☆ビジネスマンのビボウロク☆

仕事における日々の出来事や、学校法人(幼稚園)の経営及び起業した会社(輸入雑貨商社)の経営、これまでの外資系企業でのキャリア、家族のことなど、思ったことや感じたことを綴ります。目指せ、マルチプレーヤー♪


テーマ:

イギリスに来て1年が経とうとしているが、先日、元上司から久しぶりにメールがあった。僕のいた元部署は、僕が抜けた後人員の入れ替わりがかなりあり、システム導入のプロジェクトに向けて新体制がしかれているようである。


メールの内容は、”MBAはどのような進捗ですか?” ”復職はいつから可能ですか?” と言った内容であった。また、多少は予想しているのだろうか、”気が変わったか?など、現況を教えて下さい”という内容も含まれていた。


僕は今の会社を休職する際、MBA取得後も、元の部署でキャリアを積もうという考えもあり、同時に、キャリアをとことん見つめなおし、自分がやりたいことは何なのかをじっくり考えよう、との思いを持ちながら渡英した。


この1年、MBA課程を通じて、様々なことを経験し、キャリアについて真剣に考えてきた。また、考えさせられることが非常に多かった。そして僕の中での結論は、


「元の部署に戻らず、新しいキャリアを構築する」 である。


現在休職している会社は、誰もが知っているブランドで、恐らく世界中で知らない人はあまりいないぐらい知名度がある会社である。MBAにおいても、僕がその会社出身だというだけで、一目置かれる時が何度もあった。知名度だけではなく、福利厚生・給料等、申し分ない。本当に良い会社である。(もちろん嫌な部分もあるが・・・)社長は、僕にとってはカリスマ的存在で、彼のリーダーシップは素晴らしいし、尊敬している。


僕は私費で留学していて、半端ない金額を自分自身に投資しているし、休職している以上、社会保険料等を月々会社へ支払っているので、MBA終了後、出来れば会社に戻りたいという気持ちがある。辞めたければ、とっくに辞めていただろう。


しかし、本当に悩みに悩んで、「新しいキャリアを構築する」という道を選ぶつもりだ。この意思は絶対に揺るがない。


元上司に、今回のメールの返信で、”復職後の新しい部署での配属”希望を出した。元上司や、その上の本部長は、有難い話ではあるが、「絶対に戻ってきて欲しい」らしい。今まで本当にお世話になったので、申し訳ない気持ちでいっぱいである。きっと、その部署に戻るよう、説得させられるだろう。これからの部署・会社との話し合いを考えると、憂鬱であるが、避けて通れない道だ。


しかし。人生は一度きり。自分が”これだ!!”という道に勇気を持って突き進みたい。MBA留学も、”絶対留学だ!!”っと考えて突き進んできた。ダラムビジネススクールも、”ここだ!!”っと思って選んだ。もちろん不満もちょっとはあるが、後悔は全くしていない。むしろ、毎日がとても楽しい。どこのビジネススクールでも、自分次第でいくらでも楽しめる。


休職している会社はとても好きな会社だが、もし仮に新しい部署での配属希望が通らず、元の部署への復職となった場合、僕は6年在籍した会社を退職する。後悔はない。そして、転職活動を本格的に始めるつもりだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先日、Managing Marketing Communicationsの授業が終了した。この授業、Small Business Managementと匹敵する面白さだった。もしかしたら、それ以上だったかもしれない。


授業は全部で8回=8日間。9時から17時までびっしりだが、毎回の授業でプレゼンテーションをやらなければならないのがちょっと大変だが、全てグループワークなのでとても面白い。グループは自分達で任意のグループ(最大6人まで)なので、気の合う奴とグループを組めるのがまた良い。


授業内容は、Marketing活動を通じて、消費者とのcommunicationを如何に円滑に図るかというのがメインであるが、Marketingの基本を再復習出来る。また、Strategyと絡めたアプローチもするし、当然、基礎中の基礎である、Targeting, Positioning, Segmentationなんてものもやる。


そして中でも勉強になったのは、Mediaとはなにか、マスコミとはなにか、企業の広告戦略とは如何なる物か、Direct MarketingやE-communicationのアプローチの仕方、Sales PromotionやPRとは何か、などなど、多くのMarketingに関してを学べる良い授業だった。独学で学んだ分野や、大学の授業で学んだ、Marketingの授業とは天と地の差がある。


