照明を明るくし
交感神経優位の状態を作ることが大切です。
カーテンを一気に引く
朝の太陽を浴びるなど身体に光を取り入れるようにしてください。
テンションが上がる音楽をかけて気持ちを高めていくこともオススメです。



シャワーを浴びたり
ストレッチをすることで身体に目覚めの刺激を与えることも有効です。



ただし、心に負荷がかかる無理な運動は
ストレスを生み出す可能性もございますので
心地よい程度の体操やストレッチ、マッサージなどで
体の機能を再燃できるようにしてみてくださいね。



心身ともにスッキリと仕事モードに切り替え、有意義な1年にしてくださいね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

小高千枝のカウンセリングサロン『ピュアラル』(東京 広尾)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。