女性宅に侵入して乱暴し強盗するなど4事件を起こしたとして、強盗強姦などの罪に問われた住所不定、無職、新谷大和被告(35)の裁判員裁判の判決公判が14日、横浜地裁で開かれた。朝山芳史裁判長は懲役23年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 朝山裁判長は、被告が「裁判員制度になったからみんなが写真を見るぞ」などと脅して、犯行の口止めのため被害女性とのわいせつ行為の写真を撮ったことについて、「最も安心できるはずの自宅で被害に遭い、状況を撮影された。被害者の肉体的、精神的恐怖は計り知れない」と指摘。「性犯罪を繰り返す傾向が顕著で容易に矯正しがたい」と断じた。

 判決後、裁判員経験者の会社員の男性(23)は「個人的には、被告へ怒りの気持ちはある。23年の長い間に反省し、更生してほしい」と話した。

 判決によると、新谷被告は昨年7~8月、横浜市内の10~20歳代の女性宅に侵入。粘着テープで口をふさぐなどして乱暴、強盗するなど4件の事件を起こした。

【関連記事】
「裁判員は違憲」不服申し立て棄却 最高裁
特別な看病演出「居心地よかった」 娘点滴混入死で母
「自分が被害者なら怖い」 元少年への判決で裁判員
「逮捕状なく逮捕」弁護側、裁判員に訴え 大阪地裁
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判
少子化を止めろ!

石川議員、午後に再聴取へ=陸山会虚偽記載―東京地検(時事通信)
ホテルで見晴台の床抜ける? 7人落下 山梨・富士吉田(産経新聞)
日航撤退 路線存続へ支援策 愛知県が検討表明(毎日新聞)
鎌倉市に1億円支払い命令=競輪事業撤退、平塚市が請求-横浜地裁(時事通信)
英語「公用語化」に楽天踏み切る 世界企業目指し「内部から国際化」(J-CASTニュース)
AD