北朝鮮に対する制裁措置延長を受け、拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(71)は9日、取材に対し「制裁延長は当然で、解除する理由がない」と話した。
 飯塚代表は「この間何も動きはなく、ただ延長したという印象だ。様子見をするだけでなく、もっと強く迫らなければ、北朝鮮の動きは期待できない」と語った。
 鳩山政権では初の制裁延長だが、代表は「政権が代わり期待していたが、2008年に約束した拉致被害者の再調査を催促するなどしてこなかった」と振り返り、「(北朝鮮の動きを)ずっと待っていろと言うのか」といら立ちも見せた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島~金総書記、三男を後継者扱い~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~
「平和的に体制変換を」=黄元書記、拉致家族ら前に講演

与党3党、会期延長も選択肢 (産経新聞)
マンション火災、幼児死亡=祖母と孫1人重体-川崎(時事通信)
<田辺三菱製薬>「反省の姿勢ない」C型肝炎原告、強く批判(毎日新聞)
鹿島施工のビルなど7棟、耐火性不足の外壁(読売新聞)
<囲碁>早慶、15回の授業で単位取得(毎日新聞)
AD