平田ぱんだのブログ

THE BOHEMIANS発


テーマ:
どーも平田たかしです 
今日は沢山書くことがあるので寝るまでずっとブログを書こうと思ってます 
ゆっくりじっくりと極力笑いとかとりにいかない方向でマイペースな感じで書いていこうと思ってます 
よろしく 

今日はグレートナショナルラブツアー2016愛で行こう編と名付けられた僕たちザボヘミアンズのツアーの後半の記録をだらだらと書いていこうと思います 
まだツアーは12月十日のファイナル東京キネマ倶楽部を残しているのであくまで今日書くことは出来事の記録になると思います 
マジ淡々と書く気なんでよろしくです
きっとここを読むのはボヘミアンズのファンの中でも選りすぐりの優秀なメンツだけでしょうから淡々と書いても最後まで読んでくれると信じています

ツアー後半スタートは大阪
そこから話しましょう 
まずは 
11月18日にスタジオ練習をやりました 
ツアー後半へ向けてツアー前半での反省点を修正しようと思ったのですが特に修正点もなかったのでどうせならと新しくあんまりやってない曲のコーナーを追加することにしました 
もう僕たちボヘミアンズは今年出したカイザーストロングマジェスティックラブというアルバムでなんと通算七枚目となりますがゆえ活動期間のわりにオリジナル曲のレパートリーが豊富でして大好きなのに中々やれない曲がどんどん増えていってしまっていて困っているのです 
今回のツアーではそういった普段中々できないけど大好きな曲をやるという時間をつくっているのです
これはワンマンライブならではのことだと思います 
そのコーナーの曲を追加したのです 
ついでだから後半の曲も差し替えな部分もつくりました 
日替わりでセットリストが変わるなんてなんかかっこいいですよね ?

