繭織工房の日々

養蚕から織までをモットーに、繭織工房のゆるりとやっていくブログです。


テーマ:

続いて、反物の精練です。

今回は、12メートルと10メートルの2反を、精練しました。 

反物の状態からの精錬は、経験がなかったので、以前に数メーター分の布を練習で精練しました。

その経験から、いけるかな?

 

基本は、糸の時と一緒です。

水に漬けて、灰汁に漬けて、精練して、洗って行きます。

たたんで、精練しました。こうしないと鍋に入らなかったので。

 

洗って、干していきます。

糸だと、ここまでで、おしまいですが。 布ですので、アイロンがけ、砧打ちとつづきます。

ようやく、完成です。


どうにか、精練することができました。糸に撚りがかかっていない布のために、生地としたら弱いですが、柔らかい、とろっとした布になりました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

溜まっていた糸達と、試し織りに織った布と、残糸整理で織った布を精練しました。

うちの灰汁は、奥さんの実家の薪ストーブの灰を使っています。(主に梨の灰)

灰汁は、1番・2番・・・・と採っていき、PH10以上、精練にそのまま使うPH9~10、PH9以下の三つに分けます。  ペーハーの高いものと、低いものは、ブレンドして使っています。

今回は、糸の重さ、550グラムなので、灰汁は、約20リットル使いました。

 

半日水に、その後、灰汁に半日漬けてから精練に入ります。

 

 

日中は、仕事のために。

前の晩に、灰汁に漬ける。

次の日、6時に火をいれ、一時間ほどかけて、90度程まで上げていきます。

その後、1時間温度をキープします。 途中、30分に1回、天地を返します。

落し蓋をして、徐々に温度を下げるために、保温します。

 

 

夕方に、40度くらいになるように、毛布をかけたり、取ったりします。

 

 

取り出して、洗っていきます。

 

ぬるま湯洗い⇒水洗い⇒酢を入れて、アルカリを中和⇒水洗い

出来上がり!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ数日暖かい日が続いて一気に桜が開花しましたね。

 

ついつい桜に目を奪われてしまいますが、

地面に目を向けてみるとたくさんの植物が芽吹いています。

 

中でも嬉しかったのが、小高の里美さんから去年(おととしだっけ?)頂いた

小高の日本茜が今年も芽吹いたこと!

 

 

冬に一旦葉が枯れてなくなってしまうので、

今年もちゃんと芽が出てくるか不安でしたが

元気に出てきてくれました!

 

あと2年ほど根を肥やせば染めに使えるかな~。

楽しみです。

 

 

 

あとこれは去年採取した西洋茜の種を植えてみました。

まだ芽は出ていません。

種の保存状態があまりよくなかったのでちゃんと芽がでるか。。。

 

 

 

 

 

あとこちらは、結構前になりますが、すくもの写真。

すくもとは、乾燥させた藍の葉を発酵させて腐葉土状になったものを言います。

藍染をするときの原料になります。

 

 

 

 

まだまだ寒かった時期にも関わらず、発酵して湯気がもうもう出ています。

 

発酵するときに、熱だけではなくアンモニアも出るので

あたり一面、公衆便所のかほりに包まれます。

 

今年はこのすくもを使って藍建てができたらいいなと思っています。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週は桑の剪定をするために

久しぶりに桑畑へ行ってきました。

 

 

あれ、、なんかすっきりしたような。。。。

 

 

と思っていたら気がつきました。

使われなくなった桑が大きくなって森のようになっていた

隣の桑畑がなくなっていました。

防草シートの向こうが消えた桑畑

 

人の手が入らず森のようになってしまうと、

虫や病気の発生源となりほかの畑の迷惑になってしまうため

手入れのできなくなった桑畑は

こうして抜根されてしまうことがほとんどです。

 

ここ数年でいくつもの桑畑がなくなってしまいました。

 

ちょっと寂しいけれど

これで少しは日当たりと風通しがよくなるかな?

