ロボットヒロイン大好き!

ロボットアニメに登場したヒロイン話を中心に、いろいろな事を書き散らかしていきたいと思います。


テーマ:
グレートマジンガー VOL.4

「ああっ・・・ああん・・・」

両手をユニガロスの触手に縛られたダイアナンは、イスカリオスの怪力を振りほどくすべもなく、苦しんでいた。

「さやかさん!ビューナスカッター!」

ビューナスの両手から発射されたカッターがイスカリオスの両腕を切り落とす!その拍子に地面に倒れるダイアナン。

「あっ、ジュンさん!ありがとう!」

ダイアナンの操縦席からさやかが手を振る。

「さやかさん、大丈夫?」

ビューナスがダイアナンを助け起こす。

「うーん・・・ちょっと厳しいわね」

ダイアナンの破壊された腹部に目をやるジュン。

「今その触手をはずすわ。光子力ビー・・・ああっ!」

光子力ビームを発射しようとしたビューナスの背面から、イスカリオスの触手がのび、ビューナスの四肢を捕える。

「くっ・・・・」

身動きの取れないビューナスを、電撃が襲う。

「ああ~ん!」

「ジュンさん!」

苦しむビューナス。ダイアナンは援護できず、ただ見守ることしかできない。

「よし、ユニガロスよ。ダイアナンはもう戦えない。イスカリオスと協力して一気にビューナスを倒すのだ!」

ミケーネ地下帝国でモニターを眺める地獄大将軍は勝利を確信し、ご満悦だ。

ユニガロスはダイアナンを縛っていた触手を再び頭部に戻し、ビューナスに向かって発射する。

「くつ・・・」

今度はビューナスを縛る触手。しかし、それはダイアナンが自由になったことを意味していた。

「!」

腹部の損傷でかなり能力は低下しているが、ダイアナンはユニガロスの後ろに回り込み、押さえつける。

「何度も好きにやらせないわよ!」

抜け出そうともがくユニガロスをしっかりと捕まえるダイアナン。

「ジュンさん、今よ!」

「ありがとう、さやかさん!ブレストバーン!」

ビューナスの両胸にはグレートと同じブレストバーンが取り付けられたのだ!ただし、ビューナスミサイルとの競合で、グレートのように遠距離から発射するのではなく、敵に密着して高熱で溶かすという攻撃方法が採用されていた。そう、まさにビューナスの『熱いハート』である。ビューナスを押さえつけていたユニガロスの触手は爆発した。

「ダイアナンナックル!」

ユニガロスから離れたダイアナンの拳が、ビューナスを捕えていたイスカリオスの触手を次々に破壊していく。自由になるビューナス。

「さやかさん、ありがとう!」

「ジュンさん、トドメよ!」

OK!」

背中合わせになり、前方から迫り来る戦闘獣にバストを向けるダイアナンとビューナス。

「ダイアナンミサイル!」

「ビューナスミサイル!」

「発射ぁ!」

大爆発するユニガロスとイスカリオス。

欠点を解消するため、自分たちのパートナーであるZとグレートの必殺技を装備してパワーアップしたマジンガーゴッデス。彼女たちとミケーネ帝国の最後の戦いが近付いていた・・・

【第9話完】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
マジンガーZ VOL.7

光子力研究所格納庫。さやかとジュンが急ピッチで進むダイアナンとアフロダイの強化作業を眺めている。

「さやかさん、どう?」

「うーん・・・もうちょっとペースアップしないと・・・」

最近激しさを増すミケーネの攻撃に対し、苦戦し傷つくことが多くなってきたマジンガーゴッデスたち。女性型ロボットの宿命として、パワーに劣る部分をスピードやパイロットの経験でなんとかカバーしてきたが、それもだんだん厳しくなってきている。