んで次の日は11月19日 
僕たちは早起きするのが嫌だから大阪に前乗りすることにしました 
でも最近なんでかよくわからないけど大阪の中心部のホテルが全然とれないという現象が起きていて僕たちもとれなかったので大阪府のはじめて聞くような地名のところのホテルに泊まりました 
マジで初めてきく地名だったので完全に忘れました 
たしかモンマ?カドマ?みたいな感じだった気がするんですけどすんません思い出せないです 
なんか駅前なんだけど店があるんだかないんだかすごくなんともいえない街でした 
料理屋が限定されるので晩飯どころ選び逆に迷いました 
ボヘミアンズは全員で街をさまよったけど迷いに迷って結局バラバラに店に入りました 
まずはビートりょうが一人でオオショウに入るといった無難な道を選びました 
それならばと僕はセブンイレブンで飯を買うことにしました 
そこでみんなと別れたので他の人達がどうしたのかはあんまりわかりません 
で、僕はセブンイレブンにいったのですがなんかあんまし今日は食いたい飯がセブンイレブンにはないなと思ったので駅前で屋台を営むたこ焼き屋さんでたこ焼きを買ってルービーをスーパーで買って済ますことにしました 
でもたこ焼きはあつあつで食べたいので先にスーパーにいくことにしました 
でもその前にドラッグストアでシャンプーとコンディショナーを買うことにしました 
ホテルのやつで髪を洗うと髪ががびがびになるからです 
そしてドラッグストアに入ったらチバオライリ−がいました 
向こうは僕に気づいていませんでした 
僕は千葉オライリーにみつからないようにささっとシャンプーとコンディショナーを買いました 
なんとなそうしました 
そしてその後スーパーにいきました 
そしたら惣菜コーナーが半額シールを貼っているところでした 
これは少し待てばあのシースーも半額になるなと思ってすごく迷いました 
僕はもう完全にたこ焼きを食うモードだったからです 
もう半額シールが貼ってある焼き鳥盛り合わせだけで我慢するか、いや、待とう!ということで待つことにしました 
でも商品の数が多いこともさることながら半額シールを貼る店員の兄ちゃんの作業動作がまあ遅い遅い 
眼鏡をかけている方でした 
眼鏡をかけているんじゃしょうがねえや、と僕ドラッグストアにいきました
そしたらチバオライリーがいたって話でした 
今時系列思い出しました 
でシャンプーとコンディショナー買ってスーパーに戻っても全然半額シール貼るの終わってなくてスーパー内超うろうろしました 
そしたらまたチバオライリーがいました 
コースが完全にかぶってて気まずいなと思いました 
でも向こうはまだ僕に気づいていませんでした 
いや気づいていたけど向こうは向こうで気付かないふりをしていたのかもしれません 
でもようやく半額シールが貼られたシースーをげとったので僕はレジへ向かいました 
そしたら千葉オライリーもレジにいました 
仕方ないから声をかけました 
そしたらチバオライリーはウイスキーと炭酸水を買っていました 
僕のカゴにも同じものが入っていました 
ルービーは高いから自作のうすいハイボールでこのツアーをのりきろうという貧乏根性のそれです 
いや節約術です
僕と千葉オライリーは同じことを考えていました 
僕は千葉オライリーに少しでも勝とうと思いルービーを一本カゴに追加しました 
ついでだからゲとったばかりの半額のシースーを自慢したりもしました
そしたらチバオライリーはもう俺は飯を食ったからシースーはいらないといいました 
この短い時間の間に彼は何を食ったんだろうってギモンに思いましたがそれほど気にならないので何もききませんでした 
僕はシースーと焼き鳥を買いましたので焼き鳥をスーパーの電子レンジであたためることにしました 
でもその前にオジさんが使っていました 
そのオジさんはなんか自転車で日本旅してる系の人っぽい格好をしていました 
この日も一日自転車を漕いでいたのでしょう、とても臭かったです 
だから電子レンジを使い終わるのを遠くからながめてました 
ちゃんと後ろに並んでおかないと割り込まれても文句いえないのですが臭いから仕方なかったです 
んで焼き鳥を無事あっためてホテルに帰ってビックリしました 
シースー用の醤油をとってくるのを忘れていたのです僕は 
散々迷いましたが醤油をとりにスーパーにもどることにしました 
せっかくあっためた焼き鳥が冷めてしまうので僕は走りました 
けっこう本気で走りました 
今回のツアーで走ったのは後にも先にもこれっきりです 
そして醤油をわんさか持ち帰って食ったシースーはもうちょーーーーーうまかったです 
僕ナイス判断って思いました 
今回のツアーで一番うまかった飯はスーパーで買った半額寿司です 
嘘偽りない話 
最強の飯は寿司です間違いなく 
この旅はずっとメンラーばかり食ってましたがどれもこの日のシースーには遠く及びませんでした 
シースーがあったかい飯だったらよかったのに 
冷たいからうまいのでしょうか? 
今度一回シースーをレンジでチンしてみようと思います 
絶対うまいと思うんですよね 
そうやってこの日は終わりました 
長々と前乗り日のことを書いたのはこのツアーで一番うまかった飯の話がしたかったからです 
こっからはもうちょっとサクサクと話をすすめたいと思います 
次の日11月20日は大阪ジャニスでワンマンショーでした 
今回のツアーは途中から各地方でレコードを一枚かならず買わなくてはいけないという謎ルールを課していたので僕は昼間にあのにぎやかなあたりにいきました 
でも別に欲しいレコードがないというか欲しいレコードは軒並み値段が高かったのでやっすいやつ一枚買うことにしました 
それはウイングスのアルバムでした 
500円でした 
そしてジャニスまで歩いていきました 
どっから入るのかわからなくてとまってるエスカレーターを頑張ってのぼりました 
そっからは何をしていたか忘れました 
そして本番になりました 
とても楽しみました 
次の大阪も楽しみです 
その日のホテルは会場から斜め前でした 
そのホテルから斜め前くらいのとこで打ち上げをささやかにやることにしました 
打ち上げは別になんもありませんでした 
来年から打ち上げなんてもんはいちいちやらないことにしようと思いました 
そして次の日はたしか移動でした 
大分までビューンです 
大分は大阪からまあまあ近かったです 
マネージャーオー氏のドライビングスキルによってそう感じただけかもしれませんが
そしてホテルに泊まりました 
その日はセブンイレブンでパスタ的なものを食いました 
うまかったです 
そして次の日はその日の会場に歩いて向かいました一人で 
そしてサウンドチェックをおえてレコード屋にいこうと思ったけどなんかロックとかじゃなくてクラブ系のレコード屋っぽかったので入りづらいからやめました 
そして大分の街を歩き回りました 
初めて来る土地は僕は基本的にあるきまわります 
今回のツアーはボヘミアンズジャージをきてきていたのですごくあるきまわったりバンドワゴンにのっていたりするのが楽でした 
そもそもそのために作ったのに僕とビートりょう以外はいつものようにスキニージーンズをはいていて一体なんのためにつくったのだろうと思いました 
ビートりょうは最初はジャージが似合ってなかったけどだんだん似合うようになっていって最終的にはそれでしかないってくらいまでに落ち着いていました 
ジャージもなじむまで時間がかかるんですね 
一応受注生産で上下一万円くらいでホームページで売ってるらしいですこのジャージ 
アディダスのジャージ上下買うと思ったら全然安い値段だと思うので是非お買い求めください 
別に買わなくてもいいけど 
僕は引き続き着まくっていくつもりです
僕はジャージ大好き人間だからです
でも僕のやつは白いのでこのツアーで大分汚れました 
むしろ僕って普段こんなに食べ物の汁とか油服につけまくってんだってわかってちょっとビックリでした 
あとマジかーってなったのは大分のホテルが駅前だったんですけど駅ビルに映画館が入っていたことでした 
この日はサウンドチェック以降超暇で街をぶらつきまくっていたのでこの無駄な時間で君の名はみれたじゃん!ってなりました 
まだみてないんですよ君の名は 
みたいなー君の名は 
んでようやく本番、というかこの日はドルーグとツーマン 
大分はドルーグの出身地でホームだから着てもらった 
ドルーグがいなかったらそもそも大分でやらない 
人生ではじめてくるもの 
今回のツアーで最も動員が少なかった大分だったけどなんか楽しかったなあ 
ドルーグが対バンでいてくれるという安心感も手伝ってなあ 
はしゃいじゃったなあ 
とっても楽しかったから今度は別府でライブしよう勿論ドルーグと一緒に 
つー感じでもう二日目にして僕超疲労 
打ち上げいかないでホテルで眠 
で次の日は福岡に移動 
ドルーグと一日離れてこの日はワンマンショー 
なんだかさびしい 
なんで真ん中の日だけワンマンショーなんだって感じがあったにはあった 
早くに入りすぎて暇だからいつもいく福岡のモッズなショップにいくことにした 
なんか数日ずっとスモールフェイセスのファーストアルバムをききたいって思い続けてたらちょうどよくその店にスモールフェイセスのファーストアルバムが売ってたから買った 
普段なら絶対買わない微妙な価格だったけど古い昔のレコードっぽかったから買った 
そして戻った 
んでなんやかんやして本番 
この日は前日がドルーグと久々一緒のあとだったせいかなんか序盤がなんかさだまらない感じがしたりしたけど最後にはそういううまくいかなかったところも含めてというかむしろあれがあったからこそ!ってな具合のいい感じのクライマックスに着地できた気がする 
楽しかった 
そして次の日は同じ福岡県内の小倉に移動 
小倉初めて行くだった
この日もドルーグとツーマン 
なんかドルーグが福岡には小倉っていうすげえナイスプレイスあるっていうから今回ツアーに組み込んだ 
本当は大分だけドルーグをたよりにいくつもりだったんだけど小倉も追加になったってわけ
そしたらすげーよかった 
まずはやくについたから例のごとく街を歩き回ったんだけどまず小倉が都会でびっくり 
俺の中の常識として県内に都会は一つってなってるから 
特に東北じゃそれが常識 
山形には都会はないけど隣の宮城県とか仙台市一本勝負じゃん
それが当たり前だと思ってた!こっちの常識が通用しない! 
福岡やるじゃん!
つーことで小倉はなんかカルチャーショックだった 
んでサウンドチェックとかした 
流石に連続の3日目はノドがらんがらんですよ僕は 
こんなにたてつづけに本気で歌ったことないもん 
ノドくんがついてきてくれてない感じ 
なんか薬とかいっぱい買ったりもらったりのど飴ガンガンなめたりして本番まで頑張った 
でもそれでも暇すぎて死にそうになったから夜の街に繰り出すことにした 
ライブハウスは西小倉って駅のロータリーの一部みたいなとこにある中々変わった立地だったんだけど 
都会の小倉と西小倉って一駅離れてるからもう小倉の方に行く時間はないということで西小倉の界隈をうろついたら謎の小さいレコード屋があってそこでじっくりレコードを選んだ 
なんかすごい安いからどれ買おうかって凄い迷った 
で、なんか二枚も買ってしまった結局
そして会場に戻った 
そしてドルーグをみた 
すごくよかった 
でその後は僕らの出番 
いかすバンドにはずみつけてもらうとほんとやりやすいよねステージ 
だってもうできあがってんだもん場が 
対バンっていいなあ 
去年まで絶対ツアーはワンマンが一番!って思ってたけど今回の大分小倉二本だけドルーグに力貸してもらって思ったけど対バンっていいわ 
次のツアーのやり方変えようかなみたいな思ったこの九州3日間で
とりあえず小倉ははじめての街だけあって人々の集まりこそよくはなかったけどまた機会をみつけて遊びにいきたいなってマジで思ったね 
粋な雰囲気ある街だったし 
次きたときにやりたいこともいくつかみつけた 
日本まだまだ広いなあ 
知らない街たくさん 
小倉サンキューサンキュー 
この日はドルーグとお別れだったし次の日は移動日だということで打ち上げに出ることにした 
飯がすっげーうまかったっていうかなんか初めて食う料理ばっかりだった 
魚まいうー 
今回のツアーはとにかく魚料理に恵まれていた 
打ち上げ中はドルーグのカタヤマボーカリストと二人でひそひそ話をずっとしてた 
ロックンロールバンドやってるやつがそもそも少ないのにさらにピンボーカルってマジで希少だからここぞとばかりに身の上話をしあった 
カタヤマボーカリストが小六まで肥満児でガネメかけ放題でその上髪型は丸坊主だったってエピソードが面白かった 
面白いからブログに書いていい?ってきいたら是非書いてくださいっていうから書いた今 
久しぶりになんかほーって思ったのよその話 

