☆ビジネスマンのビボウロク☆

仕事における日々の出来事や、学校法人(幼稚園)の経営及び起業した会社(輸入雑貨商社)の経営、これまでの外資系企業でのキャリア、家族のことなど、思ったことや感じたことを綴ります。目指せ、マルチプレーヤー♪


テーマ:

日本は、GWが今年は大型連休のようだ。いいなー。僕は悲しいかな、3連休。ま、あるだけましか。


どうでもいいけど、たかが3連休なのに、どの科目の先生も、「3連休だから」という理由で宿題ばっかり。


それぞれの先生が宿題出したら、多くなるっちゅーの。まじで勉強たくさんしないとやばい。はぁ~。


ところで、来週水曜日、ダラムビジネススクールの担当者で、日本にいる時から色々とお世話になっているクリスと、MBA Directorのグラハムさんと会うことになった。偉い人だけに、緊張である。。。

でも、とても親切な方々だから、きっと暖かく迎えてくれるだろう。


今日はとってもいい天気。川沿いを、そして石畳の町並みを歩いていると、とてもわくわくする。

ジョギングでもしようかな。


あ、そうだ、来週はチャンピオンズリーグで、チェルシーVSリバプール戦。授業終ったら、カミさんと待ち合わせて、クラス仲間とパブへ直行♪飲むぞ~。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

  大学付属の Language Centerで英語を勉強し始めて、そろそろ2週間が経つ。早いものだ。授業は平日、朝9:30から始まる。日々、色々なことを学ぶ。大学院で、何か提出しなければならないレポートとかに関しては、必ず Academicな文章でなければならず、今はまだAcademicな英語とは何かを、色々な文章を読んだり先生に教えて頂いたりして学んでいる途中だ。


  その中で、Organization & Expression of Knowledge という授業がある。これがかなりヘヴィーだ。グループワークで3000語の論文を作成するだけではなく、個人でも3000語を作成しなければならない。本当に大変である。個人で作成する内容は、まだ決めていない。ビジネスに関する内容は、Pre-MBA Course で取り組む可能性もあるから、内容が被らないようにしなければならない。


  グループワークでは、僕のグループは3人で、イタリア人のナディアと台湾人のアリエナと同じグループで、彼女たちははっきり言って僕よりも英語が出来ると思う。足を引っ張らない様、努力したい。


  それにしても、クラスメートはみんな色々な考えを持っていて、面白い。最近授業で取り組んだ内容で、面白いというか、考えさせられた内容は、「喫煙」に関してで、身体的に何か影響を及ぼすことはないか、禁煙者に対する政府の取り組み等、色々なことを考えさせられる。生徒(国)によって、考え方が異なったりして、一つ一つが勉強になる。


  さーて、今日も帰って復習しなきゃ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

  週末、ダラムに住み始めて初めて、ダラム城とダラム教会を訪れた。たくさん写真を取ったので、今度載せたいと思う。それにしても、教会は凄かった。僕の今までの人生で、一番凄いと思わせる教会だった。巨大な礼拝堂、美しいステンドグラスなど、素晴らしいの一言。こんな小さな大学の街に、こんな壮大な教会があったとは。本当に感動した。この、ダラムという街で、勉学に励むことが出来るということは、本当に素晴らしい事だと思う。妻も、心から喜んでくれているので良かった。お城も、何とも言えない歴史を感じた。


  教会とお城を訪れた後、9月から本格的に始まる、ダラムビジネススクールを見てきた。警備員さんがいたけど、鍵が閉まっており、うろうろしていた所、不審に思った警備員が話しかけてきた。「9月からMBAプログラムに参加する○○です。見学しに来ました。」と言った所、妻と一緒に中を案内してもらえた。「あぁ。ここで苦しみながら学ぶんだなぁ」と思ったら、やる気が出てきた。しかし、ビジネススクールの目の前に、ゴルフコースが見えた途端、「あ、ゴルフやらなきゃ。」とか思ってしまった。いかんいかん。ビジネススクールで学ぶ前に、ある程度事前に様々な分野を勉強しておかなければ、きっと授業についてゆけない。英語もついてゆけない。やばい事ばかりである。焦らず地道にやらなければ。。。


  心の癒しを求めて、(笑)来週末にでも、ヨークに行って来ようと思う。


ダラムカテドラル

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

  今日で、授業が始まって2週間が経った。現在は語学の授業に参加しているのだが、色々な国々から生徒が集まってきている。具体的には、ロシア、中国、香港、イタリア、タイ、台湾、イラク、などなど。共通言語は英語だが、国によって英語の話し方やフレーズが異なり、集中して聞くようにしないと、何を話しているのかよくわからない時もある。ま、その内慣れるであろう。

 

