2005年10月12日

ジジのこと

テーマ:ジジのこと

今ジジ子を病院に送ってきました・・・寂しくて、悲しくて、怖いです。


 ジジ子は、本当はジジという名前です。 黒猫でジジ  といえば、ジブリ映画の「魔女の宅急便」に出てくる主人公の飼い猫と同じなんですけれど、ジジの名前もそのアニメからいただきました。小ぶりで細身の体つきや、しぐさがとても良く似ています。

ウチで生まれた子の中でもTOPクラスの美猫です。(全員美猫ですけどね→親バカ?親じゃないけどw)


そのジジ子がどうしてこんなことになってしまったのかというと


 異常に気がついたのは9月末のことです。私はその前8日間ほど旅行にでかけていました。出かける前は特にかわった様子もなかったし、元気でした。でも、帰って見るとおなかがポッコリと大きく膨れているんです。


「ジジ~おまえ、太った?」

「お兄ちゃん(息子)にいいものいっぱいもらってたな~?」


肥満にしてはちょっと変かな?とは思ったものの、元気はほかの猫よりあるくらいだし、食欲もすごいしまさか病気だとは思っていなかったのです。

数日して、なんかやっぱりおかしいよね?と、お姉ちゃん(娘)が病院につれていくことになりました。結果は、、、、

おなかの膨らみは子宮の中に膿がたまっていて、抜いてみたがとりきれないので子宮と卵巣の摘出手術をしなければならない とのことで、すぐに手術をお願いしました。あのまま放っておいたら破裂して死んでしまうところだったと聞いて、病院に連れて行ってよかったと思ったのですが・・・。


退院許可が出て、迎えに行きました。まだ抜糸は数日してから連れて行かなければならないとのことでしたが、元気そうでホッとしました。しかし、家に帰ってキャリーから出すと歩き方がおかしいのです。前足の神経が麻痺しているような感じで、カクン・・と折れてしまってちゃんと床に着くことができないのです。見てみると、爪がない(両方)みたいに見えるし、右は全体に腫れて左は点滴のあとがジクジクしています。

「どうなっちゃったの???」

退院のとき、お医者さんからはこの状態について何も言われなかったし「おかしいよねえ?」と話していたのですが1日2日たつと完全に前足は棒状になってしまいそれを突っ張りながら後ろ足で移動するというようになってきました。

これは、ぜったいに良くならない。悪化するばかりだと判断して病院にいきました。


その結果、前足の切断宣告・・・


原因ははっきりしないのですが、おそらく。

おなかに膿がたまったことで血小板が血管のなかで血を固めてしまいそれが前足の血管だったので血液がいかなくなって壊死がはじまった。

ということらしい。点滴の傷があるほうは、もう完全に血流が止まってしまっているのでこれは切断しないと壊死がひろがってしまう。右足はまだかろうじて暖かいので、薬で血流をよくして暖めて様子をみる。でも改善されなければこちらも切ることになるだろう。  とのこと。

切らなければ死んでしまうというのはわかるけれど、前足が両方ともなくなってしまったらどうやって生活していくんだろう。獣医さんには「そうとう支障がでます」といわれた。どうなるのか想像もつきません。右足だけでも助かってくれるといいのですが・・・。


たぶん、明日手術になると思います。電話してくださいといわれたので。

今は、不安しかないです。


神様、ジジをお守りください

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。