唐突に風呂はいってくるわ 

つづく 
そして風呂にはいってきました 
引き続き淡々と思いつくがままにかいていこうと思います
次は岡山ライブでした 
岡山には移動日についたから前乗りです 
寒かったけどレコードショップにいきました 
名前がもう思い出せないよくしらない60年代のガールズガレージバンドのレコードを買いました 
もう一つと迷ったのですがあっちにしとけばよかったってくらい帰ってきいたらすごく普通な内容でちょいがっかり
岡山はひたすら寒かったです 
この日は洗濯などをしました 
大分でもしましたがね
つまり二回目の洗濯です 
こんなロングロードな旅は生まれてはじめてだったので洗濯のことばかり考えてましたねずっと 
服は沢山持ってきましたが僕はステージでアホ程汗をかくタイプなのでそれをバッグの中にしまい続けるのはさすがにしんどいと思ったのです 
びっちょびちょのぐっちょぐちょですからね僕のパンティーや靴下や肌着はライブ後には 
岡山でとまったホテルのコインランドリーにはなんと漫画がたくさん置いてあって僕はそれを沢山よみました 
ごくせんを特に読みました 
はじめてよんだけど面白かったです 
マーダーライセンス牙も読みたかったのですが今回は読めませんでした 
またとまりたいですあのホテルには、漫画があるから
ホテルってマジ退屈ですからね 
他のメンバーとかマジどうしてんのかなって思うことがないこともないです 
僕は例によってKKボックスでのプレイリストつくりをガンガンやってました 
もう何ヶ月も先の分までつくってあります 
月に一つあげればいいらしいので 
㏍ボックスとはストリーミングサービスの一種です 
まあいまんとこは楽しくプレイリスト作ってます 
で 
次の日は本番です 
三回目のペパーランド 
相変わらず楽屋というかライブハウスの上の家の居心地がよかったです 
この日はなんか風邪でもひいたのかしらんけど頭がうまくまわらなかったけどその分頭が悪くて逆に楽しかったです 
人生は頭悪い方が絶対楽しいと思います 
この日はそうえば終わったらすごく雨が降っていました 
今回のツアーはとてもたくさん雨がふりました 
申し訳ない、雨男を代表して謝る
でもなんか帰る時雨の中わざわざお見送りをしてくれてる人がたくさんいてくださったので気持ちよく去れました 
明日への活力になりました
そして僕は明日のために薬を飲んで超絶安静にして12時くらいに寝ました 
ライブの日は中々寝付けない僕ですが目に貼るあったかいやつをつかったらすぐ寝れました 
でも二時間くらいで起きちゃいました 
そしてなんか色々で三回くらい目に貼るあったかいやつをつかって寝たり起きたりをくりかえしました 
薬を飲んで寝たので次の日にはばっちり体調が回復していたような気がします 
この日はこの旅のゴールである名古屋公演でした 
頂いたビタミン剤やレッドブルなどをかきこみまくりドーピングしまくって舞台に臨みました 
幸か不幸かこの日もばっちり雨だったので無駄に出歩いて体力を削らなかったのがよかったのかもしれませんね 
この日はノドのコンディションこそあれでしたがばっちりだったと自分でも思います 
それにしても名古屋のアップセットでやって今まで雨降らなかったことないですね 
マジで初めていったときに一回さらっとまわりうろついたことしかないですもんアップセット周辺 
マジでまわりになにがあるとか全くわかんない 
いっつも雨だから楽屋にとじこもってんだもん 
来年一月にはカサブランカと3月にはニューロティカとのツーマンライブの予定が既にここアップセットで決まっている僕たちですが、そのどちらかくらいは晴れて欲しいと心から願っております 
そろそろアップセット周辺をうろつきたい! 
で、アップセットの楽屋にも漫画がたくさんおいてあるからこの日はひたすらウシジマ君読んでた僕 
はっきりいって長旅の疲れで体微妙なコンディションでラスト名古屋ばっちりきめれるかどうか不安みたいな精神状態で読むウシジマ君は完全にチョイスまちがったなって思いました
でも漫画でくらーいキモチになった分ちょっと無理矢理にでも元気にやらな!って自分を鼓舞したおかげかこの日はベストライブでした
はっきりいってノドがらんがらんだったけどそれすらも味になっている気がするっていう感じの幸せ感がなんかあった 
ほんとステージに立ってるとき以外は毎日家に帰りたいって思ってるような精神状態だったからさこの長旅の最中はずっと
そのゴール名古屋公演はなんか勝手に一人で感動してしまった気がしなくもない 
みんなさんも僕と同じく心が動いていてくれたなら幸い 
なんかここんとこツアーセミファイナル、旅の締めが毎回名古屋にたまたまだけどなってるね 
おかげさま結果いい旅だったと毎回思わせていただいております 
サンキューナゴヤまた遊ぼう!