「今の私たちは行動の自由を奪われたら即ピンチでしょ?」

「ええ・・・」

悔しいが同意せざるをえないジュン。

「だから、Zとグレートの武器をちょっぴり改造して、ダイアナンとビューナスに追加してるの」

「楽しみね」

ミケーネ帝国。地獄大将軍が2体の戦闘獣を前にしている

「ユニガロス、イスカリオスよ。お前たちの力であの生意気な小娘どもを倒してくるのだ」

2体とも触手で相手を絡め取り、動けなくする攻撃を得意としている戦闘獣だ。

「いくら強いとはいえ、所詮は女。お前たちのパワーで粉々に砕いてしまうのだ」

「戦闘獣接近!」

鳴り響くサイレン。スクリーンに映し出される2体の戦闘獣。

「来たわね、戦闘獣!」

今にも飛び出さんばかりのジュンとは裏腹に、さやかは戦闘獣の形状を見て、嫌な予感を覚えていた。

「ちょっと待って、ジュンさん」

「どうしたの?」

「まずダイアナンで様子を見るわ。ビューナスはパワーアップがあと少しで終わるから、それまで待機しててくれない?」

「平気よ、あんな奴ら」

「ジュンさん、お願い・・・」

「・・・わかったわ」

「ありがと。じゃあお先に!」

ミニスカートを翻して出撃していくさやか。

光子力研究所に到達した2体の戦闘獣。待ち構えているダイアナン。

「さあ、ここから先は一歩も通さないわよ!」

戦闘体勢に入る。

「スカーレットビーム!」

ダイアナンのビームがユニガロスを襲う。しかしユニガロスは身軽にかわすと、頭部のヒトデ状の触手を発射。

「あっ・・・」

ダイアナンの両腕ごと体に巻き付き、自由を奪う。

「くっ・・・こんなもの!オッパイミサイル!」

必殺技を放とうとするが、触手の力は強く、発射できない。ニヤリと笑うユニガロスは頭部から槍を出し、四つん這いになるとダイアナンに向かって走り出す。

「ああーっ!」

頭部の槍を梃子のように使い、ダイアナンを空中に打ち上げる。

「さやかさん!ビューナスはまだなの!?」

あせるジュンはコントロールタワーから格納庫に連絡する。

「あと少しです!」

「早く!さやかさんが大ピンチなのよ!」

何度か空中に打ち上げられたダイアナンが落下してくる。ユニガロスは四つん這いをやめ、落下点に仁王立ち。頭部の槍がキラリと光り、ダイアナンの背中から腹部を貫く。

「ぐっ・・・ああん・・・」

ユニガロスの頭部で串刺しにされるダイアナン。ユニガロスはダイアナンをイスカリオスの方に放り投げる。イスカリオスはダイアナンを拾い上げ、怪力で首を締める。

「ああっ・・・スカーレットビーム!」

しかし、腹部を貫通されたためか、スカーレットビームは発射されない。徐々にダイアナンの首にめり込むイスカリオスの指。

「・・・あっ・・・ああん・・・アアーッ!」

苦悶するさやか。

「ジュンさん、ビューナスA出撃OKです!」

やっと格納庫から連絡が来た。駆け出すジュン。

(さやかさん、ビューナスが今行くわ!それまで・・・)

【後編へ】

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

emirij

Pic by えみりさん@えみりこぶろぐ



「さやかさん、ビューナスのコクピットにいるのは多分アンドロイドだわ。そんなに上手に操縦できないはずよ」

ビューナスを乗りこなすために過酷な訓練を耐えてきたジュンには確信があった。

「コクピットの風防をなんとか破壊してくれない?」

「了解!まあ見ててね♪」

ダイアナンに対し、光子力ビームを発射するビューナス。ジュンの言う通り照準が甘く、かすりもしない。

「行くわよ!」

ビューナスに突進するダイアナン。しかしさやかは戦闘獣アンジェラの存在を忘れてしまっていた。左胸から発射されたミサイルがダイアナンの右手を吹き飛ばす!

