ロボットヒロイン大好き!

ロボットアニメに登場したヒロイン話を中心に、いろいろな事を書き散らかしていきたいと思います。


テーマ:
眠れないとき、何する? ブログネタ:眠れないとき、何する? 参加中

ロボットヒロイン大好き!-hidenyc


昨日年賀はがきのお年玉くじの抽選 が終わりましたね。残念ながら我が家は1枚切手シートが当たったのみ。皆さんはいかがでしたか?

年が明けてからバタバタしていたのですが、少し落ち着いたのでHideさんからいただいた素敵なイラストをアップします。Hideさん、遅くなってしまってごめんなさい。

コラボ作品「鋼の天使・フレイアンA」からです。お母さんになったさやかさんと、娘エリカちゃん。また続きを書きたいですね~



U2/U2・18・シングルズU2/U2 18 SINGLES(DVD)


【送料無料】U2 / War 輸入盤 【CD】


U2 / Under A Blood Red Sky 輸入盤 【CD】
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
freianyokoku


富士山の近くの東郷学園女子高校。授業終了を告げるチャイムが鳴る。校門から下校する生徒たちがあふれ出す。その中でもひときわ目立つショートカットの美少女の携帯に着信が。

『はい・・・あ、お母様。どうしたの?』

『ユリカ、ついにネオミケーネが現れたわ。車が迎えに行ってるから早く帰ってきてちょうだい』

『とうとう現れたのね・・・』

「ユリカさん!」

黒塗りのセダンから声が。

『あっ、今迎えが来たみたい。急いで帰るわね』

『よろしく』

社内で所員からブリーフィング。

謎の巨大ロボットが日本に近付いていること

自衛隊が食い止めようとしたがまったく歯が立たなかったこと

巨大ボットはまっすぐ光子力研究所に向かっていること

「研究所に・・・」

「そうなんです」

「じゃあいよいよフレイアンの出番ね」

「そうですね。緊張しますか?」

「ぜーんぜん。腕が鳴るわ」

車は研究所に到着。

「ありがとうございました」

駆け出すユリカ。まっすぐコントロールタワーへ。

「お母様!」

「ユリカ、早かったわね」

応えるさやか。白衣がよく似合うアダルトな美女だ。かつてはアフロダイA,ダイアナンAを駆り、勇敢に戦った彼女も母親となり、年相応に落ち着いている。夫・甲児の不在の研究所を所長代行として切り盛りしている。

「敵は今どの辺なの?」

「研究所まであと10分というところかしら」

スクリーンにはその姿が映し出されている。四つんばいになって歩く巨大な亀の姿。

「あれが・・・」

はじめて敵の姿を目の当たりにして緊張するユリカ。

突如スクリーンの画像が乱れ、奇怪な男性の姿が映る。

『光子力研究所の諸君』

「!」

驚くさやかとユリカ。

『わたしの名はハデス将軍。ネオミケーネの闇の女王様の僕』

「闇の女王!?」

『あと10分ほどでそちらに着く。その時が諸君の終わりだ。命がほしければ今のうちに退避することだな』

一方的にそう告げると通信は終わった。

「ユリカ!」

OK。フレイアンAで軽くやっつけてやるわ!」

駆け出すユリカ。制服の裾が乱れ、チラチラと・・・

「こら!お行儀よくしなさい!それと、油断するんじゃないわよ!」

背後から声をかけるさやか。

goyurika


戦闘服に着替えたユリカが小型機に飛び乗る。

「あん、ちょっとスカート短すぎるかな?」

裾を気にして直す。そのしぐさがかわいい。

「スカーレットティアラ、ゴー!」

大空に飛び立っていく。

マジンガーZが出撃していた研究所のプール(元汚水処理場)の上空に到着。

「フレイアンA、ゴー!」

水面を割り現れるピンクを基調としたカラーリングの美しい女性型ロボット。ユリカによく似たそのロボットこそが正義を守る鋼の天使・フレイアンAだ。

「スカーレット、イーン!」

水滴に濡れ、煌くフレイアンの頭部にスカーレットティアラが合体。フレイアンの瞳が輝き、東部のアンテナが伸びる。

「フレイアンA、ゴー!いくわよ!」

小首を傾げるようなコケティッシュなポーズを取り動き出すフレイアン。ネオミケーネとの戦いがいよいよ始まるのだ!


