Nui nui 生活 in TOKYO

刺繍作家 土田真由美のブログ兼ホームページ
刺繍教室(MAYUMI TSUCHIDA Embroidery & Needlework)を主宰しています



テーマ:


今日は真夏日ですね~


上のハンガリー刺繍のドイリーは、吉祥寺土曜クラス(午前)の方の制作になりますが、先月はカラーのものをアップしましたよね? それの色違い&仕立て違いです。

こちらも上手に仕上がっていますね! そして製図もご自身でされました。


ハンガリー刺繍なのでスカラップは8番糸を使用していますが、難しいんですよ、25番糸のスカラップよりも。

以前の課題「水玉模様のドイリー」と比較し、その異なる点について整理しておくと良いでしょう。

またアイレットホールについても同様です。


上級コースでは、少しデザイン指導を取り入れた応用作品に挑戦して頂いていますが、

今まで学ばれてきた各々のカテゴリーをやや横断的な視点で復習出来るように、私の方で誘導を行いたいと考えています。


それで吉祥寺・世田谷クラスはフリースタイルレッスンですので、以前は初級・中級でも応用系のものを取り入れて指導していたこともあったのですが(現在も時々はあります)、

弊害も若干ありまして、それは


考え方や技術面での重要ポイントが抜け易く、定着しない


ということなんです。

細部にこだわり過ぎて、肝心な要点が抜け落ちてしまうんですね。

中には上手くいく場合もあるのですが、う~ん、、、という場合の方が多いような気がしてきたこともあり、今は上級コースに限定しています。

また、既定のものをその通りに制作する傾向にある方のほうが上達率が良いということも判明した為、その方が良いと考えました。



さて、次回は午後クラスの方々の作品になります^^



AD
いいね!(7)  |  リブログ(0)

テーマ:


本日も世田谷クラスの別の生徒様の作品をご紹介致します。


ハーダンガー刺繍のバッグになりますが、ベージュの麻の光沢感と刺繍部分の落ち着いた色の組み合わせが、これからの時期のお出かけに重宝しそうですね。これはとっても素敵です!


実はこの作品、大元は竹内先生の本に掲載されていたデザインの一部を抜き出したもので、先に本掲載のテーブルセンターを刺しておられます。

が、そちらの方の制作時は迷いながら、ミスをして糸を解いたりなどで、針目も不揃い気味&光沢感がなかったのです。


それで再度復習の為に、配色や仕立てを変えてチャレンジされましたが、

明らかにこちらの方が出来栄えが良く、頑張られた甲斐があったと思います^^


白糸刺繍系は現物を間近に見ると、良し悪しが残酷なくらい分かるんですね。

一般の方が見ても、直ぐに分かります。

さらに私は指導者でデザイナーでもあるので、表面の針の流れを見ただけで、制作手順が適切であるかどうかが分かります。


良し悪しを判断する際の1つの視点としては、仕上がりに光沢感がないもの、これには必ず問題点が複数潜んでいますが、手元が安定しないと光沢感は絶対に出ません。

ですから、光沢感がない場合は(厳しい判定になりますが)技術的にはまだまだ、ということです。


上の方もテーブルセンターの制作の時点で光沢がないことを自覚されており、これはやり直しの必要があると自身で判断されたこともあって、作り直されたのです。


ハーダンガー刺繍は以前少しされたことがあったそうですが、その際に未定着だったこともあり、今私のところでほぼ最初からすべて再構築し直している真っ最中ですが、前向きな気持ちで取り組まれている姿勢はとても良いと思います。

もうベテランの方なんですよ。前の先生の時期と合わせると、刺繍歴も10年くらいになるのではないでしょうか。


私は上手くいっていない部分があれば、割と明確に指摘する先生です。

ですがその指摘に対し、ご自身の自覚がなければ、その先改善するのは非常に困難でもあります。


なにかこう、順調に上達していかない、、、このような状況の場合、他の分野でもそうかも知れませんが、上手くいっているものばかり繰り返す、という傾向があるのではないでしょうか?

ですが、本当にやるべきところは苦手な部分、避けたいなと感じる部分、、、まさにそれです。


例えば中学受験でも苦手な分野を、特に6年にもなると一生懸命つぶしていきますよね。

大穴があるとトップ校には合格出来ないからです。

生徒様の中には中学受験に向けてお子様に伴走されている方が複数いらっしゃいますが、

お子様に何か言う前に、先ずはご自身から^^


私自身、息子の受験を通して我が身を振り返り、反省しています。

叱りたくなる前に、自分はきちんと出来ているのか、長時間集中出来るのか?ということを冷静に考えてみれば、出来ていないことが分かるので、叱る回数はグッと減ることでしょう(笑)

子供は親の姿勢を本当によく観察しているので、叱っても説得力がない場合は言い返されますから、、、^^;

そのような場合は、後方支援に徹するのが吉。



さて次回は吉祥寺土曜クラスの皆さんの作品を紹介致します。

AD
いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


今日は吉祥寺土曜クラスでしたが、冷房がガンガンでしたので、皆さん大丈夫でしたでしょうか?

暑がりの私が寒いと感じるくらいだったので^^;

季節の変わり目ですから、体調管理にご注意下さい。


さて今日のクラスの画像もいくつかあるのですが、まず先に世田谷クラスの生徒様の作品をアップ致します。


上の作品の刺繍部分は大塚先生の本から抜き出したものですが、お孫さん用のメジャースケールに挿入されました。

もう既に、スケールのメモリを超えた身長だそうですが、最終的に配色のバランスも良く、とても素敵に仕上がりましたね!


制作には約1年掛かりました。

上の6つのデザインの他に、色のバランスが合わずに外したデザインなども幾つかありますが、一つ一つポイントを丁寧に押さえながら刺し進めていったので、技術的にはかなり向上されたのではないでしょうか?


皆さんも何か一つ本を購入されたら、複数のデザイン(少なくとも3つ)を連続して刺してみると良いですよ。

それらをレッスンの課題として続けて刺せば、私が体系的に繋がりを持たせつつ深い解説を入れるように心がけますので、さらに効果的ではあります。


また大塚先生のようなベテランの先生の本には多彩なステッチが入っていますし、練習になるような構成になっていますので、得られるものは非常に大きいです。

ですから刺すデザインを選ぶ際は、先ずは好きなものありき、だと考えますが、プラス上記のような視点をもって選択されると良いと思います。


私自身のデザインも、練習になるような構成に必ずしています。

そして刺し手の目線で必ずチェックし、微調整を入れています。

たとえ小さなデザインであっても、そこには複数のポイントが凝縮されていますので、丁寧に考えながら刺し進めることで、必ず技術の向上に繋がるでしょう。

頑張りましょう^^

AD
いいね!(8)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。