教授はBradford大学のMBAとDurham大学MBAとの掛け持ちに今年からなったらしい。去年までの教授とは別の新しい教授であり、去年がどの程度面白かったかはわからないが、この授業は本当にお薦めだ。Small Businessと合わせてお薦め授業である。


授業中、ビデオや様々な広告の例をCase Studyとして扱う。企業がいかにして広告戦略を行っているかを学べる良い機会だ。Case Studyの中で、コカ・コーラの広告・ブランド戦略及び消費者への影響のことを扱ったことがあったが、コカ・コーラはボロクソに言われていた。健康面でアメリカカリフォルニア州や、イギリスのいくつかの大学でUnti-Coca Colaキャンペーンが行われている。とても複雑な気分だった。


さて、Small BusinessのAssignment4000語を、毎日少しずつ書いてきたので、今日で書き終えられるだろう。残り700語程度である。Proof Readingを去年のMBAの先輩のNさんとジェフェリーに提出するのが31日なので、今日はまだ28日だから4日間余裕がある。今回は旅行前に構成を全て練り、旅行中にも少しずつ書いていたので早めに終わった。後はAssignmentのQualityを如何に上げるか、修正を加えながら良い論文にしたい。提出日は4月7日。順調である。早めに終わらせて、Managing Marketing CommunicationのAssignmentに取り掛かりたい。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、ウィーンでは、4泊5日滞在したが、とても充実した旅行だった。音楽の都と言われているのだが、今回は残念ながらきよくんもいることだから、オーケストラやオペラ等、音楽関係は我慢した。悔しいので、オペラ座の一角にあるCD屋さんで、CDを数枚購入♪


オペラ座

       オペラ座


帰ってきてから聞いているが、素晴らしい。特に、青年合唱団のCD!もっと買っておけば良かったなぁ。


ウィーンはもちろんオーストリア自体に来るのが今回初めてだったので、オーストリア料理を絶対食べたいと思っていた。レストランにこだわり、オーストリア料理で超老舗のレストランに行った。


レストラン

   グリーヒェンバイスルという名前


しかもこのレストラン、土台はローマ時代、塔は1200年頃のもので、1500年頃からずっと営業している、最も古いレストランだった。歩くとミシミシ音が鳴る。歴史を感じるレストランだった。


その他では、同じく老舗のオーストリア料理のレストランへ行き、オーストリア名物の”シュニッツェル”を食べた。これは、豚肉を薄く叩いたものをあげたもので、トンカツみたいなもの。薄いけど、とにかくデカイ&おいしかった!レモンがよく合う。


シュニッツル

   シュニッツェル。とにかくデカイ。


ウィーンは、市内に美術館・博物館・歴史的建造物等がぎっしりで、殆ど歩いて周れるのが嬉しい。観光地だけに、お土産屋からブランドショップまで、様々なお店もぎっしり。市内観光はとても楽しかった。王宮は、圧巻だった。細かいところまで彫刻が行き届いている。素晴らしいの一言。


王宮

      王宮。スゴイ!!


市外では、ウィーンで世界遺産に登録されている、シューンブルン宮殿へ行った。あの、マリーアントワネットは、夏の宮殿としてフランス王家に嫁ぐまで、シューンブルン宮殿で育ったらしい。


宮殿

   シューンブルン宮殿。世界遺産!


宮殿の周りは庭園になっていて、その他にも大きな動物園もあり、かなり楽しめた。非常に久しぶりに動物園に行ったが、トラやライオンを見れたのが良かった。



今回は、オーストリアはウィーンしか行かなかったし、音楽も聴くことが出来なかった。次回は絶対オーケストラをオペラ座で聴いてみたいと思う。また、風邪を引いてしまい、スロバキアへ行けなかったのが非常に残念だ。。。ま、次の楽しみにとっておこう。


サウンド・オブ・ミュージックの舞台になったザルツブルクは、4月に行く予定だ。4月はドイツへしばらく旅行するので、ミュンヘンに滞在中、隣の国であるオーストリアのザルツブルクへ行き、サウンド・オブ・ミュージック気分にひたるつもりだ。ミーハーな僕は、サウンド・オブ・ミュージックのDVDを先日購入して見てしまった。いや~、素晴らしいですね、あの映画は。さすが、アカデミー賞受賞作品。またもう一度観たい。


きよくん

  きよくん、@電車にてPartⅡ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月15日から22日まで、ハンガリー等東欧旅行をして来たのだが、当初予定していたチェコ・スロバキアは、風邪を引いてしまったことと、ウィーンがたくさん周る所があったので急遽予定を変更。ハンガリー(ブタペスト)・オーストリア(ウィーン)をゆっくり観光した。


