↑『ゆきのひとつぶ』と読みます

雪の結晶スキー雪の結晶スキー雪の結晶スキー雪の結晶スキー雪の結晶スキー雪の結晶


レルヒさんレルヒさんのうた

↑クリックするとどんな歌かわかります。

目指せ紅白!


スキーを楽しむべく技術だけでなく
いろんなことを書いています。
お気軽にお立ち寄りください。

*

アメンバー申請もお気軽に。

コメント歴のある方皆様を対象としています。

【記事の内容及び画像について】

雪の結晶スキー雪の結晶スキー雪の結晶スキー雪の結晶スキー雪の結晶スキー雪の結晶

NEW !
テーマ:
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「とるBの隠し扉」 の記事

テーマ:

礼。

 

あまり仕事のグチみたいな話とかはしたくないのですが、

仕事仲間などとの飲みネタから、

こんな図を作ってみました。

 

何の資格かによってこのバランスは異なりますが、

概ねこんな感じの事が多いというイメージを持っています。

実力ありとなしのボーダーライン近くが濃くなって

実力で突き抜けている人は資格がなかったり

資格があるのに実力が底辺な人がいたりとか(笑)

 

ここで言う“実力”は試験で測れない部分も含めた

総合力みたいな感じで考えています。

(基本的に試験で総合力を測るのは無理と考えています)

 

では、①~④それぞれの立場の人がお互いをどう思っているか

勝手に考察を入れてみました。

 

まず、の資格も実力もない人から見る事にします。

ここの分布の人は、経験が浅い人が多く、

①②④のどれかを目指すと考えます。

基本的には①を目指しますが、大抵は①か②に落ち着きます。

②を目指す人は③のままでなければ②になりたまに①もいます。

④を目指す人は③のままになるか良くてせいぜい④かな?

 

の人は、どう見るか?

②→①尊敬することが多いと思います。

実力ある者同士、波長が合うことが多いと思います♪

②→③応援しています。

②→④資格だけの人間なのでバッチリ批判の対象です。

 

の人はどう見るか?

①→②実力ある者同士、波長が合うことが多いと思います♪

資格がなくても尊敬していることも少なくありません。

それと、プライドをあっさり捨てちゃう感じの人が多いです(笑)

①→③応援しています。

①→②資格の価値を下げる元凶なので良く思いませんが、

こういう人もいるのは仕方なしという冷めた目で見ています。

 

の人はどう見るか?

④→①そもそも自分が①だと思っている可能性があります(笑)

④→③見下してます(笑)

④→②目の上のたんこぶです。

規制の必要性を訴えて参入障壁を作りたがります(笑)

 

規制に対しては、

①の人は「別にいいけどあまりいらない規制はかけてほしくない」

と思う人が多いような気がします。

②の人は「ない方がいいけどあるならあるでどうにかしてやる」

というバイタリティにあふれている人が多いような気がします。

③の人は「資格≒実力なのかな?」くらいで考えています。

④の人は「規則ですから!!!」

 

 

この辺りの考え方は、業界によって違うのかもしれません。

当てはまるかどうかは皆様それぞれの業界でご検証ください。

但し自己責任でお願いします。。。

 

ちなみに私の場合、

基本的に③の構成員であることが多いです。

分野によっては①だったり④だったりその境目だったりします。

②は憧れですがちょっと夢に近い世界です(^^;

 

【まとめ】

規制や参入障壁を歓迎しているときは負けを認めているとき

 

そんなわけでこの記事は

自分が①のときのグチである一方、

④であることへの反省とかも多分に含まれています。

人間、そんなに強い生き物じゃないですから(笑)

 

礼。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

礼。

 

六甲山の北斜面に氷を敷き詰めたスキー場

F1008880.jpg

六甲山スノーパークの

白:スノイル

黒:ワルイル

F1008881.jpg

ワルイルのほっぺの+++に見えるのは、

地域がら誤解されそうですが、

イニシャルWの文字から来たものと思われます。

 

シーズン中ということもあり、

朝方はすいていました。

その間に今季の課題・・・

などというものはなく、

常識的なターンで滑ったり、

飛んでみたり、

周囲のスキーヤーの予測可能な範囲で滑ってました。

距離は短いものの幅が広いのでストレスなく楽しめました♪

 

10時過ぎるとファミリーが増えてきたので、

極端な話、プルークボーゲンで横を通り過ぎても

怖がられかねない状況なので、

初めてスキーをする皆様の健闘を祈りながら

F1008882.jpg

ブランチとして和朝食(11:00まで)をいただきました♪

F1008883.jpg

TKGがおいしいのにこれでなんと500円!

どうした阪神!

あのぼったくり精神はどこ行ってしまったんだ!

これも超変革なのか!

というくらいお得です。

 

こういう小さなスキー場でも

上手く顧客層を絞り込んで経営しているんだなあと思います。

例えば、レーサーがガンガン滑っているスキー場であれば

ファミリーは近寄らないので練習に専念できますし、

レーサーが行きたがらないスキー場ができれば、

初心者ファミリーは安心できるので逆に行きたいスキー場になります。

Aさんにとってのマイナスイメージは

Bさんにとってのプラスイメージになる

変にAさんとBさんの両方の顔色をうかがって共倒れになるよりも

人の流れをつかんで顧客ターゲットをハッキリさせる方が

これからのスキー場経営にいいのかもしれませんね♪

 

流れと言えば

ところで、ここの人工雪、

解けたら六甲山の水になって・・・

ということは六甲のおいしい水の材料になるの?

 

結論から言うと、

スキー場は北側斜面、

六甲のおいしい水は南側斜面に降った水

になります。

 

北側斜面に降った水は日本海に流れていくのでしょうか?

 

さすがにそんなことはなくて、

加古川や武庫川を通って瀬戸内海に流れていくそうです。

 

では、兵庫県の水はどこを境に

日本海側と瀬戸内海側に分かれるのでしょうか?

 

というわけで、

午後は滑らずにその分岐点を探しに行くことに。

 

 

ありました!

F1008884.jpg

JR福知山線石生駅近くに水分れ(みわかれ)

と呼ばれる本州で最も低いところにある分水嶺がありました。

 

実際の分水嶺はコチラ。

F1008886.jpg

右上へ流れる水が加古川→瀬戸内海

右下へ流れる水が由良川→日本海

 

コチラの写真ですと、

奥へ流れていく水が加古川→瀬戸内海

右へ流れていく水が由良川→日本海

F1008887.jpg

水分れ資料館というのがあるので見てきました。

F1008890.jpg

分水嶺のみならず、水運や地学の話など

非常に面白い話を聞くことができました♪

 

 

我々は、

H2Oが固体化した雪の上を滑り、

H2Oと鉱物が織りなす温泉を楽しみ、

H2OとC2H6Oが織りなすお酒をいただいている

と考えると、当たり前ながらH2Oへの感謝の気持ちを

忘れてはなりませんね。

 

水分れ公園の厠

F1008891.jpg

瀬戸内海と日本海の両方に流れていくのかぁ・・・

 

礼。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。