ロボットヒロイン大好き!

ロボットアニメに登場したヒロイン話を中心に、いろいろな事を書き散らかしていきたいと思います。


テーマ:
秋みつけた? ブログネタ:秋みつけた? 参加中

ロボットヒロイン大好き!-afu2
Pic by amさん


爆音とともにアフロダイAの両手両足が吹き飛んだ!
地面にころがるアフロダイA!!

さやか「ああ~ん!くやしい!!またやられた!」

あしゅら男爵「わはははは!どうだ弓さやか!こうなっては、手も足もでなかろう!」
さやか「これじゃ動けないわ・・・いったいどうしたら・・・」

そこへマジンガーZがやって来た。

甲児「おーい。さやかさーん。」
あしゅら男爵「来たなマジンガーZ!」
甲児「ああっ!さやかさん!大丈夫か!」
さやか「甲児くん!あたしの方は無事だけど・・・アフロダイAが・・」
甲児「ははは・・それじゃダルマさんじゃないか!」
さやか「まぁ!あたしが犠牲になって、敵の秘密兵器を発見してあげてるんじゃないの!」
甲児「ははは、悪い悪い、じゃ、すぐに仇をとってやるから待ってな。」
さやか「甲児くん!あの機械獣の目に気をつけてねー!」
甲児「サンキュー!さやかさん」
  「いくぜ機械獣!今度はマジンガーZがあいてだ!」
あしゅら男爵「それでは相手をさせてもらうぞ!やれ機械獣ダガンG3!」

あしゅら男爵の掛け声と同時にダガンG3の4つの目から、倒れているアフロダイAへ破壊光線が発射された!

甲児「さやかさん!危ない!」

アフロダイAをかばい破壊光線を浴びるマジンガーZ!!

甲児「うわーー!!この野郎!やりやがったな!」

振り向きざまに反撃に転じようとするマジンガーZ。

あしゅら男爵「おおっと!アフロダイAから離れることは許さんぞ!」

またしても、機械獣ダガンG3の目から動けないアフロダイAめがけて破壊光線が発射された!

甲児「さやかさん!危ない!!うわー!!」
さやか「甲児くん!!」
あしゅら男爵「わははは・・どうだ兜甲児!その破壊光線をよけることが出来るか!」
      「できまい!もしよけたらアフロダイAと中の小娘がどうなるか・・・わはははは・・」
さやか「甲児くん・・・・」
甲児「しまった!これが敵の作戦なんだ!」
  「マジンガーZは、動けないアフロダイAをかばって敵の破壊光線をあびつつけなけならないぞ!」
  「うわーーー!!!」
さやか「いやーん!甲児くん・・・甲児くんがあたしのためにやられるなんて・・・」
甲児「さやかさん!このままでは二人ともやられてしまう・・・・・」
  「ちょっと荒っぽいが、一瞬で決めてやるから、我慢してくれよな!」
  「マジンパワー!!」

マジンガーZは、マジンパワーの掛け声とともに、アフロダイAを空高く放り投げた!

さやか「きゃあーーー!!なにするのよ甲児くーーん!!」
あしゅら男爵「なにぃー!!」

あしゅら男爵と機械獣ダガンG3の注意が上空へ放り投げられたアフロダイAへと移った瞬間!

甲児「マジンガークラッシュ!!」

マジンパワー全開で放つアッパーカットが、一撃で機械獣ダガンG3を粉砕した!!

あしゅら男爵「うおおーーー!!やられたーーー!!」
さやか「きゃあああーーーーー!!!」
甲児「さやかさん!」

マジンガーZが上空から落下してくるアフロダイAをキャッチ!!

甲児は、すぐにパイルダーからアフロダイAの操縦席へ乗り移った。

甲児「さやかさん!大丈夫かしっかりするんだ!」
さやか「甲児くんが抱きとめてくれたから助かったわ・・・でもすごいショックだった・・・」

さやかは、甲児の腕の中で気を失った。

甲児「くそう、よくもさやかさんを利用したな・・・」
  「あしゅら男爵!次に会ったときは絶対にゆるさねー!」



おしまい






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
失恋したときに聴きたい曲は? ブログネタ:失恋したときに聴きたい曲は? 参加中

ロボットヒロイン大好き!-afu1
Pic by amさん


機械獣ブリーバーA3との戦いで、首を切り落とされたアフロダイAが修理を終え
機動テストを行うために、光子力研究所の格納庫から出てきた。
修理が終わるたびに行われる機動テスト。さやかには慣れたものだ。

せわし博士「お嬢さん。調子はどうじゃな?」
さやか「上々よ。これならすぐにでも機械獣と戦えるわ!」

その様子を海底要塞ブードから、あしゅら男爵が見ていた。

あしゅら男爵「アフロダイAの修理が終わったようだな。フフフ・・どうやら作戦をはじめられそうだわ。」
      「機械獣ダガンG3!出撃せよ!」

駿河湾の埠頭より上陸した、機械獣ダガンG3が、光子力研究所めがけて進撃してくる。
光子力研究所に、警戒警報が響き渡った。

所員「機械獣接近!機械獣接近!総員、警戒態勢に入ってください!」
さやか「ようし!アフロダイAがやっつけてやるわ!」

機動テスト中だったアフロダイAが、マジンガーZより先に機械獣の迎撃にむかう!

