当ブログに記載されている内容は、私の「学習ノート」です。記載されている内容は、ビジネススクールで学んだことを踏まえ、私なりの考え・理解を書いています。記述の正確性・信頼性は保障できませんので、あしからず
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-04-19 11:22:55

需要と生産の4タイプ

テーマ:テクノロジー&オペレーション
製造業は勿論のこと、何かしら”生産”を行う企業は、自社製品のマーケットにおける需要と開発の特徴を掴んでおかなければ、最適な生産活動を行うことはできない。

需要側は、①Level(安定需要)と ②Seasonal/Variable(季節/変動需要)に分けられる。

開発側は、a)Short(短期サイクル)と b)Long(長期サイクル)に分けられる。


①-a)の場合は、Level Production。一定量の生産量を続ける。

②-a)の場合は、Chase Demand。需要の変化に合わせて、生産量を変える。

①-b)の場合は、Level Production(High Inventory)。多くの在庫を抱えながら、供給を続ける。

②-b)の場合は、Speculative&Reactive。需要を読み、生産量を決める。

$MBAノート

当然①-a)が、需要量も読みやすく、それに供給も合わせやすいので、生産マネジメントは一番簡単である。

一方で、②-b)は、需要も読めず、生産の柔軟性もないので、リスクの高い生産体制をしかざるをえない状況である。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-02 11:12:55

Cost of Quality: コスト・オブ・クオリティ

テーマ:テクノロジー&オペレーション
品質を高め、維持するのはタダではない。企業はコスト(費用)をかけて、品質を維持し、ブランドを高めていく。しかし、品質を高めるために、コストをいくらかけてもいいというわけでは当然ない。要は、品質とコストはトレード・オフの関係にあるのだ。


コスト・オブ・クオリティには4つの種類がある。


①Prevention Cost:欠陥品が製造されないようにするための予防費用。製造、デザイン、テスト関連費用を含む。


②Appraisal Cost:品質監査、品質保証のために必要となるコスト。


③Internal Failure Cost:顧客に届く前に発見された欠陥品の補修・廃棄にかかるコスト。


④External Failure Cost:欠陥品が顧客に届いてしまったことにより発生するコスト。


①と②にお金をかけると、③と④の発生率が下がるので、③と④にかかるコストが下がる。逆もまたしかり。


なので、理論的には、①と②にかかる費用と③と④にかかる費用が同水準になるポイントが、コストオブクオリティが一番低く、企業として最適な状態といえる。

しかし、実際には、その最適点はみつけることは不可能である。(特に④は見えないコストといえるので)


理想論的には、企業として目指すべき質的水準を確保でき、かつ、そのために必要となるコストを最小化するよう、費用配分を調整していくという考え方である。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-01 10:52:21

Sustainable Growth Rateという考え方

テーマ:会計と財務
SGR(Sustainable Growth rate)は、日本語訳では「持続可能な成長スピード」という意味になるが、企業が外部から資金調達せずに、内部のキャッシュフローで継続的に成長していくことが可能な売上高成長率を指す。


定義式は、

SGR = ROE(Return on Equity) × ERR(Earning Retention Rate) である。

 ROE = Net Income(純利益)/Equity(株主資本)
 ERR = (1 - dividends(配当))/Net Income(純利益) ※内部留保率です。


例えば、ある企業のROEが23%、ERRが75%だとすると、

SGR = 23% × 75% = 17.25%

となる。つまり、この企業の売上高成長率が17.25%以上となると、内部資金だけでは足りなくなり、なんらかの手段で外部から資金調達をしなければ、継続的に成長できない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。