今日は5月14日、母の日です。

花屋さんは大忙しでしょう。

M Blossomsは、提携農場が市場への出荷を終えて、今日はもう忙しくはありません。

おととい、花さか兄さんも月1回の散髪をいきつけの美容院で行ってきました。


その美容院の名は『GORO 』。

安田店長以下、素晴らしいスタッフの皆さんがいつも温かく迎えてくれます。

安田店長と私花さか兄さんは年が一緒。

しかもかつてバンドをやっていてプロを目指していたという共通項もありました。


その安田店長と、新人でシャンプーを担当してくれた藤島さん(超天然の爆弾娘) が、母の日にあげる花をまだ選んでないとのことで、こちらの胡蝶蘭をお勧めいたしました。



シャーベットグリーン1株2F

シャーベットグリーン 1株2F

1鉢 4,000(ラッピング込み)


ミディ(中輪)胡蝶蘭の一種。

さわやかなイエロー&グリーンの色合いが特徴です。

かなり花持ちはよく、私も自宅で玄関先に1ヶ月以上置いていますが、花老けもなく平気で咲いています。

水やりも簡単で、条件にもよりますが10日に1回くらいのペースで問題ありません。


実際にお届けした品物には、ラッピングと「おかあさんありがとう」のさし札をつけました。

お二人とも大変喜んでいただき、うれしく思います。

まだつぼみがちょっと固いものをお届けしましたが、花が咲く過程を楽しんでいただければと思います。


宮崎市にお住まいの皆さん、ぜひ『GORO』に足をお運び下さい。

私のお勧めの美容院です。

宮崎には多くの美容院がありますが、GOROさんはスタッフの育成がしっかりしていると感じます。

宮崎に来て1年ちょっとですが、数件変えてみてGOROが一番だと思いました。

カットも安いし、何より男性にはヘアエステがお勧めです。

詳しくはこちらへ

安田店長をはじめ店員の皆さんがつづるブログはこちらへ


また機会があればご利用くださいね!

AD

お久しぶりです。

みなさん、母の日には何を贈りますか?

私たちの農場では、母の日向けの胡蝶蘭を大量に出荷しています。

本当はネットでも販売したいところなのですが、いかんせん自分はこの仕事に携わって年月が浅いため、その体制づくりにまだ至っていません。


なにせうちの農場は大量の胡蝶蘭を生産しており、九州から関西までの多くの市場に出荷しています。

どこに何をどれだけ出すのか、その割り振りと出荷作業に追われる日々です。

なにせ今が一番の胡蝶蘭商戦なのですから。

花業界は一年のうち、ここで一番頑張らないといけません。

だって年に一度の母の日なんですから。


パートの皆さんも、お母さんばかり。

「母の日にお母さんをこき使ってごめんね」と冗談でパートのみなさんに言いましたが、本当にパートの皆さんには頑張ってもらっています。

私も負けないように、精一杯体を張っているつもりです。


つい先日、自分の息子が誕生日を迎えました。

子供を産むということは、女性にしかできません。

母親という存在がいかに大きなものなのか、息子を見ているとよくわかります。

そうしたお母さんに対する、子供さんの思いをこめる贈り物。

そのために使われる胡蝶蘭を、私たちは作っています。


仕事で体も心も疲れますが、不思議と充実感はあります。

忙しければ忙しいほど、私は燃えます。


花を待っている人がいるから

花に心をこめる人がいるから

花に心を癒される人がいるから

花に私たちの思いを込めることができるから


花とは不思議なものです。

接すれば接するほど、そう思います。

そして自分の仕事。

仕事に誇りを持てることの喜び。

仕事にめいっぱい力を注げる喜び。


その喜びを胸いっぱいに感じながら、忙しい日々をおくっています。

皆さんも、母の日を大切に。

私は母に花を贈ります。



wedding promnade 1


AD

先日胡蝶蘭命名企画に応募した皆さんからの反応で、大変私も勉強になったことがあります。

それは、私の大好きなビートルズの曲「The End」の最後で歌われているフレーズを実感できたことです。

 

And in the end, the love you take

is equal to the love you make.

 

「つまるところ、得る愛というのは与える愛と等しいものである」

 

 今回は受賞者のtokiwachoさんはもちろん、応募者のwakuwakuさん、cologneさん、serayさんにも記念品として胡蝶蘭を贈らせて頂きました。

 正直なところ、毎日のように生産現場から市場に出荷していると、お客さんからの反応というものを直にいただくことがありません。

 そしてこちらも何だかだんだん「モノ」としてお花を見てしまいがちになります。これは怖いことです。

もちろん、いい商品を作ろうとしているし、検品も欠かさず行っていますが、どうしても市場の値段で花の価値を決めてしまうことが多いです。

 

 しかし今回、記念品として贈らせて頂いた胡蝶蘭に対し、感謝の言葉と感激の声をブログを通じていただき、花さか兄さんも襟を正しました。

 記念品の胡蝶蘭は「アマビリス」という品種で、小さくて白い花がつくものです。 1株から2本の花茎が伸びていますが、そのうち1本だけがきちんと花を咲かせているものを選びました。