【続く】

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

freianback

Pic by HIDE0704さん


最近ちょくちょくオリストっぽい作品の断片がアップされていることにお気づきの方もいらっしゃると思います。それが「鋼の天使・フレイアンA」。新しく連載を始めようと思っている作品です。


ストーリーは単純明快で、甲児とさやかの娘・エリカがミケーネの残党と戦う・・・というお話です。鉄也とジュンの娘も後半で登場させるつもりです。


この作品はリンクさせていただいているhideさんと、月乃さんとのコラボからスタートしました。hideさん=イラスト、月乃さん=キャラなどのアイデア、わたし=ストーリーという分担で進めています。


近々連載を開始したいと思いますので応援よろしくお願いしますね~



弓さやかコスプレを実現させよう!(ぜひご投票を!)




最大40%OFF!東映まつり!★グレートマジンガー BOX(初回限定生産) ◆23%OFF!
最大40%OFF!東映まつり!★グレートマジンガー BOX(初回限定生産) ◆23%OFF!

最大40%OFF!東映まつり!★マジンガー the MOVIE 永井豪スーパーロボットBOX Compact (初回限...
最大40%OFF!東映まつり!★マジンガー the MOVIE 永井豪スーパーロボットBOX Compact (初回限...

マジンガーエンジェルぷち
マジンガーエンジェルぷち
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

changeyurika

Pic by HIDE0704さん



Dr.ヘルやミケーネ闇の帝王との激しい戦いが終了して約20年。世界には平和が訪れていた。弓さやかは兜甲児と、炎ジュンは剣鉄也と結婚し、平穏な暮らしを送っていた。しかし今再び邪悪な影が日本に迫っていたのである・・・


それを察知した甲児、鉄也、ジュンはNASAでそれぞれ研究をおこなっていた。甲児不在の光子力研究所はさやかが所長代行として運営していた。娘ユリカと二人で・・・


---


「ただいま~」

光子力研究所のコントロールタワーにショートカットに制服姿の一人の少女が現れた。

「おかえり、ユリカ」

白衣姿の女性が応える。彼女の名は兜さやか。半年前からアメリカに単身赴任している兜甲児の妻であり、所長代行の要職にある旧姓・弓さやかである。39歳になった現在も以前と変わらず美しい。

