緑茶麻悠の頭はてなな毎日

緑茶の疑問、好奇心を書き綴る日常ブログ

web → http://www.steam-of-greentea.com/

所属事務所→
http://www.bites-inc.co.jp/

緑茶麻悠
映像作家・俳優・イラストレーター

京都出身

京都市立芸術大学卒業
ちょっと物や日常が不思議に見える時、そんな瞬間を大事にしながら旅の途中。





出演作
TV
2016
NHK 土曜ドラマ「逃げる女」1話 2話
2015
WOWOW 土曜オリジナルドラマ
連続ドラマW『5人のジュンコ』2話 4話 5話

2015
TV-CM
 「RIZAP/銀行で篇」
「RIZAP/さりげなく篇」

TV-CM「保険見直し本舗-西部劇篇/ギャング篇」


Movie 2014

「揺れるスカート」監督 岡元雄作

MOOSIC LAB「おんなのこきらい」監督 加藤綾佳

「selfish.(ButKind)」「アーモンドテイスト」監督 谷口雄一郎

MV「ゆれる/夜のキャベツ畑」監督 鈴木淳評

Art「キャラメル」作 泉太郎 @六本木クロッシング2013『アウト・オブ・ダウト』展 森美術館

Stage 範宙遊泳、ぬいぐるみハンター、世田谷シルク tokyo players collection 居間シアター サッソク など

Exhibition 2014 個展「りょくまゆのお茶会」@小金井アートスポットシャトー2F

2013 グループ展「えものの巣」@吉祥寺 にじ画廊

テーマ:

ある課題を与えられて

ぼーっとしている。

ぼーっとしてるのか考えてるのか考えてないのか。

昔から物事をよく考えすぎてしまうような気がするが結局根本では考えてはいないのだと

最近気がつく。

 

数学のように組み立てていくことが大事なのかもしれない。

ただ、それをぐちゃぐちゃにして捨てるっていう作業の方がもっと面白いのだと

なんとなく思っている。

 

世の中にはあらゆるヒントが落ちていて

そのヒントを掴むのも逃すのも自由。

 

毎日がワクワクして明るかろうがどんより湿っていようが、そんなこともどうでもいい。

 

いろいろな人を見て、会話して、ただただ脳みそが活発に動いてるなぁということ。

動揺してお箸を持つ手が震えたり、目が泳いだりして、ハタからみたら気持ち悪い人だろうなぁっていうのが、またこれはひとつの表現なんだな、と思って、「はて。」「さて。」どうするか。と思ったりする一瞬がある。

 

では少しばかり最近の心配ごとをひとつ。

心配なんて数えだしたらきりがないが、近所に80歳のおばあちゃんがやっているお店がある。

なんとなく落ち込んだり、疲れてしまってると感じた時、そのおばあちゃんに会いたくなるから、会いに行く。

がこの間の月曜日から、毎日覗きに行っているが、お店が閉まったままだ。

なんとなく心配になっているタイミングで、パンとスープとネコ日和というドラマにハマる。

なんと松陰神社前の商店街が舞台やないか。

それもあるけれど、そのお店の設定が、今私が気になっているおばあちゃんのことを思い出させてしょうがない。

 

ああ、いろいろとこんなにのんびりしていいのだろうか。それと同時に自分のおばあちゃんのことも考えるのだ。

最近やっと手紙を書いた。書いたのは4月1日で、だしたのが4月8日だ。

こういう時差みたいな悠長な性格もなんとかせねばならんのかもしらん。

 

とにかくそのお店が開くことをこの目で確認したいし、待っている間はオーディションの合否を待つよりもつらい。

 

今日もその店の前を通り、何かを感じるはずだ。

photo by Hikaru Otake 
hair make by Atsumi Nariya

2017.4.22 りょくまゆ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
数日前に読みふけった本があったのだ。
丸一日で時間の経つのも忘れて読んだ数分間の余韻は
普段いつも見ている風景さえも、街さえも
違うものに変える。
その時に浮かんだ言葉を今思い出している。
 
アンテナ 大きなアンテナ
よくよく見るととても大きい
何を受信しているんだろうか
実はあの家は宇宙と密接につながる秘密基地なのでは
きっとわからずまま 私はまた明日も見つめている
 
屋根 違和感のある屋根
逆三角形の屋根
雨はどこに落ちるのだろう
もしかして 窪んだところに畑ができているのかもしれない
ここからは何も見えないけど
もしかしたらプールになっているのかもしれない
 
月 真っ黄色な月
こんなに近かったっけ
いつか月に侵略されるかもしれない
 
入ってみたい古着屋がある
遠くから見ていた真っ赤なコート
手に取った途端に欲しくなるか それとも
もしかしたら思っていたのと違って急に冷めるか
それよりも 中にいるヒゲのおじさんが怖そうで
いつも外から覗くばかりだ
 
そんなようなことだっけ。
 
とにかく早くあったかくなってくれ。
 
 
りょくまゆ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
影について考えていた。
しかもそれは特有の
あまり見たことが無い影だった。