つーことで淡々と思い出したことだけを時系列で書き連ねてみました 
まだ情熱こめたブログははやいっしょファイナルキネマ倶楽部ひかえてんだからさ 
今日はあくまで淡々と淡々と、ね
でも気がついたら丁寧語じゃなくなってるね 
あれあれ 
僕はなんやかんやのってきてしまっているのかもしれないね 
いやいやまだはやいよチミ 
12月十日を終えてから総括の感情出そうよ 
今はまだ過程です過程 
淡々と書き連ねる記録程度にとどめましょうよ 

で、 
名古屋を終えてしばしの休息 
またいつものノドをほとんど使わない日常へ 
普段からノドつかってないからすぐぶっこわれるんですよね僕のノドは 
でもそんなん仕方ねえじゃん 
そもそも僕の家からいけないところが悪いよね地方各地 
福岡とか札幌とか頼むからぼくんちの近くにあってくれよ 
はっきりいって遠すぎるんだよ 
まあそげなこといってもしゃあないから最後に昨夜行われた「下北沢にて」という最高の祭のことについて話しましょうか 
これはラブ人間がつくりあげた下北沢の音楽の日でねえ 
僕はちょっとしか体験できなかったけどすごくいい日なんだってことは下北沢ついた瞬間わかったよ 
だからこそトリのラブ人間みたかったなー 
きっと締めに感動的なビッグショーやったんだろーなー 
でも僕たちは真裏のベースメントバーの出番を任されていたから残念、物理的にみることは不可でしたの
それにしてもこの日の主催、立役者、メインオオトリラブ人間差し置いてボヘミアンズみにきた変な人達があんなにいて僕はびっくりしてしまったね 
僕は長旅を終えて魂みなぎってる上に休息までばっちりとっちゃっててで現在絶好調なんできっと僕らを選んでくれた人は後悔せずにすんだとは思ってるけどね 
うーん楽しかった!つまんなかった日ねーなーここんとこー
ツアーファイナルキネマ倶楽部へのはずみがつきまくった 
ちょっとはずみつきすぎてこのままじゃキネマ倶楽部の天井ぶちやぶってしまうかもしんまい! 
まあたいへん! 
とにもかくにもファイナルキネマ終わるまではなんともいえないよ僕には今日はもう 
あと残り一週間?もないか 
それ終わったらハンパないダイナミックブログ書くよ 
勿論成功の暁にって感じで 
非常に楽しみ 
僕は完全にツアーファイナルキネマ倶楽部が成功した場合の未来しか想定してないのでどうかそうなるようにご協力お願い致します、みたいな 
どんどん十日が楽しみになる! 
やったぜべいべー! 
ということで今日はこれくらいでゆるしてやるか
なんかユーチューとか画像とかはってないけどなんかまたラインブログの状況が変わってふっちゃけよくわかんなくてさ操作
まあ今日はこれくらいでゆるしてくれやみたいなところもある
大体にし今回のツアーほとんど写真とってないし
来年からアホほど記録つけてこうかなっておもってはいる
専用ビデオカメラ買うかー
つーことで終わりだ終わり
最後にこのブログを書くにあたって聴いてた音楽の話も一応するか?
それはサンレコーズのコンピ盤CDだ!
知ってるか?サンレコーズ
つーことでじゃあな
また逢う日まで
愛してマース!
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
どーも僕は平田ぱんだです

