☆ビジネスマンのビボウロク☆

仕事における日々の出来事や、学校法人(幼稚園)の経営及び起業した会社(輸入雑貨商社)の経営、これまでの外資系企業でのキャリア、家族のことなど、思ったことや感じたことを綴ります。目指せ、マルチプレーヤー♪


テーマ:

今日、帰国後の就職に関して非常に大きな決断をした。


この数日間悩みに悩んだ。


今は心がすっきりとした。


今回の自分の決断に後悔はない。


人生一度きり。運と縁とタイミングを大切にしたい。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今の会社に所属するのも、いよいよあと2週間強となった。


転職を決意して以来、あっという間に日々が過ぎて行く。


約4年間、本当に良い経験をさせてもらった。


最後まできっちりと仕事をして、笑顔で退職したい。




新しい会社は、本当に一からのスタート。


小さな規模でスタートする予定だ。


大変だとは思うが、非常にワクワクしている。


きっちり結果を出したい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

僕の大学時代所属していたゼミは、OBOGと現役生(大学3~4年生)との繋がりが非常に深いゼミである。


今でも、現役生とゼミのOBOGとの交流が活発で、例えば僕のゼミの同期や先輩や後輩数名が、現役生に対してとある企業の分析をさせて、そのプロセスにおいて分析の仕方やプレゼンの仕方など、様々なことを教えている。


現役生にOBとして偉そうなことを言っていると、ある意味自分への戒めになる。(笑) 現役生に「こうした方が良い」などアドバイスすると、それを実務で思い出したりもする。


また、僕ら社会人とは異なる視点から、柔軟な考え方を現役生から学ぶことが出来る。そういう点で非常に勉強になる。


僕もゼミの教授からの依頼で、大学で講義をしたり、ゼミ生に講義したりしたことがあるが、本当に良い経験となったし、勉強になった。


このような現役生との交流から、就職活動の時期になると、OBOG訪問を学生はする。人にもよるかも知れないが、僕の元にも毎年ゼミ生が数名OB訪問しに来る。


今年は結構人数が多く、結局9人OB訪問しに来た。その学年のゼミ生の半分ぐらいだったかな。正直今年は多いなーとか思っていたが、まぁ、頼られることは有難いことだ。だから僕も彼らに精一杯応えているつもりだ。


そんな彼らが最近、様々な企業から内定を勝ち取り、僕にわざわざ報告してくれる。非常に嬉しいことだ。


社会人としての僕の経験や、仕事のことなどはもちろん話するのだが、僕が彼らに必ず話をすることがある。それは学生時代僕が経験した就職活動大失敗談である。その僕の大失敗談を彼らは真剣に聞いてくれる。そして、僕の二の舞にならないよう、肝に銘じてくれているようだ。


学生の彼らは、まだ社会人経験がない。世間一般で言う、一流企業に就職するには、学歴は多少重要かも知れない。でも、学生にとって就職活動で一番大切なことは、素直さ・正直さだと僕は彼らに説いている。


人それぞれ色々な考え方があるだろう。論理的思考が必要だの、成績優秀でなければ駄目だの、英語が出来なければ駄目だの・・・。でもそんなものは、社会人になって自分の努力次第でいくらでも培うことが出来ると僕は思っている。


特にもっと大切なことは、どこで働くかではなく、社会人になってどのような努力をし、どのようなキャリアを積むかだと心底思う。僕も僕なりにいままで努力してきたつもりだ。様々な縁や運や家族を含む周囲の人々の支えがあって、今の僕がある。


僕は学生の時、とにかく名前が知られている会社ならどこでもいいと思っていた。ただ単に見栄を張りたかったからだけだった。名前の知られている会社なら、格好いいと思っていた。みんなに自慢出来ると思っていた。自分を大きく見せようと、就職活動中にもらってもいない企業から内定をもらっていると面接官にうそをついたり、本当にどうしようもなかった。。。