影といえば思い浮かぶのはピーターパンで
いつしか離れていくのではと幼き心で考えてみたこともあった。

今になっても影の面白い動きにはハッとする。

私がずっと気になっているその影は
お皿に描かれている模様の影だ。

透明なガラスに、コバルトブルーの濃い絵の具がべちゃっと溢れたような模様は

四つ葉のクローバーが崩れたアメーバのようである。
そのアメーバの影は、そのものとはまた違った形になっていた。

四つの方向にある丸みは
手前だけやや大きく

奥は小さくなっている。

まるで遠近法のように。

この奇妙な影の形の実態について1日中考えてみたこともあった。

それは影にとっては正しい形なのだろうと。

人工的なものの影のはずなのに、
正に有機的であった。

人の思考を離れて
そこに存在するだけの

今ある正しい形そのものだし、それでしかない。


私はそのお皿を常に見れる環境だった。

その場にある限りは。

ただ、今日

気が付いてしまった。

そのお皿は
しっかりとしたテーブルの上に置かれることになった。

今までは下が見える透明なガラスの棚に飾られていたので、

影も同じようにそこに居たことを
私はいつのまにか好いていた。

でも今日、その影は形を失った。

そして私の前に現れなくなり、
固体としての重々しさを

表象していた。

そのお皿を動かすことができるのは
限られた人間のみである。

私はただ、変動してゆくものを

静かに見守っていることしかできないのだ。

りょくまゆ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まるでふりこを見ているかのように、それは常に繰り返され、催眠術にかかってしまうようだった。

私の頭の中にはぼんやりとした霧が浮かぶ。
その霧の状態を考えているうちに、瞼が重たくなってくる。
ふと、腰を下ろし、座り込み、ここ数日に起きた出来事や、印象に残ったことをなんとなく思い出してみる。

すると、瞼の重みは徐々に消えていく。

そんなことを考えては消えて、考えては消えてを繰り返しているうちに、のどが渇いてお茶を飲む。
何も食べないとお腹もすくので、何かしら食べてみる。そして、消化がんばってるなぁとか、お腹を褒める。

あぁそうだ今日こそ銭湯に行こう。とか、今日は帰宅したら本当に美味しい大好きなフルーツを食べよう。とか、あの本の続きを読もう。とか、
残っている仕事を体力があるうちに片付けよう。とかパッと段取りする。でも、仕事に戻るとその段取りはパッと忘れ去る。
仕事が終わり、電車にのっている間に、連絡事項を済ませていくと、決まって電車の乗り継ぎをミスる。

やっぱり1つのことしかできへんねんなぁ。

そんな時に夕日がみえたら、そんなこともどうでもよくなるねんなぁ。
銭湯と夕日と夏のアイスと、蝉の声だけあれば、あぁ今日も素晴らしい1日だったなぁと、心から感じるやろうな。アイスは何だっていいよ。100円くらいの簡単なやつ。

ようやく書こうと思って久々に書いたブログが、
のっぺりとなんの出来事も無い
ものすごーくどうでもいい内容だった。

重い腰すぎるやろ。

あ、ここで言いそびれてましたが、第一弾のりょくちゃLINEスタンプできましたり。よろしくお願いします。

LINEスタンプ ⇨ http://line.me/S/sticker/1287201
{19EB4781-8053-4E2F-86C6-46C66AB39950}

りょくまゆ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「メモ」とは便利な言葉だ。かきたいことがまとまっていないけど、久々に日記をかきたいという気持ちになって「あ、メモ。」と思いついた。「memo」なんだか英語で書くとカワイイ。

最近観たもの、気になることをメモ
「Room」子役の演技がいい。あとお母さん役も。あんな女優になりたい。最初から撮り方がうまかった。世界から世界へと移り行く思考と経緯。自分の中にしかない世界(哲学)と改めてむきあった。映画館から出た後、視野が広くなった。

「ディーパンの闘い」役者では無い人の演技。実際に体験している人の驚異的な目。ところどころ好きなシーンあり。言葉の通じ合わない人同士で本音を語り合うところ。映像の美しさ。どうなるかわからないスリリングなところもありつつ、国というものを感じる。でも結局は人間。

「FUKAIPRODUCE羽衣イトイーランド」最高。大好き。ずーっと観てられる。何もかもが正解。
「明治座 御宿かわせみ」ちっちゃなお姫様の堂々たる演技に感動。もちろんベテランの俳優さんたちの佇まいや、しぐさ、演技も舞台も最高。楽しめました。

「DULL COLORED POP 演劇」久々の王子小劇場。好きなところと嫌いなところあり。好きなところはうまく演者が乗っていると言葉もおもしろくリズムもよく、耳に心地よく楽しい。うまくいっていないと嫌いな音になる。それは汚かったり、感情を無視して間違った方向へ全力だったり。演劇としての面白さは伝わる。演出家を飛び越えて欲しい。狙い通りだったのかは不明。