甲児「マジーン・ゴー!」「パイルダー・オーン!」

遅れて出動したマジンガーZが、アフロダイAを追いかける。

弓教授「甲児くん、さやかをたのむぞ。アフロダイAだけでは機械獣には歯が立たない。」
甲児「弓先生、了解しました。さやかさんのことは、任せてください。」
  「さやかさん!無事でいてくれ!オレが行くまで・・オレとマジンガーZが!!」

そのころアフロダイAは、すでに機械獣と対峙していた。

あしゅら男爵「ふふふ・・自分がどうなるかも知らずに、のこのこ出てくるとは、バカな娘だ。」

さやか「来たわね機械獣!今日こそ、スーパレディーロボット・アフロダイA様の本当の力を見せてあげるわ!!」
   「いくわよ!ミサイル発射!」

アフロダイAの両胸から、発射されたミサイルが、機械獣に命中!!
爆煙の中から姿を現す機械獣ダガンG3!しかし、そのボディーには傷ひとつ付いていない。

さやか「ああっ!!きかない!!」
   「ようし、こうなったらアフロダイA最大の技・体あたりよ!」

アフロダイAのアクセルをいっぱいに踏み込むさやか!

さやか「アフロダイ・パワー!!」
   「それー!!」

アフロダイAを勢い良く機械獣ダガンGに突進させるさやか!

あしゅら男爵「機械獣ダガンG3!アフロダイAを適当に痛めつけ動けなくするのだ!」

あしゅら男爵からの指令を受けた機械獣ダガンG3の4つの目から一斉に破壊光線が発射された!

さやか「きゃああ!!」


(つづく)





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
足、つったことある? ブログネタ:足、つったことある? 参加中

ロボットヒロイン大好き!-dia2
Pic by amさん


甲児「あっ!!ダイアナンA!!」

それは、初陣にして無惨にも頭部を切断されてしまった、ダイアナンAだった。

甲児「なんてひどいことを・・・」
ブロッケン「ロボットが変わっても、バカの一つ覚えのおっぱい攻撃・・簡単に返り討ちにしてやったぞ!」

ブロッケンの声とともに、ダイアナンAの首を抱え妖機械獣サーペンターΙ6が現れた!

ブロッケン「これを見ろ兜甲児! 敗北者にふさわしい姿とは思わんかね?」

妖機械獣により、さらし首にされたダイアナンAの頭部には、さやかが気絶した状態で乗っている。

甲児「ああっ!!さやかさん!!」

ブロッケン「どうだ!兜甲児!これでは手出しできまい!やれサーペンターΙ6!」

さやかを乗せたダイアナンAの頭部を抱えたまま剣を振りかざして攻撃してくるサーペンターΙ6!

その攻撃をかわすマジンガーZ

甲児「くそう!さやかさんが捕まってる以上、うかつに反撃できないぜ!」
弓教授「さやか!聞こえるか!さやか!」

無線で呼びかける弓教授。その呼びかけに、意識をとりもどすさやか。

さやか「あ・・ああ・・お父様・・」
弓教授「さやか!大丈夫か!動けるのか!」
さやか「え・・ええ・・あたしは大丈夫よ・・でも・・ダイアナンAが・・」
弓教授「さやか!お前を人質にとられて甲児くんがピンチなんだ!」
   「動けるなら、スカーレットモビルを使ってすぐにそこから脱出するんだ!」
さやか「ええっ!甲児くんが!わかったわ!」
   「オーロラ光線発射!」

妖機械獣に抱えられた、ダイアナンAの頭部よりスカーレットモビルでさやかが脱出した!