内定を欲しいがために、自分を誇示したり、うそをついたり。そんな奴を面接官が見抜けないはずがない。当然、僕は色々な企業を落ちまくった。数十社じゃきかないかも知れない。まぁ、最終的には自分自身を再度見つめなおして、とある企業に就職したのだが。


だから、僕を訪問してくる現役生には、「素直に正直に」と必ず言っている。そして、出来る限り多くOBOG訪問をして、社会人からたくさんの話を聞き、いい話も悪い話もきちんと受け止め、自分に取り入れろと言っている。人それぞれ考え方や経験が異なるから、より多くの人に会うことが大切だと訴えている。


素直に正直に自分を出して合わない会社は合わない。運がなかった、また縁がなかったと思うしかないと僕は思う。


幸い、僕にOB訪問してきた現役生達から、僕にOB訪問して良かった、納得した就職活動が出来た、素直に正直に自分を出せた、そして希望の企業から内定を勝ち取ることが出来たという嬉しい報告メールを受ける。本当に嬉しい。


こっちもかなり忙しい中対応してるので、毎回真剣。相手も真剣。お互い真剣な分、結果が出た時は心から嬉しく思う。心から、おめでとう。


素直に正直に。これからも、OB訪問しに来る学生には説いていきたい。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日夜から、2005年~2006年にイギリスへMBA留学をした人メンバー3人で飲んだ。


AさんはサウサンプトンMBA、TさんはグラスゴーMBAである。


僕は、まだ社会復帰して3日しか経っていないにも関わらず、アホみたいに忙しく、いきなり残業の毎日なので、飲み会に遅れて参加した。


AさんもTさんも共通して言えることは、「就職活動で悩んでいる」ということだ。


2人とも、お世辞抜きで優秀で、はっきり言って僕なんかよりもはるかに物事を冷静に見ていたと思う。


それでも、いざ、自分の就職となると、頭を抱えてしまう。まぁ、2人とも、いくつかの企業から内定をほぼ得ていて、嬉しい悩みではあるのだが。


MBAを取っても、所詮は学位でしかなく、就職に有利かと言うと、そこまででもない。


結局は、自分がこれからのキャリア設計をどう考えているのか?、どう実行したいのか?が大切なんだと思う。


昨日3人で色々話していて、自分が就職する会社を選ぶ難しさについて話し合ったけど、僕は、最後は、「フィーリング」で決めるのが良いと思っている。


職務内容・給料・会社の名声等、就職先を決める上で様々な要因があるけれど、どこに就職をしても、結局は自分次第だと思う。


っとなると、僕ならやっぱり、「面接官との相性」「フィーリング」で決めるのがベターだと思う。働いているのは”人”だし。


昨日は、「受付嬢がかわいい会社がベスト」


なんてことを笑いながら話していたが、結構それも重要かも知れない。(笑)


いずれにせよ、Aさん、Tさんには、もう一分張り頑張って欲しいと思う。


決まったら、浴びるほど酒を飲ませてお祝いしたい。


さて。


僕は就職をして4日目になるので、このブログタイトルで日々の出来事や感じたことを綴るのは、今日で最後にしようと思う。


皆様、どうも有難う御座いました。


週末にでも、新しいタイトルで、またスタートしたいと思います。


これからは、きよくんと家族、そして仕事のことを、全開で綴りたいと思います。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

就職先を決定した。


かなり悩み、今後のキャリア・3~5年後の自分を考えながら、様々な角度から自分なりに検証してみた。


そして最終的に、某外資系メーカーに就職することにした。


コンサルティング業界と迷ったが、やはり自分には事業会社が合っていると思う。


しかも、今回僕が最終的に選んだ会社は、前職と業界が非常に似ていて、前職でのバックグラウンドを活かすことが出来る職務内容である。直属の上司が2人になり、日本人と外人になるため、ちょっとややこしいが、ま、何とかなるだろう。英語は忘れずにいられそうだ。


