先週末から、久しぶりにソーイングに復活して約3日で以前作った子供用のキュロットを作りました。

ソーイングのお友達からごっそり紙袋2つ分の生地をいただいて(余ったり、使わなかったりしたものだそうです)、その中からプレイセンターのソーイング仲間におすそ分けをしたのですが、それでもかなりの量が残っているのです。


そこで、秋冬物向けの生地を集めて、今ある型がとれるものを探してみたわけです。

今回は、グレーの薄手のウール、スーツなどにも使われそうな上質なものをつかいました。洗濯は手洗いをすることになるのと、あまり頻繁に洗うと生地が痛みそうなので、お出かけ用にしようかと。。


出来上がりは、それなりにシンプルでかわいい冬ものキュロットですが、なんか物足りなかったので、数10年ぶりに!刺繍をしてみました。刺繍をしていたのは、実は小学生の頃だったので、当時のうっすらとした記憶を頼りにして、あとは雑誌に乗っていた基本のステッチの説明書きを参考に、自分で書いた小花を2本糸で刺繍してみました。わずか、1.5cmほどの小さい花なので、目の粗さや下手加減は割とごまかせるかと。。ただ、デザインがいまいちだったので、一体何の花?という感じではありますが、ようはグレーのキュロットにピンクの小さなお花のポイントがあるということで、少しかわいげが出たかな~、と。



Nihao!from NZ  (こんなかんじです。)


下手でもなんでも、とにかく楽しい!!もっと、もっと時間があったら、張り切ってどんどん作りたい。いや、どんどん時間を作れるよう、家事のスピードアップを目指します!


そして、明日はプレしセンターでモーニングティーの担当です。

大人向けのスイーツとして、レモンさワークリムのケーキを作りました!これは、先日友人宅で彼女の義母が作ってきたケーキがあまりにもおいしかったので、ぜひ自分でも作れるようになりたい!と思い、レシピをいただきました。


うちのオーブンは、20年ぐらい前のもので、開きの扉がきちんと閉まらないという、恐ろしく温度調節の微妙な代物なのですが、時間を長くしたり、途中でアルミふぉいるをかぶせたり、時間を延ばす際に温度を下げるなどのコツをお友達にアドバイスいただいたので、その通りに作ってみました。


すると。。。。今まで作ったケーキの中でもトップ3に入れそうなくらい、私にしてはまともなケーキになりました。

あ、それでもまだまだ改善の余地ありの焼きあがり加減ですが。。。。


とにかく、苦手苦手と言い続けないでこれも練習を重ね、うちのへなちょこオーブンでもおいしいケーキが焼けるようにならないと!









AD

コメント(2)