繭織工房の日々

養蚕から織までをモットーに、繭織工房のゆるりとやっていくブログです。


テーマ:
ずいぶん前に織ったものの長さが中途半端だったので手付かずのままだった布があったのですが、思い立って枕カバーに仕立てて使用しています。たて糸は絹、よこ糸はタイの手紡ぎコットン。



デジカメ故障中でタブレットのヘナチョコカメラで撮っているのでイマイチ質感が伝わりづらいですが涙紡ぎのポコポコ感が好き。
空気をたくさん含んだ糸なので肌に触れた時のヒンヤリ感がなく、かつサラっとしていて気持ちいいです。




横のラインはたて糸の絹の色を変えていますが、たまに茶色く筋になっているのはもともともとのコットンのいろです。

織るときには特に何も考えてなかったのですが、布を切ることなく余ることもなく、全く過不足なくそのままの長さで、今使ってる枕にピッタリ!なんかもうそれだけで満足テレ顔

自家製アイピロウもお試し中きらきら
たてよこ無撚のシルクの生地に真綿とドライのラヴェンダーを入れた贅沢安眠アイピロウ!

これも何も考えずに選んだ布がたまたま藍染めだったんですが、これも大正解。遮光性があって昼寝時に眩しくない指圧の心

真綿なので軽いのですが、乗っけてるとじわわ~っってほの温かくて気づくと爆睡してます。まぁ、アイピロウなくても寝付きはいいんですけがためいきためいきためいき



あとは敷布団と掛布団のシーツも作りたいなぁ。
結構布の量使うんですよねシーツって。だからか、いい素材を使ったものはお高い。でも自分で作れば安上がりで贅沢虹作るぞ~!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ぽかぽか陽気のあたたかな光の中でスタートした先日のワークショップ。

 

今回はリピーターさん、はじめての方、だけでなく

ご夫婦で、男性お一人で、などいろんな方々がお集まりくださいました。

 

 

お友達同士まったりと、

 

ひとりで黙々と、

 

ご夫婦でかわりばんこに、

 

はじめましてだけど和気あいあいと

 

みなさんそれぞれがそれぞれの時間のすごし方をされて

 

だけどもバラバラでなく一体感があって

 

すごくリラックスした心地よい空気に満たされていました虹

 

きっとこれがBaimaiのエネルギーなんだなぁ。

 

この雰囲気すごく好きテレ顔

 

ごはんも美味しいしてへ





やったばかりなのにまたすぐやりたくなっちゃう!

 

楽しかった~何個でも作りたい!

 

今度は大きいの作ってみたい!

 

ちがう色合いでやってみたい!

 

お愛想ではなく心から言ってくださってるのが伝わって嬉しいです虹

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は一日竹かご作りをしてきましたはにわ

 

実は半年ほど前から夫婦で習いに行っています。

 

というのも、養蚕などで竹を使った道具を使っているのですが、

今使っているものは全て何十年も前から使われている古いものばかり。

 

すでに壊れているものも多く、とりあえずの応急処置を施したままなんとか使ってる状態。

そしてきっとこれからも修理が必要になるのは目に見えている。

 

だったら自分たちで修理できる腕を身につけよう!

と思い立ったのでした。

 

でも昔の農家さんには当たり前の話。

自分が使う道具は自分で作る。

 

最近、古民家に移住したお友達のお家に遊びに行ったのですが、

そのお家も前の持ち主のおじいちゃんが、亡くなる寸前まで竹細工やっていたみたいで

作りためていたかごやらひごがたくさん残されていました。

 

そのなかに、竹細工を作る際に使用したと思われる手作りの道具。

 

自分が使う道具を作る道具すら自分で作っていったんです!!

 

なんだかややこしいことになってきましたが涙

 

とにかく、自分でできることはやってみよう~!

竹細工なんだか楽しそうではないか!

 

。。。。と、けっこう軽いのりではじめました(笑)

 

がやはりそう簡単なものではありません。

 

竹ひご作り、これがめっぽう難しい。

 

この竹ひごが作れず挫折していく人が多いんだそうで。

今わたしたちが習いに行っている先生は、

 

そこでつまづいて竹細工をあきらめるのはもったいない!

 

という想いから、簡単に竹ひごが作れる道具をいろいろ考え

自らDIYで作ってらっしゃいます。

 

とはいっても、なた一本でやるよりかは簡単、というもので

それさえあればスイスイ~ためいきってわけでもなくもちろん練習が必要です。

 

でもそんなDIY感あふれる道具たちのお陰もあってか、

今回こんなカゴを完成させることができました!!

 

 

前回はカゴ部分まででした。


この時点でも美しい!