 

 

 

 

 

さて、うちの桑は

のびきっていた枝を落としてさっぱりしました!

 

 

 

 

 

桑と桑の間の通路の部分に草除けとしてござをしきます。

 

 

ポカポカ陽気でピクニックできそう~。

 

 

ちなみにこのござは畳屋さんででる古畳をもらってきては

ちょっとずつ貯めて置いたものです。

 

 

 

そして仕事の合間につくっておいた

秘密兵器でござを固定していきます。

 

 

 

それは、、、

 

 

竹製のピン!

 

 

竹を割るような性格という言葉がありますが、

うちは竹を割るような生活をしています。

 

それにしても、竹ってホント万能な植物ですね。

 

 

 

 

なにはともあれ、ござの継ぎ目にこのピンをさして

風で飛ばされないように固定していきます。

 

 

 

 

 

このように春設置したござは、夏の間草を除けてくれ

 

一年後にはこうなります。

 

朽ちてなくなるのです。

 

こうすれば時間と手間はかかりますが

ゴミがでずしかもお金もかからない。

一石二鳥なんです。

 

 

でも最近の畳は経糸がナイロンでできているので

糸だけこうしてのこってしまうのですが。。。

 

自然素材はゴミにならず

役目を終えたら土に還る。

これってとっても便利な機能だと思いませんか?

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

余談ですが、今回前泊した鹿島の宿で一緒になったご家族は、

なんとシュタイナー教育を実践されている方でした!

なんという巡り合わせ。

色々なお話しを聞けてとても興味深かったです。

 

たとえばシュタイナー教育ではピンクのカーテンを推奨しているのですが、

私も本などを読んで知識としては知ってはいましたが

実際に実践されてる方からお話しをきくと

改めて、本当にそうなんだ~と。

 

そこで、以前にコットンガーゼのカーテンを

染めさせていただいていた時のことを思い出しました。

 

その時は枇杷で染めた渋いピンク色のカーテンが圧倒的に人気だったのです。

自動代替テキストはありません。

 

当時はなんでこんなにこの色が人気なのか

不思議に思っていたのですが、

きっとこの色が子宮の色に似ていて本能的に落ち着く色なのかな~

なんて思いました。

 

だからこそ、シュタイナーもこの色を推奨しているのかな。

 

真偽の程はわからないけれど、面白いな。

 

 

 

あと、こどもが遊ぶものは自然素材でできるだけ手作りするとか

 

人形の顔は作りこまずほとんどのっぺらぼうだとか、

 

なぜなら想像力がそれを補うからです。

 

表情があると逆にそれを邪魔してしまいます。

 

 

 

これも能面を思い出しました。

 

能面は顔はのっぺらぼうではないですが表情がありません。

 

そのかわりどんな喜怒哀楽のどんな場面でも違和感がありません。

 

 

 

面白いな~。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一日目のWSを無事に終え、2泊目は松川浦の宿へ。

 

鹿島よりさらに15分ほど北上したところにある松川浦。

いつも鹿島止まりでその先にまでなかなか足を延ばす機会がなかったので

今回初めて訪れる場所です。

 

たくさんの魚船が並んでしました。

 

松川浦は漁港の町です。

震災前は小松島と呼ばれるほどの風光明媚な場所だったそうです。

残念ながら以前の風景は知らないけれど、今、目の前に広がる風景も美しかったです。

 

宿の目の前に海!

部屋からはちょうど夕焼けがみれました。

いつも予定がつまっていてなかなか観光する余裕がないので、

今度来るときは普通にいろいろ見て廻りたいです。

 

 

なんと部屋からの眺めはこんな感じ!最高でした。

 

 

 

 

2日目のWSは6名の方に参加して頂きました。

 

今回はほとんどの方が2度目のご参加。

みなさん顔馴染み同士なのでおしゃべりに花が咲くかと思いきや

よっしゃ、やるぞ~的オーラ全開で

初っ端からがっつり黙々と取り組んでいました(笑)!!

