考えることって楽しいかも。

テーマ:
佐藤 雅彦
プチ哲学

『プチ哲学』


哲学なんていわれると、なんだかとっても難しそう・・・

でも小難しいことはないからぜんぜん気にしなくて大丈夫。


かえるくんやらねずみちゃんやらコーヒーカップくんたちのかわいい挿絵にほっこりしなが楽しく読める不思議な本です。


でも内容は奥が深い。


ちょっと最近お疲れ気味な方、仕事に忙殺されているよ~なんていう方に読んでいただくと、

「考える楽しさ」を味わってもらえそうな気がします。


本屋さんの帰り、思わず、うーむと考えながら読んでしまい、電車の乗り換え、わすれちゃいました。

あまり夢中になりすぎないように注意が必要です☆



AD