☆ビジネスマンのビボウロク☆

仕事における日々の出来事や、学校法人(幼稚園)の経営及び起業した会社(輸入雑貨商社)の経営、これまでの外資系企業でのキャリア、家族のことなど、思ったことや感じたことを綴ります。目指せ、マルチプレーヤー♪


テーマ:

選択科目である、Strategic Supply Chain Managementの前半が終了したが、レベルが高く、とても難しい。僕のバックグラウンドに関する授業なので、楽しみにしていた。


講師は、Cranfieldから招かれている、カルロス・メナという方だ。Cranfieldは、元々Supply Chain Research Centerというのがあるぐらい、Supply Chainが特に有名な大学で、イギリスMBA内でもトップクラスだ。僕は、一時期Cranfieldも受けようか迷ったぐらいだ。今年から、そこから講師が招かれているので大変ラッキーだ。


講義内容は、よく構成されていて、教え方も上手だ。ただ、バックグラウンドがない人にとっては、正直難しすぎる内容も含まれている。理解に苦しんでいる人もいる。


日本のトヨタ生産方式やカンバン、カイゼン、ムダ、と言った内容の説明とかもあり、この辺は僕ら日本人は当然わかるのだが、理論で説明していても、実際の映像や写真等を見せながら説明しないと、バックグラウンドの無い人にはわかりづらい内容だ。


でも、Operation分野は、どのビジネススクールでも学ぶ分野であり、重要視されている分野なだけに、ある程度自分で勉強を進めなければならないと思う。


今日明日は、予習復習をしっかりやりたい。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先日、天気が良かったので家族で久しぶりにダラムに散歩に行った。最近、ぽかぽかと春めいてきて、本当に気持ちの良い日が多い。家から歩いて5分ぐらいで、すぐに川に到着するので、天気が良い日は散歩が最高だ。川辺では、週末になると多くの人が寝そべったりしてゆっくりと時間を過ごしている。


durham

橋から移した写真。左側の道をずっとまっすぐ散歩出来る。空気がおいしく、とても気持ちが良い。


durham

川辺から撮影した大聖堂。最高の眺めだ。


遊歩道をずっと歩いて行くと、同じ川でも景色が変わる。とにかく、これからの季節は本当に最高だ。


durham   durham


そんなに広くない遊歩道だけど、歩いていると色々な発見が出来て楽しい。花もきれいに咲いていて、これから、特に6月ぐらいは、タンポポが見事に咲く。


durham   durham


ずっと歩いて行くと、大きな広場に出る。この広場では、人々がサッカーや犬の散歩やフリスビーやクリケットなど、色々と楽しんでいる。


durham


これからの季節、ダラムは本当に最高だ。きよくんも大喜びだ。


きよくん


あ~、なんてかわいいんだ~。それにしても、ほっぺやばいな~。デカイな~。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

一昨日、親友からメールをもらった。彼は起業を志していて、やっと会社をスタートさせたとのことだ。本当に嬉しい限りだ。


彼は、僕が留学する数ヶ月前に会社を辞めて、起業に向けて相当の努力をしていた。留学前、お互いの夢を語り合ったもんだ。


僕は、当時、MBA留学が夢であり、彼は、起業が夢だった。その夢が、お互い現実のものとなった。まぁ、僕の夢なんか、起業と比べたら、大したことではなかったけれど。


起業するということは、死ぬ程大変なことであり、相当辛かったんだと思う。本当に、よくやったと思う。心から、まずは”おめでとう”と言いたい。


ふと考えると、彼との付き合いも、もう18年になる。彼は、僕の人生において、最も尊敬・信頼している親友であり、また、ライバルでもある。お互いが刺激し合い、切磋琢磨して来た。時には、相当言い争ったこともある。それもまた、自分を律する良いきっかけになった。


僕が今までの人生で最も辛く、苦しく、惨めな時、心の支えになってくれた奴だ。


起業するのは、もちろん死ぬ程大変なことだ。でも、これからがもっと大変だ。これからがスタートだ。


彼は必ず自分の掲げた大きな目標を達成し、困難を乗り越える。絶対にやり遂げる。彼は、誰よりも強い信念を持っている。僕は、そう信じている。


でも、彼も人間だ。もしも、彼にあまりに辛く苦しく耐えられないようなことがあれば、今度は僕が支える番だと思っている。


今回、あらためて、彼と出会ったことは、僕にとって本当に幸運なことであり、一生の財産だと思った。


彼に負けないよう、僕も日々精進して行きたい。


とにかく、心からおめでとう。これからが、本当の意味で勝負だな。頑張ろう!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

