薩摩わがまま親父の「ちょっと気になる話」

「わがまま親父」が 「ちょっと気になる話・ちょっと気になる商品」について、「バナナの叩き売りの笑い」をベースに 熱く・鋭く語ります


テーマ:
野党●党のF副党首が安倍総理に「日本はアジアのスイスを目指すべきだ」と言ったことがありましたね。

今日の昼食会はこの話題を取り上げました。



この発言に対し、私の友人は早速噛み付きました。

A:「スイスは永世中立国ではあるが国民皆兵であり、若者には兵役の義務があり、敵からの侵略に対しては完璧な防御態勢が構築された国家ではないか。

隣国との国境地帯には地下壕やトーチカが掘られ、大河に掛る橋は事ある時は、すぐに破壊できるように橋げたに爆破用の穴が

いくつも開けられている、メイン道路には敵の戦車の進行を防ぐための障害物も道路わきに積み上げられている。

何より、各家庭に小銃が配られ、地下シェルターまで準備されている。どうにもならない時には「焦土作戦ー国中焼け野が原作戦」で

徹底抗戦の覚悟が国民一人一人に出来上がっている。そうしてようやく永世中立を守っている国だ。

そんなことも知らずに,今でもアルプスの少女ハイジがいる国と思っているのか、高い山々の中に牧場があって羊の群れを

牧羊犬がのんびりと追いかけている風光明媚な観光国家などと思ってもらっては・・・、Fの勉強不足も甚だしい」・・・と


●彼の指摘は至極もっともであり、反論の余地はありません。同席していた他の仲間たちも、

「少なくともスイスを目指すべきというなら、スイスについて少しは勉強してから。国会質問に臨まなければね」という意見で一致しました。

でもこのF議員、東大卒の弁護士ですよ。我が国の超エリートの学歴です。その人が国会議員になって、スイスが中立を守るために

いかに多額の金と人と武器を準備しているかについての知識は皆無だったということは政治家としての勉強不足を指摘されても返す言葉はありませんよね。


B;「之が日本の政治家の実態かあ」と言った友人もおりましたし。


Ⅽ:「安倍総理もさ、『やあ、ありがとうF議員、貴方の方が私より先を行ってますよ。貴方は日本もスイスのように国民皆兵、各家庭に小銃を配布しろ』とおっしゃるのですね。

その前にまず憲法改正です、協力ありがとう、一緒に憲法改正に突き進みましょう」とでも言えば、Fはポカンとしたまま動けなくなったかもね」

E:「政治生命を終わりに出来たかもね」



Ⅾ:「私もスイスが国防の為にそういう準備をしていたなんて、今までこれっぽちも知らなかったわ、でもそれって中学でも高校でも大学でも習わなかったよね」

E:「そうなんだ,こういう知識は子供達に教えるべきか。教えないほうが良いのか。どっちだろう?」

沈黙・・・・・・


c:「大人でも知らないことよねえ、それを子供に教えるの?」

A:「実際に戦争に行くのは子供世代だ」


F:「私は子供達に教えるべきだと思う、中立を守るためには、あるいは平和を維持するには、それなりのおカネと人と武器の備えが必要なのだというのは

教えてもいいのではないか?」


B:「『じゃ、憲法9条の戦争放棄だけでは国は守れない』と言いたいの」

F:「現実の国家間紛争になれば、「9条で我が国は戦わない」といって何もしないでいる訳にはいかないし、第一9条も自衛の為の戦争までは禁止していない」


A:「明治維新に至る江戸末期は外国の書物を読むことさえも禁止されていた。今はインターネットで

見ようと思えば、瞬時にこのスイスに関する記事は読むことが出来る。

正しく教えて、『だから江戸幕府を倒せ』では無くて、『後は君が君自身の考えで行動しなさい』で良いのではないだろうか」

E:「Fの勉強不足を指摘するのは正しいかもしれないが、じゃあ、Fには、誰がスイスのことを教えるのだよ」


●この後は賛成反対の意見があちこちから飛びだしまして、久しぶりに盛り上がった昼食会でありました。

だれが何時、このような知識を教えるのか?。将来、憲法が替わって、兵役につくのは間違いなく、今の小学生や幼稚園児ですよ。

孫の命を守る為に、老人が出来ることは、「ありのままに現実を正しく教えること」なのかもしれません。

by薩摩わがまま親父






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。