「さやかさん!」

「くっ・・・やるわね!」

右手を失いながらもビューナスを正面から捕まえるダイアナン。

「ジュンさん、ゴメンナサイ!ちょっと手荒く行くわ。スカーレットビーム!」

ビューナスの風防が破壊された。

「さっ、どいたどいた!」

ニセモノのアンジェラをつまみ出すダイアナン。

「ジュンさん、今よ!」

ダイアナンはしゃがみこみ、左手を差し出す。そこに飛び乗るジュン。

「さやかさん、お願い!」

ジュンは無事にビューナスのコクピットに乗り込んだ。

「アンジェラ、今助けるわ!」

戦闘獣アンジェラの長いカーリーヘアが伸び、ダイアナンを捕え、振り回す。

「キャーッ!」

地面に放り出され、激突するダイアナン。

「ううっ!」

「さやかさん!」

今度はビューナスに近付き、鋭利なネイルでビューナスのボディを突き刺す。

「ああっ!」

腹部を押さえ、苦しむビューナス。

「ジュンさん!」

「大丈夫!でもなんとかアンジェラを救出しないとジリ貧だわ」

「そうね・・・」

眼からビームを放つ戦闘獣アンジェラ。ダイアナンとビューナスはかろうじてかわす。

「ジュンさん、わたしが戦闘獣をひきつけるわ!そのスキにアンジェラさんを!」

「でも、あの戦闘獣案外やるわよ。大丈夫?」

「大丈夫かどうかわからないけど、やるしかないでしょ♪」

そういい残し、戦闘獣につっこむダイアナン。

グサッ!アンジェラの左爪がダイアナンのバストに突き刺さる。

「あん・・・」

ガシッ!今度は右爪が腹部へ!

「さやかさん!」

ダイアナンを助けようとするビューナス。

「ジュンさん、今よ!戦闘獣は身動きできないわ!」

しっかりと戦闘獣を捕まえて離さないダイアナン。さやかは最初からダイアナンを犠牲にして、戦闘獣の動きを止めるつもりだったのだ!

「いくらダイアナンでもそう長く持たないわ!さあ、早く!」

「・・・さやかさん、ありがとう!ビューナスカッター!」

ビューナスのカッターがアンジェラが捕えられている左胸を切り裂く。

「アンジェラ!」

ビューナスがアンジェラを無事救出した!アンジェラをコクピットに収容するビューナス。

「アンジェラ!無事でよかった・・・」

「ありがとう、ジュン!」

「ちょっと待っててね!あいつをやっつけたらアフタヌーンティーにしましょう」

戦闘獣はダイアナンを放り投げる。傷だらけのダイアナンを助け起こすビューナス。

「やったわね♪」

「さやかさん、ゴメンナサイ。後はビューナスに任せて!」

「よろしくね」

ダイアナンはダメージがひどく、立っているのがやっとの状態だ。

戦闘獣に向き直るビューナス。

「よくもアンジェラとさやかさんをこんな目に!許さないわよ!」

ミサイル発射体勢に入るビューナス。

「ビューナスミサイル、発射!」

戦闘獣アンジェラも対抗して胸のミサイルを放つが、ビューナスから連射されたおっぱいミサイルが次々に命中。大爆発だ!

「とんだ休暇になっちゃったわね」

「ううん。スリルがあってサイコー!」

はしゃぐアンジェラ。

「ジュンさん、ちょっと肩貸してくれる?」

「さやかさん、ごめんね・・・大事なダイアナンが・・・」

「いいっていいって。それより早くアフタヌーンティーしましょ♪」

翌日、スリリングな休日を楽しんだアンジェラはNYに向け飛び立っていった。

【第8話完】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

emiris

Pic by えみりさん@えみりこぶろぐ



華やかなスポットライト。キャットウォークを行き交うハイファッションに身を包んだモデルたち。弓さやかと炎ジュンがファッションショーのVIP席に座っている。さやかもジュンも大胆なカッティングのロングドレスに身を包んでいる。そんな二人に集まる周囲の視線。