僕は個人的に、消費財に興味があるし、自分の会社の製品が、例えばコンビニやスーパーで売られていると嬉しくなる。今回僕が就職する会社は、会社名は知られていないが、いくつかの製品のブランド自体は多くの人が知っていると思う。会社名を出さずに、ブランドだけが知られているのは、この会社の戦略らしい。


今日の夕方、最終的なサインを交わしてくる。で、10月16日(月)が、初出勤日となる。楽しみだ。


今回の就職活動は、非常に充実した就職活動となったし、本当に勉強になった。前職の関係で、某商社でのキャリアを積むことを考えたり、友人の紹介で、某広告代理店でのキャリア設計を考えたりもした。でも、やはり最終的には、最初から何となく縁を感じていた会社を選んだ。


会社選びは、やはり運や縁と言ったものが、大きく影響すると思った。ま、先のことはわからないけど、日々楽しく過ごしたい。


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

就職活動もいよいよ大詰めである。現在は、就職活動自体は殆どしていないが、悩む所である。


昨日某コンサルティング会社よりオファーレターを頂いた。人事部の方と、一次面接で面接をして下さったシニアマネージャの方と、オファーの内容やコンサル業界のこと、今後の仕事内容について話合った。


コンサル会社の職務内容は、非常に面白そうである。プロジェクト単位での仕事になるので、飽きもないであろうし、期間中は全力で取り組む。自分の知識の幅も広がると思う。ただ、前職でもシステム導入のプロジェクトの際感じたことだが、プロジェクト期間が過ぎるとそれまでである。本当にその企業を変革したいと思ったら、コンサルでは限界があり、エンドユーザーである事業会社の人間が、最大限努力して初めて変革出来るのではないかと思う。


例えば、本当にコストダウンを計りたいと考えて努力をするなら、事業会社で内部から変革しようと努力しなければ、実際無理ではないかと思う。ただ、事業会社では、その分野の専門性は高められるが、どの会社でも通用すると言ったようなビジネスに於ける幅が、コンサル会社と比較して広がらない可能性が高く、また、スピードが遅いとも言われている。


事業会社・コンサルティング会社それぞれに長所・短所がある。自分がどういうキャリアを積みたいかで考える必要がある。


事業会社とコンサルティング会社で非常に迷っていたが、僕の中では大体決まった。どちらの職種にしても、いずれにせよ、バックグラウンドを活かしながらも、新しい分野での挑戦であることに変りはない。


10月6日に、事業会社・コンサルティング会社へ最終決定について伝達するつもりである。


最後の最後まで、真剣に考えた上で、後悔しない決断をしたい。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎日毎日、就職先をどこにしようかと悩む日々が続く。


日によって、考え方がぐるぐる回る。


期限はあと1週間ない。金曜日までに、決定しなければならない。


事業会社とコンサルティング会社で、今後のキャリアの積み方がかなり変る。


某人材エージェントのコンサルタントの方が、会社選びをする上で中々考えがまとまらない場合、


「3年後のなりたい自分を想像してみて下さい」


というアドバイスを下さった。将来のことは常に考えていたつもりでも、


ある意味で、どの会社でも3年後の自分を想像することは出来る。


3年後の自分は、何をしたいのだろうか。


3年後の自分は、どんな仕事をしていたいのだろうか。


3年後の自分は、どんなポジションでいたいのだろうか。


よく考えながら、決断をしたい。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日急遽受けた外人との電話面接の通過の連絡が、今日の夕方入った。これで、某外資系メーカーから正式に内定を得たので、一安心である。


この会社は、俗に言う事業会社であり、尚且つ、僕の前職に似た業種である。職務内容も、今までのバックグラウンドを活かすことが出来る。また、ある種新しい分野での職務でもあるので、非常に勉強になると思う。


