法律を科学する!理系弁護士三平聡史←みずほ中央法律事務所代表

大学では資源工学科で熱力学などを学んでいました。
科学的分析で法律問題を解決!
多くのデータ(事情)収集→仮説定立(法的主張構成)→実証(立証)→定理化(判決)
※このブログはほぼ法的分析オウンリー。雑談はツイッタ(→方向)にて。


テーマ:
Q 自転車と自動車が衝突した場合,自転車の責任も重いのでしょうか。
  弱者保護にはなっていないのですか。


自転車シリーヅが続きます。

誤解ありがち度 2(5段階)
***↓説明↑***
1 一般の方でもご存じの方が多い
2 ↑↓
3 知らない新人弁護士も多い
4 ↑↓
5 知る人ぞ知る

ランキングはこうなってます
このブログが1位かも!?
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
↑↑↑クリックをお願いします!↑↑↑

A 事故の状況によって決まります。
  「避けようがない」という場合はゼロになることも結構あります。


【自転車運転者の責任】

自転車と自動車が衝突した場合,自転車も多少は責任を負うのでしょうか。

→事故状況によって,過失割合(過失相殺)は変わります。
 自転車側の過失ゼロ,ということも結構あります。

元々,「弱者保護」という考え方があって,危険性を追っている自転車の方が過失割合は低い傾向です。
とは言っても,基本的には,自転車を運転する以上は周囲に注意を払わなくてはならない,という大原則があります。
多少は責任(過失割合)を負うことが少なくないです。
その一方で,自転車を運転していて,「これは予想できない。実際問題避けようがない」という場合には過失ゼロとなります。

【過失割合基準】
具体的にどのような場合が過失ゼロになるのでしょうか。

→細かい類型について基準があります。

多くの事例について,基準を元に考慮します。
裁判所や弁護士の交渉において用いられることが多いのは,財団法人日弁連交通事故相談センターの「損害賠償額算定基準」という本です。
赤本と呼ばれています。
と言いますか,その本の表紙に「赤い本 弁護士必携」と書いてあるというビジネス精神のしっかりしたものになっています。
以下,具体的類型についてご説明します。
なお,賠償額の算定上過失ゼロとなっても,実際に怪我をしたり,事故の当事者となって嫌な思いをするのは避けられません。
「信頼の原則」もありますが,「かもしれない運転」を心がけるべきなのでしょう。

【自動車左折で自転車巻き込まれる類型】
自動車=左折,自転車=直進 で衝突した場合です。

→先行していたのが自動車か自転車かで自転車の過失割合が10%か0%か違ってきます。

<自動車先行>
自転車の過失は基本10%

ただし,自動車側に「合図なし,合図遅れ」または「大回り」があった場合は,マイナス10%となります。
つまり,自転車の過失はゼロとなります。
具体的には,「前方の自動車が左に寄っていないし,合図(ウィンカー)も出していない」という場合は,その後衝突しても自転車の過失はゼロ,となります。
さすがにこのような場合は「左折するとは思わなかった」が通用するということになります。

<自転車先行>
自転車の過失は基本0%

要は,自転車が直進しているところを,自動車が追い越して前を横切る形で左折した,ということです。
さすがに,この自動車の動きは想定外でしょう。
自動車が少し待って自転車をやり過ごすなどの対応を求められていたと考えるべきでしょう。

【渋滞中の自動車の間から別の自動車が出てくる類型】
渋滞していると,交差点でも自動車がつながっている状態になります。
対向車が右折する場合は,渋滞中の自動車の「隙間」を通り抜けます。
この自動車と車線キワを走行してきた自転車が衝突した場合です。

→自転車の過失は基本10%

ただし,自転車が自転車横断帯か横断歩道上を走行していた場合はマイナス5%です。
さらに,自動車が徐行をしていなかった場合はマイナス5%です。
両方が重なると合計マイナス10%となります。
その場合は,結果的に,自転車側の過失はゼロとなります。

【道路外から自動車が道路に進入してくる類型】
ロードサイドの駐車場などから自動車が道路に出てくる際,道路を普通に走行している自転車と衝突した場合です。

→自転車の過失は基本10%

ただし,自動車が飛び出してきた(徐行していなかった)場合,マイナス10%です。
また,道路が幹線道路だった場合もマイナス10%です。
これらのどちらかに該当すると結果的に自転車の過失はゼロとなります。
さすがに,大きな道路に出ようとする自動車が道路を走行する自動車・自転車に注意するべきです。
逆に,自転車側からすると,すべてのロードサイドの「出入口」について注意してスピードを落とすのは不合理です。
このような考え方が根底にあるのです。
※「かもしれない運転」の対極にあるのが「信頼の原則」です。一定の「常識的な行動」はある「だろう」と考えても良い,という考え方です。→これはまた別の話し。

【自動車が道路外に出る類型】
いわゆる「右直(うちょく)事故」が典型例です。
よく,ロードサイドのレストラン・店舗など(の駐車場)に自動車が入ることがあります。
対向車線から入る場合は,店舗に近い側の自動車が「進入路を譲る」形になります。
これと同時に,自転車が渋滞中の自動車を尻目に,車線キワをすり抜けているとこの形態の事故が起きえます。

→自転車の過失は基本10%

ただし,自動車が徐行していなかった場合はマイナス10%です。
また,自動車が合図(ウィンカー)をしていなかった場合もマイナス10%です。
結局,どちらかに該当する場合は,自転車の過失はゼロとなります。
要は,「自動車がウィンカーも徐行もしていない」場合は,急に進路を変えてくるとは思わなくても仕方ない,ということになります。

<<告知>>
みずほ中央リーガルサポート会員募集中
法律に関する相談(質問)を受け付けます。
1週間で1問まで。
メルマガ(まぐまぐ)システムを利用しています。
詳しくは→こちら
無料お試し版は→こちら

<みずほ中央法律事務所HPリンク>
PCのホームページ
モバイルのホームページ
特集;高次脳機能障害

ランキングはこうなってます
このブログが1位かも!?
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
↑↑↑クリックをお願いします!↑↑↑

交通事故に関するすべてのQ&Aはこちら
震災特例法に基づく被災者(会社)の負担軽減策。税金の還付請求など。by国税庁

弁護士による交通事故無料相談

弁護士による交通事故無料相談(モバイル)
個別的ご相談等のお問い合わせは当事務所にご連絡下さい。
お問い合わせ・予約はこちら
↓お問い合わせ電話番号(土日含めて朝9時~夜10時受付)
0120-96-1040
03-5368-6030
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

弁護士 三平聡史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。