 

IMG_20171123_205318636.jpg

実際の使用に耐えうるようにしっかりと作りこみます。

 

 

じゃん!!四つ目カゴの完成~!!

 

けっこうがっしりしたつくりになっています。何を入れようかな~おんぷ

 

同じ形でもっと大きいのがうちにあるのですが、そういうのも作ってみたい。

 

 

あ~やっぱりものづくりは楽しいなぁテレ顔

 

次回は年明け。

違う形のかごに取り掛かります!

楽しみ~◎

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日19日は吉井町にある、みおりさんが主宰するべっぴんさんでの糸かけWSでした!

 

 

::べっぴんさん::って??

 

外見の美しさではなく、女性が本来誰でももっている美しさを引き出したり、

その真の美しさがさらに輝くようなお手伝いをする場として「べっぴんさん」を立ち上げたみおりさん。

 

嬉しい!楽しい!すごい!きれい!

そんな感動に出会った瞬間の、女性が見せるきらきらした笑顔って最高に美しい!!

ってことで女性の美しさが輝いちゃうような素敵なワークショップをたくさん開催している場所なんです。

 

二児の母でしかも最近出産されたばかりのみおりさん。

にもかかわらず、精力的にしかも魅力的なWSをたくさん企画されていて

まさにべっぴんさんの理念を体現されていてと~ってもキラキラした素敵な女性なんですきらきら

 

実は、ブログさぼってて記事にしてないのですが涙

そのべっぴんさんの栄えあるワークショップ第一号として

前回6月にこの糸かけ曼荼羅WSを開催させていただいたのです!

 

(前回の様子はみおりさんのブログにて紹介していただいています→☆こちら

 

今回はその第2弾!!なのでしたはにわ

 

 

 

 

 

 

ならべると圧巻!

 

今回も個性ダダ漏れ(笑)の作品がしあがりました~!!

 

長時間のワークですが、完成した時のみなさんの顔は疲れの色はみじんもなく

自分の曼荼羅と対面して満足そうな笑顔が溢れていました!

 

まさに真の美しさが輝いた瞬間でした~おんぷ

 

この日の様子はみおりさんのブログでも紹介してくださいました!

(みおりさんのブログはこちら→

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

久々のブログ更新!

っていっても、ワークショップ開催のお知らせでございます。

 

寒くなってきました。

こつこつちまちま手仕事の季節です。

 

一年の締めくくりに。。。。というにはまだ早すぎますが、

 

良いことも嫌なことも(良かったことも嫌だったことも)

いったん脇において、ニュートラルな自分に戻る

そんな時間を提供できたらと思います。

 

 

11月26日(日) /  10時~15時  /  baimaiランチ付

 

◎ Small:4000yen 

(釘32本、板サイズ約16.5㎝×16.5㎝、所要時間約2~3時間) 

 

◎ Regular:4500yen 

(釘64本、板サイズ約25㎝×25㎝、所要時間約3~4時間)

 

※ 作業中、暖かいお茶はサービス。

その他ドリンク・デザートは別会計になります。

 

糸かけ曼荼羅で使う絹糸は繭織工房が養蚕から手掛け、

座繰り、そして草木で染めた絹糸です。

 

Place:baimai

Address:富岡市上高尾29   Tel:0274-67-1188

 

定員(約8名)になり次第締め切らせていただきます。

 

※お問合せ・お申し込みは、繭織工房 金田までお願いします。

Mayuorikobo@yahoo.co.jp / 090-2489-7576

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4年目の藍建て、1年目は偶然藍が建った。 2年目全く反応せず。 3年目、すくも作り。

そして、4年目の藍建て。

始めは、自家製すくものみで建ててみた。 約1週間ほどで、動きがあり。しかし、その後1週間、数回染めただけ(綛で10グラム)終了。 その後、沈黙・・・。

だめもとで、ふすまや、作り貯めておいた乾燥藍を投入。気長に見守ること、約1ヶ月ようやく建ち始める。 

そんなこんなで、とても小さいが藍が建ちました。 今回は、20リットルでの藍建て。

最低でも、ポリタンクくらい建てないと実用的ではないのかな。

楽しむには、十分ですよ。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

続いて、反物の精練です。

今回は、12メートルと10メートルの2反を、精練しました。 

反物の状態からの精錬は、経験がなかったので、以前に数メーター分の布を練習で精練しました。

その経験から、いけるかな?