  さすがに毎日英語を話さなければならない状況にあるので、耳がだんだん慣れてきている気がする。それでも、自分の言いたい事を流暢に話せるようになるには、まだ時間がかかりそうだ。常に自分に厳しい目でいないと、きっと甘えてしまうだろう。

 

  イタリア人の子は27歳で、僕と比較的年齢が近い。彼女はかなり面白い。イタリア人特有のユーモアに溢れている。彼女の紹介で、パナマ出身で、Master in Law(法学修士)に進んでいる奴に会って色々話した。彼曰く、「ダラム大学のMBAは、全ダラム大学の修士課程で最も辛く、苦しいスケジュールだ」 と聞かされた。肝に銘じてイギリスへ来たつもりだが、実際聞かされると焦る。。。7月から始まる、Pre-MBAコースまでに、ある程度 Marketting, Finance, Accounting, Operation Managementは自分で一通りやってしまうつもりだ。「10日で学べるMBA」という本を日本から持ってきたが、Marketingはもうすぐ終わる。やはり、Accounting と Financeに一番苦しみそうだ。6月までに、3000語の英文エッセイを作成しなければならないのに。。。

 

  最近は、英語の勉強の他に、本をたくさん読んでいるが、高校生が教科書として使用している、世界史と日本史の教科書も日本で購入し、持ってきて読んでいる。僕は世界史を選考していたが、これがまた、久しぶりに読むと面白い。かなり得意だったはずなのに、忘れているものだ。歴史を勉強することは、とても大切なことだと思う。時々、海外のクラスメートとも話しが出る。

 

  毎日が楽しく、でも戦いである。

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

  イギリスでの最初の2週間は、とにかく色々と大変だった。(今も大変だが)やらなきゃならないことが山積みである。それは何かと言うと、

 

  不動産契約、電気&ガス&水道&市民税の支払い、車の任意保険の申し込み、妻と病院探し、電話の加入申し込み、、、などなど。日本でやったとしても、面倒くさいっっちゅーの。

 

  来てすぐに思ったのは、車があった方が便利であるということだ。思い立ったらすぐ行動。スズキワゴンR (中古車だけど)を速攻で購入した。いやー、マイカー嬉しいな。

 

  それにしても、本当に、みんな話すのが早い、っというか聞き取れないことが多い。こんなに自分は英語が出来なかったのかと思うぐらいだ。特に、公共料金の支払いのお兄ちゃん、あんた、何の話をしてるの?文句言っても仕方ないから、頑張って再度聞いてみる。「俺はジャパニーズだ」と言うと、意外とゆっくり話してくれる。イキガって新築に住むことにしたのが災難。でも、全部英語でやらなきゃならないから、良い英語の訓練になる。スーパーのレジ打ちの人達は、とてもフレンドリー&ビッグスマイル&グッド挨拶。気持ち悪いぐらいだ。(笑)

 

  ここダラムは、歴史のある古~い街だ。イギリスで3番目に古い大学都市であり、そびえ立つダラムカテドラルやお城は、素晴らしい。道路も石畳が敷き詰められていて、大学に大きな川が通っている。カヌーをやっている人がいる。パブやショッピングが出来るのも魅力。ハリーポッターの撮影場所になった影響もあって、観光に世界中の人が訪れてくる。海外で暮らせば、苦労も多いものだが、良い経験となると思う。

 

  物価は高い、ってゆーか高すぎ。家賃、食料品とかは日本の方が高いが、飲食店や生活用品は高すぎる。絶対ぼったくられている。(笑)学割が利く場所がいくつかあるらしいから、最大限に利用するつもり。

 

  他にもたくさん書きたいことはあるけど、今日はこの辺で。昨日から授業も始まっているし、デジカメで街やクラスメートの写真をとったら、載せたいと思う。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 やっとメールやネットが使用出来るようになった。先週の月曜日にイギリスに来て以来、毎日が大変だった。それにしても、毎日毎日色々とやることが多い。。。これからブログ@イギリス版で書いて行こうと思う。

 

 まず、出発初日、わざわざ空港まで見送りに来て下さったOさん、本当にどうも有難うございます。これから毎日頑張ります。Oさんの上司のSさん、メッセージ有難うございました。大変光栄です。

さて、Oさんと別れた後、外貨両替のところで長~い列を待っていた所、後ろの婦人が話しかけてきた。何と、 デヴィ婦人。僕がポンドがいくらか調べていたら、親切にも教えてくれた。気品溢れる、風格のある方であった。とても格好の良い、Nice Guyを引き連れていた。

 