さやか「あたしを人質にとったつもりみたいだけど、すこし考えが甘かったわね!」
甲児「さやかさん!無事だったか!」
  「ようしこうなったらこっちのもんだ!」
  「流星ロケット・パンチ!!」

流星ロケット・パンチを受けたが妖機械獣が大爆発!
さらし首にされていたダイアナンAの頭部も、無事に取り返すことができた。

甲児「さやかさん!大丈夫か!」
さやか「大丈夫よ、このくらい!今日は、ダイアナンAの操縦に慣れてなかったからやられちゃったけど、」
   「これから、もっと特訓して、マジンガーZに負けないくらい暴れてやるわ!」
   「早くダイアナンAを修理してもらわなくちゃ!」
甲児「いや、こりゃまいったね。」


おしまい


【23%OFF!】マジンガーZ VOL.7(DVD)

【23%OFF!】マジンガーZ VOL.7(DVD)

価格:7,923円(税込、送料別)



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
実は○○恐怖症です ブログネタ:実は○○恐怖症です 参加中

ロボットヒロイン大好き!-dia1
Pic by amさん


光子力研究所の格納庫にそびえ立つ美の女神。
光子力研究所が破壊されたアフロダイAのかわりに建造したダイアナンAが完成したのだ。
ダイアナンAを見上げる甲児と弓教授、戦闘服に着替え、やる気に満ちた表情のさやか。

甲児 「それにしても、綺麗なロボットだな~。」
さやか「ふふふ、そうでしょ!」
   「ダイアナンAはアフロダイAと違って、最初から戦闘用に作られてるの。もう機械獣なんかに負けないわ!」
甲児 「ロボットの性能があがっても、操縦者に不安がのこるなー。」
さやか「なんですってー!」
弓教授「まあまあ、二人とも、ケンカなんかしてないで・・・・」
   「そうだ、さやか、そろそろダイアナンAの機動テストに入ろうか」
さやか「はい。」

戦闘服のミニスカートを翻し、ダイアナンA操縦用バイク・スカーレットモビルに飛び乗るさやか。

さやか「ダイアナンA・ゴー!・オーロラ光線発射!」
   「はっしーん!」

光子力研究所の敷地より勢いよく飛び出してゆくダイアナンA!
機動テストのメニューを次々とこなしてゆくさやか。

弓教授「さやか、どうやら順調のようだな。」
さやか「良好よ!それにしても、凄いわ、このダイアナンA!」
   「いままで何度もパワーアップを重ねたアフロダイA以上の運動性だわ!」
   「これなら、もう甲児くんに足手まといなんて言われなくてすみそうね!」

その時、光子力研究所に警報が鳴り響いた。

アナウンス「海岸より上陸した妖機械獣が、研究所に接近中!総員、警戒態勢!」
弓教授「なんだって?よりによってこんなときに…」
さやか「ようし!ダイアナンAがやっつけてやる!」
弓教授「さやか!待ちなさい!お前一人じゃ無理だ!」
さやか「へいきよ!アフロダイAじゃないんだもん!ダイアナンAは妖機械獣なんかに負けないわ!」

弓教授の制止を振り切り妖機械獣の迎撃に向かうさやか。

甲児「先生、マジンガーZも出撃します。」
弓教授「甲児くん、さやかを頼むぞ!妖機械獣は怪しい力を持ている。」

すぐにマジンガーZを出動させる甲児!

甲児「マジーン・ゴー!パイルダー・オーン!」」
  「まってろ!さやかさん!マジンガーZがいま行くぜ!!」

マジンガーZを走らせる甲児!その眼前に上空より大きな物体が落下してきた!


(つづく)



【23%OFF!】マジンガーZ VOL.7(DVD)

【23%OFF!】マジンガーZ VOL.7(DVD)

価格:7,923円(税込、送料別)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
規則正しい生活してる? ブログネタ:規則正しい生活してる? 参加中


昼下がり―――――光子力研究所の白い建物の一角から、一人の青年が出てきた。
彼は立ち止まると、今にも雨が降り出しそうな空を仰ぐ。
先ほどまで快晴だった空は、分厚い雨雲に覆われていた。
「嫌な雲だな・・・。」
遠くを見つめる瞳は、頭上の雲のように暗く重く沈んでいる。

くぐもった灰色の雲の中で、時折稲光が走った。
それは地上へと降りてくることは無かったが、爆発の閃光にも似たきらめきは、嫌が上でもあの闘いの日々を彼に思い起こさせた。

吹き上がる炎。
・・・硝煙の臭い。
張り詰めた空気の中、高ぶっていく本能。
・・・荒い息。
緊張の一瞬の後に来る衝撃。激痛。
恐怖すらも通り越し、真っ白になる意識。
・・・絶叫―――それは、敵の咆哮なのか、光子力エンジンの唸りなのか、それとも魂の叫びなのか・・・。
今はまだ、正面切って振り返ることの出来ない、激闘の記憶。

少年時代、どちらかと言えば華奢だった彼の身体は、闘いによって嫌が上でも鍛え上げられた。
今は引き締まった身体を白衣が覆い隠し、ほとんど日の当たらぬ部屋にこもって日々研究にあけくれている。
それは、敵の来襲があると愛機を駆って、真っ先に戦場に飛び出して行ったあの頃には、まったく想像も出来なかった毎日だ。
(・・・・・らしくねえ・・かもな。)
愛機を動かすことが無くなってからは、マシーンの起動実験を行う時など、必ずテストパイロットに名乗りを上げている。
しかし、今では、“博士の身に万一のことがあったら・・・”と、周りがそれを許してはくれない。
結局自分も祖父や両親のような科学者なのだった。