最後のブログを書きにきました

僕はもう金輪際ブログは書きません

このアメーバブログではね

ちょうど二年間でした

たまたま丁度二年に収まった

そもそもはじめはただ僕が自由に大好きなブログ作業に興じれる場所が欲しくてこの場所を設けたんだここは

バンドのフロントマン、ボーカリストとしての立場も一応はわきまえながらも、時に平田くん、時にはぱんだくんと行き交って、書き連ねてきました

僕はブログを書くのがとにかく好きでね

バンドのブログはもうかれこれ十一年はやっているのかな

なんだかんだでここアメーバブログは三つ目の場所で

一つ目は意味深相談所ってとこでした

今でもたまーに思い出したように書いたりしてるけど

そもそもはメンバー全員書ける環境の場だったんだけど結局最終的には僕しか書いてなかったから僕のブログ場と言い切っていいと思うね

二番目のブログは平田ぱんだの工場っつって今でもホームページから旧ブログっつって貼ってある由緒正しきボヘミアンズ史上初のオフィシャルブログだった

メジャーデビューのタイミングでブログはちゃんとしたところで書きなさいって言われてわかりましたっつって言われるがままに引っ越したんだ

僕がすぐうんこだちんこだと書き連ねるもんだから当時のマネージャーが僕のチェック無しでは公開を許さない!っつってけっこう毎回修正直しが入っていたりしてね

あそこはあそこで思い出がすごいね

何気に二つ目のブログ平田ぱんだの工場も大体丁度2年間で終わってるんだな

平田ぱんだブログ2年周期説くるねこれは

あそこの更新のやり方はいまだに僕はしらないから僕の気まぐれである日突然なくなるってことはないと思います

あすこは2013年初頭に僕らが当時の事務所を離れてからは本間ドミノくんが管理を受け継ぐことになったんだ

でもなんでメンバーにブログの管理されなきゃいけないねんって思って2014年の夏から作ったブログがこのアメーバブログだったというわけだ

ここは楽しかったよ

細かいさじ加減も全部僕のものだったからね

近々すごく暇になったら全部読み返そうと思うよ

二年間の成果を

んで

次のブログ、

新しいブログ、

四つ目となる平田ぱんだのブログについてですが

タイトルはザ・ボヘミアンズのオフィシャルブログ、となっています

平田ぱんだの人生二つ目となるオフィシャルブログというわけですな

ボヘミアンズと名がつくからにはこれまでのように半々なキブンではいられまい

多少はかしこまっていくつもりです

まあずっとここでもそれなりにかしこまってきたつもりなんですがね

そしてボヘミアンズのオフィシャルブログと冠がついてるとはいっても僕以外は書きません

それは他のメンバーに是非書きたいって人が一人もいなかったからというだけでそれ以外に特に理由はありません

ブログが書きたくて書きたくて仕方がない人間である僕一人が書きます

ここと何が違うくなるかというと単純に平田ぱんだがほとんど個人的に勝手にやってたここのブログと違ってオフィシャルなブログな場となるため僕以外の人が消したり修正したりなんだりができるようになるってことくらいでしょうかね

あの記事最高に面白かったのに数時間後消されてるー!やっぱりあそこの部分まずかったんだー!なんてこともこれからはあるのかもしんまい

そんなんは相当なんかあった場合の話でしょうけど

ありがたいことにブログの更新作業自体は僕に全権委任みたいなんで

操作覚え次第ガンガン更新していこうと思います

単純に基本パソコンからしかここは更新しなかったんですけど次のとこはスマホから更新した方がやりやすいくさいんで必然的に細かい更新になっていくと思われます

しらんけど

多分たいしてここの状況と変わらんことになると思います


で、その移動先の新しいブログのユーアールエルをいちおー貼っておくか

ここだ!

http://lineblog.me/the_bohemians/


どうだ?いいとこそうだろう?

安心したろう?

これからはこっちの方でことあるごとに長文の更新&更新を繰り返してうんざりさせてやっから気が向いたら読んでけろな!

つーことでまたな!

アメーバブログは最高だ

これからお前がブログが書きたくて書きたくて仕方なくなった時はアメーバブログ、この場所を選ぶことだ

楽しい時間が待っている!

ちげえねえ!

アメーバブログは永久に不滅だ!

ひゃっほーい!

じゃあな

完&完




そして時は経ち

サライのユーチューブ貼ったアトに続けるのもなんなんだが

最後のオフィシャルとアンオフィシャルの境目で書き連ねるブログなんで

少しばかり続けさせてもらおうか

だって僕は先程まで、


サッポロにいたんだからね!

サッポロについての思い出は数知れずな僕だ

また新しいエピソードの数々を沢山仕入れて東京に戻ってきたよ

サッポロはまったく飽きさせないね

大変なもんだったよ

そもそもタワーレコード札幌ピヴォ店の二十周年記念アニバーサリーという名目の夜に呼ばれてしまったわけだったからね

タワーレコード札幌ピヴォ店がどんだけロックンロール的にやばいかって話をしだしたら七千時間かかるから今日はこれくらいでゆるしてやるよ

これからも僕たちとサッポロの関係図は広がりと複雑さを増していくはずという期待もこめて、あえて、話さない

もう記念日なんかありすぎてまずどれから祝っていいかわかんねえってくらいになるつもりではいるんだ僕らはもうサッポロとは

どうかこれからもしくよろ

今日はここが最後だからサッポロに関する記述も相当個人的にすすめたいってのもあるにはある

だってもう何回サッポロ訪れたか数えてないくらいなんだけども今回が一番後悔残したからね

書き残さずにはいられないよ

まずなんといってもすげーさみい

気温が

まだ九月なのに!

東京の夏キブンで上陸した僕の目を覚まさせる新千歳空港の北風

半袖短パンのみでやってきた僕はもうこの時点でポロポロと涙をこぼしていた

でもくじけるわけにはいかねえ

ニューアルバム「カイザーストロングマジェスティックラブ」発売に関する広報活動をしねえでなんのための人生でえ!と着くなり夜中までガンガン広報活動やりまくりーにょさせていただいた

思えばサッポロで広報活動をここまでがっつりやらせてもらったのは初だ

それはもう楽しかった

よかった

だが雨ガンガン

ちょーさみい

結果

普通に風邪をひいたね

北国なめんな!

僕も東北の北国育ちのはずなのだが、どうも勘が狂ってたみたいじゃわい

もうこんなことはないようにしたい

初のサッポロでの後悔その1「上着をもってこなかった」

そしてこの日は12時には寝た

次の日はホテルで14時間ほど寝たあとだったので昼間はまあまあ元気だった

だが

足が傷だらけだ

そうだ

せっかくの遠出だからと

普段履き慣れてないスニーカーを履いてきてしまったのだ

スウェードなやつを

くつずれおきまくりんぐだ

足首が傷だらけだ

なんてかわいそうなんだ!

仕方ないからライブまで靴をガンガンにつぶしてはいてやった

ほぼ新品のスニーカーだったのになあ

そしてまたどうせ寒いだろうからと特にいりもしないセーターを買ったりなんだりして時を過ごしていざステージ!