「ジュンさん、今日は誘ってくれてありがとう。たまにはこんな風にオシャレして出かけるのもいいわね~」

「でしょ?あっ、さやかさん、ほら!彼女がアンジェラよ」

ジュンが一人のモデルを指差す。長身でワイルドなカーリーヘアに褐色の肌。間違いなく一番目だっている。

「キレイだわ・・・ジュンさんのモデル時代の親友ね?」

「そうよ。パリ、ロンドン、ニューヨーク・・・よく一緒に遊びまわったわ」

「まあ、うらやましい」

さやかはそう言いながらバッグから時計を取り出し、チラリと目をやる。

「もうこんな時間・・・ジュンさん、一足お先に研究所へ戻るわ。今晩はゆっくり楽しんでね」

「ありがとう、さやかさん。明日午後に研究所に戻るわ。アンジェラも連れて行っていいかしら?2~3日オフがあるらしいの」

「もちろんよ!じゃあ明日ね」

手を振りながら立ち去るさやか。

翌日の昼下がり。ジュンとアンジェラが真っ赤なオープンカーで研究所に到着した。

「いらっしゃい、アンジェラさん!」

駆け寄るさやか。

「・・・はじめまして・・・」

挨拶するアンジェラ。

(あら?)

昨日とはちょっと感じが違う。エネルギーに満ち溢れていたステージ上と比べ、明らかに元気がないようだ。

「さっきドライブインに立ち寄ってからこんな感じなの。長時間フライトのあと、すぐショーだったから疲れがドッと出ちゃったみたいなの。ね?」

「・・・そう・・・」

「じゃあちょっと休む?その後研究所をご案内するわ」

ジュンの部屋で横になるアンジェラ。

「アンジェラさん大丈夫かしら・・・」

心配するさやか。

「大丈夫よ。彼女丈夫だから。でも、昔はこんな生活続けててもへっちゃらだったのにね」

「なんか引っかかるのよね・・・」

「なにが?」

「なんだか昨日と別人みたい」

「考えすぎよ」

微笑むジュン。

「すぐ元気になるって」

突然そこにコントロールタワーから通信が入る。

「クインスターが無断で出撃しました!」

「なんですって!?」

窓から外を見るとクインスターがビューナスにドッキングしようとしている。

「一体誰が!?」

動揺するジュン。

「ジュンさん、とりあえず私はダイアナンで出るわ!ジュンさんはコントロールタワーへ!」

「わかったわ!」

コントロールタワーに急ぐジュン。

「操縦席をアップにして!」

モニターに大写しになる操縦席。そこには・・・

「アンジェラ!なぜ?」

さやかからの通信が入る。

「ジュンさん、おかしいと思わない?」

「えっ!?」

「明らかに昨日と様子が違うわ。ドライブインで急に無口になったって言ってたわよね?」

(・・・そういえば・・・)

「それに、アンジェラさんってロボットの操縦経験あるの?」

「確かにそうだわ」

「ジュンさん、どうやらコクピットの彼女はニセモノみたいね。しばらくダイアナンでなんとかするから、調べてみてくれる?」

「わかったわ!」

ビューナスと対峙するさやか。

「さあ、いらっしゃい!こんな機会でもないとビューナスと真剣勝負できないからワクワクするわ!」

ダイアナンとビューナスの脇をすり抜け、ジュンの乗ったバイクが研究所から出て行こうとしたその時、アンジェラそっくりの褐色の女性型戦闘獣が現れ、ジュンの行く手を閉ざした。

「?!」

『炎ジュン、弓さやか。戦闘獣アンジェラの左胸を見てみるがいい』

戦闘獣に内蔵されたスピーカーから響くガミア侯爵の声。

「!」

戦闘獣アンジェラの透明なドーム状の左胸の内部にはなんとアンジェラが捕らえられていたのだ!

