あたらしい日常

テーマ:
来年の一月に、書道展に出品する予定です。展覧会のテーマは「あたらしい日常」キラキラ

震災以降、様々なことが一変したように思いますが、半年たったいま、直後に感じたこと、改めて大切にしたいと思ったこととかは、やっぱり少し薄れてしまっているようにも思います。

来月からの制作期間はいろんなことを立ち止まって考えるきっかけになりそうです。

日常生活を送れるということの有難さを感じること。

もっともっと、ではなく、いまあるものを大切にする。

それが、私にとってのあたらしい日常なのかもしれません。

iPhoneからの投稿
AD
自分の小さな「箱」から脱出する方法/アービンジャー インスティチュート

¥1,680
Amazon.co.jp

最近読んだ本の中で、もっとも面白かった1冊ですアップ
この本を読んでからは、自分自身を「あ、今箱に入りそうになったな」と思うこともあるし、「あ、この人箱に入ってるなー」なんて感じるようにもなったかもしれません。

なにより、この本を読んで自分の人間関係に大きな変化が起きたことに一番驚きましたビックリマーク
たくさんの人がこれを知ると、世の中はもっと過ごしやすくなるんじゃないかなと思います。

「箱」のレクチャーは、マインドセットのない社員が少なくない企業には、ぜひとも取り入れてもらいたいものの1つです。



AD