緑茶麻悠の頭はてなな毎日

緑茶の疑問、好奇心を書き綴る日常ブログ

web →http://www.steam-of-greentea.com/

所属事務所→
http://www.bites-inc.co.jp/

緑茶麻悠
映像作家・俳優・イラストレーター

京都出身

京都市立芸術大学卒業
ちょっと物や日常が不思議に見える時、そんな瞬間を大事にしながら旅の途中。


NEW!!

出演情報
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」17週 99回、100回 AD役

短編映画「Wind Chime」

Web TOKYU PLAZA GINZA「HAPPY 'a la mode」

出演作
TV
2016
NHK 土曜ドラマ「逃げる女」1話 2話
2015
WOWOW 土曜オリジナルドラマ
連続ドラマW『5人のジュンコ』2話 4話 5話

2015
TV-CM
 「RIZAP/銀行で篇」
「RIZAP/さりげなく篇」

TV-CM「保険見直し本舗-西部劇篇/ギャング篇」

などなど

テーマ:

こんばんは。

家で干物とお味噌汁を食べて本を読み終わったとたんに、まるで干物に睡眠薬が入ってたかのようにうたたね。その後床で爆睡をしてしまい、こんな時間に起きてしまいました。(あちゃー)

 

今週のNHK「ひよっこ」(運命のひと)ドキドキしましたね。

私は99回と100回に出演させていただきました。

AD役で走り回りました。

実際にドラマの助監督さんの動きが素晴らしくて、本物に近づきたいという一心でした。

当時のテレビ番組ってこうやって作られてたんですね。セットも豪華で、すごく面白かった。

 

全部生放送って緊張しますね。そこで、女優が急遽出れなくなったとか、大問題ですね。(想像しただけで冷や汗)あたふたしてた様子が伝わってたら嬉しいです、、、涙。

大好きなひよっこの中を生きられて幸せでした。

 

あと朝ドラって素晴らしいですね。再放送がめちゃあるんですねぇ。

今日の土曜日も BSプレミアムで見れるみたいですね。

 

7月29日(土曜日)
   午前10:00
連続テレビ小説 ひよっこ(99)「運命のひと」再
BSプレミアム午前10:15
連続テレビ小説 ひよっこ(100)「運命のひと」再

お時間ありましたらよろしくお願いいたします。

 

 

久々の更新になってしまいました。

今日の教訓は「干物を見くびるな」です。

 

おやすみなさいZZZZ

photo by Hikaru Otake 
hair make by Atsumi Nariya

 

 

りょくまゆ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

また時が過ぎてしまっていた…


ブログがちっとも習慣にならないのだけど、それでも思いついた時に書くだけで頭がすっきりする。



近況1

前回の続き→
下の住人の人に「音はうるさくないですか?」と聞かれた。「もしうるさかったら上から蹴るなりなんなりと合図くださいね。」と。そうなのか。なら、これからは気にすることなくなんなりと合図をしてみよう。

☆雑談
その合図は何が面白いのかな、とかそんなことを考えている。
1笛をふく 2ダンスをする 3大声で歌う 4ギターを弾く 5ドラムを叩く 6花火をする 7下手くそなラップを歌う 8ベランダで電話をする9ベランダから水をジョウロで外にふりまく… 10ピンポンを押して逃げる 11手紙を入れる 12思いつきでなんかする


近況2
そういや、こないだの5月に京都に戻った時、嬉しい出会いがたくさんあった。


●ひとつは小学校の時によく遊んだ親友に〇〇数年ぶりに再会したこと。

昔よく一緒に下校していて、こんな抜け道あったんだっけ、あっそうだ思い出した!みたいな子供のころの記憶がいろいろ蘇ったりした。よく文通していたので、それらを読み返したら、お互いの非凡ぶりがわかって冴えてるなぁー、今じゃ絶対書けない文章やなぁー、と瑞々しかった。

中学の時の塾仲間が働いてる古着屋さんで再会&服を買った。京都の古着屋さんって、、なんかいいよね。あと驚きなのは、なんか知らん間に京都ってオシャレなお店ができまくってるってこと!
その友達もかなりオシャレで。わたしもオシャレについて考えていかにゃーならんな。