『炎ジュン、親友の彼女を見殺しにはできまい。ハハハハ・・・』

「ジュンさん・・・」

ダイアナンに迫るビューナスとアンジェラ。手出しできず、後ずさるダイアナン。光子力研究所絶体絶命のピンチだ!

【後編へ】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

chirasayaka


スーパーロボットパイロットコレクションVol.1 PVC製彩色済完成品(台座付き) 「弓さやか~...



「・・・炎ジュン・・・」

遠くから自分を呼ぶ声が聞こえる。

「・・・うーん・・・」

意識を取り戻すジュン。反射的にビューナスを動かそうとするが、十字架に磔にされ、身動きが取れない。

「一体どうなってるの!?」

「炎ジュン。やっと気付いたか。今からマミレスとサイコベアーがお前の処刑を行う」

地獄大将軍の声。

「処刑ですって?」

「いくらビューナスでも身動きができなければどうしようもあるまい。頼みのダイアナンも出撃不能らしいな」

「・・・くっ・・・」

悔しさで唇を噛み締めるジュン。

「炎ジュン。覚悟するのだな・・・」

四肢を縛られたビューナスを、マミレスがムチで打ち付ける。

「あっ!」

もう一回。

「クッ・・・」

ビューナスの美しいボディが傷ついていく。

「よくもやってくれたわね!光子力ビーム!」

光子力ビームはむなしく空を切る。サイコベアーは針を飛ばす。

「ああっ!」

ビューナスの瞳=光子力ビーム発射口を破壊する。

「まだなの、ダイアナンは!?」

蹂躙されていくビューナスの姿を見ながら、さやかがイライラして叫ぶ。

「ダイアナンA、修理完了しました!」

「ジュンさん、お待たせ!今行くわ」

飛び立っていくダイアナン。

「アッ!」「ああっ!」「ぐっ・・・」

マミレスに打ちのめされ、苦しむビューナスとジュン。

「ジュンさん!遅くなってごめんなさい!」

ダイアナンがついに到着した。

「よくもビューナスを・・・ダイアナンナックル!」

ダイアナンの拳がサイコベアーを貫通する。

「スカーレットビーム!」

サイコベアーは大爆発。着陸し、ビューナスに駆け寄るダイアナン。

「ジュンさん、大丈夫?」

「ええ。なんとかね」

「あのミイラをやっつけるまで待っててね!」

マミレスに向かうダイアナン。

「よくもビューナスをこんな目に・・・許さないわ!」

ダイアナンに向かってムチをふるうマミレス。

「遅いわ!え~い!」

ダイアナンは軽くかわし、マミレスにキック!崩れ落ちるマミレス。

「やーっ!」

ダイアナンのパンチがマミレスの顔面にめり込む。吹っ飛ぶマミレス。ダイアナンは磔にされているビューナスを自由にする。

「さやかさん、ありがとう!」

「さあ、ジュンさん、あのミイラにトドメを刺してちょうだい。いろいろうらみもあるでしょ?」

「感謝するわ!」

ビューナスは倒れているマミレスの足をつかむ。

「動けないと思って好き放題やってくれたわね!」

マミレスを持ち上げ、ジャイアントスイング。

「えーいっ!」

空中に放り投げる。

「乙女の怒り、受けてみなさい!おっぱいミサイル!」

大爆発。戦いは終わった。

ビューナスに駆け寄り、頬をなでるダイアナン。

「あん、ひどくやられちゃったわね」

破壊された瞳が痛々しい。全身も傷だらけだ。

「ダイアナンはすっかりきれいになったわね。今度はビューナスの番ね」

「ええ。さっ、帰りましょ」

研究所に向け羽ばたくダイアナンとビューナス。

「腕によりをかけて修理するわね

「よろしくね

【第7話完】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。