「とりふね舞踏舎 sai」初めての暗黒舞踏、ひとりひとりの身体に目が行く。何者なのかは全くわからず、、それが自然を彷彿させて息吹を感じさせる生き物としての存在を感じさせる。木だったり稲だったり、あるいはアマゾンの肉食動物だったり。力の無い顔をするのはおそらく難しいはず。ただあの顔は一体なんなんだろう。。帰宅途中どうしてもやってみたい動きがあったのでマネしたがそれの正解は訓練しないとでてこない、、ということがわかる。巨匠的な人の動きには愛らしさと強さとなんともいえぬ不安感があり。私がやると「ふざけてるの?」といわれんばかりの顔。一番おもしろかったのはカーテンコールにゆーっくりした動きで呼ばれて、皆、暗黒舞踏ってる中で呼ばれた生ライブを担当していたドラマーの人の居づらささ。(違和感)

「なけもしないくせに」映画としておもしろかった。トーンも好き。ただ、突っ込みどころはある。
「過去のまつり」コメディ。ドキュメント的だけど、あれはうまい。構成もしっかりしてる。笑いどころたくさん。
「1秒の温度」傑作。最高。面白すぎ。展開読めず。笑う。
「シねない奴」「夢を見た」味が出てる。

「下衆の愛」いろんな意味でショック。おもしろかったけど、ただおもしろかったとは言えない、深い意味でショック。

「Maikoふたたびの白鳥」勇気をもらった。ハイパワーウーマンの話
「it Follows」ちょぴりやみつきになります。
「オデッセイ」マットデイモンの魅力にハマる
「ジプシーのとき」突っ込みどころはあるが、役者最高
「スターウォーズ フォースの覚醒」あんなカッコイイ女優になりたいぜ

他、今年入って借りたDVDで観た映画は
ゴーストバスターズ2
ネバーエンディングストーリー
★ルナパパ
★主婦マリーがしたこと
★ファムファタール
★甘い罠
月曜日のユカ
★ライフボブパイ 虎と漂流した227日
★ポンヌフの恋人
ブロークパックマウンテン
★浮草
ハリーポッターシリーズ
★ウォールフラワー
ダイバージェント
★赤ちゃん泥棒
★青の稲妻
TOKYO TRIBE
★食神
★少林サッカー
ミラクル7号
★キューティー&ボクサー
★アンダーグラウンド
ミッション:8ミニッツ
ローズインタイドランド
★ズーランダー
鴛鴦歌合戦
サボテンブラザーズ
★ユージュアルサスペクツ
★欲望
★LAコンフィデンシャル
ザスーラ
★こわれゆく女
オーメン
フック
イノセントガーデン
ノア約束の舟
★プレステージ
ロードオブザリング
★酔いどれ詩人になるまえに
月とチェリー

かなぁ、、もっと観たような気がするけど、お気に入りには★つけてる。ユージュアルサスペクツにハマってしまった。今私の中でケビン・スペイシーとジェイク・ジレンホールとオーウェン・ウィルソンがキてる。
あと日影の忍者勝彦の天才的な歌詞とキャラとハイテンションザベストテンに釘付け。中でも平成のパピプペポに好感!!あ、それとペコ&りゅうちぇるね。りゅうちぇるにはお腹かかえて笑う。

最近はじめたことは実はたくさんある。またちょこちょこと絵を描き始めたことと、個人で人に絵をレッスンする仕事を。いろんな発見があっておもしろい。

一瞬ハマってすぐに飽きてしまったのはスマホでアクセをデザインするアプリで、Photoshop的なやつで切り抜かれたアクセをスマホ画面でデザインしていくがたまにバグって何度も何度もつないでも崩壊することがたたあり、それが時折、怒りにまで到達しそうだったので怖くてやめた。

あと顔を交換するアプリが流行っていたので真似たら意外と作業が難しかったのでやめた。

ちょっと苦労したことはiPhoneの容量の「その他」を消す作業。
16GBしかないため写真やアプリを消しまくったが、いつも容量がない、の文字。
パソコンにつなげると同期する欄の「その他」がめちゃめちゃ多いことが判明。
バックアップ→初期化→復元の不安さといったら、、、、、。

本は親友に進められて読み始めてる「断片的なものの社会学」がかなりおもしろい。
まんがでわかる!「資本論」はめちゃめちゃわかりやすかったしおもしろかったが、これでわかった気になっていいのかどうか。という疑問。なんかもっと知りたい。
串田孫一さんの書く文章が好きでたまらない。寝る前に読むのがちょっとした幸せ。

それと裁縫がしたくて諸々購入してるのと
実家から母が着物を何着か持って来てくれて久々にテンションがあがった。

うーん、あといろいろあるけど、、、
うん。なぜか全身筋肉痛なのでもう寝よう。続きはまたいつか、、、(早いかもしれないし遅いかもね)

早くアルマーニのドレスが着たいわぁ。




りょくまゆ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。