28日提出予定の、Managing Marketing Communicationsのグループアサインメントに現在取り組んでいる。この科目は、個人でやるAssignmentの他に、グループでも3000語に取り組まなければならず、結構大変な科目である。個人のアサインメントは、今日(25日)提出したから問題ない。


僕のグループは6人だが、3000語を単純に6人で割って、一人500語書けば良いと安易に思っていたが、人それぞれ英語の言い回しや表現の仕方が異なるので、ばらばらな構成・文章になってしまう。


今日、みんなのエッセイを受け取り、今、読んで修正を加えたりしている途中だ。飽きたのでブログを書いている。


みんなのエッセイを無理やり繋げて読んでいると、論理的にもおかしい点が発生しまくり。こりゃぁ、マジで大変だ。僕は最終的な編集をする役目になったのだが、全員のエッセイを読まなければならず、かなり大変である。


やれる限りやってみよう。ちなみに、グループメンバーへの提出は、明日が期限。今日は徹夜かもなぁ。はぁ~。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

僕は今現在、休職中の会社と、復職後の配属について話し合い&交渉段階にある。先日のメールのやり取りで、僕は元いた部署には戻らない旨伝えたが、一つだけ気がかりがあった。


それは、僕が入社した頃から約3年間、直属の上司だったMさんと、僕が抜ける為、仕事を引き継いだUさんに、きちんと今の僕の考えや気持ちを説明していなかったことだ。MさんとUさんには個別に、メールで今の将来に対する考えや気持ちを伝えた。


”留学をするから休職させて欲しい”と会社に伝えた当時、とある人から否定的な意見や、嫉妬心から嫌味を言われたりもしたが、Mさんは、「自分の信じる道を突き進め!」と、背中を押してくれた人だ。そしてUさんは、僕の考えをいつも尊重して下さり、自分の息子のように、ずっと応援してくれていた。


「このMBA留学で僕の考えは大きく変わり、そして意志が固まり、元の部署に戻らないことを決心した」旨、2人に伝えた。大変心苦しく、とても寂しい気持ちになったが、MさんとUさんは、こんな返事をくれた。


Mさん:

「君が留学してMBAを取得するという決断をした時同様、自分の意見を貫きなさい。今、君には君を見守ってくれる家族がいる。その家族を大切に思う君の気持ちが、きっと君の将来を導いてくれるよ。」


Uさん:

「○○さんの今後の進路は○○さん自身が明確な方針をお持ちなのがわかり安心しました。しっかりしたお考えをお持ちだということがわかり、他人ながら嬉しく思います。やはりご自身の進路はご自身がしっかり決めることが一番です。」


本当に感動した。涙が出そうだった。この御恩は一生忘れません。


今後の進路は、どうなるかわからない。


でも、自分を信じて、前進あるのみだ。


僕は、周りの人達に支えられて生きていると心から思う。


僕は、自分の周りの全ての人達を、大切にしなければならないと思う。


それが例え仕事上のお付き合いだとしても、働いているのは「人」である。


人とのつながり、人脈というものを、これからも大切にして生きて行きたい。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、MBA同期でインド人のビッシュの招待で、ビジネススクールで小さなLunch Partyがあった。日本人同期のけいちん、リトアニア出身のアルーナス夫妻、途中からブリティッシュのラッセルが参加。とても楽しい会だった。


ビッシュはとても料理がうまい。2種類のカレーを作ってくれたけど、本当にうまい!その辺のインド料理屋よりもおいしかった。彼は当然、カレーを手で食べていた。僕もトライしようと思ったけど、結局トライ出来なかった。やっぱり、手だと食べづらそうだ。


インド人は、ヒンドゥー教が主で、ビッシュも敬虔なヒンドゥー教徒だ。信仰する神様がたくさんいて、その中でも印象的だったのは、学問の神様がいることだ。ビッシュは、Distinction(成績優秀者の称号みたいなもの)をテストで3科目も取っていて、いくつか信仰している神様の中で、学問の神様も信仰しているのが、成績にも表れていると思った。すごい。


夜は、日本人MBACandidateのKさん夫妻とけいちんと飲んだ。Kさんは、インタビューで今回ダラムまでいらっしゃり、その場でオファーが出たらしく、ダラムMBAに決められたようだ。とても嬉しく思う。奥様も、ダラムを大変気に入っているようである。それはそうだ。ダラムは住むのに最高の場所だ。僕の実家の東京よりも、はるかに環境が良いし、治安も良い。


僕もダラムにいるのは、あと半年もない。妻も同じことを思っているが、ダラムを離れるのはとても寂しい。ここでの生活は、本当に最高だ。


2006/2007のダラムMBAの日本人同期の方は、確実に4名はいる。昨日飲んだ K さん、先日飲んだ、一見まじめそうで実はノリが良い M さん、最初にダラムからオファーが出たと思われる、優秀だけど飲み好きの K さん、そして同期のKちんとやり取りをされていて、ダラムMBAに決められた I さん。(何か飲んでばっかりだなぁ)