モールというはじめて訪れるライブハウスでいつかここで主催イベントなりワンマンショーなりをやりたいぜと思ったりしたくらいすごく素敵なところだった

でも僕はこの夜をほとんど楽しめないで終わってしまったんだ

なぜならば普通に風邪をひいたからさ

オトナになるとわかるじゃないか

これから自分が熱を出して倒れるか倒れないかくらいは

ステージまでは気を張ってたからなんかおかしいなくらいで全く気づかなかったけど

終わった瞬間にこれはやばい感がすごい押し寄せてきたので

他の人にウイルスまき散らすのもなんだしということで

すごい勢いでホテルに帰って超寝た

もうすっごい寝た

おかげでおきたらのどが痛いくらいで済んでた

ラッキー

風邪引いたらひたすら寝るに限る!

ということで僕のサッポロの夜はこれで終わってしまった

後悔&後悔

でも幸いなことに11月にニューアルバムひっさげたワンマンショーで舞い戻ることは確定しているしサッポロ

次は流石にクソさみいってわかってていくからなんぼ病弱な僕でも当日風邪引くようなヘマはしないよ

いえーいたのしみー!

またいけてラッキー

つーことでじゃあな

もう終わりだ

このブログは終わりなんだ

終わりだってわかってるところでもうこれ以上元気に書くのは無理だ

さようならアメーバブログ

なうのほうは普通にやるつもりだけど

ブログはこれで最後だ

じゃあ近々「ラインブログ操作を覚えたてファーストブログ」を書き連ねるつもりだからゼヒゼヒ読んでくれよな

別にここは消さないが

読み返してみて消したいと思ったら消すよ

だってここはそういう場所だったはずだろう

楽しかった

少なくとも個人的には

じゃあな

あばよ

あばよ&じゃあな

じゃあな&あばよ

じゃあよ

あばな

ぺいぺいぺいぺいぺいぺいぺいぺい!


ういーす




AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(1)

テーマ:



2016年八月の真夏の話をしなくっちゃだめだ

もう今日と明日しかないんだ八月は

八月じゃなきゃ駄目なんだ

九月になったらどんなに気温が高くたって秋を意識してしまうものじゃないか

まあまだまだ日本中どこも暑いだろうし真夏の余韻で十分踊れるとはいってもだよ

毎年この時期にちょっぴりセンチメンタルなキブンになるのがまた乙なもんであることもあるし

そんなキブン&ムードにしたがって2016真夏の総括ブログ書き散らすことにします

そもそも俺の今年の真夏のはじまりはいつだっただろうか?

やはり七月三十日の大阪のあの夜からか

八月の到来を待ちきれず昨年と同様俺らは七月30日に真夏を幕明けました

スーパーサマーファイヤーアトミックボヘミアンズショ−という今年で三回目になる俺らの真夏スタートイベントの初の大阪場所でゲストで出てもらった50回転ズが演奏をジャンとおっぱじめた瞬間に一気に幕明けた

そのままの勢いで名古屋、下北沢と次々各地真夏幕明けてやった

今年もやってよかったスーパーサマーファイヤーアトミックボヘミアンズショー

イベント名が長いという以外の後悔はいまだ見当たらない

そう、まさか三回もやることになるとは思わなかったから無駄にタイトルが長いんだ

いまだにステージでこの名を呼び上げる時噛んだりするもんな

でもこういうタイトルが好きなのーん

ゆるしてーん

まあスーパーサマーファイヤーアトミックボヘミアンズショー強引に略してスパサマボヘショー2016の詳細な記録に関しては過去記事で大いに書き振る舞ったから次の話にうつろうじゃないか

まあ例年のごとくスパサマボヘショで真夏をはじめてみたものの、結局やはり海だ花火だとはしゃぐこともできずに、真夏の暑さの隙間をどうにか探してはそこに居座って、そしてそのままとりたてて何かをするわけでもなく、といったいつもの真夏が通り過ぎていきました

そういう奴なんです僕は

はじまりだけはやたらとはしゃぐ

でも真夏ってのはこの何もしなかったことへの後悔具合もまた乙なもんなんだ、、って話はさっきもしたか

うーん

真夏の暑さやらに唯一逆らったのはサマーソニックに出かけたことくらいかなあ

今年のラジオ頭は絶対体感しなきゃと思って出かけたんだ

僕人生で一番感動したライブ2003年のサマソニのラジオ頭だし

その時生まれて初めて所謂ロックフェスってものにいったんだけどロックの現場ってのは時にこんなにも感動が巻き起こる場所なのかっていう一種のカルチャーショックを受けたんだよラジオ頭のロックライブですごく

まああれは今でも伝説のライブ扱いされてるし当時の僕が若かったからってわけでもないみたいなのでラッキー&ラッキーって感じですよね

まあまた同じ奇跡のような感動なんか起こるわけないってのはわかってんだけどあれから13年で僕にもそれなり色々あったしあの頃よりは間違いなく大人だしちょっとばかり思い出に寄りかかりたくなったのもあるにはある

で、結果一日目の夜から深夜オールナイト経て二日目の最後まで居たわけだけど

一番でかい感想は

ジャクソンズがみれてよかった

だった

ほら、好きじゃん僕マイケルジャクソン

マイケルジャクソンクラスになると僕より好きな人はこの国だけでも5000万人はいるだろうからこうして好きとか嫌いとか気軽に書くのもちょっと躊躇するくらいなんだけどさ

まあ

好きだよ

うん

それは間違いない

なんか夢中でハンドクラップとかしすぎて次の日手のひらとかすげえ痛いみたいな結果が残るような幸福さながらな頭なままみてたんだけど

みてる最中色々考えてたは考えてたんだよ

いいライブってのはオーディエンスを大馬鹿野郎にすると同時に深く考えさせるものでもあるしね

ジャンル関係なく

その時の考えたことをいまだにひとつにまとめていないというかまとめる気もないというか伝える気がないというかあの感動は俺だけのものだ!わかってたまるか!みたいな感じなんでこれ以上書くのもあれなんだけど

一つだけ書くとすれば

マイケルジャクソンがなぜあんなにも最高な男になってしまったのかという永遠の謎の答えのうちの一つが

彼がジャクソンズのメンバーだったから

ということは間違いなさそうだ

ジャクソンズだったからマイケルジャクソンはあそこまでの人物になったんだっては普通になんか思ったね

最高のショーだったよ

まあ

この話はこれくらいにしておこうか

まだ俺だけのモノにしておきたいんだ

そーいや考えてみりゃあサマーソニックで花火みたな

今年花火はみにいった!