やがて―――――空から一滴の雨が落ちた。
それは青年の頬に当たり、傍目からはほとんど目立たない古傷をつたって流れていく。
「とうとう降ってきやがったか・・・。」
彼の言葉を合図に、一滴、また一滴と雨が続いていく。

しばし、濡れるにまかせてたたずんでいると、
「そんな所に立ってると、風邪ひいちゃうわよ。」
背中から声をかけられた。
「あ?・・ああ。」
振り向くと、彼と同じ白衣を着たロングヘアの若い女性が、扉の所で待っていた。
彼女は、手に持っていた湯気のたつ紙コップを、研究所の中へと入ってきた彼に差し出す。
「最近、ちょっと無理しすぎなんじゃない?」
「そうかい?」
彼は小さく「さんきゅ。」と言って、紙コップのコーヒーを受け取った。
そしてそのまま二人、白い壁に背をもたせかけると、いよいよ本降りになった外の景色を見やる。

「雨になってよかったわね。」
「?」
「・・・だって・・・あんな曇り空は、昔を思い出すでしょう?」
「・・・・・。」
やはり彼女も忘れてはいないのだ。
いや、命を掛けて戦った日々を、忘れられるはずがない。
「・・・そうだな・・・。」
目を閉じてコーヒーをひと口飲む彼を、彼女は愛くるしい大きな瞳で見つめる。
「でもね、辛いことばっかりじゃなかったわよ。」
「え?」
思わず見開いた瞳の先、彼女と視線が合った。
「だって、あなたとこうしていられるのも、あの日があったおかげだもの。」
確かに失ったものは多かったが、反面手に入れたものもあったはずだ。
人の命と引き換えに得た報酬は、【絆】という名の、人と人との“心の繋がり”。
そして、喪ってしまった人との【絆】は、彼の胸の中に“思い出”として今でも残っている。

しかし、頭で理解出来ても、心ではなかなか納得できない現実。
「女ってやつは、どうしてこうもタフというか図太いというか・・・落ち込む事を知らねえんだ?」
ややあきれ気味の彼の真正面へ、彼女がついと近づいた。
「あら?“ロマンチストで前向き”って言ってくれないの?」
彼の首に両腕をまわし、不意打ちのキスをする。
「・・・ばっ、ばかやろ!・・・研究所の中だぞ!?」
慌てる彼に、今さら照れる事なんてないのにと、彼女はくすっと笑った。
「いいじゃない。だってここは、私たちの家なんだもの。」
昔から彼女の行動には驚かされっぱなしである。
(・・・しょうがねえな。)
彼は苦笑するしかなかった。

「・・・さあ、休憩はお終い。そろそろ戻りましょうか。」
コーヒーを飲み終えた彼を見て、彼女は小走りに駆け出そうとした。
「!?ちょっと待った!」
と、彼が慌てて彼女の腕をとった。
「おい、少しは気を遣えよっ。」
彼女の頭を、軽く小突く真似をして叱る。
「あ・・・いっけない!?」
「まあったく~。いい加減自重しろよな。自分だけの体じゃないんだから。」
彼女は舌をちょこんと出して、「ごめんなさい。」と、しおらしく謝った。
「でも、女の子の身体って、ちゃんとうまく出来てるんだから。少しくらい走っても大丈夫よ。」
「お前が大丈夫でも、俺が心配なの!」
「はいはい、わかりました。」
(頑固な人ね。昔からこういう時は絶対引かないんだから。)
彼女は不機嫌な彼の顔を見上げて、そっと微笑み手を握る。
今度は、彼は何も言わずそのまま手を繋ぐと、彼女を引っ張るようにして歩き出した。


二人が研究室に戻った頃、雨は小雨になり、灰色の雲が徐々に割れていった。
その雲の合間から、金色の光線がいっせいに天から降りてきて、辺り一面、朝のような輝きを放ち始める。
突如、7色の光の帯が、地上から天空へと弧を描いて現れた。

デスクをはさんで向かい合わせに立っていた彼と彼女は、ふいに差し込んできた光に気が付いて振り向く。
そして作業の手を休めると、研究室の小さな窓いっぱいに見える大きな虹を、しばし二人で見入るのだった。


・・・・・すべての闘いが終わって平和が訪れてからの、ある日のひとコマ。

END



マジンガーZ DVDBOX1

マジンガーZ DVDBOX1

価格:32,000円(税込、送料別)



マジンガーZ BOX(2)

マジンガーZ BOX(2)

価格:38,495円(税込、送料別)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。