●ふたつめはぷらーっと寺町通りを歩いてると大学の時の教授の個展をしていた。何気なく一度観て、もう一度寺町をぷらーっとして、再び展示を観に行くと、油画の教授がいた。なつかしいねー、なんて話をしてたら、大学の時に一番大好きだった授業を担当してらした教授に遭遇した。なんともラッキーだった。子供のような好奇心で、様々なことを実験的にされて、私は当時全てのことが新しくて、確実にその授業は私の何かを変えて行った。実家に帰ると、まだ残っているノートなんかを見直し、また講義を受けたいなぁなどと考えてしまうくらいだった。
一気に2人も先生たちにお会いできて、私はラッキーすぎる!とおもい、久々の会話を楽しんでた。


また京都に戻った時に、面白いことができたらいいなっとそんなことに心をときめかせながら、東京へと戻る。



近況3
次の作品のことを考えたり、作品の一環で、絵を描いたりしてる。

友達とお茶をするときはなるべくお話しながらその子を描く。描けるタイミングがあったらその時にいる人々を描く。
{D9C1E2C9-4D6A-41E7-83C0-3EF7A346EB96}
 
{276FED33-11DB-4D34-B220-9444BE68CE04}
 
{40024662-C835-4979-877A-5AA15BE9FB91}
 
{9C0AD400-4240-4CE1-A176-CEE1E9B9EE3E}
 
{8B03229B-8734-452B-A133-1F682B7455F6}
このような具合に。
 
そして、小さなキャンバスに会って話をしたことのある「誰か」を思い出しながら描き始める。

人を描くとき、必ず見えるのが色。色は人によって全然違う。そんなことが面白いな、不思議やなって感じながら色を進ませる。

あと、昔に描いた絵を潰し始めた。潰しながら見える景色を描きたいと思ったから。これはまた完成したら記録する。また潰すかもやけど。

前みたいに堅苦しく考えずに、気がついたら絵を描いている。

この間、渋谷でみたソール・ライター展からもらった素晴らしいエネルギーや、豊かな表現のように、気にすることなく作って行きたい。
 
 
●走り書き1
こないだやさと農場で自家製のお味噌を作った。もうすぐできるかなぁ、と、タッパーに入ったお味噌をまだかまだかと待ち望んでいる。
 
●走り書き2 
日舞の発表会だったりした。
りょくまゆは、和の心に目覚めた。
 
{0607F05D-7252-4834-9881-4C2834D33824}

りょくまゆ

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前の話の続きだが、気になっていたおばあちゃんのお店は再開していた。

どうやら腰を痛めていたようだった。

 

そして、夜中にこんばんは。私が今日どうしても思い立って書こうと思ったことがあるので聞いて下さい。

 

ついさっきまでまたお得意のぼーっとすること(考える作業?)をしていたのだが、

下の住人のベース音がすごい。

深夜の0時30分にもなるのに、関係ない。

どれくらいずっと流れているのかというと、私が覚えてしまってベースのメロディを口ずさむほどだ。なんやめっちゃ陽気なメロディなんで、私もボイスメモに自分の鼻唄を録音した。

これがそうだ。 

https://soundcloud.com/ryokumayu/uxtzg1pdvsut

 

音のはっつけ方を知らないのでsoundcloudを自分の家の引き出しの中みたいな扱いにしてる。それに関しては申し訳ない。(誰にむかってゆってるんや)

が!私はこのスタンスでsoundcloudを使わせてもらう!!(断言)

 

今の家に引っ越ししてから9か月くらいなのだが、前の住人はおそらく下の住人の音楽が嫌で出たのだろう(と勝手に推測している)

なぜか私は下の住人に音楽を奏でられることに縁があるらしく、以前暮らしていたアパートでもベースオタクな住人に頭を悩まされていたのだった。それは深夜4時でも平気にならすので、さすがに大家さんに相談したけれど、最終的にそれも嫌な理由のひとつとなってそのアパートを出た。

 

音楽というものはルールをはみ出しやすい。音楽を楽しむのはいいが、人の迷惑になるということも頭に置いておいて欲しい。例えば寝る時間の妨害など。

 

今はそのことを大家さんか不動産に言うか迷っているが、ひとつ私を足止めしているのは、下に住む住人がどうやらバンドメンバーで住んでいるらしいということだ。

 

バンドで音楽を作るのはさぞ楽しいだろう。仲間で音楽を奏でることに、彼らは青春をささげ、達成感を持っているに違いない。だがいいか、君たち。そんなに練習するということは将来、私に必ずやCDをくれるのだろうな。ちゃんと売れてだぞ。ラッドウィンプスとかくらいになってだぞ。君たちのことを私は上から想像し、一応、応援してるのだからな。ふつうなら苦情のひとつやふたつ、もしくは訴えてもおかしくないレベルなのだぞ。

