1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-10-22 00:50:38

シン・シティ

テーマ:最新映画

シン・シティ


シン・シティを舞台に暗殺・誘拐・殺人が日常のごとく繰広げられる

悪の権力と犯罪の街でそれぞれの命懸けの戦いを描く。


シン・シティ01



幼女を助けるため連続殺人犯を追って、引退の夜を迎えたハー

ディガン刑事は最後まで正義を貫く。



シン・シティ02

誰も近づこうとしない醜い男、前科者マーヴと一夜を共にした女が

ベッドの中で死んでいた、唯一愛したであろう女の為仇討ちを決意

する。



シン・シティ03



悪徳刑事を追って娼婦街で自警者となって必要に悪の権力と命懸

けの戦う男ドワイト。



監督・脚本:ロバート・ロドリゲス

        フランク・ミラー

特別監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ブルース・ウィリス

    ジェシカ・アルバ

    ミッキー・ローク

    クライブ・オーウェン

    ブリタニー・マーフィ


2005年アメリカ映画/2時間4分


感想・・・・・70点    紙芝居映画


シン・シティ04 シン・シティ05


全編ほとんどが白黒でコントラストを強調しているがまるで

大昔の映画を観ているよう・・いや違うな、なんか紙芝居を

見ているような感覚。


白黒だからチープな映画って感じでいたのですが・・何これ?

観ている間にハマってる感じ。


こんな映画はじめてですなー、不思議と吸い込まれていく


時代設定は1950年代あたりかなー白黒だからぴったり?

そんな感じがしたんですが・・・なかなか面白かったです。


でも、面白いか、でないかこれは好みで分かれるのではな

いかと思いますね。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005-10-07 20:30:00

F1世界選手権 第18戦 日本グランプリ

テーマ:F1グランプリ

F1日本GP

琢磨を応援しよう!


琢磨は現時点で来年BARホンダにシートがなくなりました。
現在どこのチームにいけるか決まっておりません

しかし、ぜひシートを確保してほしい・・・


F107

佐藤琢磨ライフストーリー

F1の世界

F1という文字とか言葉はよく聞きますがさてどんな世界かというと

ほとんどわからないと思います。


そんな方のために私の知っている限りの脳内辞典で紹介しましょう。(笑)


 F1は自動車レースの中で車、ドライバーレベルは技術、頭脳、体力どれ

をとってもモータースポーツの頂点です。


F105


体力・・・夏場の消費エネルギーはフルマラソンの約2倍といわれています。

     またコーナーでの体にかかる横Gは最高5G以上この状態になると

     血液が片方に寄るため視界が狭まり白黒になっていく状態で針に

     糸を通す集中力が必要です。


頭脳・・・スポーツの中でも車という道具を使うため物メカに強くなければなり

      ません。

     また、チームとのコミニュケーションも語学が出来なければならない

     のですが、通常の日常会話程度では話にならないわけでスタッフに

     微妙な動きを表現出来なければ車のセッティングが完成しない。

     これは、日本人同士でも難しいコミニュケーションレベル(レースの

     世界はすべて)です。


技術・・・F1という車は、軽自動車に約1000馬力のエンジンを積んでるので

     凄く繊細なコントロールが必要ですが大胆な決断力も必要!


     それにF1は今や航空、宇宙産業技術で製作されていて最先端技術

     の塊です。

F106


年間1チームで300億円(チームによる)以上の予算がいるし、2台を走らすために

何百人も働いています。


その状況下でドライバーにかかるプレッシャーは相当なもの。

ちょっとしたミスで何億円、何百人の苦労が水の泡ですから、

プレッシャーは相当なものです。


そういったことを感じながら応援しましょう!


いよいよフリー走行が始まりましたねー!

     

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-10-05 21:02:20

シンデレラマン

テーマ:最新映画

シンデレラマン

株で全財産を失い、あせったジム(ラッセル・クロウ)は右手の故障

が治らないまま試合に出て惨敗し・・・・・・・・


ついにはボクサーのライセンスを剥奪されてしまう。


大恐慌がアメリカを襲い、ジムは愛する家族のため過酷な肉体労働

でわずかな日銭を稼ぐ道しかなかった。


シンデレラマン2

そんなある日、かつてのマネージャーから一夜限りの試合復帰を持

ちかけられる。


大恐慌時代のアメリカ中を希望で包み込む奇跡の始まりだった…



監督:ロン・ハワード
出演:ラッセル・クロウ

    レネー・ゼルウィガー

    ポール・ジアマッティ

感想・・・・・80点      ジーン



シンデレラマン題名からも察しは付くものの前半からの大恐慌時代の


アメリカ庶民の貧困生活、プライドを捨て必死で家族を守る姿・・・・


直視出来ないほど悲しかったのが印象に残ってますね。。


シンデレラマン3


それからの、後半のストーリー展開はわかると思いますが、でもあの


強さはテクニックだけじゃなく、後にがない人間が奇跡を起こす描写


をうまく作られているところが良かったですね。


同じボクシング映画ですがミリオンダラー・ベイビーとはまた違って


ジム・ブラドックの実話というところが余計に心を打ちました。


観られてない人は映画館で涙してください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。