平野博文官房長官は5日午前の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長が資金管理団体の土地購入を巡る事件で不起訴処分となったことについて「不起訴になって良かった」と述べた。その上で「同志として、民主党に所属する議員として、それは良かった」とも話し、官房長官の職務を離れた立場での感想であることを強調した。

 また、小沢氏の元秘書の石川知裕衆院議員が政治資金規正法違反(虚偽記載)で起訴されたことについて平野氏は「政府の立場でなく与党の議員、同志の立場で申し上げると、起訴されたことは極めて残念だ」と語った。

 一方、鳩山由紀夫首相は5日朝、小沢氏が不起訴となったことに関し、首相公邸前で記者団に「このような判断が下された以上、できるだけ早いうちに(小沢氏に)会いたいと思う。まだ日程的には決まっていない」と述べ、近く小沢氏と会談する意向を示した。【横田愛】

【関連ニュース】
公共工事個所付け:民主が通知後回し 社民・国民新が抗議
普天間移設:照屋議員ら平野官房長官に抗議 斟酌発言で
普天間移設:官房長官「5月末の地元合意にこだわらず」
名護市長選:「斟酌の理由ない」の官房長官発言に地元反発
平野官房長官:現行案除外せず 名護市長選の結果に

小沢氏進退で駆け引き…民主、党内抗争の兆し(読売新聞)
民主七奉行の小沢氏批判 声上げた途端に…(産経新聞)
ツーコインで糖尿病検査の新サービスを開始-ケアプロ(医療介護CBニュース)
<火災>住宅全焼4人死傷 兵庫・姫路(毎日新聞)
国内医療用薬が微減も大幅増益―大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
AD