もしかしたら、他にも日本人の方でダラムに決められた方がいらっしゃるかも知れない。いずれにしても、同期の方々の豊富なキャリアや、学力的なレベルが高く、みなさん人当たりの良い人ばかりで、同期に恵まれていると思う。きっと1年間、とても楽しいんだろうなぁ。羨ましい。いいなぁ~。


あ、もちろん僕の同期も本当にいい奴ばかりだけど。僕も同期に恵まれたと思う。Tさん抜かしてアホが多いけど。(笑)


早く、僕の代の日本人同期、来年度ダラムMBAの日本人Cohort全員を揃えて、盛大に飲み会をやりたい。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、オーストリアはザルツブルクから、ドイツの温泉地・保養地であるバーデンバーデン、そしてかっこう時計で有名なトリベルグの写真をブログにアップしたい。


(ザルツブルク)


ザルツブルクは、サウンド・オブ・ミュージックの舞台になった場所で、この映画を観た人は絶対に訪れたいと思う場所だ。舞台となったいくつかの場所を訪れることが出来て、とても幸せだ。


オーストリア

この写真は、ドレミの歌で有名になった、「ペガサスの泉」。円形の淵を子供達がドレミの歌を歌いながら歩いた場所。



オーストリア

ザルツァッハ川と、遠くに見えるのが、ホーエンザルツブルク城塞。



オーストリア

司教座が置かれている、大聖堂の内部。パイプオルガンがヨーロッパ最大級と言われ、6000本のパイプが使用されているらしい。


オーストリア

モーツァルトの生家。4階に上がると、モーツァルトの使用していた楽器などが置いてあるらしい。今回は、ものすごく混んでいたので入らなかった。


オーストリア

トラップ大佐とその家族が、ナチスから追われて隠れた、ペータースフリートホーフという名の墓地。ザンクトペーター教会のすぐ側にある。


ザルツブルクは、サウンド・オブ・ミュージックに浸れる場所だ。今回の旅行は、とても寒くて雪が降ったりもしたが、感動しっぱなしの1日だった。


そして、バーデンバーデンへ移動した。バーデンバーデンは、ミュンヘンから3時間30分。電車の旅だ。景色を楽しみながらの電車の旅だった。


(バーデンバーデン)


ドイツ

ホテルから撮影した、バーデンバーデンの風景。空気が澄んでいて、気分が良い。


ドイツ

バーデンバーデンに流れている小川。桜が咲いていてきれいだった。


バーデンバーデンでは、今までにないぐらいゆっくり出来た。その間にアサインメントも書き上げたし、SPAやプールでもゆっくり出来たし、最高だった。


バーデンバーデン滞在中の3日目、トリベルグという、かっこう時計で有名な所へ行った。今回の旅のメインの目的は、かっこう時計を購入することだった。とてもかわいらしい時計を購入することが出来た。


(トリベルグ)


ドイツ

時計を購入した、かっこう時計等の専門店。地元でも有名らしい。


本当に今回の旅行は楽しかったし、充実した旅行だった。またいつか、ドイツへ行きたい。


きよくん

きよくん、最終日フランクフルトにて。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、ロマンティック街道のメインとなる、シュバンガウにおける写真をアップしたい。ローテンベルクからバスで、ロマンティック街道の終点となるフュッセンを経由して、フィナーレとなるシュバンガウへ。シュバンガウと言えば、やはり見所は、Disneylandのシンデレラ城のモチーフとなったノイシュヴァンシュタイン城である。ルートヴィヒ2世の夢の城である。


(シュヴァンガウ)


ドイツ

壮大なノイシュヴァンシュタイン城。Disneylandのシンデレラ城とは規模が違う!夢の城を見ることが出来て、感動!!お城の中は、絵画や調度品でいっぱいだった。撮影は不可。



ドイツ

下から撮った写真。これまた素晴らしい!!でも、Disneylandはやはり行きたいなぁ。



ドイツ

これは、ホーエンシュヴァンガウ城。ノイシュヴァンシュタイン城の近くに建っており、ノイシュヴァンシュタイン城の建築中は、このお城からルートビヒ2世は進行状況を眺めていたらしい。


そして、シュヴァンガウでの観光の後、ミュンヘンへ移動した。


(ミュンヘン)


ドイツ

ミュンヘンのショッピング街はかなり広く、ここが入り口。カールス門という。ここを通ると、左右にぎっしりと様々なお店が並ぶ。銀座みたいな感じだが、お店は銀座よりも多いかも知れない。