 

 

 

ピンク祭り!!

 

 

 

次は何色にしよう、、、と悩む時間も楽しいひと時。

 

 

 

 

一方、K太郎と久米さんは傍らで手引きの糸とり講習。

 

 

取った糸を綛上げする作業。

道具はなんと全てメンバーの中木さんの手作り!

 

 

 

 

 

後半、ゴールが見えて来たあたりからはいつもの調子で

あーだこーだと賑やかに。

 

 

そしてしあがった作品はこちら!!

お互いのことを知っているからこそ、

仕上がった作品を見てはあーだこーだと盛り上がります(笑)

 

 

 

みんなのを並べるとこんな感じ。

きれいっ!!

 

最後は撮影大会!!

 

ワーク中はたまにお手伝いする以外は見てるだけの私。

でも見てるだけでも本当に楽しい!そして嬉しい!!

 

 

久米さんが紡ぐ紬糸。

 

こちらは小高の糸。

同じ植物を使って染めてもうちと同じ色は出ません。

小高の色になります。

これが草木染の面白いところです。

 

 

 

 

ここへ来る度に素敵な出逢いがあって

私たちの世界を広げてもらっています。

 

 

今回も日程いっぱいいっぱいで小高の町を見る事ができなかったので

また改めて遊びにいきたいな。

 

 

 

一日目のWSに参加してくれたKさんが

浮船の里のブログにWSの様子を載せて下さいました!

ブログこちら→

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週は南相馬の小高へ行ってきました!

 

あすなろ交流館にて二日間、糸かけ曼荼羅のWSを行いました。

 

前泊した鹿島の宿のオーナー夫妻や

ご一緒だったご家族とおしゃべりしたりして過ごしているうちに

到着したのは開始時間ぎりぎりになってしまいました。

 

 

小高へ来るのはおよそ一年ぶりでしたが、

久米さんの変わらない笑顔と「金田さんこんにちは~!」の声で

一年の空白はあっという間に埋まってしまいます。

 


 

 

一日目は3名の方にご参加頂きました。

 

 

糸は約30色持っていきました。

前回のときにはなかった新しい色も増えてます。

 

 

数を数えて糸を釘にかけていくだけのシンプルな作業なんですが、

集中力、根気、直感、ひらめき

いろんなものを総動員して取り組みます。

 

 

大いに色選びに迷うSさん。

 

不思議とあすなろ交流館の雰囲気のお陰か、

リラックスした空気が功を奏しているらしく

なかなかスムーズに着々と数を数えていきます。

みなさんお昼になっても気づかないくらい集中していました。

 

 

お昼休憩では参加者のIさんがつくってきてくださったおはぎで糖分補給

 

あんこと、緑豆のきなことごま。

どれも本当においしかったぁ~!

緑のきな粉って私たちは初めて見たのですが、

こちらでは普通なんだそうな。

 

差し入れの大きなケーキにみんな大興奮!

あまりの大きさにカットに苦戦(笑)

 

 

休憩前は同じところで何度も間違えてしまい

あぁ~もうだめ~!目がチカチカする~!と嘆いていたIさんも

休憩後は見事挽回。

さくさくさく~っと仕上げてしまいました。

休憩は大事ですね。

 

仕上がった作品を眺めるIさん。

 

 

この日はポカポカ陽気の暖かい日だったせいもあるのかな?

春らしい明るい雰囲気の作品ができました!!

 

 

 

 

3時には皆さん完成させることができました!