真夏ポイント相当稼いだねサマソニで

やったね!



その後はすぐに自分たちのロックライブだったんだな

場所は千葉ルック

この場所からツアーをはじめて尚かつその夜をモノにできたなら、そのツアーは大成功に終わることが約束されるというロックンロールジンクスの集中地点でのライブ

2016年の真夏あの日あの場所でツアーをはじめたロックバンドの名はドルーグだ

正直いつから顔をあわせてる連中だかもう正確にわからなくなりはじめてるくらいはとにかくけっこー前から知ってる奴らだ

思えばメジャーデビュー!みたいなタイミングとかも一緒だったな

2011年頃

実際は僕らの方がまあまあ年上だけどそういう意味では所謂「同期バンド」って奴らなんだな実は

まあそんなそいつらにも色々あって

最近ついに裸一貫完全独立を果たしたらしく

そのままの勢いで念願のニューアルバムも出して

それに伴う全国ツアーももちのろんやりますってわけで

初日は千葉ルックで

もしよろしければ一緒に夜を盛り上げてくれないですか?ときたもんだ

そらあ

もちのろんやりますですわ

以外の返事があるわきゃねえやな

そして迎えた八月24日当日は、

当然の如くナイスナイト!

予想通り!

ラージハウスサティスファクションが一バンド目でいきなりぶちあげてくれたおかげで次の僕らは相当ラクチンで遊べた

だってもうできてんだもん場所の空気

なんかひさしぶりに普通に遊んだね

他の出演バンドとの勝負とか客かっさらうとか一切なく関係なく楽しく

最後は主役のドルーグがバシッと締めるってわかってたからというのもあり

事実そうだったし

自分らが主役の夜がそら一番楽しいんだけど

こういう役割でやるのはそれはそれですごく楽しいんですよね

基本的にあんまし呼ばれないし他のバンドのツアーとか僕ら

こんな大事なツアーの初日のしかも自分らの出番の一個前っていう大事なところを僕らに任せてくれてどーもありがとうドルーグ

僕は断固応援していくよ君たちを

でもボヘミアンズより先に売れてはいけないよ?

僕らと同期のロックバンドはみんなボヘミアンズが売れたあとに売れなければいけないという悲しいしきたりがあるんだ、この国には、、

わかって、くれ、、

まあ、なんにせよ恩返し?的なことができてよかったよ

僕らも2014年春頃にバンドをとりまく環境が変わってその新しいスタートだっつってニューツーアと称して全国を回ったことがあったんだが

その時はなんと四ヶ所もドルーグにはナイスナイト作りを手伝ってもらったからね

名古屋、仙台、福岡、札幌と

忘れられないぜ!

ドルーグの新しいスタートのツアーのしかも初日にやらせてもらってとっても光栄だったぜ

また呼んでくれ

そんな感じ


いや

そんな感じ、じゃねえよ

僕はね、まだ真夏でいたいんだよ

悪いけど今日のブログは長いぜよ

千葉ルックの日の話を引き延ばそうか

この日ははじめて千葉ルック周辺をうろついたんだ

けっこうな徒歩量で

千葉ルックはなんやかんや何回もやってるんだけどライブハウスより外はせいぜいラーメン屋とディスクユニオンに訪れたことがあるくらいでてんで疎かったんだ

10月28日に僕らも久々千葉ルックから全国ツアーをスタートさせるということもあり、そろそろ周辺各地の情報を蓄えてもいいんでないかと思い、述べ三時間は探ってまわったね

いやーあんなにギンギンな街だとはしらなんだ

伊達に頭上を電車が走ってないね

頭上を電車が走ってるの意味がわからないか?

マジでそうなんだってば

電車っつーかモノレール?

あれ上のとこはずれたら落ちるじゃん

何あの発想

あれだけで前からいかれた街だとは思っていたけど

案の定歩き甲斐がある街だったよ

10月28日の俺らの千葉ルックはワンマンショーだから

またあんなに歩き回る余裕は多分ないんだけど

まあ次も少し探索できたらしたいね

10月28日楽しみだなあ

千葉でワンマンショーなんて四年ぶりだもの

しかもツアー初日

でもここで成功つかめば全部なんで

ほんと頼むよ千葉ルックベイベーって感じ

わずかばかり不安がつきまとってるから公式ホームページからコピ−&ペーストで情報を貼っておこう

2016/10/28(金)
会場
千葉 LOOK
時間
OPEN 18:30 / START 19:00
チケット
ローソンチケット 0570-084-003 [Lコード:70637]
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード : 304-669]
イープラス
お問い合わせ
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999


暗記したかい?

じゃああとはやってくるだけだね!

愛し合おうじゃないか


みたいな

別の日の真夏の話にうつろうか

えーと

トイレにいきたいから一時中断しよう

タイム感を出す為にもユーチューブ動画でも貼っておくか

これを見終わったら僕が戻って来る

間違いない




普通に一時間ほど普通に見入ってしまったじゃないか

あんまり遅いからトイレの方がわざわざ俺のとこまできてくれたくらいさ

いやー音楽は素晴らしい

続きはブログを書き終わってからみよう

で、続き

僕の2016の真夏の、おそらく最後の思い出となるはずの夜は八月29日の新宿レッドクロスの夜だ

最早恒例の

レッドクロスの周年アニバーサリー月間

なんとか今年も呼んでもらえました

なんと今年で13周年だという

相変わらずお元気でなにより

これだけ毎年呼んでもらえるようになるとそろそろ毎年毎年暑苦しいくらいの祝いの言葉をぶつけるのもくどいかなって思い始めたんで、ぐっとこらえて淡々と夜の記録を綴ろうかな