ドイツ

ミュンヘンのマリエン広場にある新市庁舎。1867年~1909年に建てられたらしい。巨大な仕掛け時計があり、11:00と12:00にのみ、仕掛け時計を見ることが出来る。(下の写真)ラッキーなことに、見ることが出来た。


ドイツ

この巨大からくり時計は、10分間ぐらいの結構長い仕掛け時計で、ダンスや演奏があって、とても見ていて面白い。くるくる回ったりしている。


ドイツ

将軍堂。2匹のライオンが将軍の側近のようである。かなり大きな像で、迫力満点。


こんな感じで、ミュンヘンは見所満載だった。ショッピングは全然しなかったけど、観光にはもってこいの場所だった。ドイツに来たら、一度は訪れたい。


さて、明日は、サウンド・オブ・ミュージックの舞台になったオーストリアはザルツブルクでの写真、そして、ドイツの温泉地・リゾート地である、バーデンバーデンでの写真をブログに残したい。


ドイツ

きよくん、ミュンヘンのホテルにて。ほっぺがやばいほどデカイ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日までドイツ・オーストリア旅行へ行っていたが、写真をPCに落としたのでブログに残そうと思う。


初日から最初の3日間のコースは、フランクフルト⇒ハイデルベルグ⇒ローテンブルグ。俗に言われるロマンティック街道の途中までを、今日は載せたい。


(フランクフルトの街並み)


ドイツ


フランクフルトは、本当に大都市だ。東京と変わらない気がした。高層ビルが立ち並ぶ。



(ハイデルベルグ)


ドイツ


これは、ハイデルベルグ城内の一部で、戦争の時、屋根が火矢で全て焼け落ちてしまったらしく、当時のまま残っている。ところどころに砲撃(弾は石の弾だが)の跡が残されていて生生しい。


ドイツ


ハイデルベルグ城からの眺めは、素晴らしいの一言!!とにかく美しい街並みが広がる。屋根が赤く統一されている。今まで見た景色の中で、一番の景色だった。


ドイツ


パブで食べた、ドイツ本場のソーセージ&ザワークラフト。うまいのなんのって!銀座にある、ゲルマニアというドイツ料理のお店に、職場の大先輩だったRさんと良く飲み&食べに行ったなぁ~。懐かしい。思わず思い出してしまった。


ドイツ


世界一大きいと言われる、ワイン樽。奥行きもあって、とにかくデカイ。昔はこの樽を実際に使用して、まとまったワインを貢納していたそうだ。デカ過ぎる。


(ローテンブルク)


ドイツ


ローテンブルクの時計塔。からくり時計になっていて、夜の20時・21時・22時になると、市長の人形が出てきて、ワインをジョッキで飲み干すという作りになっている。正直、音楽とかないので、イマイチだったなぁ。街自体は、こじんまりとしていて、色んなお店があって楽しい。


ドイツ


年中クリスマス関係の小物等を売っているお店。店内はかなり広く、大きなクリスマスツリーがある。ドイツだけあって、ハト時計やビールジョッキなどもある程度置いてある。このお店目当ての観光客も多いらしい。


フランクフルトからハイデルベルグを経由してローテンブルクへは、バスで移動したが、効率よく回れて良かった。JALユーロエクスプレスは中々お薦めである。


明日は、Disneylandのシンデレラ城のモチーフになった、ノイシュバーンシュタイン城の写真と景色、そしてミュンヘンでの写真をブログに残したい。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドイツ・オーストリア旅行から帰って来ました。今回はロンドンで乗り換えがあったにも関わらず、きよくんは飛行機内でとても静かにしていたので、比較的楽な移動でした。10泊11日の旅は、今までの旅行で最長でしたが、とても楽しい旅でした!


明日以降、写真とかをブログにアップしたいと思います。


さて、旅行中に頂いたメールで、嬉しいメールがありました。僕が良くメールでやりとりしている、ダラムビジネススクールの2006/07年アプリカントの方が、インタビューに呼ばれたとのことです。彼ならきっと、インタビューも通ると信じています。彼は、ダラムからオファーが出れば、ダラムを進学先に選ぶそうです。ダラムを、彼はきっと気にいるでしょう。


僕が知っている限り、2006/07年のダラムビジネススクールの日本人の方は、彼が決まれば確実に3人は本決まりのようですが、3人とも本当に優秀な方々です。僕らの年よりも、確実に学力はもちろんですが、職務経験のレベルが高い気がします。(笑)僕らも頑張らなければ・・・。1年間のダラムでの生活が、一生忘れることのない経験になると思います。


彼は来週、ダラムにいらっしゃるそうです。結果はどうなるかわかりませんが、思いっきり飲みたいと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。