ワーキングマザーが輝く~親子の絆を大切に紡ぐ子育て術

母と子のマインドアップコンサルタント白鳥夏帆
保育の現場経験15年
延べ800人以上の親子を支えてきた実績を基に
ワーキングマザーの子育てライフを戦略的にプロデュースします

こんにちは、母と子のマインドアップコンサルタントの白鳥夏帆です



ワーキングマザーのお母様とお子様のマインドを整え、「自肯定感」 「生きる力」


を育む「親子共育ちプログラム」を提案させていただいています。



良好な親子関係を土台に、「自己肯定感」「生きる力」が育つことで自然に、



2020年からスタートする新大学入試制度でも問われる、


「思考力」「判断力」「表現力」の基礎が育ちますよ♪



私の子どもに対する思いはこちらをお読みくださいね。


子どもと関わる時に大切にしていきたい事


子どもと関わる時に大切にしていきたい事2

子どもと関わる時に大切にしていきたい事3


子どもと関わる時に大切にしたい事4



1時間でお悩みの本当の原因が分かる

★ワーキングマザーのための親子共育ち体験セッションはこちらから

お問い合わせはこちらから

活動の詳細はこちらのHPをご覧くださいね

NEW !
テーマ:
保育の現場経験15年
述べ800組以上の親子を支えてきた実績を基に、
ワーキングマザーの子育てライフを戦略的にプロデュース

母と子のマインドアップコンサルタントの
白鳥夏帆です。


続々と登録いただいている、7日間無料メール講座

【これさえ押さえれば大丈夫!子育ての根っこ~ワーキングマザーが輝く、家族の絆7日間メール講座】

は、こちらから⬇︎


{EB81E895-5302-4004-86E6-CDAA92B3ADF9}

コンビニのアイス売り場の前に、

ベビーカーに乗っている2歳くらいの男の子と、4歳くらいのお姉ちゃんを連れているお母さんがいました。


お母さんは男の子に、

「これがいいの?」

「こっちがいいの?」


と、男の子が不機嫌な泣き声で、首を振るたびに違うアイスを手に見せています。



その光景を見て、


「うん?」とかなりの違和感を感じました。


その後私がレジに並ぶと、すぐ後ろに並んだお母さん。


まだ、何だか不機嫌に泣き声を出している男の子。

お母さんに気を使って、品物を持とうとするお姉ちゃん。



私がレジでお会計を済ませるか、済ませないかの時に、ベビーカーごと私に突っ込んできました。


さっと避けたので、ぶつかりませんでしたが…。


このお母様の心持ちを思うと、2人の子どもたちの事を考えずにはいられませんでした。


何にイライラされているのかは分かりません。


しかしこのご家族の家の中の人間関係は、容易に想像がつきます。


この2人のお子さんの日常が、思いやり溢れる幸せな日々であって欲しい。


願わずにはいられませんでしたね。



質問、ご意見、ご感想、ご相談も随時お受けしていますので、お気軽にお問い合わせからどうぞ。お待ちしています♡


■保育園に入園したけれど、中々子育てについて相談できる相手がいないというお母様におすすめ。
メルマガ【母と子の絆メール】

■ブログランキングに参加しました。
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)