 

基本は、糸の時と一緒です。

水に漬けて、灰汁に漬けて、精練して、洗って行きます。

たたんで、精練しました。こうしないと鍋に入らなかったので。

 

洗って、干していきます。

糸だと、ここまでで、おしまいですが。 布ですので、アイロンがけ、砧打ちとつづきます。

ようやく、完成です。


どうにか、精練することができました。糸に撚りがかかっていない布のために、生地としたら弱いですが、柔らかい、とろっとした布になりました。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

溜まっていた糸達と、試し織りに織った布と、残糸整理で織った布を精練しました。

うちの灰汁は、奥さんの実家の薪ストーブの灰を使っています。(主に梨の灰)

灰汁は、1番・2番・・・・と採っていき、PH10以上、精練にそのまま使うPH9~10、PH9以下の三つに分けます。  ペーハーの高いものと、低いものは、ブレンドして使っています。

今回は、糸の重さ、550グラムなので、灰汁は、約20リットル使いました。

 

半日水に、その後、灰汁に半日漬けてから精練に入ります。

 

 

日中は、仕事のために。

前の晩に、灰汁に漬ける。

次の日、6時に火をいれ、一時間ほどかけて、90度程まで上げていきます。

その後、1時間温度をキープします。 途中、30分に1回、天地を返します。

落し蓋をして、徐々に温度を下げるために、保温します。

 

 

夕方に、40度くらいになるように、毛布をかけたり、取ったりします。

 

 

取り出して、洗っていきます。

 

ぬるま湯洗い⇒水洗い⇒酢を入れて、アルカリを中和⇒水洗い

出来上がり!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ数日暖かい日が続いて一気に桜が開花しましたね。

 

ついつい桜に目を奪われてしまいますが、

地面に目を向けてみるとたくさんの植物が芽吹いています。

 

中でも嬉しかったのが、小高の里美さんから去年(おととしだっけ?)頂いた

小高の日本茜が今年も芽吹いたこと!

 

 

冬に一旦葉が枯れてなくなってしまうので、

今年もちゃんと芽が出てくるか不安でしたが

元気に出てきてくれました!

 

あと2年ほど根を肥やせば染めに使えるかな~。

楽しみです。

 

 

 

あとこれは去年採取した西洋茜の種を植えてみました。

まだ芽は出ていません。

種の保存状態があまりよくなかったのでちゃんと芽がでるか。。。

 

 

 

 

 

あとこちらは、結構前になりますが、すくもの写真。

すくもとは、乾燥させた藍の葉を発酵させて腐葉土状になったものを言います。

藍染をするときの原料になります。

 

 

 

 

まだまだ寒かった時期にも関わらず、発酵して湯気がもうもう出ています。

 

発酵するときに、熱だけではなくアンモニアも出るので

あたり一面、公衆便所のかほりに包まれます。

 

今年はこのすくもを使って藍建てができたらいいなと思っています。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週は桑の剪定をするために

久しぶりに桑畑へ行ってきました。

 

 

あれ、、なんかすっきりしたような。。。。

 

 

と思っていたら気がつきました。

使われなくなった桑が大きくなって森のようになっていた

隣の桑畑がなくなっていました。

防草シートの向こうが消えた桑畑

 

人の手が入らず森のようになってしまうと、

虫や病気の発生源となりほかの畑の迷惑になってしまうため

手入れのできなくなった桑畑は

こうして抜根されてしまうことがほとんどです。

 

ここ数年でいくつもの桑畑がなくなってしまいました。

 

ちょっと寂しいけれど

これで少しは日当たりと風通しがよくなるかな?

 

 

 

 

 

さて、うちの桑は

のびきっていた枝を落としてさっぱりしました!

 

 

 

 

 

桑と桑の間の通路の部分に草除けとしてござをしきます。

 

 

ポカポカ陽気でピクニックできそう~。

 

 

ちなみにこのござは畳屋さんででる古畳をもらってきては

ちょっとずつ貯めて置いたものです。

 

 

 

そして仕事の合間につくっておいた

秘密兵器でござを固定していきます。

 

 

 

それは、、、

 

 

竹製のピン!

 

 

竹を割るような性格という言葉がありますが、

うちは竹を割るような生活をしています。

 

それにしても、竹ってホント万能な植物ですね。

 

 

 

 

なにはともあれ、ござの継ぎ目にこのピンをさして

風で飛ばされないように固定していきます。

 

 

 

 

 

このように春設置したござは、夏の間草を除けてくれ

 

一年後にはこうなります。

 

朽ちてなくなるのです。

 

こうすれば時間と手間はかかりますが

ゴミがでずしかもお金もかからない。

一石二鳥なんです。

 

 

でも最近の畳は経糸がナイロンでできているので

糸だけこうしてのこってしまうのですが。。。

 

自然素材はゴミにならず

役目を終えたら土に還る。

これってとっても便利な機能だと思いませんか?

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。