四十而不惑

カタリスト松下のブログ


テーマ:
仕事というのは、頼まれたことを仕上げることだと思っているのですが、最近は時々認識が違う方がいるようです、、、、。


よくあって、困るのが、

「だれだれに頼んであるんですけど、、、、、。」
「指示はしてあるんですが、、、、、。」


心配だから聞いてみるとそんな返事が。

「で、大丈夫なの」と聞くと

「いやそれはわかりません」 
(意訳: 頼んだことがやってあるかは私のことではないのでわかりません)

って平気で言われちゃうんですよね、、。


「大丈夫です」と言い切ってもらえば、まぁ安心できそうかと思いますし、
そうでなければ、「すぐに確認します」って動けばいいですが、、、。
そんな感じもなく平然としている人に良く出会います。



それがおかしいって感じるのが
おかしいのでしょうか???


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
会社の基本方針として

「自ら判断し、行動する」

ということに非常に価値を置いています。

実際、現場の隅々まで私たちは目を届かすことができません。
とすると、実際にそこにいるスタッフが、自分なりにその場をみて、状況を判断し、最適な解を導き出し、行動していくということが重要です。

なので、このような話をしています。

お客さんに判断を仰がれたら、できる限りその場でするように。
社長(または上司)に報告してもOKが出ると思えば、OKをしていいよと。

違っていれば当然、、叱られるでしょうし、いろいろやらなければいけないことも発生します。
でも、その経験を通じて、どういう考えに基づき判断しなければいけないかがわかってくれば、多くのことは判断を仰がなくても、自分でできるはずです。

またその状況のほうが、より広い範囲の仕事を会社としてはこなせるようになっていくと思うからです。

誰でもできるわけではないというのが最近分かってはきましたが、ある程度できる人は、会社の判断基準という枠の中で、自分自身が判断をするという経験を通じて、非常に成長していくのも解ってきました。まぁ、問題が発生することも多いですが、できる限りは自主性を重んじるという意味も含めて、そうしています。

会社の成長とともに、自分自身の成長を求める方、よろしければ参加ください。
やる気のある人はいつでも歓迎です。
やることはいっぱいあります(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ほぼ一年ぶりの更新です。

あいかわらず、いろいろ新しいことに取り組むことになっています。
で、本格的に事業を面白く思えるようになってます。

去年までは、どこに行くのかわからないまま走っていた感じでしたが、ここにきて未来の輪郭が非常に鮮明になってきています。ほぼ絵は描けて、半分くらいは手がついた状況になっています。
なので、ここから2年くらいきっちりと仕事を進めていければ、必ず形になる感じです。

こうなってくると、周りの人に協力も頼みやすく、話に乗っていただける例も増えてきそうです。
あとは、現在の会社のみなと、力を合わせて本当に実現するところに持っていければと思います。

抽象的で何の話か分からないと思いますが、何となく、そんな感じです。

勢いがある人、ヤル気のある人、募集中です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、ふと気が付いたことがあったので記しておきます。

仕事をしていて、ちゃんとしている人は目標設定というか、
やらなければいけないことの本質をつかんでいることとは思っていましたが、
もう一つ発見しました。


できる人は、

「どれだけの時間を使った」ではなく、
「どれだけの能力を使ったか」に

自身の価値を見出していると思います。


みていて、その程度のことなら、高校生でも、少し細かく指示すれば
十分できるということを、さも自分は仕事していますといった感じで報告する人がいて
なんだか、情けないです。

他の会社や、組織はわかりませんが、少なくとも弊社では、
自分はこれだけのことを実際、具体的にして、
結果こうなっているだから評価してほしいといってほしいものです。
(まぁ、みてればわかるので当然評価されるのですが)


それをしている人たちは仕事のメリハリもありますし、
自分自身の判断である意味自由なスケジュールで、仕事している気がします。


自分は縛られることが苦手で、結果的に自分で仕事をつくることになっています。
腕時計をつけることも、相変わらずできない、出来の悪い人でもありますが、、。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ユニクロの柳井さんの発言がいろんなところで反響を呼んでいるようですが、
みたくない現実かもしれないですが、個人的には、そうなっていくような気がして仕方ありません。会社・社会に提供する価値にあった待遇になるのは理にかなっていると思います。いままで、企業はインフレや、経済成長にともなう含み資産が少なからずあり、それが、ある程度ゆとりを作っていてなんとなくすぎていたところが、そうではなくなっていると思うからです。


いままでもやめていく人々に、
ここでやらないのは構わないが、適当に流すような仕事をしていると、
五年後十年後に困ることになると思うから、よく考えてくださいとは伝えていますが、、、、。


まだ弱小の企業の私たちには含み資産もないですし、現時点をシビアに進めていかざるをえません。
その中では、厳しい現実も直視していかないといけません。でもそこでやれる考え方がわかり、行動できるようになれば、必ずどこでも重宝される人材になると思います。そうなれば、自信もつくし、会社にもいろいろ意見しても受け入れられていくようになるのではないでしょうか?


いつも教えをいただいている社長の会社の方針



頭を使って知恵を出せ
知恵を出せないものは汗をかけ
汗をかけないものは静かに去れ



まだ、しばらくは厳しく引き締めて、会社を進めて行かなければ思っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。