 正直、市場に出すと値段を取れない咲き方です。

しかしその与える影響というものは、まさにpriceless

値段のつけられない、その理由の一つは上記にあげましたビートルズの一節に表されていることそのものだと思います。


 ブログというツールを通じ、遠くの方々とつながることができる。

こちらの発信したものに対する反応、それはこうした記念品目当てでも最高級胡蝶蘭目当てでもない皆様からのご協力でした。

それに対するこちら側からの感謝の心。

それを最高の形で表してくれたもの。

それが今回のアマビリスでした。



花は生きています。私たちも生きています。

生きているもの同士、心を伝えることができます。

花さか兄さんは、今までよりいっそう心をこめて

花の仕事をすることを誓います。

皆さんのThe Loveに報いるためにも。




改めて、関連記事のご紹介です。

tokiwachoさん ・・・ オフィスに飾った写真を記事にアップしていただきました。

wakuwakuさん ・・・ クローズアップ写真を載せていただきました。

cologneさん ・・・ トップ画像に飾っていただきました。

serayさん  ・・・ 記事にこそありませんが、温かいコメントをいただきました。


ありがとうございました。

これからも、素敵な心をつなぎましょう。

(*^.^*)

AD

先日の胡蝶蘭に名前をつける企画で、名付け親になられたtokiwachoさん

M Blossomsより、お約束どおり最高級胡蝶蘭を贈らせていただきました。

品物は、ウェディング・プロムナード の5本立ちです。

その豪華さと可憐さ、花もちの良さで絶大な人気を誇るミディ胡蝶蘭です。


tokiwachoさんのオフィスに飾っていただけました。

その模様はこちらのtokiwachoさんの記事 でご覧いただけます。


応募いただいた方皆さんには、記念の胡蝶蘭(アマビリス)を贈らせていただきました。

またお花のことでわからないことがありましたら、ご遠慮なくお問合せ下さい。

それではまた!

先月大募集いたしました胡蝶蘭の名前募集企画ですが、ついに名前が決定いたしました。


それでは発表します。



shinsyu_1




命名:『ハート キャンディラブラブキャンディー


shinsyu_2



tokiwacho さんから応募のありました「キャンディ・オブ・ハート」を改作させていただきました。

tokiwachoさんには、近々M Blossomsの最高級胡蝶蘭を贈らせていただきますプレゼント指輪


また、今回応募いただいた皆様全員に、感謝の心を込めて記念品を贈らせていただきますプレゼントチューリップオレンジ

中身は秘密。届いてからのお楽しみです。


では、選考の過程を少しだけ・・・

まず一番乗りで応募いただいたcologne さんの「キャンディ蘭」が大きなヒントになりましたね。

これがきっかけでtokiwachoさんの脳を刺激したのでしょう??

また、seray さんの漢字ネーミングも、意外性がありました。

スタッフの中では「桃輪歌(とうりんか)」が人気がありましたが、市場性を考えて今回は見送りとなりました。
そしてwakuwaku さん。ご自身のブログでこの企画を宣伝していただくとともに、素敵な名前を考えていただきました。

「アンジュ」をヒントに「リトル・アンジュ」にするという案も最後まで当落線上に残りましたが、アンジュの意味が一般に浸透していないということから、惜しくも今回は見送りとなりました。


しかしながら、応募いただいた作品は今後新しい品種が出てきた際に使わせていただく可能性があります。

その際には、応募されたご本人にご連絡いたします。


みなさま、ありがとうございました!



コチョウランの名前募集企画にて、現在あがっている候補を記します。



cologneさん

独特のセンスで7つもあげていただきました。

ご本人による素敵な解説もお楽しみ下さい。


・キャンディ蘭(桜の花を思い出したらキャンディーズ伊藤蘭を思い出したから)
・コメント蘭(それはここやー!)
・ティア蘭(ティアラと蘭をかけただけの単なるオヤジギャグ的発想)
・A Lot of Happiness
春蘭漫(はるらんまん)
・タイ蘭デッセ(Tailandese)<イタリア語で"タイの~"という表現>
・セレナメンテ(Serenamente)<同じく伊語の"晴れ晴れと">


tokiwachoさん

ブログのお姉さん方の名前を使って3つ

・Sweet Risa
・Sweet Rosy
・Sweet Waku

さらに3つ
・キャンディ・オブ・ハート
・キャンディーズ・メモリー
・ミス・パラダイス

 

serayさん

漢字で勝負してくださいました。

・桃輪歌(とうりんか)
・春音奏(しゅんおんそう)
・無名輝(むみょうき)
・小麗(こうらら)
・恋文(こいぶみ)

 

wakuwakuさん

ご自身のブログでこの企画を紹介していただきました。

悩んだ末に出していただいた名前。候補になりました。

・アンジュ (Ange)
 フランス語でエンジェルのこと

・ピンク・ファンタジー

 

一応の〆切は今日ですが、ちょっとオーバーしても大丈夫です。

〆切は今週末まで延長しました!

