農林水産省と宮崎県は10日、都城市高崎町の農家で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)特有の症状を示していた肥育牛の遺伝子検査の結果が陽性を示し、感染疑いを確認したと発表した。日本最大級の畜産地帯である都城市での感染疑いの確認は初めて。県と都城市は同日未明、農家が飼育する208頭すべての殺処分を約2時間で終了、隣接地への埋却を進めている。

【関連写真特集】感染が拡大する口蹄疫

 県と市は10日夕、この農家を中心に、家畜を動かせない移動制限区域(半径10キロ)、運び出せない搬出制限区域(同10~20キロ)を設定する。既にJA組織を通じて周辺農家には移動自粛を求めている。周辺道路を封鎖し、消毒ポイントも増設する。移動制限区域内にあるJA系列の食肉処理場も稼働を停止した。

 県によると、半径5キロ以内の畜産農家の家畜には現時点で異常は見られないという。

 発生農家で診察した獣医師から9日、よだれを垂らしている牛がいると県に届け出があり、県が立ち入り検査。3頭に舌のただれなど口蹄疫特有の症状がみられた。農水省も写真で確認し、同じ部屋で飼育されている9頭の殺処分を決定した。

 国の防疫指針は、まん延地域から離れた「飛び地」の場合、初発とみなして遺伝子検査で確認するよう定めている。このため、残る199頭は検査の結果に応じて判断する予定だったが、獣医師資格を持つ県の家畜防疫員が「症状は口蹄疫以外考えられない」と判断。家畜の密度が高い地域であることから、農水省とも協議し、検査結果を待たずに全頭殺処分に踏み切った。

 県は当初、この農家の飼育頭数を250頭としていたが、精査の結果、208頭だった。川南町など県央部を中心に拡大した口蹄疫は、感染またはワクチン接種済みの約27万頭が殺処分対象となっている。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市
口蹄疫:宮崎県都城市で牛3頭が「疑い」 同市では初
口蹄疫:運搬車が感染経路か 調査チーム指摘
口蹄疫:次世代主力の種牛7頭避難へ 大分
口蹄疫:「宮崎牛」エース級5頭、抗体検査も陰性

菅首相、10月にベトナム訪問(時事通信)
ネット選挙の現場 「県内ブログの上位にランク」自民党・高野光二郎氏 高知(産経新聞)
部門会議で政策提言=「政調」復活、組織案固まる―民主(時事通信)
皇太子さま、ウィーン少年合唱団公演をご鑑賞(産経新聞)
<参院選>菅首相、勝敗ライン50議席見直さず(毎日新聞)
AD