ハンガリーと言えば、ワイン・陶磁器・刺繍・パプリカ・レバパテ・サラミ!である。ハンガリーは、現在はEUに加盟しており、急速に経済発展した国だが、街並みはまだ多くの元社会主義国家を匂わしていた。ハンガリーへは、妻の夢でもあったホロハーザという陶磁器・食器のお店へ行き、食器類を色々と購入するという予定でいた。妻の友人がハンガリーに住んでいるので、彼女に1日色々と案内をしてもらった。


ブタペストで最も古いと言われるCafeに連れて行ってもらった。結構大きなCafeで、かなり観光客で混んでいた。


Cafe

       Cafe!!


連れて行ってもらった所で面白かったのが、中央市場。こんな感じだ。


ハンガリー

   中央市場。とにかく面白い。


色んなお店がぎっしりと並んでいて、色んな品物が所狭しと置いてある。この市場で、パプリカ・サラミ・レバパテを購入した!!


パプリカ

 パプリカの粉が中に入っている。


サラミ

      サラミ&レバパテ


中央市場には、是非もう一度行ってみたい。ワインを飲まなかったのが、ちょっと後悔。


それ以外の日は、家族でブタペスト観光した。王宮へ行き、夜景を堪能した。本当に綺麗だった。


王宮

 王宮。ライトアップされて綺麗だった。


夜景

   王宮からの有名な夜景。最高!


ハンガリーを観光するとは思ってもみなかったが、とても堪能出来た。きよくんも大満足だ。ハンガリーへは、必ずもう一度訪れてみたい。


きよくん

    きよくん、@列車にて

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハンガリー・オーストリア旅行から帰って来ました!!詳細は、後日更新したいと思います!


明日から、Small BusinessのAssignmentを本格的に取り掛からなければならないのが憂鬱。全体的な文章構成はもう組んであるので、5日間以内に終わらしたいと思うが、Introductionと本文を少々書いただけで、残り3500語。気合で終わらしたい。


Marketing Communicationのグループワークもやらなければならないし。。。この2週間、やることが山積みだ。ま、忙しいことは良いことだ。


明日からまた頑張ろう!


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

現在、オーストリアはウィーンに滞在中。ハンガリーで3日間過ごした後、昨日ウィーンへ来た。


ハンガリーとウィーンでは、雰囲気が全く違う。旅行から帰ったら、更新したいと思う。


今日のウィーンは天気が良く、観光日和だ。ぽかぽかと暖かい。


明日は、世界遺産でもある国立シューンブルク宮殿へ行き、庭園でゆっくりと過ごしたい。


明後日は、スロバキアへ電車で出かける予定。楽しみだ!!




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日から8日間、ハンガリー・オーストリア・スロバキア・チェコに家族旅行。ダラムはニューキャッスル空港まですぐだから、本当に旅行へ行きやすい。


ハンガリーは、ワイン・パプリカ・陶磁器といったものが有名。今回は妻が以前から好きな、ホロハーザ製の陶磁器を購入してくる予定。ホロハーザの工場見学をした後、お店で良い製品に出会いたい。


オーストリアは、今回は音楽の都ウィーンのみ。ザルツブルクへも行きたいのだが、来月ドイツへ行く予定で、ミュンヘンからザルツブルクが近いので、その時に行く予定だ。サウンドオブミュージックの舞台になったザルツブルクは、次回まで取っておこう。


ウィーンでは、街で青年合唱団の歌声を聞くことが出来そうだ。本当に楽しみだ。出来ればコンサート等聞きたいのだが、子供がいるので老後の旅行まで取っておくことにする。


スロバキアはウィーンから電車で50分かからない。どんな国か想像出来ないが、ガイドブックも購入したし、何かを見つけてきたい。首都ブラチスラヴァには、街中に様々な銅像が建っているらしい。お城もあるようだ。チェコへもウィーンから2時間弱で行けるから、プラハだけ行く予定でいるが、8日間しかないので今回は行かないで、その分ウィーンを満喫するかもしれない。プラハは、北のローマ・黄金の街などと言われているから、行ってみたいのだが・・・。


昨日、3月17日提出期限のQuantitative Marketing Research4000語も無事提出したし、授業も旅行から帰ってくるまではないので、思いっきり楽しんで来たい。


