なんと、バシャールに質問できるツアーが受付中らしい!

下矢印

 


LA(ロサンゼルス)ツアースケジュール
★2018年ゴールデンウィーク開催


お申込みまだ間に合います!!


【Aグループ】
LA(ロサンゼルス)時間:5/3(火)14:00~16:00
ロサンゼルス BASHARグループセッション(限定20名)
※現地集合、解散

【Bグループ】
LA(ロスアンゼルス)時間:5/4(水)14:00~16:00
ロサンゼルス BASHARグループセッション(限定20名)
※現地集合、解散

 

詳細情報はこちら→https://goo.gl/HNvUkK

 

 

 

 

すごいね~

タイミング合う人は超運の良い人キラキラ

『その名は、バシャール』

テーマ:

さとうみつろう著『その名は、バシャール』読了。

 

 

 

 

さとうみつろうさん。

明日4/22はアースデイ&沖縄国際映画祭で、沖縄中イベントだらけらしい。

アースデイに来て!とのことですあしあと

下矢印

 

 

本の宣伝動画を発見目

下矢印

 

 

バシャールが言っていた「2016年秋のターニングポイント」は、アメリカ大統領選挙でトランプ大統領が勝利したことじゃないかな~と感じます。

 

明らかに流れが変わった波

 

トランプ大統領の外交成果か、なんと朝鮮戦争終結も見えてきて、トランプ大統領がノーベル平和賞もらってもおかしくないハッ

 

日本は完全に蚊帳の外…。

本来なら平和への働きかけでリーダーシップを取れたのに…。

残念です。

 

 

本では人類の起源の話もあるので、『フラワーオブライフ』も読んでいると理解が深まる。

 

 

エイブラハムの『引き寄せの法則』も。

 

 

 

わたしが面白かったのは、

アマテラスが、

ア=何々から

マ=空

テラ=地球

ス=やってきた

という意味だということ。

 

 

そして、宇宙は、

The One 

 

All That Is

 

I

という構成だということ。

 

これって、生命の樹の、アイン、アイン・ソフ、アイン・ソフ・オウルという概念と一緒かな?と思いました。

 

 

さとうみつろうさんが嬉々として話している物理のところは流し読みしちゃった。

グラビトンとか興味湧かない…

 

たぶん、全部気合を入れて読まなくてもよくて、1冊の中に、!という情報が誰でもひとつはありそう。

 

 

バシャールとエイブラハムはお互いに知り合いラブラブというのもわかって面白かった。

 

 

座標軸の説明では、「自分」が宇宙にとって唯一無二の存在、というのがわかる。

そして、同じTを共有している全人類が愛おしくなるかも。

 

さとうみつろうさんがロサンゼルスでバシャールと対談した、2015.10.21PM4.00は、映画『バックトゥザフューチャー2』でタイムマシンで設定した未来の日だったんだって。

 

 

2015年10月21日はこんなイベントも!

 

 

 

いろんな奇跡やヒントが日常にちりばめられているらしいひらめき電球

 

セラピストとクライアントは「同じ波動」で引き合うので、〝セラピストがクライアントに伝える言葉が、セラピスト自身へのメッセージ”ということはよくあるひらめき電球

 

 

 

この本にそんな話も。

 

 

わたしは生徒との会話がそれだったかも…という事例がありましたひらめき電球

 

 

パンダ「○○ちゃんは、難しい問題を見た時に諦めるのが早すぎる!ちゃんと考えれば解ける」

女の子「どうしてこんな難しい問題を出すの?」

パンダ「あのねー、問題を作っている人はね、みんなの頭を良くしたいの!鍛えたいの」

 

女の子「先生ってドSだよね」

パンダ「そうだねー。誰かの苦手な所を発見するとワクワクするね。だってそこを鍛えたら伸びるから!」

 

 

…。

わたしのセリフを宇宙星空のセリフとすると、ゲーム設定がハードモード?

鍛えてくれるのは嬉しいけど、イージーモードでいいんじゃないか??と気付きましたハッ

 

 

 

 

 

あなたが今日「誰かに伝えた事」は、もしかして「宇宙があなたに言いたいこと」かもラブラブ

 

わたしはもっとイージーモードに設定を変えるにひひ!!

今日は生命の樹ワーク7日目。
 
 
 
タロットは6 恋人
 
 
このカード、照れる😳。
 
“6恋人は月のリズムの月齢6日目を表します。6恋人はあらゆるエネルギーかを混じり合う状態を表し、新しく生み出すことのできる方向へ向かおうとする意識の状態です。”
 
 
オーラソーマではこちら

セクハラ対処法

テーマ:

いつもながら、キレキレの日本社会考察。

下矢印

 

〝こんな世の中に終止符を打つには

女扱いされたら、その場でバシッと相手に知らしめるべきです。

これをせずして、今の日本社会を変える方法はありません。

 

男が上で、女は下

男は男で、女は「女の子」

女は上司や男性にビールをつぐものである。

もうこんな時代ではないことを、私たち女性がまず理解することが先決です。

 

気に入られようと媚びを売ったり、女の性を全面に出してアピールするのは止めましょう。

それは、玄人さんの世界です。

 

重複しますが

セクハラされたときは、当人に真正面からハッキリ言いましょう

言わない限り、嫌がっていると相手は考えません。

それほどバカなのです。

 

バカだから、常識レベルが低いから、セクハラをしてしまうことをまず考えましょう。

職責が上、学歴が上、エリートである、高収入であること=常識人とは限らないのです。

 

権力や地位をかさに堂々とセクハラしてくる人にひるむことはありません。

悩むこともありません。

当人にハッキリ伝える、これが最優先事項です。

 

それによって何かを失うことを恐れるのは止めましょう。

セクハラを甘んじることが保身になるでしょうか?

相手をエスカレートさせるだけです。”

 

 

エリカさんはDMMのアダルトコンテンツも問題視していましたが、DMMは事業からアダルトを切り離しました。


DMM.com、成人向け事業を分社化 「企業価値の最大化が目的」

(広告の音が出るかも)
 
声を上げれば変わるひらめき電球
 
 
芸能界では、写真家のアラーキーがセクハラ告発されましたね。
特に新人時代は、事務所、広告代理店、スポンサーとの力関係が不均衡。
 
 
売れるためなら整形、枕営業も厭わない女性を描いた、『ヘルタースケルター』を思い出したひらめき電球
虚構とも言い切れないんでしょうね。
 
芸能界でのセクハラって、日常茶飯事すぎてマヒしてそう。
膿は出し切ろう。