「食事にしましょうか」

少女の名は兜ユリカ。甲児とさやかの一人娘である。16歳の彼女は高校2年生。母親譲りの美貌とスタイルのチャーミングな女の子だ。

「ちょっと話もあるしね・・・」

さやかは意味深にそう付け加えると、白衣を脱いでユリカとともに居住区に向かった。

---


「えっ?お母様、それマジ?」

「ええ」


さやかが食事の後ユリカに話した内容は衝撃的であった。

謎の組織が世界を狙っていること。

父・甲児は半年前から剣鉄也、ジュン夫妻とともにアメリカでその対策本部に加わっていること。

甲児からの情報によると、1週間以内に謎の組織のロボットが日本を襲う確率が90%以上であること。

これに対抗するため、光子力研究所は密かに新しい戦闘用ロボットを開発済であること。

そして・・・

「そのロボットのパイロットはユリカ、あなたなのよ」

「!?」

母の思いもよらぬ一言。ユリカはどう応えていいかわからなかった。

「基本的な操縦方法はもうわかっているはずよ。ずっと睡眠学習してたわよね」

「???」

そういえば最近自分がロボットを操縦している夢をよく見ていた。

「あなたの好きなあのTVゲーム。あれも訓練の一部」

さつきは全国大会で優勝経験もある、人気ロボット格闘ゲームの達人だった。

「それに・・・小さいころからスポーツもいろいろと習ってきたでしょ?」

そう、幼い頃の水泳から始まって、体操、スケート、バレーボールなど・・・今はテニスに夢中だ。


「大丈夫。お父様と私の血を引いているあなたならきっとやれるわ」

父と母が昔ロボットに乗って悪と戦っていたという話は聞いていた。残念ながら写真やビデオなどは見たことはないが・・・

「さあ、さつき。あなたのパートナーに会いに行きましょう」

「・・・パートナー?」

「そう。その名はフレイアンA。あなたと共に悪と戦う美しい女神よ・・・」

さやかはそう言うと立ち上がり、ユリカを格納庫に連れて行った。

---


光子力研究所格納庫。そこでさつきの目の前に現れたのは身長20mほどの巨大なロボットだった。

ピンクと白のコスチュームに栗色のショートカットの髪。スレンダーながらグラマラスなボディ。まさに巨大な女神だ。その表情はユリカによく似ている。

「・・・お母様・・・これが・・・戦闘用のロボットなの?」

「そう。これがあなたたのパートナー。フレイアンAよ」

「フレイアンA・・・すごくキレイ・・・」


巨大な女神を見上げるユリカ。その背後からさやかが肩をつつく。

「?」

振り向くユリカにさやかは包みを渡す。

「プレゼントよ。あけてごらんなさい」

包みの中から現れたのは、ピンクと白のミニのワンピース。

「かわいい・・・70’s調ね」

ワンピースを体に当てながら応えるユリカ。

「昔お母さんもロボットに乗って戦っていたのは知ってるわね?」

「ええ、なんとなく」

「これはその時お母さんが着てた戦闘服。同じデザインのレプリカだけどね」

「えーっ!お母様こんな格好して戦ってたの?」

光子力研究所所長代行とバリバリと激務をこなすキャリアウーマンの母がこんなミニスカート姿で戦っていたなんて・・・ユリカにはとても想像できなかった。

「なに?その顔。信じられないの?今度昔の写真見せてあげるわ。それに・・・」

「?」

「女の子はいつだってオシャレに気を使ってなきゃ♪」

いたずらっぽく笑うさやか。

「あなたもスタイルいいんだからきっとよく似合うわ。着てごらんなさい」


着替えるユリカ。サイズもピッタリだ。

「やっぱり!かっこいいわよ」

鏡に自分の姿を映すさつき。

「・・・お母様・・・」

「なに?」

「これ・・・ちょっとスカート長くない?」

「えーっ!?ずいぶんミニよ」

「ううん、私の制服より長いわ。ちょっとカワイくない。こうしたほうが・・・」

ただでさえ短い裾をさらに折り返すユリカ。

「うん、やっぱりこっちの方が全然いいわ」

ターンを決めてご満悦のさつき。裾からはちらちらとなにやら白いものが・・・

「ちょっと!見えてるわよ!」

無邪気な娘の振る舞いにはらはらするさやか。

「平気、平気。ビキニのスパッツだから♪」

スカートをまくりあげる。

「ねっ?」

いたずらっぽく笑うユリカ。

「・・・もう・・・」

まあ昔の自分も同じようなものだったわね・・・と苦笑するさやか。

「それに、袖もノースリーブのほうがカワイイわ」

「わかった。直しとくわ」

「ありがとう。お母様、ロボットの操縦訓練よろしくね」

OK。ビシビシいくから覚悟しなさい!」

「あ~怖い怖い」


---


こうして光子力研究所は再び戦いの渦の中に巻き込まれていくのであった・・・


【本編に続く】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

freianyokoku



Dr.ヘルやミケーネ闇の帝王との激しい戦いが終了して約20年。世界には平和が訪れていた。弓さやかは兜甲児と、炎ジュンは剣鉄也と結婚し、平穏な暮らしを送っていた。


しかし今再び邪悪な影が日本に迫っていたのである・・・



弓さやかコスプレを実現させよう!(更なるサポートをお願いします!)


マジンガーエンジェルぷちマジンガーエンジェル公式ファンブック

マジンガーエンジェル 1 (1)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。