さらに、欧州各国やアジア諸国と、かなりグローバルな舞台で仕事が出来るし、それだけではなく、国内の日系企業も思いっきり取引先となるので、海外・国内と両方の面でキャリアを積むことが出来るようだ。


オファーの内容も、申し分ない。前回辞退した某M社よりも、はるかに待遇も良い。やはり、妥協はいけないなと思った。


先日内定を頂いた、某コンサルティングファームからのオファーレターをまだ受け取っていないので何とも言えないが、選択に相当悩むことになりそうだ。


その他の進行していた会社は、ほぼ全部辞退した。ただ、1社はまだ、面接結果を待っている状態なので、そこの会社の結果次第では、3社で悩むことになるかも知れない。


明日は、日系メディア系の方と昼食の予定。業界のことを色々と聞くことになっているが、どうなることやら。。。ま、楽しもうと思う。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週は、就職活動はゆっくりペースである。昨日連絡があり、先週受けた某外資系金融会社から、次の面接に進むとのこと。信じられん。ただ、正直業界自体に興味がないので、辞退するつもりである。


別件で、昨日夕方、先日内々定を頂いた外資系メーカーから、急遽電話面接の依頼があった。


相手はオーストラリア人で、Asia Pacificエリアを統括するHR部門のお偉いさんだった。「また英語かよ~」 と思いながらも渋々面接に応じた。


訛りがあまりなく、非常に聞きやすい英語だったが、問題は話すスピード。とにかく速い。。。正直、会話の節々についていけない時があった。聞かれていることに対して、何とか的確に答えるよう、かろうじて努力するといった感じだった。


MBA課程でイギリス人が話す英語のスピードについていけない時が頻繁にあったけど、それを思い出させるような速さだった。


英語での電話面接は、相手の表情がわからないので正直辛い。。。おまけに質問内容が刺されるような質問が多く、今日は異常に疲れた。何とかこなしたが、これで内々定が取り消されてしまうかも・・・という不安も正直残った。ま、あまり考えていても仕方が無いので、「きっと大丈夫だろう」っと思うことにしよう。


Be Positive!! 後は、自分の英語力を信じるしかない。


面接終了後、日本人のHRマネージャの方と再度面談(雑談)した。これからオファーレターを一応頂く予定ではあるが、落とされる可能性も全くない訳ではなく、且つ条件がどうなるかわからない。ま、何とかなるだろ。


面接後、駅に向かいながら携帯電話でメールをチェックした。


先日最終面接を受けた、某コンサルティングファームからオファーが出た!


よっしゃー!!


コンサルファームでも、会社によって本当にカルチャーが異なると思う。この間面接を受けた、某コンサルファームは、面接官がものすごく偉そうで、「何だこいつ」と思っていた。僕にとっては最悪だったし時間の無駄だったように思える。


が、今日オファーを頂いたコンサルファームは、全ての面接官が真剣に話をして下さるだけではなく、僕の人となりを理解しようという気持ちが伝わって来た。どの面接官も相性が良かった気がする。また、パートナーの方が非常に気さくで良い人だった。(ついでに英会話の勉強にもなったし)そして何よりも、仕事がとても面白そうである。


内々定を頂いた外資系メーカーと、今日内定を頂いたコンサルファームとで、恐らく悩むことになると思う。正式なオファーレターを頂いていないので、条件面等詳細がわからない。比較検討した上で、最終決定したい。両社に共通して言えることは、とてもグローバルな環境で仕事が出来るということだ。


正直、もう1社、某外資系メーカーからの面接結果を待っている。そこもかなりグローバルな職務内容であり、興味もある会社だ。結果が出ていないので何とも言えないが、とりあえず、結果をじっくり待った上で、最終決定したい。


つくづく思うが、一時帰国した際の就職活動において、最終的に某外資系メーカーM社からのオファーを辞退したが、辞退して本当に良かったと思う。


運と縁、そしてタイミングを大切にしたい。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。