15周年あたり区切り的にも盛大に祝ってもいいはずだから

そこまで貯めときます気持ち

で、2016僕の真夏の最後の夜の話ね

この日はねえ

台風がとりあえず確定してた

ライブ終わったらすぐ帰らないと雨にまみれることはわかってたけど

そんなすぐ帰るわけないじゃんこんな真夏の最中の楽しい夜に

ライブ後はレッドクロスで打ち上げ場に朝まで居座ったよ

当たり前じゃないですか

俺は東京じゃ基本自転車だから帰りの朝方四時だか五時だからにばっちりびっしょぬれで帰ってやりました

想定内想定内

でもそれは終わったあとの話か

はじめから話そう

八月29日

この日はとても晴れていた

僕は自転車をこぎだした

まず近所で一番好きなラーメン屋へいった

この日もうまかった

そして九月二十八日に発売されるボヘミアンズのニューアルバムカイザーストロングマジェスティックラブの話をするために事務所へいった

ビートりょうと二人でインタビューを受けて色々な話しをしたりした

その後すぐ図書館にいった

休みだった

仕方ないからまっすぐレッドクロスに向かった

着いたと同時に偶然本間ドミノと星川ドントレットミーダウンも別々の方向から歩いてきた

右と左にメンバーがって感じだった

そしてそれ以外特に何もなかった

そしてサウンドチェックなどを沢山した

でもレッドクロスはもう何年も出ているのでスムーズに行った

あまりにもスムーズに行き過ぎて暇になったので新宿の街へ繰り出した

そしたらついに台風十号の影響による雨に襲われた

僕はここぞとばかりに雨宿りがてらカラオケにいくことにした

一度もいったことがないヒトカラ専門店に今日こそいってみようと目の前のビルに入った

そしたらヒトカラ専門店はヘッドホンを持参しない人は店のヘッドホンをレンタルしてくださいって言われたのだけどそのレンタル料を払うのが馬鹿馬鹿しいなと思ったので家にヘッドホンとりに帰りますっていって結局なにもしないで帰った

で、代わりに近場のブートレグ専門店にはじめていってみた

この日ははじめてづくしだ

すごいほしいのだらけで一時間くらい悩んだ

この中から一つ選ぶなんて逆に無理だったから結局何も買わずに帰った

そしたら雨もやんでいた

でもすぐにまた雨に襲われた

僕は今度こそと目の前の普通のカラオケ屋に入った

三十分そこで暇つぶしをした

何を歌ったかもう覚えていない

本当に覚えていない

思い出す

えーと

ああ

LUNA SEAを歌ったな



あとはなんだっけ

真心ブラザーズうたったな

でもうたった曲がユーチューブにないじゃないか

貼れない

残念

終わり

そしてカラオケが終わったら雨はすっかり晴れていた

ちょうどカサブランカがはじまる時間だったから急いでレッドクロスに戻った

でもまだお客が入りきってなくて並んでいるところだったからちょっと周辺をサイクリングした

随分とコンビニエンスストアが増えたなレッドクロス周辺は、と思った

そして頃合いを見計らってレッドクロスに入った

楽屋にはカサブランカが初ライブに向けた準備をすすめていた

僕は邪魔しないように楽屋のすみっこで岩のように転がっとくことにした

そして時々思い出したように奇声を発したりして自分の出番に備えた

だらだら書いてたら逆に疲れてきた

トイレに行こう

トイレに行っている間ユーチューブでもはっておくか

カサブランカもファーストライブでカヴァーしてたビートルズのナンバーです

リトルチャイルド!



よしトイレから帰ってきてこっちのBGMもばっちりビートルズのセカンドアルバムウィズザビートルズに差し替えたんでブログの続きを書こうか!

八月24日千葉ルックも八月29日新宿レッドクロスもどちらもだらだらなんてムードはとてもじゃないが似合いっこない独特なロールムード漂ってて鬼クソキブンよかったです!

また遊ぼう!

真夏の二日間のセットリスト!

8/24千葉ルック
1ボーイズ
2サンフリ
3ろべれつ
4だーてぃ
5めいるび
6超のんき
7ザトイズ
8ボヘミボ

8/29新宿レッドクロス
1ボーイズ
2サンフリ
3こいはち
4かいもの
5はいぱあ
6おるうぇ
7めいるび
8ろべれつ
9超のんき
10ざといず
11ぼへみぼ
あんこる
1たいよう
2すざんな
3ひのたま

だ!



ここからは明日の話をしようか

いくら八月までが真夏といえども、その効果はそう簡単に消えさるもんじゃあないんだ

八月が過ぎ去り真夏が終わっても2016年俺はまだまだ夏男でいくんだ

極々自然に

次の意地でも真夏の維持を図る俺たちの次なる舞台は!

九月九日札幌だ!

本当にひさしぶりの札幌

俺は札幌が好きだ

札幌にいってつまんなかったことなんか一度もない

毎回楽しい

毎回またいきたいって思いながら飛行機に乗って帰る

ここ最近はワンマンで年に一度訪れるっきりになってたからイベントに呼ばれていくってことがまず嬉しいね

しかもいずれボヘミアンズのファンにととっての聖地と呼ばれることになるであるはずのタワーレコード札幌ピヴォ店の20周年アニバーサリーイベントでロックンロールする予定ときた

そんなもん楽しみ以外のなにものでもないよ

おれは当日相当はしゃぐ

予定

はしゃぐおれをゆるしてくれ

その日その日を強く生きます

元気モリモリで

もうらめら

昨日がライブだったからいつものカラダがびっくりして寝れない病の真最中なのさ

眠いけど寝るはない!

という感じ

つーことで

今日のブログはこれくらいで許してやるか

今年の真夏もロックンロール以外の楽しい思い出がなくてよかった

あの日あの時共に居てくれたキミにでかい感謝を

真夏じゃないかもしれないけど九月も暇な時遊ぼうな

さようならぼくのともだちよ

また逢う日まで

愛してマース!

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。