どしどしご応募下さい!


shinsyu_1



今回は特別企画です。

この新しい胡蝶蘭の名前を、このブログで募集したいと思います。

親しまれるかわいい名前、しかもオリジナリティあふれる名前をつけてください。

〆切はとりあえず今月いっぱいといたします。 

〆切は今週末まで延長しました!


なお採用された方には、M Blossomsより

最高級胡蝶蘭を1鉢プレゼントいたします。


一人でたくさんの名前を考えてくださっても結構です。

コメント欄にどんどんお書きください!

この写真の胡蝶蘭、新しい品種です。

花はこんな感じ。


shinsyu_2


真ん中のリップの部分がピンクになっていて、その周りもピンク色の斑点が広がっています。

かわいいお花です。


そしてひとつの株から株分れして、たくさんのステム(花茎)が上がっていますので、とても豪華に見えます。

高さは4,50cmというところで、高すぎもなく低すぎもない、お部屋にかざるのにちょうど良いミディ胡蝶蘭です。


shinsyu_3

どんな名前がつくのかな?楽しみです。




おひさしぶりの花さか兄さんです。

更新をサボっておりまして申し訳ありません。


私事ですが、先月まで単身赴任をしておりましたが、やっと家族を呼ぶことができました。

これで腰をすえて仕事にもあたれると言うものです。

以前より心に落ち着きも出まして、ますます花を愛する気持ちを持って、胡蝶蘭を立派に育てることができると思っています。

春に向けて企画も練っておりますので、読者の皆様、ブックの皆様、通りすがりの皆様、またひとつよろしくお願いいたします。


さて、今日はこちらは雨。パートのみなさんはお休みでしたが、私はビニールハウスの補修にあたりました。

胡蝶蘭の管理はビニールハウスの中で温度を一定以上に保っていないとできません。

春になってくると日照時間も増え、日差しも強くなって気温もあがりますので、ハウスの内側にあるビニールの水平張りをほぼ開けっ放しの状態にします。

また、ハウスの外側には外部斜光のネットを張っており、天気に応じてそれらを微調整しなければなりません。

そしてさらに気温が高くなると、ハウスを締め切ってクーラーを入れて冷やすのです。


今ここ宮崎は暖かくなってきましたので、中のビニールはほとんど開け閉めをしません。

そこでいい機会なのでハウスの内側のビニールを交換することとしました。

朝8:30から初めて夕方5:30まで、途中胡蝶蘭の配達をはさんで4名で一気に作業をしました。

体は疲れましたが、大切な胡蝶蘭をいい状態に保つためなので、とてもやりがいがありました。

気持ちいい汗を久しぶりにかいた気がします。

さて、今から家族の待つ家に帰ります。

今夜はビールでも飲むか!



gift

ひさしぶりの更新です。花さか兄さん、多忙ながら充実した日々をおくっております。


さて、写真の胡蝶蘭。3本立ちで花はそれぞれ14輪咲いています。

つぼみは前2輪ずつ。胡蝶蘭の輪数の数え方は、つぼみも含めますのでそれぞれ16輪。

合計48輪あるということです。

この数というのは、とても多い部類に入ります。

というより、とんでもなく多い!

これだけ輪数がついているものは、花屋さんやネットショップでもめったにお目にかかることは無いでしょう。

あったとしても、3万円以上の値がついているはずです。


実はこの胡蝶蘭、M Blossomsにご注文いただいた東京のお客様にご用意したものです。

価格は16,000円+送料1,600円=17,600円

いかに安いかがわかると思います。


しかも、通常花屋さんに並んでいるものは、産地から市場に出たものを買ってきているため、日にちが経っているものがほとんどです。

どうしても今の時期、店頭に並べていると寒さで花や株が痛んでしまいます。

M Blossomsに直接お申し込みいただければ、当農場でばっちり管理された状態をそのまま箱詰めしてお届けできます。


お届けは宅急便。東京だと発送から中1日で可能です。

今回は寒い週末を避けて、月曜日に発送する予定です。、

配送中に寒気に遭うと、宅急便の倉庫で痛んでしまう恐れがあるからです。

水曜日には、お客様から指定されたお届け先に到着いたします。




syukka


上の写真は、今日大阪の市場に出荷した蘭です。

土曜日に出荷、日曜日には市場に到着し、月曜日の朝のせりにかけられます。

途中痛むのでは?という心配はありません。

なぜなら胡蝶蘭を運ぶトラックは空調設備が整っており、適温で輸送されるからです。

できるだけ市場にもいい状態で出せるように、努力しております。


これらの胡蝶蘭は、北新地などの繁華街の花屋さんに多く並ぶことになります。

大阪は大きくて派手な胡蝶蘭が好まれます。

寒さもやわらぐこれからの季節、市場への出荷もどんどん増えていきます。

安定していい品質の胡蝶蘭を届けようと、花さか兄さん、日々精進いたします。


さあ、明日も農場だ!