 

あっという間に一日目が終了しました。

 

つづく。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日から三日間、仮殿から本殿への遷座祭が始まります。

 

 

スケジュールは下記のとおり

 

13日(月)

*祭事*

真御柱御剣奉遷祭(御仮殿) 午後2時

本殿遷座祭仮殿祭(御仮殿) 午後8時

御神宝移しの儀(御仮殿) 午後11時

*火消行列*

①午前9時~

3組合同梯子乗り(表参道鳥居下広場) 午後3時~

②御戸開祭行列(総勢約500名)

 

 

14日(火)

*祭事*

遷御 午前2時

本殿遷座本殿祭 午前4時

 

 

15火(水)

*祭事*

奉祝例大祭(御本殿) 午前11時~

*火消行列*

①午前9時~

梯子乗り(坂井公会堂前)

②午後2時~

*伝統芸能奉納行事(特設会場)*

太々神楽・獅子舞・八木節 午後0時~3時

秋畑二ツ石組(獅子舞)

宇田獅子舞保存会

神農原八木節保存会

宮崎八木節保存会

 

 

 

 

個人的には15日の伝統芸能奉納が気になります。

仕事の合間に見に行ってみようと思います!

 

12年に一度の御遷宮、

この機会に見に行ってみてはいかがでしょうか。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前より織で携わらせていただいていた

貫前神社の御神衣がついに仕上がり

先日、奉納祭が営まれました。

 

 

奉納の前に関係者一同に向けて

新調された御神衣がお披露目されました。

 

今回新調したのは、神様の夏用の下着です。

 

男神様と女神様分、それぞれ長襦袢と反襦袢、帯が仕立てられました。

 

 

 

 

 

この模様のように見えるのは、座繰り糸ならではの自然の趣です。

 

 

 

長持ちに入れられた御神衣を、

”うま”役に扮して神様のもとまで慎重に運びます。

 

 

 

祝詞をあげて、玉串をお供えし、

無事に御神殿に納められました。

 

 

貫前神社の宮司さんはじめ、

富岡のベテラン養蚕農家さんたち、

座繰りの東さん、

同じく織の坂田さん、

縫製の奈良さん

その他関わった方々みんなの心のこもった

最高に美しい御神衣を奉納することができました。

 

 

このようなものを「宝」というんだな~って

今回しみじみ思いました。

 

 

また、こうして式年遷宮によって文化や伝統も継承されていくのだということが

 

身を以て実感でき、本当に貴重な経験をさせていただきました。

 

このような素晴らしい機会を与えていただき感謝いたします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今季最強寒波とドかぶりだった先日のWS!

 

富岡以外の周辺の町は雪国と化し

半分以上の方がキャンセルになってしまった中、

4名の猛者参加者がbaimaiへお越し下さいました!!

 

本当にありがとうございました。

 

(↓この雪の中はるばる東京からお越し頂いたNさんからお借りした写真)


 

積雪するようなら中止もやむをえないところでしたが

幸いなぜか富岡だけ雪が積もらず

なんとか開催できてよかったです。

 

 

 

お部屋はもちろんポカポカですよ。

 

先日ブログに載せた椿染めの糸も持っていきました。

 

 

 

 

こちらは小です。完成まであと少しの状態です。

 

 

こちらは大のほう。

ピンの数は小の倍になるのでその分かかる糸の密度も増して

より繊細な感じになります。

 

 

皆さん、初め思ってたのと全然違う出来上がりなのに

なぜか自分らしい色あいになった!と自他共に認める

個性溢れる作品ができあがりました~☆

 

 

 

目指す姿、理想の自分、いろいろあるけど

これがいまこの自分。

自分の曼荼羅。

 

みんな素敵( ´艸`)

 

 

お馴染みさんも、はじめましての方も、

baimaiの美味しいランチでお腹も満足◎

わいわい楽しく、かつ集中した濃密な時間でした。

 

 

次回は2月5日。

(募集は締め切っています)

 

 

雪はご遠慮願いたい~☆

 

 

 

※この日はうっかりデジカメを忘れてしまい、

わざわざ夫に持ってきてもらったにも関わらず

その中にメディアが入ってないという2重のミスを犯し

写真は全てお借りしました。

ありがたや~。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。