 12時間の長旅の後、何とか重すぎる荷物を持ってキングスクロスへ電車で向かった。時間は1時間ぐらい。駅の側にあるホテルのはずが、めちゃ遠い。やられたよ、ホリデーイン。ま、良い部屋だったから許そう。次の日は、キングスクロス駅からダラムまで、電車で約3時間。乗り心地の良い特急列車で、何か、遠くまで来たな~と思った。ヨークを通り過ぎ、ダラムへ近づくと、非常に古い壮大なカテドラルと城が窓越しに見えた。「あぁ、こんなところで学べるんだ」と思って、期待を胸に降り立った。

 

 ダラム駅では、ランゲージセンターの担当者のダイアンが待ってくれていた。彼女はとても親切で、住む家の紹介や、Financeのことなど、色々なことで力を貸してくれている。彼女の小さな車に乗って、そのまま不動産へ直行した。不動産では、ミッシェルという担当者が待ってくれていた。僕のカミさんの家の説明を色々としてくれる。ところが。。。。。。。何を話しているのか全然わからない。早すぎるよ、この人の英語。しかも、訛ってない??見た目は綺麗な人なんだけど。

 

 こんな感じで、僕と妻のハラハラドキドキのイギリスでの生活が始まったのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
  いよいよ明日出発となった。怒濤の留学準備と飲み会も終わり、あとは行くだけだ。航空券はエコノミーで予約し、マイレージを使用してアップグレード。妊娠中の妻のことを考えると、13時間以上の飛行は不安だったが、ゆったりできるから良かった。やはり長時間の飛行はマイレージ対策が大事。   11日に出発して、現地に11日中に到着する。11日はヒースロー空港からキングスクロスまで行き、ホリデーインに宿泊予定。翌日12日は、14;30頃ダラム到着予定の列車に乗る。ダラム駅で、ダラム大学院の担当者のDianeが迎えに来て頂ける。その後、不動産会社へ行き、賃貸契約を結ぶ。その後、ちょっとダラムの市内観光をする予定だ。   それにしても、会社の転勤とかで無い限り、航空券の手配から現地の不動産を決めるまで、全て個人でやらなければならず非常に大変だった。しかし全部自分でやると、一つ一つ勉強になる。   一つ一つの自分に起こる出来事を真剣に受け止め、妻と生まれてくる子供をしっかり支えて過ごしたい。毎日を大切にして過ごしたいと思う。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

  出発まであと3日となった。何だか、あっという間に時間が過ぎてしまう。現地での不動産も決まったし、後は明日の引越しのみとなった。

  最近、現地での住居のお知らせ葉書をみんなに送付したら、何人かから様々な返事が返ってきた。みんな、自分の人生を一生懸命頑張っているようだ。 中学の同級生の親友は、9月に結婚する。中学の塾の友人は、3月末で会社を退職し、起業した。高校の友人は僕より1週間遅く、シドニーへ1年間海外赴任する。大学のクラスの友達は、秋から5年間マレーシアへ海外赴任する。サークルの友達も2月末で会社を退職し、不動産鑑定士として独立した。 本当に、みんな頑張っている。僕も負けずに頑張らなければ・・・。

 

  先日、仕事で付き合いのあった某サプライヤーの課長さんとご担当者がメールをくれた。出発当日、何と空港まで見送りに来るという。”わざわざ結構です”と言ったが、それでも来るという。嬉しくて涙が出た。たかが31歳の若造ごときに・・・。僕は、仕事で一番気をつけていたことは、会社の立場に出来る限り関係なく、正直な自分で相手に接することである。青臭いかもしれないけれど、心から相手と接していれば、相手もきっと心を開いてくれると信じている。所詮は人と人との関係だから、飾ることなく、素直に正直な自分でいたい。

  同じく真剣に接してきた運送会社や倉庫会社の方々も、本当に勉強させてもらった。たまたまかも知れないが、僕が接してきた彼らの物事に対する考え方は、本当に素晴らしく、また、細かい所まで見ている。先日壮行会をして頂いたM社さんは、偉い人も来て下さったが、僕が今の会社を仮に辞めたとしても、一生お付き合いをしていきたい”とおっしゃって頂けた。本当に感動した。

  僕の会社は立場上強者であるが、そういう立場を利用して勘違いしている輩もいる。自分自身をきちんと見つめ直すべきだと思う。意外と、偉くなればなるほど、周りが見れなくなってしまい、パワハラをしていることすら気がつかない輩もいる。僕は、MBAを取得しても、絶対にそういう奴にはならない。絶対に。

 

  世界には、自分より優れている人がたくさんいる。自分が所属している世界は、非常に小さなものだ。僕は、これからもっと世界を相手にしたビジネスが出来ればと思う。まずは、大学院で世界の良きライバル達と切磋琢磨して、人間的に大きくなりたい。そして、日本に帰ってきた時、ひとまわり大きくなって帰ってきたい。 あ、でも、横にひとまわり大きくならないように頑張らなければ・・・。(笑)

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。