叔父

テーマ:

小さな頃からあたしを可愛がってくれていた叔父が亡くなった。
昨日、彼とお見舞いに行ったばかりだった。


日曜日にはまだ話しをしていたとのことだけど、あたし達が行った火曜日には、もうしゃべることは出来なかった。

それでも問いかけにはかすかに・・・本当にかすかに頷いてくれていた。
でも、目はまばたきも出来ずに、乾きそうな感じだった。
80キロオーバーだった体重はその半分になり、さすった手足は細くなっていた。

激痛を抑えるはずのモルヒネの点滴。
だけれど、抑えきれないらしく、時々ものすごく眉をしかめる。

しばらく、母と弟と従姉とでそばにいたけれど、翌日の仕事もあり病室をあとにしたのだった。


そして今日、午前10時過ぎに、叔父は誰もいないのを見計らうかのように息を引き取った。
昨日お見舞いに行かなかったら、あたしはどれだけ後悔しただろう、どれだけ悔いを残しただろう・・・。



そうそう
昨日は、クルマでの日帰りコース。
ショックもあってか、帰ってからは爆睡だった。


そして、明日は通夜。
仕事を早退して彼と新幹線で向かいます・・・
AD

明後日挙式なのに・・・

テーマ:

そう。
明後日挙式。
そのために、昨日は美容院に行って白いものを黒くしてもらってきた。

明日はそのために、初めてのジェルネイルを予約している。
母への手紙も推敲中。

一世一代の晴れ舞台のために・・・


ああそれなのに・・・
頭の中には仕事のことが・・・

明日は、給与計算を終わらせないと。
明細と今月末の棚卸しのための用紙を送らないと。
労働保険料確定のための申告書を作成しないと。
ああ・・・社会保険の標準報酬の書類も書かないと・・・、あ、でもこれ。全部の法人の用紙は来てないなぁ・・・。


あ、それよりも
明後日挙式だったんだ・・・・


AD

記念日

テーマ:

静岡駅は、あたしが彼を見送る駅だった。
駐車場で別れを惜しみ、駅のホームでは泣きそうになるあたしに、彼がおどけて笑わせてくれたりしていた。

去年の6月10日の夕方。
その静岡駅から、あたしは彼とともに東京に行った。
これが同居の初日だった。
彼と別れる寂しさを感じなくてすむ・・・と思ったら、今まで一緒に暮らしていた母や弟と離れる寂しさを味わった。まぁ・・・いつでも会いに行けるのですけどね?弟がスカイプを設定してくれたし。

ということで、6月10日は、同居を開始した記念日。



明日。
というか、すでに今日。
槍が降るとか、雪が降るとか、暴風雨が世田谷を襲うとかがなければ、ふたりで婚姻届を提出する予定。書類の不備は、事前に彼が出張所?に行って確認してくれている。

予定通りに行けば、6月15日は入籍をした記念日。



そして、今月末。
彼の家族と親戚、あたしの家族と親戚。
あたしたちとつながりの深い方々を招いての挙式と会食。
準備はある程度整った。プランナーとの打ち合わせも終えた。

何事もなければ、6月29日は神様と肉親の前で誓う記念日。



6月は記念日がいっぱいだぁぁっぁ^^

AD