Nui nui 生活 in TOKYO

刺繍作家 土田真由美のブログ兼ホームページ
刺繍教室(MAYUMI TSUCHIDA Embroidery & Needlework)を主宰しています



テーマ:


本日も引き続き、吉祥寺土曜クラス・午前の生徒様の作品をご紹介致しますが、

こうやって生徒様の作品をアップしている理由は、教室の皆様の間でのモチベーションアップの為です。

また、クラス間での技術格差が出来るだけ広がらないようにするという狙いもありますし、入会して日が浅い方にとっては、先行されている方がチョイスされている図案や進め方、ペース配分等も非常に参考になるのでは?と思います。


それでこの土曜午前クラスは月間賞頻出クラスになっているのですが、皆さん毎月一度は質の高い作品をお互いにご覧になっているという事が、このクラス全体の技術力向上に繋がっています。

狙いと相反して、技術格差が広がる一方に!?


上の作品については以前白糸で仕上げたほうをご紹介致しましたが、こちらはマルチカラーです。

より素敵に仕上がっていると思います!!!

スカラップのワインレッド系の深みのある赤が全体を引き締めていて、非常に効果的です。


また、このスカラップについても、ずーっと見続けていますが、だんだん上達しているのが分かります。

8番糸で刺すのは非常に高難度ですが、立体感も申し分ないですし、上手くなりましたね~

これは合格点をあげられる出来栄えです。 8月の月間賞・その2^^


入会当初より、一つの図案に対して納得がいくまで深く取り組んでおられましたが、その積み重ねが現在の技術力に繋がっていると思います。


他の生徒の皆さんからも「私も最初から慌てず丁寧に進めていけばよかったです^^;」

と、しょっちゅう言われるのですが、

まだ大丈夫。

少しずつ改善していきましょう。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


本日は吉祥寺土曜クラスでしたが、午前クラスの最中に集中豪雨があったようですね。

全然気が付かなかったのですが、午後クラスの方にも影響が出ず、良かったです。


そして8月も下旬になりましたが、皆さん針は進んでいますか~ 特に世田谷クラスの皆さん^^


さて上のハーダンガー刺繍のドイリーはもう既に数名の方がチャレンジされていますが、花かがりの部分は竹内先生のやり方をまず理解して頂いた上で、私の解法で刺して頂いております。

同じかがりでも違う刺し進め方があるということを、特に白糸刺繍のカテゴリーではきちんと理解しながら取り組まれると、上達が速いですね。


で、7月の作品も月間賞でしたが、上も8月の月間賞で問題ないです^^

花かがり以外の部分は以前に数回されたことがあるので復習になります。

ですから、花かがりの部分だけ少し練習された後、即本番に進んで頂いたのですが、迷いなく刺し終えている、そして冷静に進められているのがよく分かります。


要するに、上記のような状態・技術レベルに達していないと、光沢感は出ないんです。


また、上手くいかなかった部分、私は割ときちっと指摘する先生ではありますが、その部分が次の作品で改善されているのが非常に良いですね。定着率の良さにも繋がっていると思います。


上手くいっていない部分、それらは私から何度も繰り返し指摘を受けている部分になりますが、落ち着いて自身の制作物を眺めると自ずと分かるかな?とは思います。


例えば非常によくあるケースですが、糸の引きが強いパターン、、、

これは見ると明らかに分かる場合が殆どです。

周辺の布が引き攣れていますし、針を抜き刺ししているポイントに必要以上に穴が開いているのが分かります。

それで、このような状態に気が付かずに最後まで刺し終えてしまう、というのが非常にマズイんです。

途中で指導者にチェックしてもらえば修正可能な場合も多いので、気を付けましょう。


また、今日の午後クラスの生徒様に「先生は引く時に全然力が入っていない(軽く引いている)というのがよく分かります」と言われたのですが、

先日、ベニシアさんの番組にアイヌ刺繍の先生が出演されており、ご覧になった方、いらっしゃるでしょうか。チェーンステッチの連続刺し。全然力が入っていなかったでしょう?

先週の高島屋でも少し指導しましたが、いちいちかけない、というのもそうなんです。


また、以前生徒様に聞かれたことがあるのですが、チェーンステッチのチェーンの長さを揃えるために、事前にポイントをうつ、、、ということは普通はしないです。

これも番組をご覧になった方は分かると思いますが、目分量で揃えるということですね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


今日は吉祥寺木曜クラスでした。暑かったですね~ 

しかし、先月の木曜クラスの方が暑かったんです(36℃)

まだまだ夏はこれからですね。無理せず少しずつ刺し進めていきましょう。


さて上の作品は竹内先生の本に掲載されているドイリーになりますが、均等にとても綺麗にかがられていますね!

で、このデザインは本を見て頂くと分かりますが、あるかがりの応用パターンで構成されています。ですから、


まずは原型となるパターンを練習し、理解する必要があります。


いきなりこのデザインをやっても、あまり意味が無いんです。基礎部分がごっそり抜けますし、その場限りの理解で終わってしまいますね。

枝葉を先にやって幹を後に(または幹をやらない)、、、これは非常にマズイ進め方なので注意しましょう。


そしてこの生徒様は、7月の月間賞その1の生徒様と同じパターンで、ハーダンガー刺繍の経験はあるけれども、未定着のまま&前者の方よりも良くない癖(手元と思考法両方)が見られた為、最初から構築し直す方向で1年くらい進めてきました。


そのうち、思考法の面で改善した方が望ましいと思われた点は以下の2点で、

 ①進行方向に対する考え方

 ②全く同じかがりであるにも関わらず、本によってやり方を変えていた


①はハーダンガー刺繍の重要ポイントでもあるので、理解不十分だと非常にマズイのですが、加えて②のような進め方をしていると、いつまでたっても定着しないまま、ということになります。


元々自力は非常にある方なので私も何とかしたいと思い(だって勿体ないじゃないですか)、必死の指導でしたが、最終的に上のデザインのようなものにも対応出来るようになりましたし、本当に頑張られたなぁ・・・と思います^^



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。