それを止めているのは私も君たちと同じく夢追い人だからだ。運がいいな。くそう。

 

いつも苦情を言おうとする前に、紙一重でそのベースをBGM代わりに楽しんでしまうこともあるのだ。だが、私はこうやって鼻唄として君たちの練習音を世にばらまいてしまった。

 

それくらいのリスクがあることをわかって今後とも練習したまえ。

 

そして、、、、

 

さあ、また始まった。同じフレーズよ。なんなんだ、この曲は、誰の応援歌なんだ。

安いゲームのRPGでキャラがぐるぐる街中を歩いているが何も起きない時の曲か?もうやめてくれ。

 

追記:実家に帰っていた。

猫のスエ子は20歳になりました。カメラを見つけて近寄り、ポーズもとります。

京都では素晴らしい再会もあったので、このことはまた書こう。

 

 

りょくまゆ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある課題を与えられて

ぼーっとしている。

ぼーっとしてるのか考えてるのか考えてないのか。

昔から物事をよく考えすぎてしまうような気がするが結局根本では考えてはいないのだと

最近気がつく。

 

数学のように組み立てていくことが大事なのかもしれない。

ただ、それをぐちゃぐちゃにして捨てるっていう作業の方がもっと面白いのだと

なんとなく思っている。

 

世の中にはあらゆるヒントが落ちていて

そのヒントを掴むのも逃すのも自由。

 

毎日がワクワクして明るかろうがどんより湿っていようが、そんなこともどうでもいい。

 

いろいろな人を見て、会話して、ただただ脳みそが活発に動いてるなぁということ。

動揺してお箸を持つ手が震えたり、目が泳いだりして、ハタからみたら気持ち悪い人だろうなぁっていうのが、またこれはひとつの表現なんだな、と思って、「はて。」「さて。」どうするか。と思ったりする一瞬がある。

 

では少しばかり最近の心配ごとをひとつ。

心配なんて数えだしたらきりがないが、近所に80歳のおばあちゃんがやっているお店がある。

なんとなく落ち込んだり、疲れてしまってると感じた時、そのおばあちゃんに会いたくなるから、会いに行く。

がこの間の月曜日から、毎日覗きに行っているが、お店が閉まったままだ。

なんとなく心配になっているタイミングで、パンとスープとネコ日和というドラマにハマる。

なんと松陰神社前の商店街が舞台やないか。

それもあるけれど、そのお店の設定が、今私が気になっているおばあちゃんのことを思い出させてしょうがない。

 

ああ、いろいろとこんなにのんびりしていいのだろうか。それと同時に自分のおばあちゃんのことも考えるのだ。

最近やっと手紙を書いた。書いたのは4月1日で、だしたのが4月8日だ。

こういう時差みたいな悠長な性格もなんとかせねばならんのかもしらん。

 

とにかくそのお店が開くことをこの目で確認したいし、待っている間はオーディションの合否を待つよりもつらい。

 

今日もその店の前を通り、何かを感じるはずだ。

photo by Hikaru Otake 
hair make by Atsumi Nariya

2017.4.22 りょくまゆ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
数日前に読みふけった本があったのだ。
丸一日で時間の経つのも忘れて読んだ数分間の余韻は
普段いつも見ている風景さえも、街さえも
違うものに変える。
その時に浮かんだ言葉を今思い出している。
 
アンテナ 大きなアンテナ
よくよく見るととても大きい
何を受信しているんだろうか
実はあの家は宇宙と密接につながる秘密基地なのでは
きっとわからずまま 私はまた明日も見つめている
 
屋根 違和感のある屋根
逆三角形の屋根
雨はどこに落ちるのだろう
もしかして 窪んだところに畑ができているのかもしれない
ここからは何も見えないけど
もしかしたらプールになっているのかもしれない
 
月 真っ黄色な月
こんなに近かったっけ
いつか月に侵略されるかもしれない
 
入ってみたい古着屋がある
遠くから見ていた真っ赤なコート
手に取った途端に欲しくなるか それとも
もしかしたら思っていたのと違って急に冷めるか
それよりも 中にいるヒゲのおじさんが怖そうで
いつも外から覗くばかりだ
 
そんなようなことだっけ。
 
とにかく早くあったかくなってくれ。
 
 
りょくまゆ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。