行って来ま~す。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、ダラムビジネススクールを志望していらっしゃる方と飲んだ。短い時間だったが、大変楽しかった。彼は、スコットランドの大学院と、ダラムを考えているそうだ。ダラムの良い点も悪い点も、色々と話をした。


彼のキャリアは、それは立派なもので、色々な経験をされていらっしゃり、聞いていてとても面白かった。彼にはダラムを選んで欲しいと思うが、彼の人生を大きく変える選択になるだろうから、慎重に選んで欲しいと思う。まぁ、とにかく、優秀だけでなく面白い人だったので、ダラムを考えていらっしゃるだけでも有難いと思う。何となくだが、彼はダラムを選ぶと思う。


同期のKちんの前の会社C社の、先輩社員の”Kさん”が、先々週ダラムからオファーをもらい、ダラムに進学を決定されたが、とても嬉しいことである。彼もとても優秀な方で、変わったキャリアを積まれている。去年のダラムMBAの先輩のNさんとたまたま同期で、Kちんはアホだけど(笑)、良い社風の会社なんだなぁと思った。みんなとてもユニークでいい人である。


そういえば、僕がビジネススクールを選ぶ時も、一時期かなり悩んだのを覚えている。コース内容・立地条件・MBAランキング・学費等、様々な点を考慮して選んだものだ。僕は、ダラムよりもMBAランキングの高い学校も合格していたが、会社を休職する直前、人事部のIさんと話をした時、


「ランキングよりも、楽しいと思える場所を選んだら?」 っと、さらっと言われた。


本当にそうだなぁ~と思う。もちろんランキングも非常に大切だと思うが、1年間過ごす場所だから、住みやすくて、楽しくて、コースが充実している学校を選ぶのが1番だと思う。っと言っても、中々全ての条件が揃うビジネススクールはないけど。そういえば、去年の先輩方も、ランキングがダラム以上のスクールを蹴ってダラムを選んでいる方もいた。まぁ、人それぞれである。何かを選択すれば、何かを犠牲にしなければならない。


また、先輩の雰囲気がとても大切だと思う。去年の先輩のWさん、Nさん、Iさんはみんな良い人だった。優秀だし、親切だったし、酒好きだし。何度も飲んだなぁ。飲み足りなかったなぁ~。日本に帰ったら、飲むのが楽しみだ。


ビジネススクールで、それぞれ強い分野・弱い分野・特色等異なるが、まぁ、どこを選んだとしても、楽しく過ごしたいものである。長い人生の中で、たった1年間なのだから。


ダラムを選ばなかったら、仲の良い日本人同期のメンバーや、去年の先輩方とは会えなかったと思う。そして、Pre-sesstional English Programme時代の先生でSteveや、クラスメートのアキ、そしてまささんとも会えなかったと思う。きっと妻も、イギリスできよくんを産むことはなかったと思う。妻は、本当にダラムでの生活を楽しんでいる。きよくんも、毎日すくすく育っている。っていうか、最近マジでデカイ。サプライヤーさんで仲の良かったNさんやSさんが、ダラムに来ることもなかっただろう。


日本帰国まであと7ヶ月弱。ダラムでの生活を思いっきりEnjoyしたい。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

留学予備校で仲が良くなり、僕より一足先にイギリスへ留学したSさんから、無事大学院を卒業&転職が決まったとの連絡を頂いた。


Sさんは、代々木にある予備校でクラスが一緒で、その後彼の紹介で西新宿にある留学センターでも一緒だった。僕よりも5歳年上だが、とてもきさくな方である。休み時間中に、同じイギリス留学希望ということで話が盛り上がったのを覚えている。クラスの飲み会でも、彼を中心にかなり盛り上がったのを今でも覚えている。


Sさんがイギリスへ出発する直前、渋谷で何軒もハシゴして飲んだのは2年ぐらい前。本当にあっという間だ。僕より先に大学院に合格し、僕より先に渡英し、僕より先に卒業され・・・。追いつくことは出来ないが、僕の目標とする人の一人である。


Sさん、ご卒業&ご転職、本当におめでとうございます。次は僕の番ですね。あと半年、勉学に励みながら、残りのイギリス留学生活を楽しみたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、最後の試験結果が返って来た。科目は、


Managing FInance (Accounting&Finance)


結果は、、、


!!パス!! よっしゃ~!よっしゃ~!!万歳~!!!


これで試験が課された科目は、全科目パスした。


最高!!もー、今日は飲み行くぞ!


絶対今日は勉強しない。飲みまくるぞ!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。