あたしのあしたはあたしらしいあした


という風に続く詩の一節。

先日書道の作品として一筆したためました。


で。

本日午後、出品している書道作品展をのぞいてきたのですが・・・

我ながらなんてよわよわしい作品っガーン


とても人さまには見せられんっダウン(って飾られちゃってるけどさ)


作品を書いたのは5月末。

付き合っていた彼が急に海外転勤になり色々あって別れることになって精神的にボロボロだったし、引っ越しすることになってその準備で体力的にもよろよろ。おまけに週末にお茶会のお手伝いが入ったりもして5時起きの日々がつづいて、精神的にも肉体的にも全く余裕のない中での創作だったなーショック!


作品にはそのよろよろさ加減がてきめんに表れていて。

ほかの方々の作品がとても前向きでエネルギーにあふれていただけにちょっっぴし悔やまれましたダウン


でも、それもあたしだ。

今できることを精一杯やったし、そんな中でもあきらめないで出品したことをほめようと思います。


創作活動はやっぱり気持に余裕がないと、良い作品は作れない。

次回の作品展にはメンタルをコントロールして、元気なエネルギーのある作品を作りたいなと思います。


今も毎日終電帰りでかなりよろよろ。

もう少し落ち着いたら、同じ作品を書いてみようかなと思います。


AD